デリカd5のサイズ(車幅・室内・荷室)は?口コミやライバル車と比較も

デリカd5のサイズ(車幅・室内・荷室)は?口コミやライバル車と比較も キャッチ画像

本ページを見るとこんなことが分かります。

  • デリカd5のボディのサイズや小回りの利き
  • デリカd5の室内の広さや荷物をどれくらい積めるのか
  • 実際にデリカd5に乗っている人の奥さんの声
  • デリカd5と競合する他のミニバンとの違い

「休日は家族と山に行ってキャンプなどアウトドアがしたい」

「オフロードが走れて力強い4WDがカッコイイ。妻にちょっと反対されそうだけどどうしても欲しい!」

「普段は通勤に。休みは沢山の荷物を積んでアウトドアしたり妻が買い物に運転したりもする」

三菱 デリカd5に乗りたいと思っている人はこのような人が多いのでは?

デリカは他のミニバンとはジャンルが違いオフロードも走れるSUVに寄ったミニバン。

その性質から男性にはとにかく魅力的に映るんですよねぇ…。

しかしSUVに寄っていると聞くと積載量に若干の不安があるのではないでしょうか?

さらに家族が多い方は大人数が乗った際の乗り心地も気になる所。

そこでデリカd5の積載量を含めた、サイズに関するお話をしていきます。

デリカd5のサイズ(車幅・室内・荷室)をチェック!

デリカd5のサイズ(車幅・室内・荷室)をチェック!をイメージした画像

三菱 デリカd5はSUVの性能を兼ね備えたミニバン。

その為キャンプ道具やスノボー、サーフボードなどなどアウトドアの荷物をどれだけ積めるのか。

人が乗った時車内はゆったりスペースがあるのか。

もちろん普段使いの時に不便なサイズじゃないかな?

と様々な事が気になりますよね!

では早速デリカd5のサイズを入念にチェックしていきましょう!

デリカd5の車幅・車高のサイズを見てみよう

三菱 デリカd5
新車価格 約285~430万円
全長 4,790-4,800㎜
全幅 1,795㎜
全高 1,850-1,875㎜
最小回転半径 2WD:5.7m 4WD:5.6

デリカの車体のサイズは以上のようになっています。

ミニバンとしては大きすぎず小さすぎずの丁度良いサイズ感となっています。

そのため「荷物や人をたくさん乗せられるミニバンが欲しいけど、大きすぎると運転や駐車が難しくて妻が運転できなそう…」そんな人におすすめできるサイズ感ですね!

そして最小回転半径(小回りの利きを表す数値)は5.6-5.7なので可もなく不可もなくといったところでしょう。

特別狭い道以外は運転することは出来ますが、住宅街など比較的狭い道では慣れるまで幅を注意しながら走ることになると思います。

また、デリカd5はSUVの性質を持ったミニバンなので走行性能もバッチリ。

横風に煽られる心配や、悪路での走行性に不安を持つ必要はないですよ。

デリカd5と室内空間・荷室のサイズをチェック!

デリカd5の室内
室内長 ディーゼル車・ガソリン車:2,915㎜

URBAN GEAR:3,020㎜

室内幅 1,505㎜
室内高 1,310㎜

デリカd5の室内空間のサイズは以上のようになっています。

室内長は3mと非常に広い室内。

画像を見ても分かるように2列目3列目ともに足元に余裕があり、乗っていて窮屈だと感じることはまず無いでしょう。

3列目に成人男性2人が乗るとなるとある程度の窮屈感はあるとは思いますが…。

デリカd5のキャプテンシート仕様の2列目の画像

また7人乗りの場合は2列目シートが左右が独立したキャプテンシート仕様となる為、より上質なシートでリラックスして乗ることが出来るはずです。

続いて荷室のサイズについてお話していきます。

デリカd5の荷室は乗車人数や載せる荷物の大きさや量によって、多彩なシートアレンジで対応することが出来ます。

【5名乗車+大きめな荷物を載せる場合】

デリカd5の3列目シートを外し、2列目シートを前にスライドしている車内

このように2列目シートを前にスライド。

そしてサードシートをはね上げて荷室を拡大することが出来ます。

2列目は少し窮屈になりますが、5名乗車でも荷物をしっかり積むことが出来るでしょう。

【2名乗車+大きめの荷物をたくさん積む場合】

デリカd5の3列目シートを外し、2列目を畳んで前にスライドした室内

2列目シートをチップアップ&スライドし、3列目シートを跳ね上げます。

こうすれば荷室は最大限に活用することが出来ます。

クーラーボックスを2つ載せて釣り道具をたくさん載せても充分なスペースがありそうです!

これなら大きな荷物をいくつも載せることが出来ますね!

以上の2パターン以外にも下のように様々なシチュエーションに対応することが出来ます。

【4名乗車+長い荷物を載せる場合】

デリカd5の運転席側の3列目シートを外し、2列目シートを畳んで前にスライドしている室内

【2、3列目シートをフラットモードへ】

デリカd5の2,3列目シートを倒してフラットにしている室内

以上のように多彩なシートアレンジで人や荷物に最適な室内空間を作り出すことが出来ます。

これなら家族でキャンプやBBQ、海水浴まで人や荷物をたくさん載せていくことが出来ますね!

