ベンツ CLAクラス クーペ グレードの比較や特徴、魅力をまとめてみた!

ベンツCLAクラス

皆さんはCLAという名前に、どんな意味が含まれているかご存知でしょうか?クラシックの略称ではありませんよ。

CLは、ボディタイプがクーペであるということを指しており、AクラスをベースにしているのでCLA。つまりAクラスのクーペであるということです。

Aクラスをモデルにしていることから、エクステリア(外観)に関しても、あまり違いがないこのグレード。「それならAクラスに分類したらいいじゃないか」と思う方もいますよね。

ここでは、そんなCLAクラスへ抱く疑問に触れながら、各グレードの特徴を解説していきたいと思います。

メルセデス・ベンツ CLAクラス クーペ グレード表

グレード 価格
CLA 180 AMG Style 4,120,000円
CLA 220 4MATIC 4,950,000円
CLA 250 SPORT 4MATIC 5,560,000円

上の表は、グレードごとの価格を表しています。
CLAクラスにはAMGデザインを含めて4種類のグレードが存在し、最低価格が412万からとなっており、Bクラス以上Cクラス未満の価格となっているのが特徴的ですね。

なお、今回はAMGデザインのグレードは省略しております。下記記事でAMGデザインのグレードについて確認することが出来るのでご参照ください。

ベンツ AMG クーペ グレードごとに装備、特徴を比較、魅力をご紹介。

グレードごとの価格差が広く、最高価格と最低価格の差は約145万。一体この価格の違いには、どのような特徴があるのでしょうか。

それでは、グレードごとに特徴を見ていきたいと思います。

各グレードの特徴や違いを解説

一見パッと見てみると、顔となるフロント以外はエクステリアに違いが感じられないCLAグレード。ささやかな違いだけで、細かく見ていかないと判別がつきにくいです。

インテリアにおいても、メルセデスのお馴染みである、高級感あふれるスポーティーなシートを使用していて、どれも一緒のように感じてしまいますね。

では、どのように区別していけばいいのでしょうか。簡単にご紹介していきたいと思います。

CLA 180 AMG Style

CLA 180 AMG Style_外観1

こちらのグレードが、CLAクラスのベースグレードとなっています。
他のグレードより装備が薄く、アレンジを加えやすいというのが最大の特徴ですね。

エクステリア・インテリアにおいても、Aクラスをモデルにしたシンプルな造りになっていて、非常にコンパクトになっています。

CLA 220 4MATIC

さらっとエクステリアを見るとフロントバンパーがちょっと変わっていて、顔つきはやんちゃな印象からシュッとした印象を持つ形となっています。

装備はインテリアや機能面での追加・変更が行われており、ドライバーにストレスを与えない快適なものになっているのも特徴的ですね。

CLA250 Sports 4 MATIC

エクステリアをよく見ると、フロントバンパー・リアバンパーに赤いラインが入っていて、CLA180 AMG StyleやCLA 220 4MATICと比べて厳つい顔付きをしており、格好良くなっているのが特徴的です。

また、四輪駆動になっており路面状況が悪い中でもスムーズに走行することが出来るので、雪に悩まされることがある日本において、とても重要になってくる要素の一つです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

ここまで簡単に特徴を見てきました。しかし、一体どのようにグレードを選んでいけばよいのか、まだまだ検討つかない方がほとんどでしょう。

ここからは共通の標準装備、そして、各グレードの装備の違いを比較していきながら、詳しく見ていきたいと思います。

↓全装備を見たい方は下記のPDFファイルを参考にしてください。

http://www.mercedes-benz.jp/catalog/compact_cars/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
  • ASR(アクセレーション・スキッドコントロール)
  • BAS(ブレーキアシスト)
  • アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト)
  • アダプティブブレーキライト
  • アダプティブハイビームアシスト
  • アクティブブレーキアシスト
  • アテンションアシスト
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • パークトロニック
  • パーキングパイロット(縦列・並列駐車)
  • LEDハイパフォーマンスヘッドライト
  • LEDポジショニングライト
  • LEDウインカー
  • LEDリアコンビネーションランプ
  • LEDリアフォグランプ
  • LED杯マウントストップランプ
  • ヒートシーター[前席]
  • 座面長延長機能[前席]
  • 本革巻き(ナッパーレザー)マルチファンクションステアリング(パドルシフト付き)
  • DYNAMIC SELECT(ダイナミックセレクト)
  • COMMANDシステム[USBインターフェース・携帯電話ハンズフリー機能(Bluetooth®携帯電話対応)]

