スイフトのサイズ(寸法・車幅)を確認!旧型やライバル車との比較も

スイフトのサイズ(寸法・車幅)を確認!旧型やライバル車との比較も をイメージした画像

スイフトを買おうかな~と悩んでいる、そしてスイフトのサイズが気になる…と思っている皆さん!

このページでは皆さんが欲しい情報を「簡単・簡潔」にまとめています。

すぐに読み終われますし、知りたかった事が全て分かるでしょう!

このページでは以下のような事柄を「簡潔に」お話ししていきます。

  • スイフト(スイフトスポーツ)のサイズ(車幅や寸法、車内空間)
  • スイフトの乗り心地や乗り降りなどサイズ感に関する口コミ
  • 旧型スイフトやライバル車などとのサイズの比較

正直、スイフトは凄く良いコンパクトカーです。

多くのコンパクトカーはセダンのコストダウン版となっている中、スイフトは値段もお手頃、それでいて質が良い。

コスパに優れた一台となっています。

特に走りの質は他のコンパクトカーに負けている所は無いでしょう。

しかし、コンパクトカーでなおかつ走りが良いのでどうしてもこの疑問が付きまといます。

「乗り心地が良くないんでしょ?」

「室内空間が狭くて窮屈なんでしょ?」

こんな疑問を解決したい人は続きを見ていきましょう。

スイフトのサイズ(車幅・車高・室内空間)をチェック!

スイフトのサイズ(車幅・車高・室内空間)をチェック!をイメージした画像

走りの良さが多くの人に好評なスイフト。

スポーティーな走りをしたいけど、コンパクトは車が欲しい人にはもってこい。

でも、家族もいるしな、釣りとか大きめの荷物も積むしな、友人と遊びに行くこともあるしな。

そんな状況のことを考えると、スイフトのサイズは絶対に確認しておきたいですよね!

では早速スイフトの車体の大きさ、車内空間の大きさを見ていきましょう。

スイフトの車幅/車高などのサイズ感を確かめよう

スイフトの画像
全長 3,840㎜ 室内長 1.910㎜
全幅 1,695㎜ 室内幅 1,425㎜
全高 ()内4WD 1,500㎜(1,525㎜) 室内高 1,225㎜

スイフトのサイズは以上のようになっています。

ボディーサイズは短く低い構造ですが、それに反して室内はまぁまぁ広いといった印象。

このおかげで小回りが効く運転のしやすさ・運転中の快適性を両立させたサイジングとなっているんです!

しかし、下の画像を見てみると後部座席が少し狭そうな気もしますね…

スイフトの室内空間(車内)の画像

後部座席のサイズには色々な声が上がっています。

その点に関して、口コミも探してきたので後ほど見ていきましょう。

また3段階に開くフロントドアは、開き幅を広めて開口高を高めに設定。

身長が高い男性でも乗り降りがしやすい作りになっています。

スイフトの運転席のゆとりを示した画像

上の画像のように、ドライビングポジションも体格や好みに合わせて変えられるのでゆとりのある快適な運転ができるでしょう。

スイフトのサイズで荷物はどれだけ乗せられる?荷台の大きさは?

ラケッジスペースの幅や高さは以下のようになっています。

スイフトの荷室(ラケッジスペース)の画像

スイフトは走行性能を重視したコンパクトカーなので、荷物をたくさん積みこむという点においては優れているとは言えません。

しかし、最大265Lの荷室容量を確保したラケッジスペースがあるので、少人数での趣味やレジャーなどを楽しむ分には問題は無いでしょう。

ラケッジスペースにスーツケースが2個積まれている画像

中くらいのサイズのスーツケースなら2つほど入るので、夫婦やカップル、少人数での旅行であれば余裕を持って行けますね!

