新型ノアの口コミを徹底検証!ノアの欠点はここにあったんです。

トヨタ ノア 口コミ キャッチ

最も身近なファーストクラスをモットーに、リビングのようなくつろぎの空間を作り出したトヨタ 新型ノア。

2017年に行われたマイナーチェンジで、フロントマスクがカッコ良く、室内の快適性能もさらに向上いたしました。

そんな新型のノアですが、実際に乗っている方が不満に思っていることはないのでしょうか。

これからノアを購入しようと思っている方でしたら、ぜひ知っておきたい情報ですよね。

そこで今回は、ノアの良い口コミ悪い口コミをすべて集め、徹底検証していきたいと思います!

トヨタ ノアとは

トヨタ ノア 口コミ エクステリア

今回はトヨタ ノアの良い口コミ、悪い口コミについてご紹介してきますが、その前に、ノアの基本的な情報についておさらいしていきましょう。

ノアのグレードと歴史、モデルチェンジ情報

グレード 7人乗り価格 8人乗り価格
X 2,480,073円(2,685,273円) 2,449,637円(2,654,837円)
X“サイドリフトアップシート装着車” 2,671,000円(2,861,000円)
G 2,725,527円(2,930,727円) 2,695,091円(2,900,291円)
Si 2,739,273円(2,933,673円) 2,708,837円(2,903,237円)
Si“GR SPORT” 3,257,280円
※()内は4WDの価格を表示しています。

ノアはトヨタが製造・販売している7~8人乗りのミニバン型乗用車で、2001年に初代のモデルが発売されました。

その後2007年と2014年にフルモデルチェンジが行われ、現在販売されているのは3代目のノアになります。

姉妹車として売られているヴォクシーと比べると、ノアはオラつきすぎないマスクが人気で、特にファミリー層に好評の1台になっています。

そんな大人気のトヨタ ノアには、ライバル車として「トヨタ エスクワイア」「ホンダ ステップワゴン」「日産 セレナ」などがあります。

ノアの良い口コミを調査してみました

トヨタ ノア 口コミ インテリア
トヨタ ノア 口コミ インテリア

それではノアの口コミにはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

20代女性

子どもが生まれるので家族みんなで乗れるようにと、ノアを購入しました。

ノアに決めたポイントは、落ち着いた見た目と、乗り降りしやすい2列目です。

決して安くはありませんでしたが、実際に乗ってみても快適ですので、とっても満足しています。

30代男性

マイナーチェンジで外観が男前になりましたね。

街中を走っていてもオラつきすぎず、存在感がありますので、運転が楽しくなります。

50代男性

私はキャンプをすることが趣味なのですが、ノアは場面に合わせてシートを動かすことができますのでとても助かっています。

4人程度のキャンプでしたら、ノア1台ですべてまかなえますよ!

30代女性

ノアのインテリアは、個人的にステップワゴンやセレナよりも好きです。

床が低く設定されており実用性もありますので、ファミリーカーとしては最適な車ではないでしょうか。

40代男性

マイナーチェンジから非常に落ち着いたフロントになり、ファミリーカーとして使うにはちょうど良いエクステリアとなりました。

落ち着いたエクステリアが好評

トヨタ ノア 口コミ エクステリア グラフ

新型ノアの良い口コミでは、落ち着いたエクステリアが好評でした。

ノアは2017年に行われたマイナーチェンジ後、フロントマスクが以前よりもギラギラしたエクステリアになりましたが、それでも姉妹車のヴォクシーと比べると落ち着いた印象があります。

どうしてもオラついた車を乗っていると、意味もなく他の車から煽られてしまったりすることがありますから、ファミリーカーとして使うのでしたら、できるだけ安全に落ち着いて乗っていたいものですよね。

