メルセデス・ベンツ Cクラス セダン グレードの比較や特徴、あなたに適したグレードを徹底解説!

Cクラスはメルセデス・ベンツの中で最も人気なクラスとなっており、その中でも特にセダンが広く愛されています。
安全面から、走行性能、そして高級車としての質といった、様々な観点から評価を受けているCクラス。

そんなCクラスには、現在8種類ものグレードが存在しています。
グレードごとにどんな違いが存在し、そして、どんな特徴があるのか知りたくはありませんか?

ここでは、グレードごとに価格、装備等を比較し、特徴を紹介していきます。

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン グレード表

まずは、価格を見ていきたいと思います。

グレード 価格
C 180 4,550,000円
C 180 AVANTGARDE 4,950,000円
C 200 AVANTGARDE 5,600,000円
C 200 4MATIC AVANTGARDE 5,880,000円
C 220 d AVANTGARDE 5,860,000円

セダンタイプのCクラスはAMGデザインのグレードも含めて8つのグレードとなっていますが、今回はAMGデザインを省いております。

※AMGデザインのグレードについては以下の記事をご参考ください。
ベンツ AMG セダン 各グレードで特徴を比較、魅力をたっぷりご紹介!

価格差は130万となっており、一番価格が安いグレードでも455万円からということで、かなりの高級車であることがひしひしと伝わってきますね。

では、各グレード間の価格差には、一体どのような違いがあるのでしょうか。詳しくお伝えしていきたいと思います。

各グレードの特徴や違いを解説

Cクラスはグレード名が違っても、見た目の違いはほとんどなく、どうやって判別したらいいのか非常に分かりづらいです。

では、実際どのような違いがあるのでしょうか。グレードごとに簡単な判別方法を紹介したいと思います。

C180

C180_外観

こちらはベースグレードなだけに、見た目も中身も標準的な装備となります。

特に目立ったエクステリア(外観)の変化がなく、C180 AVANTGARDEにとても似ていて、パッと見ただけでは全く判別がつかないことでしょう。

特徴として言えば、標準装備が少ないので、好きなオプションを付けることによって、自分好みにアレンジを加えやすいといったところでしょうか。

必要最低限の装備だけに絞って、Cクラスを楽しむことが出来ます。

C180 AVANTGARDE

C 180 AVANTGARDE_外観.jpg

こちらも見た目での判断は難しく、走行性能や装備においてもC180に近いものになります。

しかし、このグレードからはAMGラインというオプションをつけることが可能で、スポーティーなエクステリア・操縦性・走行インプレッションへと変化させることが出来るのです。

その他のAMGラインオプションについては、装備の項目で詳しく触れたいと思います。

C200 AVANTGARDE

C 200 AVANTGARDE_外観

このグレードもC180 AVANTGARDEと違いがほとんどありません。

しかしこのグレードからLEDライト等の電気系統の装備や、プライバシーガラスといった高級感を感じられる装備が追加されます。

また、オプション装備として「レザーエクスクルーシブ」の装着が、このグレードから可能となります。

C200 4MATIC AVANTGARDE

C200 AVANTGARDEの装備に加えて、4MATICと名前にある通り、4輪駆動であるという違いがあります。

路面状況や、悪天候といった環境に左右されず安全な走行をすることが出来ます。特に雪にも悩まされる日本において、注目しておきたい特徴です。

C220 d AVANTGARDE

C 220 d AVANTGARDE_外観.jpg

名前の『d』という文字に注目してください。このグレード最大の特徴は、軽油で走るディーゼルエンジンを搭載しているということです。

このディーゼルエンジンとは、ガソリンエンジンよりも回転数が多く、よりパワフルな加速を実現するものですが、「燃費はどうなの?」「環境にいいの?」と思ってしまいますね。

しかしながら、Cクラスに搭載のディーゼルエンジンは、18.9km/Lという低燃費。そして、排出ガス規制もクリアしている安心安全のエンジンになっています。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

ここまで、各グレードの大まかな特徴を見てきました。

では、具体的にどのような装備が付いていて、そのグレードにおける装備は何なのか詳しく説明していきたいと思います。

↓全装備を閲覧したい方は、下記のPDFファイルからご覧ください。

http://www.mercedes-benz.jp/catalog/c-class/sedan_wagon/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • アダプティブブレーキ(ホールド機能・ヒルスタートアシスト)
  • ESP®
  • クロスウィンドアシスト
  • アテンションアシスト
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • 3点式シートベルト&ヘッドレスト(全5席)
  • SRS各種エアバッグ(フロント/ニー/サイド/ウィンドウ)
  • アルミニウムボンネット
  • 本革巻きステアリング
  • 分割可倒式シート(分割比率40:20:40)[後席]
  • マルチファンクションステアリング(パドルシフト付)
  • 可変スピードリミッター
  • DIRECT SELECT(ダイレクトセレクト)
  • 電動調整・可倒式ヒーテッド・ドアミラー(LEDウインカー内蔵・足元照明内蔵)
  • 自動防眩ルームミラー&ドアミラー(運転席側)
  • クライメートコントロール(前席左右独立調整)
  • COMMANDシステム(10.25インチワイドディスプレイ)