デリカd5のサイズ感に関する口コミを紹介!生の声を確かめよう!

男性が口コミを言っている

ここまで三菱 デリカd5のサイズについて見てきました。

ミニバンとしての積載性をしっかり確保し、SUVの性質を持ったハイブリッドな一台でしたよね!

また車体サイズも大きすぎず運転しやすそうだという事も考えられますね!

しかし、ここまで見てきたのはあくまで公式の情報。

実際に使った人の声はありません。

「実はデリカd5は○○だった…」なんてことがないよう、実際に三菱 デリカd5に乗っている人の口コミを見ていきましょう。

ガッツリ積めて、さらにしっかり加速できる。

この車に乗って荷物をたくさん積んだ際の動力性能が伴ってこそ、積載性が高いと真に言えると気づかされました。

正直軽自動車でも小型車でも広い車は増えてきているけど、積むと走れない車が多い。

その点ガッツリ積んでもしっかり加速できる走行性能が伴ったデリカd5には非常に満足。

また、荷物はすんげぇ~積めます(笑)

3列SUVに寄った1BOX型の内装の高さが積載性を良くしているんだと思う。

私はルーフボックスでさらに増強したので不満は無いです。

これ以上を望むとハイエースくらいしかありません。

また、最低地上高210㎜で非舗装路・積雪路でも気にせず走れます。

この腰高な重心位置でもコーナリングでのロール感は少なく、コントロール性があって全く怖くありません。

高速道路での直進性は高く安心感があり楽です。

燃費は10~11㎞/L位を維持していて、燃費と走破性を両立した良い車だと思います。

リッター12㎞でオンオフを乗れる唯一無二の車

私は子供が3人いる5人家族でファミリーカーとしてデリカに乗っています。

以前は10系アルファードハイブリッドや100系ハイエースなどに乗っていた事もあり、それらと比べると室内が広いとは言えません。

しかし他のミニバンには無い素晴らしい走破性を兼ね備えているので安心感があります。

そして軽油なので燃料代が安く、それでいて燃費がリッター12㎞で走ってくれます。

これなら普段の通勤で使っていても楽で助かっています。

ちなみに5人での家族旅行では、3列目シートを跳ね上げれば十分荷物は載るので不便なく行けました。

逆にBBQやキャンプなど大きな荷物を積まなきゃいけない時はルーフボックスが必須かなと思います。

また、仕事柄色々な車に乗るんですが、ミニバンの中では国内外の車を含めても断トツ剛性が高い車だと思います。

街中を乗っていても段差でキシミは少ないです。

家族を乗せるうえで車体の剛性は絶対必要だと思うのでおすすめします。

総評としては、癖のある車なのでミニバンとして最高だとは思わないですが、私は買って満足しています。

アウトドア専用車として選んで正解だった

私は雪が無い時はキャンプ、冬にはスノーボードを趣味として楽しんでいます。

友人と行くことも多く、オフロードも安心して走れるミニバンが欲しくて、それにピッタリなデリカd5を購入しました。

まず肝心な積載量ですが、キャリアをつけなくても4人でキャンプ等に行けるだけの荷物を載せることが出来ます。

4人でキャンプに行ってもテント、タープ、大き目なクーラーボックスやそれぞれの荷物を十二分に積めました。

三列目は外していないですが、外せばもう少し荷物を積めるようになると思います。

また天井や荷室側面にフックが多数設置されているのも使い勝手が良い。

インテリアバーをひっかけて天井にスノボーを積み込んだり、ロープを通してウエアやヘルメットなど小物を干したり引っかけたり…。

様々なアレンジができるのは嬉しいですし、流石アウトドア派ミニバンなだけあります。

続いて乗り心地ですが、程よくカッチリしつつも不快感ゼロな乗り心地は個人的にドンピシャ。

ディーゼル音がガラガラとうるさいのかな?と思っていましたがめちゃくちゃ静か。

車自体の遮音性も非常に高く、快適そのものです!

また運転中の視点が高い為運転しやすいですし、大きい割に四角い車体なため駐車もしやすいと感じています。

また2列目シートなどに荷物を積む際にスライドドアがとにかく嬉しい。

デリカd5の機能を重宝して使っているのでとにかく満足です。

デリカd5の口コミは以上のようなものがありました。

アウトドアに強いというデリカd5の特徴に惚れこんで購入し、乗ってみてからも満足している声が非常に多かったです。

雪が降る地方やよくアウトドアへ行く方にはピッタリな一台でしょう。

しかしミニバンとしての積載性に関しては大型ミニバンに比べると劣るので、使い方によっては不満に感じてしまうかもしれません。

頻繁にアウトドアに行く人や家族でキャンプに行きたい人など、デリカd5の用途に合った使い方をする人であれば買って不満に感じることは無いでしょう。

現行デリカd5と旧型デリカd5、他のミニバンとのサイズを比較!

