グレード徹底考察!Jeep Renegadeの見た目に隠された気になるポイントを集めてみた!

ジープの独特な世界観を手軽に味わえるモデルとして、そして国産のSUV車にはない超個性的でインパクトのある見た目から、高い人気を得ている「レネゲード」

加えて車両価格もlongitudeの299万円~と中々良心的な事もあって、見た目に一目惚れして購入を検討した、と言う方も多い。

とはいえ、いくらその見た目に惚れ込んだとはいえど”外車”。

何か不便になりそうな点や後々不満になりそうな点があるのではないか、と言うような疑問がポツポツと湧き上がっていないだろうか。

Renegadeの各グレード価格

それに、レネゲードのグレードは先に触れたlongitudeの他にLimited、Trail Hawkと3つのグレードが設定されていることもあって、『どのグレードがベストな選択になるのか』も気になるはずだ。

そこで今回は、レネゲードの購入でベストな選択をするためにも知っておきたい、グレードごとの魅力や装備の違いと言った、気になるポイントをまとめて紹介していこう。

グレード選びに困っている人だけではなく、少しレネゲードについて興味を持った、と言う方も是非参考にしていってほしい。

そもそもジープレネゲードはグレードごとに何がどう違うのか

Renegadeのグレードごとの違い

ベストなグレード選びをするためにはここを解決しないと始まらない。

先ほども軽く触れたがレネゲードのグレードは全部で3つと、多種多様なグレードを設定している国産車と比べて非常にシンプルではあるが、それゆえに装備の違いも地味に多い。

だからこそまずは、グレードごとの装備の違いをサクっと触れていこう。

エクステリア/視界装備の違いは大きく分けて2つ

レネゲードの各グレードのエクステリアや視認性に関係する装備の違いは、大きく分けると”ヘッドライト”と”フロントグリル”の2つのみ。

エントリーグレードとなるLongitudeでは、ヘッドライトをはじめとした各装備がハロゲンライトなのに対し、Limited・Trail HawkはすべてLEDライトなっている為、夜間走行時の視認性は高い。

加えて、ヘッドライトはオートで点灯・消灯する為つけ忘れが起きることもないのは事故防止に役立つと言えるだろう。

視認性装備・エクステリアの大きな違いはヘッドライトとフロントグリル

エクステリアについては、Longitude・Limitedの違いはJeepを象徴する7スロットグリルの色の違い、Trail HawkのみボンネットデカールやTRAIL RATEDバッジが装備されると言った違いがある。

加えて専用のフロントフェイシア(フロントダンパー関連装備)や、地面と接触した際の損傷を防ぐ為のスキッドプレートと言った、悪路走行にかかわる装備が各所に取り付けられているのもポイントだ。

その他の違いに関しては、以下を参考にしておこう。

その他の装備の違いをまとめてみた

運転席まわり/オーディオ装備の違いは非常につかみやすい

運転席まわり・オーディオ関連の装備については非常につかみやすい。

オーディオ・ナビゲーション関連装備の違い

と言うのも、大きな違いとなっているのは、運転席のマルチビューディスプレイとナビゲーションシステム、そしてステアリングホイールの材質のみ。

Longitudeでは上記の装備すべてがグレードダウンしていると考えることが可能だ。

ちなみに、Limitedのみステアリングホイールにヒーテッド機能が付いているのも覚えておこう。

グレードごとの一番の違いとなっているインテリア・シートの違い

実はレネゲードの各グレードで明確な違いとなっているポイントの1つとなるのがここだ。

Renegadeの各グレードで目に見えて違うのはシートの材質とカラー

例えば、シートの材質を見てみるとLongitude・Trail Hawkがファブリック素材のシートになっている(Trail Hawkはプレミアムファブリック)のに対し、Limitedはレザー素材となっており、カラーバリエーション2種類から選ぶことが出来る。

加えて、フロントシートの調整機構を見ても、Limitedのみ電動のパワーシート及びランバーサポートが装備されているのも特徴的だ(それ以外はマニュアル機構を採用している)

Limited・Trail Hawkに設定されている可倒式リアシートのイメージ

ただ、リアシートを見てみるとLongitudeとTrail Hawkで違っているのは押さえておきたい所。

Longitudeは6:4の分割可倒式に対しTrail Hawk(およびLimited)は4:2:4分割可倒式と、後部座席のシートアレンジがよりしやすくなっている。

そう考えると、視覚だけではなく機能の面で見てもLimitedは高級感があり、LongitudeおよびTrail HawkはSUVらしい『ギア感』が出ていると捉えておくのが良さそうだ。