何やらたくさんの装備がついていますね。注目して欲しいのは、ブレーキ機能の充実、エアバック機能といった安全装置に抜かりが無いことです。メルセデスといえば、安全性能を重視しているメーカーであり、勿論このCLAクラスにおいても安全面に特化しています。

また、パーキングアシスト機能や、LEDライト。そして、COMMANDシステムと呼ばれるナビゲーションシステムも魅力的で、今となっては付いていてほしい機能がしっかりと備わっています。

それでは、グレードごとに装備を見ていきましょう。

CLA 180 AMG Styleの装備、特徴、異なる点

CLA 180 AMG Style_エクステリア1
CLA 180 AMG Style_インテリア1
  • スポーツサスペンション
  • ダイレクトステアリング
  • AMGスタイリングパッケージ[フロントスポイラー、サイド&リアスカート]
  • シート地 ブラック(ファブリック/ツインレザー)
  • インテリアトリム(マトリックスデザイン)
  • エアコンディショナー

CLA 180 AMG Styleだけに装備されているのはこれだけ。

スポーツサスペンションとは、4輪を個別に制御するサスペンションのことで、高速走行時の直進安定性を高めるものです。

しかしながら、道路の凸凹感が体に伝わり、リアリティな衝撃を受けやすくなるという点があります。この感覚が楽しいと思うか、デメリットだと考えるかは、乗り手次第になっていくことでしょう。「道路に吸い付いて走っている」といった、固い走行インプレッションを好む人には、最適なサスペンションです。

続いてエアコンディショナー。略してエアコンですね。

「じゃあ他のグレードにはついていないの?」って思うかもしれませんが、他のグレードにはクライメイトコントロールと呼ばれ、左右で温度を独立して調整できる便利な空調機能が付いています。つまり、CLA180 AMG Styleのエアコンは、温度調整に少し融通が利かないといったところでしょうか。

CLA 220 4MATICの装備、特徴、異なる点

CLA 220 4MATIC_エクステリア
CLA 220 4MATIC_インテリア
  • MOExtended(ランフラット特性タイヤ)
  • スポーツステアリング
  • クラスメートコントロール(左右独立調整)
  • シート地(レザーARTICO※人工皮革)
  • インテリアトリム(セイルデザイン)

排気量と駆動方式の違いもありますが、このグレードに装着される装備は以上となります。

ランフラット特性タイヤは簡単に言ってしまえば空気圧がゼロ、つまりパンクをした時でも所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤのこと。スペアタイヤがいらなくなるため、車内空間にゆとりが生まれるだけではなく車体の軽量化にもつながるので、燃費性能がちょっとだけ良くなるんです。

そしてインテリア面では、インテリアトリムがシルバー系の配色が追加され、内装に違いが表れています。

また、このグレードから先ほど紹介したクラスメートコントロール(左右独立調整)が搭載され、より室内温度の調整がしやすくなっているのもポイントですね。

CLA250 Sports 4 MATIC

  • パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
  • アダプティブダンピングシステム
  • MercedesーBenzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク[フロント]
  • レッドブレーキ・キャリパー
  • メモリー付フルパワーシート[前席]
  • 電動ランバーサポート[前席]
  • アームレスト[後席]
  • シート地(レザーDINAMICA)
  • インテリアトリム ブラッシュドアルミニウム
  • トランクスルー
  • リバースポジション機能付ドアミラー[助手席側]
  • SPORT専用チューニング(トランスミッション、ESP®、電動パワーステアリング、エンジンサウンド)

以上がこのグレードから追加される装備となります。

CLA 180 AMG Style、CLA 220 4MATICの装備を引き継ぎながらさらに快適性能の向上、そしてスポーティらしさを感じられる内容となっているのはうれしいですね。

中でも特に気になる装備となるのが、「アダプティブダンピングシステム」「レッドブレーキキャリパー」「SPORTS専用チューニング」の3つ。この装備をちょっとだけ詳しくみていきましょう。

アダプティブダンピングシステムって?

