アクアのサイズ(車幅・室内・荷室)は?口コミやプリウスとの比較も

アクアのサイズ(車幅・室内・荷室)は?口コミやプリウスとの比較も キャッチ画像

本ページを読むと以下の事が分かります。

  • アクアのサイズが分かるから、室内の快適性や後部座席のゆとりが分かる
  • アクアの口コミを見れるから、実燃費や広さの体感、乗り心地が分かる
  • アクアと他の車種と比較をするから、自分にアクアが本当に合っているか分かる

「主な用途は片道20㎞通勤で、日常の足や休日のお出かけなど毎日使うから燃費が良い車が欲しい」

「街乗りが主な使い方だけど、たまにスノボーをしに行ったり遠出や高速道路をしたりする」

「妻の車だから幅が広すぎると燃費が悪い車はNG。+ある程度荷物が載る車が欲しい」

このような使い方をする人はハイブリッド+コンパクトカーがピッタリだと思います。

これに当てはまる車はいくつかありますが、やっぱり信頼のトヨタ製のアクアが気になっているのではないでしょうか?

ほとんど購入するのは決定してるけど、実際に運転しやすい大きさなのか。4人乗っても窮屈ではないか。などサイズに関する不安があるはず。

そこでここからはアクアのサイズについて詳しく見ていきましょう。

アクアのサイズ(車幅・車高・室内空間)をチェック!

アクアのサイズ(車幅・車高・室内空間)をチェック!をイメージした画像

プリウスの弟分的存在のアクア。

コンパクトカーの為パワーは敵いませんが、それを補うように小さなボディや効率の良いエンジンにより非常に高い燃費を実現しています。

またボディの設計により低重心で空気抵抗も少なくなり、走行性能を高めるボディとなっているんです。

そのため燃費と走行性能を両立したハイブリッドコンパクトカーなんです!

それではこんなアクアのサイズを見ていきましょう。

アクアの車幅・車高のサイズを見てみよう

トヨタ アクア
新車価格 約180~260万円
全長 4,050㎜
全幅 1,695㎜
全高 1,455㎜
最小回転半径 4.8m

アクアのサイズは以上のようになっています。

アクアの全長は4mを越えており、コンパクトカーというジャンルの中では比較的に長い方に分類されます。

全幅は一般的なコンパクトカーと変わらないですが、全高は比較的低くなっているため運転中の視点が低くスピード感のある感覚を味わうことが出来るでしょう。

また、最小回転半径も軽自動車より少しだけ大きい程度。

取り回しの良さは軽自動車とほとんど変わらないと考えて良いですね!

ここではボディのサイズを見てきましたが、アクアのサイズで気になるのは室内のサイズではないでしょうか?

続いてそれを見ていきます。

アクアの室内空間・荷室のサイズを見てみよう!

アクアの室内
室内長 2,015㎜
室内幅 1,395㎜
室内高 1,175㎜

アクアの室内サイズは以上のようになっています。

コンパクトカーというジャンルなのでアクアを購入しようと考えているあなたは、室内サイズが非常に気になっているはず!

結論から言うと、アクアの室内サイズは「夫婦2人+中学生までの子供2人の家族」なら問題ない広さです。

この理由としてまず挙げられるのが室内長の広さ。

アクアの室内長を示している

長さは2mを越えており、他のコンパクトカーに比べても大きなサイズ。

このおかげでフロントシートはもちろん、後部座席でもゆとりのあるスペースを確保できるんです!

アクアの後部座席

しかし、アクアの室内高はコンパクトカーの中でも低め。

そのため身長の高い男性や子供が室内で立ちあがって着替えるという場合には窮屈に感じることもあるかもしれません。

続いてアクアの荷室について見ていきます。

荷室のサイズは開口部946㎜、後部座席を倒さない状態の奥行き722㎜。

アクアの荷室

コンパクトカーの中ではトップレベルの広さで床の低さも特徴です。

荷物の積み込みの楽ちんで大型のスーツケースが2個重ねて積める広さなんですよ!

また後部座席を倒した場合、奥行きは1.5mほどのサイズに拡大されます。

アクアの荷室にゴルフバッグを2つ載せている

この状態だと上の画像の通りゴルフバッグが2つラクラク乗せることが出来るんです。

その他にも大きな荷物や長尺の荷物などたくさんの荷物を積み込めます!

アクアを購入する人で普段は大きな荷物を頻繁に積むという人は少ないと思いますが、これ位の広さがあれば万が一の時でも安心ですね。

アクアのサイズに関する口コミ。乗り心地は?長距離でも大丈夫?

