メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ グレードの比較や特徴、あなたに適したグレードを徹底分析!

ベンツCクラスカブリオレ

クーペのようなボディラインを持ち、オープンカーへと変身を遂げるカブリオレ。

開放感と高級感を漂わせるこのボディタイプは、たった一度きりの人生を最高なものに仕上げてくれること間違いなしです。さて、このカブリオレというボディタイプですが、2016年秋に初めてCクラスで登場しました。

そんな登場してからまだ月日が浅いこのモデル。グレードごとに一体どんな特徴があるのか、気になりませんか?

ここでは、各グレードの特徴・装備を紹介しながら、評価していきます。

メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ グレード表

グレード 価格
C 180 Cabriolet Sports 6,270,000円
Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet 10,230,000円
Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet 15,130,000円

この表は、グレードごとの価格を表しています。

最低価格が627万円から始まっていて、もう少しお金を出すとEクラスが買えてしまうほど、高級であるということが分かります。しかしながら、メルセデス全クラスのカブリオレと比べると、これが一番安い価格なので驚きですね。

では、各グレード間にはどのような違いがあるのでしょうか?簡単に特徴を紹介したいと思います。

各グレードの特徴や違いを解説

エクステリア(外観)を見てみると、大してあまり差がなく、じっくり見比べないと、細かい違いには気づかないことでしょう。また、インテリアに関しても一見違いは無いのですが、グレード上がるに連れて、シートがどんどんスポーツ仕様になっていきます。

では、具体的にどのようにして判別していけば良いのか、簡単に特徴を説明していきましょう。

C 180 Cabriolet Sports

C 180 Cabriolet Sports_外観

こちらは、カブリオレタイプのベースグレードになっています。造りはクーペに似ていて、シンプルです。エクステリアにおける大きな特徴は余りありません。しかしSクラスから引き継がれたカブリオレのデザインが活かされ、飽きの来ない非常にかっこいいスタイルをしています。

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet_外観

MercedesーAMGからは、一気にスポーツカーのような特徴を備えています。ベース車の名前にある通り、スポーティーで高級感を漂わせるAMGデザインが適用されており、気持ちの良い走行インプレッションや豪快なマフラー音、そして滑らかなハンドリングといったものを、高クオリティで実現しているのです。

C63と違うところは、そのスポーツカーの要素を、やや控えているといったところでしょうか。遊びすぎず、かつ派手さを残した、標準装備とAMGデザインの中立的な存在となっています。

Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet

Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet_外観

このグレードは最高価格なだけに、エンジン・セーフティー機能など、どれを取り上げてもメルセデス最高の演出をしています。

特にエンジンに注目すると、最高出力375kw/510PS・最大トルク700N・mという数値を出していて、非常にパワフルな走りを実現しているのです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

では、ここまで簡単な特徴を紹介してきましたが、具体的にどんな装備がついていて、どのように違いがあるのか気になりますよね。

今回は共通装備と、比較的装備内容が似ているC180・C300の比較、そしてAMGシリーズ同士を比べて説明していきたいと思います。

↓全装備を閲覧したい方は、下記のPDFをご参照ください。

http://www.mercedes-benz.jp/catalog/c-class/coupe_cabriolet/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • BAS
  • CPA(衝突警告システム)
  • アダプティブブレーキ(ホールド機能・ヒルスタートアシスト)
  • アダプティブブレーキライト
  • アテンションアシスト
  • クロスウィンドウアシスト
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • トラフィックサインアシスト
  • AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート)
  • アコースティックソフトトップ
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
  • 本革巻ステアリング
  • メモリー付パワーシート[前席]
  • 分割可倒式シート(分割比率50:50)[後席]
  • ヒートシーター[前席]
  • マルチファンクションステアリング(パドルシフト付)
  • 可変スピードリミッター
  • DIRECT SELECT(ダイレクトセレクト)
  • イージーエントリー[ステアリング]
  • キーレススタート&キーレスゴー
  • クライメートコントロール(前席左右独立調整)
  • マイクロエアフィルター&チャコールフィルター