この機能は、乗り心地と操縦性の安定を助けるサスペンションシステムのことです。ドライバーの運転スタイルや路面状況を感知して、ストレスの無い安全走行が出来るように、電子制御で調整してくれます。

レッドブレーキ・キャリバーって?

これは、名前の通りブレーキシステムを構成している一部分で、摩擦によって動きを制御する手助けをしています。これはタイヤの内部にあり、チラリと赤色が見えることで、エクステリアに高級な質感を出させています。

SPORT専用チューニングって?

以下の4つの機能に対して、スポーツカーのようなチューニングが施されているということです。

  • トランスミッション(トルクの回転数、回転方向を変えて動力を伝達する部品)
  • ESP®(スピンや衝突に対して臨機応変に対処するブレーキ機能)
  • 電動パワーステアリング(ハンドリングの操作性を滑らかにするもの)
  • エンジンサウンド

このような、セーフティーから細かい走行性能まで、ダイナミックかつスポーティーな仕組みへと調整されています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ここまでたくさん装備、異なる点を紹介してきましたが、どれを選べばいいのか決まりましたか?まだまだ、決まらない方、悩んでいる方がたくさんいると思います。

ここでは、ズバリどんな人にオススメなのかを挙げて、各グレードを評価しながら紹介していきましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
CLA 180 AMG Style ☆☆☆☆ 必要最低限の装備だけを付けて楽しみたい方へ。
CLA 220 4MATIC ☆☆ どこでも利便的で安全な走行を求めたい方へ。
CLA 250 SPORT 4MATIC ☆☆☆☆☆ 日本の気候に邪魔されず、思う存分走り回りたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

CLA 180 AMG Styleの評価

何度も言いますが、ベースグレードということもあり、標準装備が少ないです。

そのため、必要最低限の装備で、かつスポーティなフォルムが気に入ったなら、こちらのグレードはオススメです。

また、オプションで気に入った装備を追加することで、より高い乗り心地を体感する事も出来ますが、オプション価格自体が結構なお値段となっているので、オプションパーツを付けるべきか、思い切ってワンランク上のCLA 220にするか決めることが良いと思います。

ちなみに、CLA 180 AMG Styleで追加できるオプションは、レーダーセーフティパッケージ(201,000円)AMGプレミアムパッケージ(405,000円)の2つです。

CLA 220 4MATICの評価

CLAクラスの中では残念ながら最も人気のないグレードになっています。

性能が悪いというわけではなく、CLA 180 AMG StyleとCLA 250 SPORT 4MATICの中間的ポジションにあるため、必要最低限の装備が魅力のCLA 180 AMG Styleか、同じく4輪駆動で様々なスポーツ性能が自慢のCLA 250 SPORT 4MATICに人気が持っていかれているだけ。

ただ、雪国にお住いの方にとっては、CLA 180 AMG Styleよりも安定した走行ができる、4輪駆動のこのグレードの方が魅力的だと思います。

また、約500万という価格で一番人気のCクラスが買えてしまうというのも、1つの原因になっていますね。

CLA 250 SPORT 4MATICの評価

CLAクラスの中でも一番人気のグレード。
4輪駆動であるだけではなく、寒暖が激しい日本で必要な要素をしっかりと備わっている部分が、高評価に繋がっているようです。

また、AMGデザインがやや適応されており、遊びすぎずスポーツカーの良さを兼ね備えているため、大人の気品も感じられるのもポイント。多少やんちゃだけど紳士的な印象に、グッとくる魅力を感じるのではないでしょうか。

CLAクラスの総合評価

CLAクラスを購入する人は、「個性を出したい」、「デザインに惚れた」というような感想で選ぶ方が多いです。やはり、同じ価格層にはCクラスがあることから、あえてCLAクラスを選択する必要は無いと思われています。

だからと言って、性能・デザイン・演出はCクラスに引けを取らないものになっていて、メルセデスの最新技術が詰まっていることに変わりはありません。購入する際は、自分のニーズとよく相談してから選択していきましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です