ハリアーのサイズは?寸法と車幅、旧型との比較も公開!

ハリアーのサイズは?寸法と車幅、旧型との比較も公開!をイメージした画像

ハリアーを購入しようと考えているあなた!実はハリアーについて疑問に思っていることがあるんじゃないですか?

このページを3分見てみてください!その疑問が綺麗に晴れるはずですよ!

  • ハリアーの寸法や車幅、室内空間のサイズ
  • ハリアーのサイズに関する口コミ
  • 旧型ハリアー、レクサスNX、ライバル車とのサイズ比較

以上の事柄をここからお話ししていきます。

30代に突入し、そろそろいい車が欲しいと思ってきた。

今の流行りと言えばSUV。見た目の高級感があり大きすぎないから運転もしやすい。

友達や女性からの受けもよいSUVに誰しもが憧れるでしょう。

しかしSUVと言ったら山や海に毎週キャンプに行ったり、オフロードをガッツリ走ったりするイメージが強いですよね?

そのため「本当に自分に合った車なのか?」と一度踏みとどまった人も多いのでは?

でもそこで見つけたのがオシャレな都会派SUVのハリアー。

毎日の通勤や休日に街中を走ってもオシャレでカッコイイ。それなのに長期休暇にはスノボーを乗せてスキー場へも余裕で行けちゃう。

こんな使い方をする人にハリアーはピッタリな車です!

そんなハリアーのサイズに関してお話ししていきます。

ハリアーのサイズ(寸法・車幅・室内空間)をチェック!

ハリアーのサイズ(寸法・車幅・室内空間)をチェック!をイメージした画像

毎日の通勤に使うにはある程度小回りが効くなど運転のしやすさが重要。

そしてお休みの日のドライブや遠出をしたりするには、室内の快適性やどれくらいの積載量があるのか気になりますよね。

そんな気になるポイントをハリアーのサイズを見ながら考えてみましょう!

ハリアーの寸法や車幅、室内空間などサイズはこちら!

ハリアーの画像
全長 4,725㎜ 室内長 1,965㎜
全幅 1,835㎜ 室内幅 1,480㎜
全高 1,690㎜ 室内高 1,220㎜

ハリアーの車体の大きさと室内空間の大きさは以上のようになっています。

サイズの中でも特筆すべきなのが全長の大きさ。

ミニバンの中でもトップクラスに大きいヴェルファイアが4,945㎜であることを踏まえると、ハリアーはミニバンと比べても大差がない全長サイズなんです。

もちろんSUVの中でも全長は非常に大きめとなっています

室内空間は以下の画像のように、後部座席までゆったりとした作りになんですよ!

「でもミニバンと同じ大きさなら小回り効かないし運転しにくいんじゃ…」と思った人もいるでしょう。

しかし、運転のしやすさに直結する車幅や車高は他のSUVとほぼ変わりません!

そのためハリアーは、「車の容量は大きいのに運転がしやすいサイズのSUV」と考えることができますね!

ハリアーの荷室は広い?大きな荷物は積めるの?

続いてハリアーの荷室を見ていきましょう。

ハリアーの荷室はリアシート使用時は456L、リアシート格納時は992Lの容量があります。

ハリアーの荷室(ラケッジスペース)の画像

(ハリアーの荷室:金属のレールが付いてるから荷物を滑らせて出し入れできる便利仕様)

ハリアーのデッキボード下収納の画像

(デッキボード下収納:スペアタイヤ装着時はタイヤ上に薄型ボックスが設定可能)

ハリアーの荷室は公式でゴルフバッグ4個収納可能で、デッキボード下収納も広めな設計です。

これなら普段のお買い物で困ることはないでしょうし、大人4人で行く大型連休の旅行にも対応できちゃうのではないでしょうか?

さらに上のようにシートを1つ倒して荷室を広げるシートアレンジを施せば、スノボーなどの長めの荷物も楽々載せられます。

もちろんキャンプ用品などにも対応できるでしょう。

オーナーの口コミによると、「大人3人でスノボードを乗せて泊りがけでスノボーを楽しんめた」という声も!

普段使いはもちろん、たまに行く遠出やアウトドアにも完璧に対応できるサイズ感はハリアーの大きな魅力ですね。

 ハリアーのサイズの口コミを調査!オーナーの本音とは!?