また6:4分割可倒式リヤシートを倒せば荷室の容量は579Lにまで広がり、長めの荷物にも対応することができるようになりますよ。

荷物の積み降ろしにも配慮され、開口部の高さも715㎜となっています。

ラケッジスペースに荷物を積み込んでいる画像

スイフトスポーツのサイズも見てみよう

最後にスイフトをよりスポーティーな仕様になっている、スイフトスポーツのサイズも見ていきましょう。

スイフトスポーツ
全長 3,890㎜ 室内長 1.910㎜
全幅 1,735㎜ 室内幅 1,425㎜
全高 ()内4WD 1,500㎜(1,525㎜) 室内高 1,225㎜

スイフトスポーツのサイズは以上のようになっています。

スイフトとの違いは全長が+50㎜、全幅が+40㎜。

見た目はよりスポーティーな印象の車体ですが、車内空間は全く同じ。

室内のサイズ感は両方とも変わらないものだと思って良いでしょう。

しかし、スイフトとスイフトスポーツではエンジンの違いが大きいです。

燃費は悪くなりますが、低速時の加速も実用的な高回転域のパワーもスイスポの方が優れています。

運転するのが好きで、よりドライブを楽しめる車が欲しい人はスイフトスポーツがピッタリですね!

スイフトの口コミを紹介!サイズ感や乗り心地が気になる人必見

口コミ・満足度を表現したイラスト

続いてスイフトの口コミを紹介していきます。

走行性能に重点を置いているスイフトならではの満足感にあふれた口コミが沢山ありました。

試乗では分からない、スイフトを実際に購入したからこそ分かる口コミを集めました。

早速チェックしていきましょう!

スポーティを愛する方には是非考慮に入れてほしい

インテリアが結構スポーティで好み。

メーター周りやシートが走る気を大きくさせてくれます。

室内はシャープな感じでちょい狭く感じますが実用的には問題なし。スポーツを意識してスイフトを選ぶならコレくらタイトな方が好感が持てるかも?

でも収納が少なめでカップホルダーが使いずらいのがマイナスポイントです。

エンジンに関してですが、1.2Lなので少し不安でしたが意外と走る!軽い車体が良いのか加速もグイグイです。

まぁ、急な上り坂や高ギアの低回転からの加速はそれなりといった感じ。

高速道路でも疲労感は少なく、楽しいドライブができました。

最後に価格に関してですが、自動ブレーキやクルーズコントロール、エアバッグはサイドやカーテンエアバッグも標準装備。

これでこの値段なら満足せざるを得ないです(笑)

外観もフルエアロだし室内空間も満足。

本当に良い車だと思います。

色々なコンパクトカーに乗ったけどスイフトの走行性能が断トツでイイ

私がこの車を購入するにあたり、デミオやヴィッツなど色々なコンパクトカーに試乗しました。その中でもスイフトは走行性能が断トツで良かったです。

ちょっとスピードが出ているときにまがってもしっかり道路に張り付いて曲がっていきます。

コーナリングの良さ、エンジンブレーキには感服しました。

でも小回りに関しては見た目に反して微妙。他の同じクラスの車に比べても小回りが効かない印象があります。

乗り心地はまずまずで可もなく不可もなくと言ったところ。足回り硬めの割には突き上げるような感じは少ないです。

またシートの出来は良し。

座面が長くてサイドのホールド面が大きい。峠道のようなカーブが多い道でも力まずに姿勢をキープできます。

しかし、後部座席はやっぱり手狭。軽自動車よりはマシですが狭いです。

後部座席のリクライニングが無いのも、うーん…。と首をかしげます。

家周りが狭い道ばかりだから、小回りの利くスイフトは便利!

中古のK12マーチから乗りかえ。

家周りが狭い道ばかりだったので小回りが利く車(軽自動車は除く)に限定して探しました。

色々なコンパクトカーがありますが、見た目も良く自分の希望に添えるスイフトの購入を決意。

スポーティな走りにも興味があったのでピッタリです。

走ってみて思ったのがスイフトはコーナリング性能が素晴らしいということ。

こんなに小さな車体なのに山道のカーブでミニバンに自然と追い付いてしまうほど…^^;

スピードが出ててもタイヤが路面に張り付いてグッと曲がってくれる。ブレーキがいらないでしょ?と思うくらいです(笑)

正直コンパクトカーなのでいくら走りが良いと言ってもそこまで期待はしてなかったんですが期待以上。

小回りが利いて家の周りでもストレスないですし、走りも楽しい。

非常に満足してます!

以上のような口コミがありました。

スイフトのオーナーは全体的に満足している声が多かったです。

特に前評判から良いと聞いていた走行性能に関して、マイナスな口コミはほとんどありませんでした。

また心配な意見が多いであろう室内空間、特に後部座席について。

そもそもスイフトを購入する人は走行性能を気に入って乗っている人が多いです。

そのため座席の狭さなどに対する不満の声は全体的に少ない結果となりました。

収納スペースの少なさやシートの硬さなどマイナス面の口コミが多少ありましたが、スイフトは走りやコスト面など全体的に好評な口コミが多かったです!

