マツダ フレアワゴンカスタムのグレードを比較!特徴や装備の違いを捜査

スズキ・スペーシアのOEM、マツダ・フレアワゴン。

室内スペースの広さが売りの軽自動車に、カスタムスタイルというギラギラとしてデザインのモデルがあるんです。

今風デザインに良くまとめ上げられたエクステリア、スポーティな雰囲気でありながらメロウな印象を感じメロメロになる方が続出……。

していると思わされるのが、フレアワゴンカスタムスタイルのパッと見の魅力です。

そんなフレアワゴンカスタムの魅力を、各グレードを比較しながら、もっと深くまでじっくりと見てみましょう。

マツダ フレアワゴンカスタムのグレード表

マツダ フレアワゴンカスタム グレード エクステリア
グレード名 価格
HYBRID XG 1.576,800円(1,697,760円)
HYBRID XS 1,690,200円(1,811,160円)
HYBRID XT 1,787,400円(1,908,360円)
※()内には4WD価格を表示しています。

価格帯が結構高いですよね。フレアワゴンからしてそんなに安いほうではありませんでしたが、軽自動車もここまでくると下手なコンパクトカーより高くつきそうです。

減税などを差し引くとどうなるかわかりませんけどね。

それに、高いと言っても最高価格は競合車種のひとつN-BOXカスタムと比べると少し安いです。

軽自動車ハイトワゴンのカスタム車種の中だと、比較的良心的な価格帯と言えるのではないでしょうか。

各グレードの特徴や違いを解説

マツダ フレアワゴンカスタム グレード インテリア
マツダ フレアワゴン グレード インテリア

フレアワゴンカスタムスタイルの魅力は、見た目・質感・雰囲気などの表層的なものにとどまりません。

無印フレアワゴンとは異なる性能、装備、それらすべてに魅力が詰まっているからこそ価格が高くなっているんです。

その魅力を、まずは概要だけ紹介しましょう。

HYBRID XG

HYBRID XGとXSの性能は、無印フレアワゴンと同じです。最高出力38kW/6,500rpm、最大トルク60Nm/4,000rpmという水冷4サイクル直列3気筒エンジンを搭載しています。

この性能だけだとN-BOXなどの競合車種よりも劣るという印象になると思いますが、実際にはここにモーターのアシストが加わるわけです。

モーターの最高出力は2.3W/1,000rpm、最大トルクが50Nm/100rpm。

特徴的なのは、発進時から低速・中速にかけて生じてしまうトルク不足という軽自動車共通の弱点を、モーターのトルクで補っているという点。

これは競合車種N-BOXのNAグレードにとっても弱点となる部分なんです。

65Nm/4,800rpmとエンジンの数値はN-BOXのほうが高いものの、「最大トルクの発生域」が高く、エンジンが調子よく回ってからでないとパワー不足になってしまうんですよ。

この点は、フレアワゴンとフレアワゴンカスタムスタイル独自の利点と言えます。

軽自動車の枠内では限られているエンジン性能をモーターを付けて補うという、逆転の発想がフレアワゴン及びフレアワゴンカスタムスタイル共通の魅力ではないでしょうか。

また、フレアワゴンカスタムはベースグレードから、既に装備が充実しています。

たとえば魅力的なエクステリアにはエアロバンパーが付けられているし、メッキ素材も充実している。

もちろん、無印フレアワゴンXSグレードと同じ装備も、XGから一部を除き搭載されています。

この点も、カスタムスタイルの魅力と言えそうですよね。

HYBRID XS

XSは、無印フレアワゴンも「装備が充実したグレード」という立ち位置でしたが、それはカスタムスタイルでも変わりません。

スーパーUV&IRカットガラスや、両側ワンアクション電動スライドドアなどが搭載されています。

装備の詳細は今はこれくらいにして、またすぐ後程紹介しましょう。

HYBRID XT

XTのTは、ターボのT。

最高出力47kW/6,000rpm、最大トルク98Nm/3,000rpmのターボエンジンを搭載しているんです。

しかも、相変わらずモーターは搭載されているマイルドハイブリッドだから、軽自動車随一のハイトルクを感じながら、しっかりとした加速を楽しむことができるようになっています。

評価の高いN-BOXカスタムターボの出力をも上回り、発生トルク域も低めという「まさに軽自動車一のターボ車」と言っても過言ではないのかもしれませんね。

そう言えるのはモーターがあるからですが、本当にこの「マイルドハイブリッド」の助力が大きすぎる!