上に挙げたリストは、全グレードに共通している標準装備になります。何やらたくさんの装備があって、どれが魅力的なのか分かりませんね。

そこで今回は、注目すべき装備を4種類に絞ってご紹介したいと思います。

クロスウインドアシストとは

直線や、緩やかなカーブにおいて、約80km/h以上で走行しているとき、強風を感知すると、風向きや強さに応じて自動で車を制御し、コースから外れないようにサポートしてくれる機能になっています。

トラフィックサインアシストとは

一般道や高速道路内でカメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示してくれるシステムで、制限速度を超えた場合に警告を出してくれます。そのため、初めての道でも安心して走ることが出来ます。

可変スピードリミッターとは

クルーズコントロール機能を発展させ、最高速度を任意に設定できる機能です。コレにより、高速道路等でも疲労感を感じずに快適なドライブが更にできるようになりました。

パークトロニックとは

運転席から直接視認しにくい死角である前後バンパー付近の障害物を超音波センサーで感知し、危険な状況となるとアラームや液晶インジゲーターで伝えてくれる機能となっています。

C 180とMercedes-AMGの装備比較

C 180 Cabriolet Sports_エクステリア
https://kei-luv.com/wp-content/uploads/2018/11/Mercedes-AMG-C-43-4MATIC-Cabriolet_エクステリア.jpg
C 180 Cabriolet Sports_インテリア
Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet_インテリア
C 180 Cabriolet Sports Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet
  • CPA
  • アクティブブレーキアシスト
  • ESP
  • LEDハイパフォーマンスヘッドライト
  • スポーツサスペンション
  • MercedesーBenzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルベンチレーテッドディスク[フロント]
  • 18インチAMG5ツインスポークアルミホイール
  • レザーARTICOシート
  • ダイレクトステアリング
  • DYNAMIC SELECT
  • アドバンスドサウンドシステム
  • レーダーセーフティパッケージ
  • 3ステージESP
  • マルチビームLEDヘッドライト(ウルトラハイビーム付)
  • AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション
  • AMGロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルベンチレーテッドディスク[フロント]
  • マットブラックペイント19インチAMGマルチスポークアルミホイール
  • 本革シート
  • AMGパラメーターステアリング
  • AMG DYNAMIC SELECT
  • 12.3インチコックピットディスプレイ
  • Burmester®サラウンドサウンドシステム
  • 他 10種類

2種類のグレードを比較して、共通しない装備を表にしてみました。

流石約400万円の価格差と言うべきか、C 180 Cabriolet Sportsの装備と比べると、Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabrioletはかなりのアップグレードとなっていますね。

AMGの装備がさらに追加されていたリ、よりスポーティな装備が追加されていたりと注目点は多くありますが、セーフティパッケージが標準装備となっているため、快適なドライブをより安全・安心して行うことが出来ます。

その中でも特に注目しておきたい、Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabrioletの装備を紹介しておきましょう。

3ステージESP

高レベルな安全性を確保する「ESP®ON」、一定のドリフトアングルを許容してくれる「ESP®SPORT Handling」、そしてESP®を完全シャットダウンして高度な運転をするための「ESP®OFF」の3種類を選ぶことが出来るESP®システムとなります。

AMGパラメーターステアリング

可変ギアレシオを採用した車速感応パワーステアリングで、正確なステアリングフィールと路面からのダイレクトなフィードバックにより、思いのままに運転することが出来るステアリングシステムとなっています。

Mercedes-AMG C43とC63 Sの装備比較

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet_インテリア
Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet_インテリア
Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet
  • タイヤ空気圧警告システム
  • AMGロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルベンチレーテッドディスク[フロント]
  • マットブラックペイント19インチAMGマルチスポークアルミホイール
  • AMGエグゾーストシステム
  • 本革シート
  • AMGスピードシフトTCT
  • AMG ダイナミックエンジンマウント
  • 電子抑制AMGリミテッド・スリップ・デフ
  • AMG強化ブレーキシステム
  • AMGレッドブレーキ・キャリパー
  • AMGドライバーズパッケージ
  • マットブラックペイント19/20インチAMGパフォーマンス5ツインスポークアルミホイール(鍛造)
  • AMGパフォーマンスエグゾーストシステム
  • 本革(ナッパレザー)シート
  • AMGスピードシフトMCT