現行スイフトのサイズを旧型スイフト、その他のライバル車と比較!

比較をしている女性

最後にスイフトのサイズを色々な車と比較してみましょう。

特にコンセプトが似ているスポーツ走行仕様のハッチバック「ホットハッチ」のデミオや、ライバル車であるフィットとの違いは要チェックです!

スイフトとマツダデミオのサイズ比較

まず最初は、スイフトとホットハッチのライバル車デミオとの比較をしていきましょう。

スイフト(2016年~) マツダ デミオ
現行スイフト マツダ デミオ
全長 3,840㎜ 全長 4,060㎜
全幅 1,695㎜ 全幅 1,695㎜
全高 1,500㎜ 全高 1,500㎜
室内長 1.910㎜ 室内長 1,805㎜
室内幅 1,425㎜ 室内幅 1,445㎜
室内高 1,225㎜ 室内高 1,210㎜

似た形の両者ですが全長が200㎜近くの差がありますね!

スイフトの方が短く運転がしやすい車であると分かるでしょう。

「じゃあスイフトの方が窮屈で荷物が詰めないの?」

と思う人もいるかもしれませんが、室内長はスイフトの方が100㎜も長いんです!

したがって「スイフトの方が運転がしやすいし、室内のサイズも大きく快適。」

サイズに関してはスイフトが圧勝だと言えるでしょう。

スイフトとHondaフィットのサイズ比較

続いてスイフトとHondaフィットとのサイズ比較をしていきましょう。

スイフト(2016年~) Hondaフィット
現行スイフト ホンダ フィット
全長 3,840㎜ 全長 4,005㎜
全幅 1,695㎜ 全幅 1,695㎜
全高 1,500㎜ 全高 1,525㎜
室内長 1.910㎜ 室内長 1,935㎜
室内幅 1,425㎜ 室内幅 1,450㎜
室内高 1,225㎜ 室内高 1,280㎜

上の表を見ると全体的にフィットの方がサイズの大きな作りになっていることが分かります。

広々した車内空間を求めている人はフィットを選ぶのが賢明でしょう。

そもそもフィットはコンパクトカーの中でも特に広々した車内が特徴。

走りを重視した作りのスイフトがその点で劣るのは、仕方がないですよね。

そのため、広々とした室内空間のコンパクトカーが欲しい人はフィット。

小型な車体で運転がしやすい、走りを重視したコンパクトカーが欲しい人はスイフト。

このような考え方で選ぶと良いですよ!

現行スイフトと旧型スイフトのサイズを比較

最後に現行スイフトと旧型スイフトのサイズを比較していきましょう。

スイフト(2016年~) 3代目スイフト(2010~2016年)
現行スイフト 旧型スイフト
全長 3,840㎜ 全長 3,850㎜
全幅 1,695㎜ 全幅 1,695㎜
全高 1,500㎜ 全高 1,510㎜
室内長 1.910㎜ 室内長 1,905㎜
室内幅 1,425㎜ 室内幅 1,385㎜
室内高 1,225㎜ 室内高 1,225㎜

以上の表を見るとスイフトと旧型スイフトでは車体の大きさに大差はありませんが、室内空間、特に室内幅は40㎜の違いがあります。

これは、車幅は小さいのに室内空間を確保できるような構造になっているということ。

走りの性能や運転のしやすさ、室内の広さまで現行スイフトが優れていると言えるでしょう。

とは言え室内空間にも大差はないですし、価格がグッと落ちている旧型の魅力も捨てがたいところ。

自分のお財布とじっくり相談したり、車をより安く買う方法などを探ってみてください。

あなたの望む一台が手に入れられるはずです!

まとめ

本ページではスイフトのサイズについてお話ししてきました。

スイフト自体走りに特化した車だからこそ、室内の快適性がおろそかになっていないか、乗り心地が悪いんじゃないかなど不安も多かったでしょう。

しかし、サイズの数値をみても他のコンパクトカーと大差はない。

口コミをみても高評価多め。走りに関して悪い評価をしている人はほぼいない。

このようにスイフトは走りもバッチリ。不安視していた乗り心地や快適性もクリア。

あなたが望んでいた通りの車です。

あなたの快適で楽しいドライブのためにスイフトの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です