加速感覚は決して「鋭く、加速が楽しい」というものではありませんが、それは軽自動車だから仕方のないこと。

ただ、不足感はまるでありません。

NAだとたまに感じてしまう、高速道路でのパワー不足が、ターボによって解消されています。

流石に追い越し車線を走るのは怖いかもしれませんが、スピード的には一時的に追い越し車線を走って追い越すくらいはできるでしょう。

高性能な軽自動車が欲しい方には、とてもとても合うと思います。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

ターボ車だけ無印フレアワゴンと性能的な差別化が図られていますが、ほかは性能的に同じ。

異なるのは装備、そしてグレードごとに異なるのも装備! ということで、とにもかくにも装備を見なければ何も始まらないし、終われません。

下記PDFから一部抜粋して、フレアワゴンカスタムスタイルの装備を見てみましょう。

http://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/pdf/flair-wagon/flair-wagon_specification_201804.pdf

全グレード共通標準装備

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能(前進・後退時)
  • 後退時ブレーキサポート
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • LEDヘッドランプ(ハイ/ロービーム:オートレベリング[光軸調整]機構付)
  • エアロバンパー(フロント/リア)
  • メッキ+ブラックメッキフロントグリル
  • フロントドアアームレスト ブラックパール加飾
  • シートバックポケット
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • ロールサンシェード
  • LEDポジションランプ・フロントフォグランプ

先進予防安全機能がしっかり搭載されているところが、時代を感じさせますね。他社と比べて充実傾向にあるとは言えないかもしれませんが、最低限欲しいものは全部搭載されていると言えるのではないでしょうか。

そればかりか、先行車発進お知らせ機能などの「必須ではないけど、あったらいいなあ」というものまで揃っているから好印象です。

エクステリアとインテリアには、メッキやブラックパール加飾などギラギラとしたそう色がたくさんあり、乗っていて楽しさを感じさせてくれます。所有する喜びも、ひとしおだ。

また、チルトステアリングなど無印では上位グレードのみだったものも搭載され、男女ともに乗りやすく運転しやすくなっています。

カスタム車として、非常に優秀な全車標準装備なのではないでしょうか。

HYBRID XGとXSの装備、特徴、異なる点

HYBRID XG HYBRID XS
  • ボディ同色アウタードアハンドル
  • ワンアクション電動スライドドア
  • (後席・助手席側のみ)
  • ウレタンステアリングホイール
  • 2スピーカー
  • (フロント×2)
  • 165/65R14 75Sタイヤ
  • 14×4 1/2 Jインチアルミホイール
  • スーパーUV&IRカットガラス
  • (フロントドア)
  • LEDインルミネーション
  • (フロントバンパー)
  • メッキアウタードアハンドル
  • 両側ワンアクション電動スライドドア
  • 本革巻ステアリングホイール
  • シフトノブ本革巻
  • 折り畳み式シートバックテーブル
  • (ドリンクホルダー×2)
  • (ショッピングフック×3)(後席用)
  • スリムサーキュレーター
  • 6スピーカー
  • (フロント×2/リア×2/フロントツイーター×2)
  • 165/55R15 75Vタイヤ
  • 15×4 1/2Jインチアルミホイール