このほかにも標準装備となっている装備は多いです。

今となっては付いていて欲しい駐車アシスト機能や、LED照明も標準装備で備わっていて、快適な運転が実現するのは見て取れますね。

中でも特に注目したいのが、アダプティブブレーキやESP®といった安全装備です。

アダプティブブレーキとは

坂道発進時をサポートするもので、ブレーキペダルから足を踏み外した後も2秒間停止した状態を保つというホールド機能のことです。

ESP®とは

自動で危険を察知した後、4輪それぞれのブレーキが作動し、スピンや衝突といったハプニングを臨機応変に対処してくれるシステムです。

C180とC180 AVANTGARDEの装備比較、特徴

Cclassイメージ7
Cclassイメージ

C180とC180 AVANTGARDEは似ている装備、性能が多いです。まずはこの2つの装備を比較していきたいと思います。

C180 C180 AVANTGARDE
  • 16インチマルチスポークアルミホイール
  • MOExtended(ランフラット特性タイヤ)
  • ファブリックシート
  • ピアノラッカー調インテリアトリム
  • 4ウェイパワーシート(前席)
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • ミラー付サンバイザー
  • スピーカー5
  • 17インチ5ツインスポークアルミホイール
  • タイヤフィット
  • レザーツインシート
  • ブラウンアッシュウッドインテリアトリム
  • メモリー付きパワーシート(運転席)
  • 電動ランバーサポート(運転席)
  • ダイレクトステアリング
  • 電動チルト&テレスコピックステアリング
  • イージーエントリー[ステアリング]
  • 照明ミラー付サンバイザー
  • アンビエントライト[64色]
  • アナログ時計
  • アドバンスドサウンドシステム
  • スピーカー9

上の表には、C180とC180 AVANTGARDEに共通しない装備をまとめてみました。

C180には必要最低限度のものだけついており、目に見えて違いが判るのはタイヤが1インチ小さくなっていることでしょうか。

また、電動でシートが動かないことや、サンバイザーに照明がついていない、といったわずかな違いがあります。もちろんこれらのシート機能や照明機能はオプションでつけることが出来るので、C180を選んで必要なものだけを取り付けるといったことは十分可能です。

では、どんな部分が異なっていると言えるのでしょうか?
実はC180はベーシックパッケージ・AMGラインという2つのオプションがつけることが出来ないことが関係しています。

ベーシックパッケージとは

C180 AVANTGARDEだけに装着することが出来るオプションで、簡単に説明するとC 200以降に搭載される装備を付けることが出来るオプションです。

このオプションで搭載される装備は、以下の通りです。

  • ヒートシーター[前席]
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • パークトロニック
  • プライバシーガラス[後席左右・リアウィンドウ]
  • キーレスゴー

オプション価格は198,000円とやや高めですが、ベンツらしい高級感・快適感を味わえる装備内容が追加されます。

AMGラインとは

C180 AVANTGARDE・C200シリーズ・C220dAVANTGARDEへ装備できるオプションで、以下の装備を装着することが出来ます。

AMGライン AMGスタイリングパッケージ
[フロントスポイラー・サイド&リアスカート]
MercedesーBenzロゴ付ブレーキキャリパー
&ドリルドベンチレーテッドディスク[フロント]
ブラックアッシュウッドインテリアトリム
18インチAMG5ツインスポークアルミホイール
レザーARTICOシート
スポーツシート[前席]
AMGスポーツステアリング
ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
(C180 AVANTGARDEのみ追加) DYNAMIC BODY CONTROL
(C200シリーズ・C220dAVANTGARDEのみ追加) AIR BODY CONTROLサスペンション

表から見て分かるように、AMGというスポーツカーに近い迫力のあるエクステリア。そして、爽快な操縦性を味わうことが出来るという内容になっています。

C200 シリーズとC220 d AVANTGARDEの装備比較、特徴

Cclass外観3
Cclassイメージ8

C200 シリーズとC220 d AVANTGARDEも装備に注目して見ると、ほとんど違いはないのですが、2点だけ大きく違う部分があります。

それはズバリ、ESPとサスペンションの違いです。

C200 AVANTGARDEとC220 d AVANTGARDEはC180同様のESPとAGILITY CONTROLサスペンションなのですが、C2004MATIC AVANTGARDEには標準装備として、4ESP®やスポーツサスペンションに変更されています。

では、この4ESP®やサスペンションは何が違うのでしょうか?それぞれを説明していきます。

4ESP®って何が違うの?