口コミ・評価を示した画像

ここまでアクアのボディ・室内サイズについて見ていきました。

アクアはコンパクトカーの中でも全長が広く足下にゆとりがある車だという事が分かりましたよね!

しかし幅、特に室内高の低さは非常に気になる所…。

そこでアクアに実際に乗っているオーナーの口コミを見て、アクアの室内は快適なのか。

本当に燃費が良いのか、街乗りや高速道路での走りはどうなのか。

あなたが気になるポイントを口コミを見て解決していきましょう。

普通車で経済性を重視したりハイブリッドに乗りたいならアクア

夫婦と小学生の子供1人の3人家族です。

買って5ヶ月ほどですが燃費が非常に良い。

田舎道だと普通に走って26~27Km位。都会だと16km位。

前に乗っていた車より軽くて、低重心。

パワーがある!と感じることはないですが、合流などでは十分な加速をしてくれます。必要十分のパワーはあると思いますよ。

車高が低いので横風に煽られることもないから安心で小回りも効くし操作性も良好です。

休日の友として、毎日の足としても優秀な車だと思います。

しかしコンパクトカーらしく、ボディが軽いため乗っていて音が大きく感じますし振動を感じます。

とはいえ、不快に感じるほどではないので許容範囲内です。

また後部座席が狭いという口コミが多いらしいですが、3人家族で多少の荷物は積めますし、子供を助手席に乗せて妻が後部座席に乗っても全然大丈夫です。

そもそもヴィッツやカローラとは違うタイプの車です。

次のフルモデルチェンジではクーペっぽくしてもいいのでは?と思います。

アクアは街乗りする分には非常に扱いやすくて良い車。

普通車で経済性を重視している人や、ハイブリッドに乗りたい!と思っている人はアクアですね!!

さすがのトヨタ車。クセが無くて扱いやすい車

まずアクアの感想は『扱いやすい』と感じました。

エンジンのパワーは無いですが車体が軽いのでしっかり加速してくれます。

そして走行安定性も想定の4倍は良く、乗ってて安心でした。

エンジン音がうるさいという評判がありましたが、高速域になるとある程度の風切音やエンジン音を感じます。

しかしさほど大きな音ではないし全然問題ありませんよ。

さらに車内が狭いという声もありますが、車内はそれなりに広いです。

基本1~2人で乗るので後部座席を倒せば荷物はしっかり乗りますし、後部座席に乗ってもそこまで不快感は無いのでは?

そしてハイブリッドで重要な燃費ですが非常に良い。(697km走行で23.60 km/L)

チョイノリでも20km/lは出るので街乗りや日常の足として優秀ですよね~。

しかし、乗り心地は少し突き上げがあります。(軽いから?)

とはいってもコンパクトカーですし、いたって普通の乗り心地です。

走り楽しいとか最高の乗り心地で快適。ということはありませんが、全体的なバランス良く日々の足として使うならこれ以上のものは無いのではないかと思います。

アクアの口コミには以上のようなものがありました。

音がうるさい、後部座席が狭いといったマイナスな口コミもありますが、「実際乗ってみたら意外と静かだった」「広いとは感じないけど窮屈と感じる狭さじゃない」という声が多かったです。

またアクアの最大の売りである燃費はさすがといったところ。

燃費が悪いと言っている人はほとんどいませんでした。

また燃費はその人の乗り方にも依存するので、ガソリン代を浮かしたいならエコドライブを心がけると良いでしょう。

全体的にアクアの評価は高く、買って損をするような車ではないですよ!

アクアとプリウスや他のハイブリッド車とサイズ比較してみよう

比較している男性

ここまでアクアのサイズ、口コミを見てきましたがいかがでしたでしょうか?

アクアは過ごしやすい室内を持っている+燃費や走りもトップレベルの水準となっていることが分かったはず!

一人で乗るのも良し、ファミリーカーとしても使いやすい一台ですよね!

しかし、もっと広くて燃費が良いプリウスや同じトヨタのヴィッツ。人気コンパクト―カーのフィットなどと迷っている人も多いのでは?

そこで最後にアクアとその他の車とのサイズを中心とした比較をしていきます!

アクアとプリウスのサイズ比較

アクア プリウス
トヨタ アクア プリウス
全長 4,050㎜ 全長 4,575㎜
全幅 1,695㎜ 全幅 1,760㎜
全高 1,455㎜ 全高 1,470㎜
室内長 2,015㎜ 室内長 2,110㎜
室内幅 1,395㎜ 室内幅 1,490㎜
室内高 1,175㎜ 室内高 1,195㎜
最小回転半径 4.8m 最小回転半径 5.1 m

アクアとプリウスのサイズの違いは以上のようになっています。

アクアはプリウスの弟分という立ち位置の為プリウスの方が1回り大きいです。

そのためアクアのコンパクトさより広い室内を求めている人はプリウスがオススメ。

さらにエンジンもプリウスの方がクオリティの高い物を使用。

そのためハイブリッドの要である燃費もプリウスの方が良いです。

「じゃあサイズが大きくて燃費が良いプリウスの方がお得だからプリウス買おう」と考えるのはちょっと待ってください!