ノアは実際に乗っている方からも「かっこよさの中に落ち着いた印象がありますので、ファミリーカーとしては最適です。」と大好評をいただいています。

床が低く、乗り降りしやすい

トヨタ ノア 口コミ 低床フロア グラフ

「年長の娘でも、踏ん張らずに乗れるようになりました。」

「老人ホームの送迎車として使っていますが、これまでよりも介助の負担が減って嬉しいです。」

「全体的に車体が低くなったおかげか、重心が下がり走行も安定しているように思います。」

新型ノアの最大の特徴は“低床フロアを採用することで、さらに快適性が増した”というところです。

ノアは従来のモデルよりも全高を25mm低くしたおかげで、子どもや高齢者の方々でも簡単に乗り降りできるようになりました。

実際に口コミを見てみても、低床フロアの採用は利便性があり、多くの方からご好評をいただいているようです。

シートアレンジが多く、多彩な場面で活躍する

トヨタ ノア 口コミ シートアレンジ グラフ

ミニバンぐらいの大きさの車になりますと、車を使用する用途って多彩にありますよね。

車を選ぶうえでも、シートアレンジの自由度は大切な要素になってきます。

ノアでは3列目を使用しない場合には、シートを跳ね上げることで2列目シートを広々と使うとこができたり、ラゲッジスペースを大きく使用したりすることができます。

実際に口コミを見てみると、

「ノアはアウトドア車として重宝しています。」

「遠方へ帰省するときには、家族みんなで快適に過ごしています。」

「引っ越しは業者に頼まずとも、ノア1台で足りました。」

なんて声が多くよせられていました。

シートアレンジについては、ホームページにも記載されていますので、興味のある方でしたらぜひ1度確認してみてはいかがでしょうか?

ノアの悪い口コミはコレ!

次は、ノアの悪い口コミについて見ていきましょう。

50代男性

燃費を心がけて運転していると12~13km/L走ります。

ハイブリッド車やエコカーと比べると物足りないですが、一昔前のワンボックスカーから比べると改善はみられると思います。

30代男性

ヴォクシーやセレナと比べると落ち着いた印象で良いと思います。

ただし、マイナーチェンジ後に少しノアらしさがなくなりましたので、私はマイナス評価ですね。

50代男性

ノアの燃費は街乗りで10~12km/L程度です。

車体総重量が2,005kgですので仕方がないかもしれませんが、もう少し改善できればなお良しだと思います。

40代女性

私はグレードSiを購入しましたが、車体が290万円、オプションが50万円程度でした。

購入当初は少し高いかなという気がしましたが、乗っている今では全体的に満足していますよ。

20代男性

マイナーチェンジ後さらに人気が出てきた車種ですので理解はできますが、納車までに3カ月も待たされるとなると、購入をためらってしまいます。

それでも私はノアのマスクが気に入っていましたので、一応購入はしましたが…。

やはり燃費が良くない

新型ノアの悪い口コミには、「燃費があまり良くない。」という声がありました。

口コミで寄せられていたオーナーの実燃費を見てみますと、9~14km/L程度の燃費が出ているようです。

確かに車は著しく進化していますので、近年販売されている低燃費のエコカーなんかと比べてしまうと、ノアの燃費はあまり良くないように感じてしまいます。

ただ、そもそもノアは車両総重量2,000kgを超える大きな車体をしており、「燃費を気にして乗る車ではない。」というのが実情。

それでも、家族をたくさん乗せて9~14km/Lの燃費が出ると考えると、低燃費な車と言えるのではないでしょうか?

値引きが少ない

ノアは売れ行きが好調のため、あまり値引きをしてもらえません。

人気のある車は値引きをせずとも売れますので仕方がありませんが、できるだけ安く購入したい私たちからすると悩みの種ですよね。

比較的価格が高く設定されているミニバンなら、なおさら「頑張って値引きして!」と思いますが…。実際にディーラーを相手に交渉をするのは、なかなか難しいものです。

そんなときに役立つのが“一括買取査定!”

一括買取査定の詳しい情報について以下のページでご紹介していますので、興味のある方はぜひ1度、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

一括買取査定の詳しい情報についてはコチラ!

トヨタ ノアの総合評価

今回はトヨタ ノアの口コミについてご紹介してきました。

ノアはマイナーチェンジ後、フロントマスクのデザインが若者向けになっており、それが売り上げ台数の向上につながっているようです。

またトヨタ新開発の低床フロアも大好評!

特にノアはファミリーカーとして使用される方が多い車ですので、子どもやおじいちゃんおばあちゃんを乗せてお出かけされる方なんかには、とってもありがたいポイントなんですね。

燃費についてはまだ改善の余地がある車ですが、それでも購入する価値のある1台と言えるのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です