片側だけですが、XGにもワンアクション電動スライドドアが搭載されているのが嬉しいですね。

XSからはしっかり両側に進化しているし、ウレタンステアリングは本革になっているし、実用性も質感もバッチリ向上しています。

個人的に嬉しいのが、折り畳み式のシートバックテーブル。

子どもがいる家庭だと、この装備があると大助かりしますよね。

子どもがシートバックテーブルを使って、牙城を築き始めます。ジュースを置き、ちょっとしたお菓子を置き、本やゲームを持って思い思いに楽しんでくれるんです。

親にとって、これほど楽なことはありません。

まだ車に大人しく乗っているのが苦手な子どもがいる家庭には、よさそうですよね。

HYBRID XTの装備、特徴、異なる点

  • SRSエアバッグシステム カーテン
  • クルーズコントロール
  • ステアリングシフトスイッチ

HYBRID XTはターボエンジンを搭載しながらも価格を抑えるためか、装備の違いがそれほど多くはありません。

ただ、限られた追加分の中でクルーズコントロールやステアリングシフトスイッチ(パドルシフト)など、使いやすく需要が高い機能ばかりが揃っているから嬉しいですよね。

SRSエアバッグで安全性もさらに高くなり、クルコンを使えば高速道路の巡航も楽、通勤も楽々です!

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

これまで、フレアワゴンカスタムスタイルのグレードを比較してきましたが、どれにも魅力があって選ぶのが難しいですよね。

比較的価格が抑えられて装備も充実、カッコ良さが増したベースグレードもいいし、充実装備のXSもターボのXTもいい! そんな、どれも欲しい各グレードを敢えて評価してみるとしたら?

こうなりました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
HYRBID XG ☆☆☆☆☆ カッコよく快適な軽が欲しい方へ。
HYBRID XS ☆☆☆☆ さらに実用性が高い軽自動車が欲しい方へ。
HYBRID XT ☆☆☆ 圧倒的な快適性と性能を誇る軽自動車が欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

HYBRID XGの評価

フレアワゴンカスタムスタイルの魅力は、見るからにカッコイイところですよね。フレアワゴンが気になるけど、なんだか可愛らしいのが苦手という方もいると思います。

可愛らしい見た目が魅力だけど、裏を返せば「カッコよさが足りない!」と今風デザインが好きな方には、ちと物足りないデザイン。

カスタムスタイルは適度にパンチがあり、上品さもあり、熟成されたメロウな雰囲気がある! 圧倒的なカッコよさですよねえ。

かっこよく、さらに室内空間が広々快適となれば、もう買わない理由が見つかりません。

HYBRID XSの評価

両側ワンアクション電動スライドドアやシートバックテーブルなど、実用性と快適性、そして本革で質感が高められたグレードです。

XGよりもさらに実用的になり、軽自動車としての魅力が増しているように感じられます。

軽自動車の魅力といえば、税金が安くて小さいボディなのに、室内空間が広くて使いやすいということだと思うんですよ。特に、こういうハイトワゴン系はその色が濃い。

クオリティが高い軽が欲しいという方にとって、とても買いやすいグレードとなるのではないでしょうか。

HYBRID XTの評価

軽自動車のターボは楽しむためにあるものではないと思っています。じゃあ、何のためにあるのか――。

快適に走らせるため!

たとえば、NAで高速道路を走ろうとするとパワー不足を感じてしまい、快適ではありません。

坂道が連続しても力が不足することがあり、やはり快適ではないわけです。もちろんフレアワゴンはトルクの弱点を克服したことで、NAだとしても比較的走りの快適性が高い。

ただ、それでも足りないものを補ってくれるのがXTのターボなんです。

クルーズコントロールも、走りの快適性を高める装備のひとつ。

快適を、楽しみましょう。

https://kei-luv.com/?page_id=253

マツダ フレアワゴンカスタムの総合評価

マツダのフレアワゴンカスタムスタイルは、恐らく誰が見てもハイクオリティだと感じるのではないかと思えるくらいクオリティが高いですよねえ。

実用性も快適性も、デザイン性も高いから、多少価格が高くなってもそんなに気にならないところが凄いと思います。

特に走行性能を重視する方には、フレアワゴンとフレアワゴンカスタムスタイルはオススメ。

競合車種とも比べながら、各グレードも比べながら、自分にとって最適の一台かどうかをじっくりと確かめましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です