サイズが広いプリウスを買う。というのは納得できますが、燃費の差でプリウスを購入するのはオススメしません。

何故なら新車価格が70蔓延も違うから。

確かにプリウスの方が燃費が良いのでガソリン代は安くなります。

しかし燃費の差だけで70万円を埋めるのはほぼ不可能。

従って車の購入の際、金銭面を重要視している人はアクアを購入することをおすすめします。

アクアとヴィッツのサイズ比較

アクア ヴィッツ
トヨタ アクア ヴィッツ
全長 4,050㎜ 全長 3,945㎜
全幅 1,695㎜ 全幅 1,695㎜
全高 1,455㎜ 全高 1,500㎜
室内長 2,015㎜ 室内長 1,920㎜
室内幅 1,395㎜ 室内幅 1,390㎜
室内高 1,175㎜ 室内高 1,250㎜
最小回転半径 4.8m 最小回転半径 4.5 m

アクアとヴィッツのサイズの違いは以上のようになっています。

アクアの方が全長は長く全高は低い。

それに伴いアクアの室内サイズも室内長は長く、高さは低いです。

このようなサイズの違いがあるため見た目の雰囲気も違い、アクアはボディが低く長く見えるスポーティ。ヴィッツは短くて若干背の高いTHEコンパクトカーといった見た目です。

デザインに大きな違いは無いですが雰囲気は違う為、好みによって好き嫌いが分かれるでしょう。

またこの2車種はコンパクトカーの中でもタイプが違います。

頭上に余裕があって乗り心地が良い車が欲しい人はヴィッツ。

足元に余裕があって燃費が良く走行安定性が高い車が欲しい人はアクア。

という風にあなたが何を求めているかで選ぶと良いでしょう。

アクアとフィットのサイズ比較

アクア フィット
トヨタ アクア フィット
全長 4,050㎜ 全長 3,990㎜
全幅 1,695㎜ 全幅 1,695㎜
全高 1,455㎜ 全高 1,525㎜
室内長 2,015㎜ 室内長 1,935㎜
室内幅 1,395㎜ 室内幅 1,450㎜
室内高 1,175㎜ 室内高 1,280㎜
最小回転半径 4.8m 最小回転半径 4.7m

アクアとフィットのサイズの違いは以上のようになっています。

この2車種のサイズの違いもヴィッツと同じように、アクアの方が全長は高く、全高が低い。

それに伴いアクアの方が室内長じゃ長く室内高が低いです。

人によりますが、フィットの方が居住性が高いと感じる人の方が多いでしょう。

このようにヴィッツとの比較と同様、アクアはボディが低く長く見えるスポーティ。

フィットは短くて若干背の高いコンパクトカーらしい見た目となっています。

ハイブリッド車の比較の要である燃費について比較しますが、この2車種の燃費はほとんど同じでアクアの方が0.6㎞/Lだけ燃費が良いという結果でした。

最後に走りについて比較していきましょう。

この2車種は走りの性格が違います。

まずアクアのハイブリッドシステムは世界一スムーズ。

モーターのパワーでスーッと加速し、いつの間にかエンジンで走っているというスムーズな流れで走り出します。

モーターのパワーを存分に使い、違和感のないエンジンの駆動や加速をしたい人はアクアがおすすめです。

逆にフィットはモーターのパワーを存分に使う走りではなく、エンジンを主とした走り。

ハイブリッド車なのに走りの楽しさも味わえるのがフィットです。

ハイブリッドコンパクトカーに何を求めるか。それを自分の中で固めてからこの2車種を購入するようにしましょう。

まとめ

本ページではアクアのサイズについてご覧頂きましたがいかがでしたでしょうか?

アクアはコンパクトカーなため、広々した室内空間!という印象は少ないです。

しかし室内長はコンパクトカーの中でも長めで、足元には余裕があることが分かりましたね!

さらに後部座席が狭いという評価がされていましたが、口コミを見る限り不満に感じている人は少ないです。

それより燃費の良さや扱いやすさを褒める声が多く、アクアは日常の足としては非常に良い車だということも分かって頂けたはず!

毎日の買い物や通勤に車を使うという人にはぴったりな車です!

ぜひアクアの購入を検討してみてはいかがですか?

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です