4輪駆動専用に最適化したESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)で、主に滑りやすい路面で空転したタイヤをロックし、残りのタイヤに個別に最適な駆動力を伝達してくれます。

簡単に言ってしまうと、4WD専用でより安定した走行姿勢を保てるESP®と言うわけですね。

つぎにサスペンションの違いについて見ていきましょう。

AGILITY CONTROLサスペンション

4リンク式と呼ばれる固定車軸式を使用しており、キャンバー角と呼ばれるタイヤの上部が外側に傾く角度、内側に傾く角度を自由にセッティングすることが可能です。これによって、コーナリング時の踏ん張る力が大幅に上昇します。

また、オールアルミ製になっていることで、ハンドル操作時の反応がより良いものになっており、心地よい操作性を実現しています。

スポーツサスペンション

4輪個々に制御するサスペンションで、高速走行時などの直進安定性を高めるものです。リアリティのある走行インプレッションと、道路に吸い付くような感覚を楽しむことが出来ます。

しかしデメリットもあり、車高が低くなったことで、凹凸のある道路では直接振動が伝わってしまうという点があります。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ここまでたくさんの装備や特徴を見てきましたが、結局どんな人にオススメなのか分かりにくいですよね。そこで、表で分かりやすくまとめてみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
C180 ☆☆☆ ベースグレードで欲しい装備だけで良いという方へ。
C180 AVANTGARDE ☆☆☆☆☆ メルセデスらしいスポーティーさと、ベースグレードのシンプルな部分を楽しみたい方へ。
C200 AVANTGARDE ☆☆☆☆☆ C180 AVANTGARDEよりもワンランク上のグレードを選びたい方へ。
C2004MATIC AVANTGARDE ☆☆☆☆ C200が好きで、雪道走行をすることがあり、4輪駆動に拘っている方へ。
C220 d AVANTGARDE ☆☆☆ メルセデス最先端のディーゼルエンジンのハイパワーを体感したい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

表を見るとC180 AVANTGARDEとC200 AVANTGARDEは、満足度が最高だということが分かりますね。個人によって満足度は分かれますが、この2つは人気のグレードとなっています。

それでは、グレードごとに評価しながら、オススメな理由をご紹介しましょう。

C180の評価

やはり、これまで紹介してきた他のグレードに比べて非常に標準装備が薄くなっています。逆に考えると、必要な装備だけをつけて、楽しむことができ、スポーティーな走りを求めないのであれば納得できるグレードではないでしょうか。

C180 AVANTGARDEの評価

こちらのグレードは、表にもある通り人気なグレードになっています。その理由としては、ベースグレードに加えてAMGラインというオプションをつけることで、スポーティーらしさも出しながらちょうどいいバランスのとれたグレードになっています。

C200 AVANTGARDEの評価

基本的には、C180 AVANTGARDEと違いはありませんが、AMGラインを付けたときにC180 AVANTGARDEだとスポーツサスペンションになり、C200だとAGILITY CONTROLサスペンション(AGILITYサスペンションを自分で調整可能なもの)になります。自分に合うサスペンションはどちらなのかという点で、決めることになるのではないでしょうか。

C200 4MATIC AVANTGARDEの評価

基本的にはC200 AVANTGARDEと違いはないのですが、こちらは4輪駆動になっています。走行路面に左右されにくく、季節に関係なく安定した走りをすることが出来ます。

行動範囲が広い方にとって、大切な要素ではないでしょうか。

C220 d AVANTGARDEの評価

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンどちらがいいの?と思う方もいると思いますが、このグレードに搭載されているディーゼルエンジンは、ハイパワーかつ燃費の良い環境性能にも特化しています。普段主流のエンジンでは物足りない人にとっても、わくわくする機能の一つですね。

結果どのグレードが売れているのか?

結果的に一番人気のグレードはC180 AVANTGARDEとC200 AVANTGARDEです。

この2つは、AMGラインを付けたときのサスペンション以外にはほとんど違いが無いのですが、Cクラスとしての標準さから、スポーティーな走行まで再現している。すなわち、メルセデスCクラスの良いところだけを詰めた車とも言えますね。

当然ながら、ハイパフォーマンスでスポーティーな走りを求めたいとか、ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドとはどんな刺激を与えてくれるのか、乗車するまで未知数なことばかりです。

自分にあった「このグレード」を見つけるためにも、今一度自分のニーズと相談して、決めることが大切だと思います。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です