ハリアーのサイズの口コミを調査!オーナーの本音とは!?をイメージした画像

続いてはハリアーの口コミを見ていきます。

生のオーナーの本音を語ってもらったので、実際に自分が購入して乗ったことを想像しながら口コミをご覧ください。

ハリアーのオーナーは不満を抱えていないんじゃないか?と思える

個人的にとても良い車だと思います。

私が満足しているのは

  • 日本の道路事情に合ったサイズ。
    (背が高い車ですが、駐車場に困ったことはありません)
  • キャディーバッグが横向きで楽々入る広い荷台
  • ハンドルが操作しやすい
  • 本革シートが高級感があって良い。
  • どんなシチュエーションでも乗って行ける便利さ

これらが満足している点です。

これ以外にも室内の広さは充分。街乗りも高速道路も運転しやすく、家族旅行も行けるから本当に使い勝手が良いです。

嫌味がない車なので仕事でも使えて、色んな意味で使い道を選ばない車だと思います。

高速の追い越しで少しストレスを感じたり、街中でちょくちょく見かけるなど不満点はありますが、問題にするほどの事柄ではないと思います。

誰に見せても恥ずかしくなく、かと言って気取り過ぎずに乗れる。そして嫌味にならない絶妙なハリアーの品格が私にはちょうど良いです。

車種選びは車選びに何を求めるかで違いがある

2代目オデッセイからの乗り換え。

子供も大きくなり元々気になっていたSUV、その中でもハリアーを購入。

【満足している点】

  • 他のSUVにない完成度が高く、品のあるエクステリア
  • インパネは最新のRXなどと比べると古さはあるが質感は十分に高い。
  • 広い室内空間と大きめのシート。
  • ゆったりした乗り心地で静かな室内。
  • 日常の取り回しに支障ない丁度良いボディサイズ。
  • 若干高めのシートポジション。
  • フルタイム4WD性能。

【不満な点】

  • 2.4Lのため加速などの走行性能はワンランク下のSUVには及ばない点
  • 横滑り防止装置などの最新装備が少ない点
  • 4WD4速だから燃費がそれなりに悪い点

不満な点は挙げたものの、ハリアーを選んだ理由がしっかりしてるからこの車には満足している。

車種選びには車に何を求めるかで違いがある。

「速さ・燃費の良さ・最新装備」を求めるならハリアーはオススメしない。

「センスの良いエクステリア・リラックスできる乗り心地・ゆったりとした運転」

これらを求めるドライバーにおすすめなのがハリアーだ。

引用:みんカラ

走行性は満足。安心感があるのが良いです。

最初に総評を言うと、車高が高いから周囲の視認性も高く乗っていて安心感がある。スピードを出し過ぎなければ運転中の疲労感も少なく乗り心地が良い証拠かな?と思っています。

満足度の高いハリアーは私の相棒になってくれそうです。

続いて燃費に関してですが、2年間の燃費記録を紹介します。

除長距離(600km/月)は、1年目14.0km/L、2年目15.2km/L。

長距離(3~500km/日、高速8割)は、平均19.5km/L、最高20.4km/L。

片道20km以上から燃費が良くなります。

エアコンを使う冬、夏は悪化しますが、逆に秋、春は16,0km/L・月まで伸びる時もありました。但し、流れに沿って緩やかな運転が必要です。

この記録から片道10km以下の走行の繰り返しでは、リッター14km位だが、長距離ならリッター20kmも出せるかも?と言った結論になりました。

乗り心地が硬いという声が多いですが、私は柔らかめのタイヤに変更しているのであまり実感はしていないです。たぶん多くの人が言っているので乗り心地が硬い間違いはないですかね?

何はともあれ、個人的に満足しているのでハリアーを買って良かったと思います。

このように満足している声が多かったです。

この他にも様々な口コミを見てきましたがハリアーを購入した人は

「絶対にスピード感のある走りは欠かせない」

「高級感のあるインテリア・エクステリアじゃなきゃ嫌だ!」

というように、ハリアーに特筆した性能を求めている人は少ないように思えました。

それよりも、かゆいところに手が届く万能選手的な役割。

とにかく自分好みなハリアーのデザイン。

などハリアーにしかない魅力に惹かれた人が多かったです!

購入したことを後悔しているオーナーは少ないですし、「ハリアーを欲しいと思ったのなら買って間違いなし。」と自信をもってオススメできる一台ですよ。

ハリアーのサイズと旧型ハリアーやレクサス、ライバル車とのサイズを比較!