外国人男性が比較している

デリカd5のサイズ、それに関する口コミを見てきましたがいかがでしたか?

積載性のあるミニバンでありながらも悪路にも強いSUVの性質を持っているデリカd5の使い勝手は素晴らしいものであることが分かりましたね。

しかし、まだまだデリカd5と他のミニバンと悩んでいる人もいるかと思います。

そこでサイズを中心とした他のミニバンとの比較をしていきます!

デリカd5の新旧モデルのサイズ比較

本来ならデリカd5の中古車を狙っている方のために、新旧デリカd5の比較をするのですが…

デリカd5は2007年から発売されているのに、実は一度もフルモデルチェンジをしていません。

2019年の2月に大型なマイナーチェンジを行いましたが、その際にもボディや室内のサイズはほとんど変わっていないんです。

そのため、デリカd5の新旧サイズ比較はする必要がありません。

続いてその他のミニバンとの比較をしていきますが、中古のデリカd5を狙っている方もサイズに関しては新型と同じだと考えて見ていきましょう。

デリカd5とトヨタ アルファードとのサイズ比較

デリカd5 トヨタ アルファード
三菱 デリカd5 トヨタ アルファード
全長 4,790-4,800㎜ 全長 4,945-4,950㎜
全幅 1,795㎜ 全幅 1,850㎜
全高 1,850-1,875㎜ 全高 1,935-1,950㎜
室内長 2,915-3,020㎜ 室内長 3,210㎜
室内幅 1,505㎜ 室内幅 1,590㎜
室内高 1,310㎜ 室内高 1,400㎜
最小回転半径 5.6-5.7m 最小回転半径 5.6-5.8m

デリカd5とトヨタ アルファードのサイズの違いは以上のようになっています。

車体のサイズ・室内のサイズともにアルファードの方が大きくなっています。

そのため、積載性や乗車中の快適性はアルファードが勝ると言って良いでしょう。

またアルファードの方がシートの質も高く、居住性も良いです。

比較していくと全体的にアルファードの方が勝っていますが、それ相応の価格設定です…。

人によっては「居心地の良さをこの値段で買うか…?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

デリカd5も居住性が悪いわけではないですし、アルファードはコスパが悪いと考えることもできますね。

さらにアルファードの車体サイズは大きすぎるため運転が難しいです。

奥さんが子供の送迎に使う、自宅の周りの道が少し狭いという方はデリカd5の運転のしやすさが重宝されるでしょう。

またこの2つは同じミニバンと言えど性質が違います。

人を乗せることを重視したアルファードと、悪路やオフロードでも走れる走破性を持つアウトドアに向いているデリカd5。

あなたや家族の使い方に合っている方を選ぶことをオススメします。

デリカd5と日産 セレナとのサイズ比較

デリカd5 日産 セレナ
三菱 デリカd5 日産 セレナ
全長 4,790-4,800㎜ 全長 4,685-4,770㎜
全幅 1,795㎜ 全幅 1,695-1,740㎜
全高 1,850-1,875㎜ 全高 1,865-1,875㎜
室内長 2,915-3,020㎜ 室内長 3.170-3,240㎜
室内幅 1,505㎜ 室内幅 1,545㎜
室内高 1,310㎜ 室内高 1,400㎜
最小回転半径 5.6-5.7m 最小回転半径 5.5m

デリカd5と日産 セレナのサイズの違いは以上のようになっています。

車体サイズはほぼ変わらないですが、室内サイズはセレナの方が広いです。

ゆとりのある室内空間を求めている人はセレナの方が良いかもしれませんね。

しかしセレナe-POWERの場合、一列目の下側にリチウムイオン電池がおさまっているため、2列目に座った人の足が一列目の下に収まりにくいです。

そのためセレナの室内空間は広いですが、快適性が高いとは言えない構造になっています。

逆にデリカd5にはそういった部分が無く、3列目の座り心地も良いデリカd5の方が快適性は高いと言えるでしょう。

さらにアルファードとの比較時と同じことを繰り返しますが、このデリカd5とセレナでは同じミニバンですが性質が違います。

悪路やオフロードでも走れる走破性を持つアウトドアに向いているミニバンが欲しいならデリカd5。

人を乗せたり、広い室内空間を重視する人はセレナを選択すると良いでしょう。

まとめ

本ページでは三菱 デリカd5のサイズに関してお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

ミニバンなのに悪路の走破性があるSUVの性質を持った車として非常に魅力的な一台だという事が分かったはずです!

「毎日の通勤にも、趣味のキャンプや釣り、スノボーにもマルチに使える車が欲しい!」

「家族で旅行も行くしキャンプも良く、だけど街乗りでの使い勝手も捨てたがたい…」

「オフロードが走れて力強い4WDがカッコイイ。妻にちょっと反対されそうだけどどうしても欲しい!」

そんな人にはピッタリだったのではないでしょうか?

あなたの愛車に、家族の一台に、ぜひデリカd5の購入を検討してみてはいかがですか?

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です