こちらはAMGデザイン同士で、共通しない装備を表にしてみました。

比べてみるとC63 Sの方は装備が豊富で、よりスポーティーなものになっているというのが、伝わってきますね。

もちろん、C43もスポーティーな造りになっていますが、C63 Sはそれを上回るパフォーマンスを実現しているのです。

では、注目したいC63 Sの装備を2種類紹介したいと思います。

AMGダイナミックエンジンマウントとは

そもそもマウントとは、エンジンと車両の連結部分で、このAMGダイナミックマウントは、磁性体を封入した液体マウントを使用しています。そうすることで、マウントの固さをドライビング状況に応じて変化させることができ、通常走行ではエンジン音と振動を遮断。豪快に走っているときは、操作性の良いハンドリングを実現させることが出来ます。

電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフとは

走行状況に応じて、タイヤを電子制御することで、様々な路面状況においてもスムーズに運転することが出来ます。また、発進時の強い駆動力や、高速コーナリング・ブレーキングにおいて安定しているといった、スポーティーな走りが出来るゆえの、安全機能になっています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ここまで、様々な装備や特徴を見てきましたが、あなたのお気に入りのグレードは見つかったでしょうか?

まだまだ悩んでしまう方も多いと思います。ここで一度、具体的な評価を加えながら、どんな人にオススメなのかご紹介したいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
C 180 Cabriolet Sports ☆☆☆☆☆ Cクラス カブリオレをシンプルに楽しみたい方へ。
Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet ☆☆☆ よりスポーティーさがもう一声欲しい方へ。
Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet ☆☆ 人生は一度きり!Cクラス最高価格の演出で、人生を謳歌したい人へ。

※評価は5段階でオススメ度を表しています。

ベースグレードとなるC 180 Cabriolet Sportsはバランスのとれたグレードとなっていて、評価が高いようです。

それでは、グレードごとに評価していきます。

C 180 Cabriolet Sportsの評価

確かにC 180 Cabriolet Sportsはベースグレードで、ほかのAMGデザインのグレードと比べると装備がシンプルになっています。

しかし、初期状態でもかなり充実した装備が搭載されているため、オプション等の追加なしでも満足できる快適なドライブが可能です。

スポーティーなパフォーマンスを求めないのであれば、このグレードの中では最高であること間違いないでしょう。オープンカーということで、「若者が遊ぶ車だろう」と思う方もいると思いますが、この落ち着いた質感と高級感は、大人の色気を放っています。幅広い世代に愛されること間違いないでしょう。

メルセデス・ベンツのカブリオレタイプの車種の中で最安ですし、手を伸ばしやすい1台ともいえます。

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabrioletの評価

AMGデザインを取り入れて一気にスポーツカー仕様になっていることもあり、ダイナミックなドライブを楽しみことが出来ます。また、派手さだけでなく、標準さも兼ね備えている中立的なこのグレード。遊びすぎず、それでもドライブに「スパイス」をかけてくれる素敵なグレードです。

価格が1000万円を少し超えているところが難点ですが、同じカブリオレタイプのSLよりもまだ価格が安いため、まだまだ魅力的なグレードといえます。

Mercedes-AMG C 63 S Cabrioletの評価

何と言っても、1500万円越えという価格はとにかく高いです。
Eクラスのカブリオレのベースグレードはもちろん、Sクラスセダンも余裕で買えてしまうこの価格。非常に高価ではありますが、やはりパフォーマンスは素晴らしいもので、エクステリア・エンジンどこを取っても、メルセデス最高の演出をしています。Cクラスで良いのであれば、最高価格のカブリオレはあなたを満足させてくれることでしょう。

Cクラス カブリオレの総合評価

先にも行ったように、まだCクラスに登場してから新しいカブリオレ。そんな、未知数の期待とわくわく感を出してくれるこのボディタイプは、メルセデスで謳っているように、「最高に気持ちいい、Cクラス」であること間違いないでしょう。しかしながら、Eクラス、Sクラスを手に入れてしまうこともできるこの価格。自分が欲しい車をよく考えてから、購入することをオススメします。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です