ハリアーのサイズと旧型ハリアーやレクサス、ライバル車とのサイズを比較!をイメージした画像

最後にハリアーのサイズを旧型ハリアーやライバル車、そして似ていると話題のレクサスNXと比較してみましょう。

ハリアーと旧型ハリアーのサイズを比較!

まずは現行の三代目ハリアーと旧型の2代目ハリアーを比較していきます。

ハリアー(2013年~) 旧型 2代目ハリアー(2003~2013年)
ハリアーの画像 旧型ハリアーの画像
全長 4,725㎜ 全長 4,735㎜
全幅 1,835㎜ 全幅 1,845㎜
全高 1,690㎜ 全高 1,680㎜
室内長 1,965㎜ 室内長 1,990㎜
室内幅 1,480㎜ 室内幅 1,500㎜
室内高 1,220㎜ 室内高 1,210㎜

数字を見てみると微妙な差ですが旧型の方が大きいようです。

しかし10㎜程度の差は違いが実感できないくらいの差なので、サイズはほとんど同じと考えて良いでしょう。

また、エクステリアも全体的に現行ハリアーの方がスッキリしてスポーティになり、こちらの方が好みだという人が多くいるようです。

フロントもクッと凛々しく、トラのようなマスクになっていますね!

ハリアーとレクサスNXのサイズを比較!

次はハリアーとレクサスNXとの比較をしていきましょう。

そもそもなぜこの2つを比較するかというと、この2車種は巷でも非常に似ていると言われているから。

ハリアーがレクサス化しているという声も挙がっていたほどなんですよ!

しかし、そもそもこの2つの関係は双子のようなもので似ているというのも納得、というか必然なことなんですね。

なぜならこの2つが、北米のトヨタ高級SUVがレクサス。国内のトヨタ高級SUVがハリアー。という関係性だったから。

2代目まではほぼ同じ車と言っても良いほどでした。

そんな2車種も3代目ハリアーの発売を境に関係性が変わり、それぞれが別の車として販売されています。

そこでその違いはサイズに表れているのか、現在でも似ていると言われるレクサスNXと比較していきましょう。

ハリアー(2013年~) レクサスNX300
ハリアーの画像 レクサスNXの画像
全長 4,725㎜ 全長 4,640㎜
全幅 1,835㎜ 全幅 1,845㎜
全高 1,690㎜ 全高 1,645㎜
室内長 1,965㎜ 室内長 2,080㎜
室内幅 1,480㎜ 室内幅 1,520㎜
室内高 1,220㎜ 室内高 1,180㎜

以上のようになっています。

3代目ハリアーを境に別々の車となった2車種ですが、車体のサイズに関してはほとんど変わりがないようですね。

とは言えデザインやそもそものキャラクターの路線、価格に関しては100万円近くレクサスが高いです。

そのためサイズ以外は違う車という認識でOKでしょう。

ハリアーとライバル車のサイズを比較!

最後はハリアーのライバル車種、CX-5とエクストレイルを比較していきましょう。

ハリアー CX-5 エクストレイル
ハリアーの画像 CX-5の画像 エクストレイルの画像
全長 4,725㎜ 4,545㎜ 4,690㎜
全幅 1,835㎜ 1,840㎜ 1,820㎜
全高 1,690㎜ 1,690㎜ 1,740㎜
室内長 1,965㎜ 1,890㎜ 2,005㎜
室内幅 1,480㎜ 1,540㎜ 1,535㎜
室内高 1,220㎜ 1,265㎜ 1,270㎜

以上のようになっています。

ライバル車と比べてみるとハリアーはやっぱり全長が大きな車だということが分かります。

しかしそれ以外は大きな差は無く、全体的なバランスの取れた丁度良いサイズのSUVだと言えるでしょう。

まとめ

ハリアーのサイズについてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか?

サイズに関してハリアーはSUVの中でも全長が大きな部類に入ることをお話ししました。

しかし、そのせいで運転がしずらくなるという声はありませんし、口コミでも満足してるおーナーが非常に多いということも分かりましたね!

また、ハリアーは街乗りはもちろんアウトドアに仕事など様々なシチュエーションで遣えるというのもポイント。

様々な使い方を想定しているあなたにピッタリです!

高級感があるのに使い勝手が良い、そんなハリアーをあなたの次の愛車にいかがでしょうか?

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です