安全装備は基本的に全グレード共通

一方で安全装備については逆に共通している部分が多い。

Renegadeの安全装備は全グレードで共通している

と言うのも、実は上記のようなエアバッグシステムをはじめとした、各種安全装備は全グレードで共通装備。

唯一急な割込みや急ブレーキといった衝突のリスクが発生した際にブレーキを作動させる『クラッシュミティゲーション付の前面衝突警報』だけがTrail Hawkで非搭載となっている。

足回りや走行性に関係する装備は地味に大きい

ここも各グレードで明確に違っているポイントだ。

クルーズコントロールのイメージ

その中の一つとなるのが、高速走行時等で役立つクルーズコントロール。

Longitude・Trail Hawkはアクセルのみコントロールして操作するのに対し、Limitedのみブレーキもコントロールしてくれるアダプティブクルーズコントロールが採用されている。

その他の明確な違いとしては、4輪駆動のTrail Hawkにのみセレクトレインシステムやドライブローといった、悪路走行性では必要不可欠な装備が搭載しているのもポイントだ。

ちなみに、車内の空間を華やかにするオプションである、デュアルペインパノラミックサンルーフはLimitedのみ設定可能なのも押さえておきたい所となっている。

このように各装備で見るとグレードごとにある程度特徴があることが分かる。

とはいえ、いざレネゲードに興味を持った時や購入を検討した時に思うのは、

「このグレードで大丈夫なのか」
「どっちを購入すべきか」

と言ったところになってくるだろう。

そこでここから『これとこれならどっちを購入するか』と言うところに焦点を当ててもう少し詳しくお話していこう。

レネゲードのlongitudeとLimited、2つのグレードはどっちを購入すべきか

Renegadeのグレード選び。LongitudeとLimitedならどっちが良いのか

まずはLongitudeか、それともLimitedか問題。

レネゲードのグレード選びでまず連想する疑問になるが、どのようにグレードを捉えて選んでいけばいいのか、ここから解決していこう。

明確な違いとなる装備と価格差を見て判断するのが大切。

そもそもLongitudeとLimitedの価格差は63万円。

非常に価格が大きいがエクステリアに大きな変更はなく、『レネゲードの先進装備が搭載するかどうか』、そして『シートの材質や機構』が明確な違いとなるが、基本的な安全装備は共通している。

そのため、外車らしい高級志向の車としてレネゲードを求めるか、それともお得にJeepの世界観を求めるか、という点がグレード選びの肝になってくる。

個人的にはLongitudeよりもLimitedの方が『お買い得』感が強い。

ただ、レネゲードの限定車はLimitedがベースにしていることがほとんどで、限定車にしかないカラーバリエーションや装備がある。

加えて、リアシートのアレンジがしやすくなっていたり、カーゴフロアが高さ調整機能付になっていたりと、荷物を積む際に役立つ装備があるのも個人的には押したい所。

そう考えると、LongitudeかLimitedかで悩んだら、『Limited』がオススメだと言えるのではないだろうか。

とはいえ、大きな違いとも言える『8.4インチオーディオナビゲーションシステム』はTVの画質が悪く画面がときどき止まってしまったり、Car playが切断されてしまったりとどうしようもできない問題があるのも忘れてはならないポイントだ。

LimitedかTrail Hawkかで悩んだら○○に注目するのが吉

Renegadeのグレード選び。LimitedとTrail Hawkならどっちが良いのか

次にお話していくのは駆動方式から違ってくる、LimitedかTrail Hawkか問題。

2つの価格差は25万円とやや小さいこともあって、単純に2WDか4WD、どっちを選ぶかと言う点に注目しがちだが、実は意外な点がグレード選びの決定打になることがある。

その点について触れながら、どっちのグレードを選んだ方が良いか、一緒に見ていこう。

装備の違いで見るとグレードアップ・グレードダウンが多い

そもそもLimitedとTrail Hawkの装備を見比べてみると、確かにTrail Hawkからは以下のような装備の追加や変更が施されてはいる。

Trail Hawkから追加・変更されるグレードアップされた装備について

先ほども紹介した、悪路走行時に役立つ装備を初め見た目からも大きく変わっている為、視覚的にもグレードの違いを把握しやすい。

しかし逆に若干グレードダウンしている装備もがあるのも事実。

Trail Hawkから追加・変更されるグレードダウンされた装備について

特にシートやクルコンに関しては明らかなグレードダウンが見られるが、そもそもLimitedは高級よりのグレード。

一方でTrail Hawkは悪路走行などのアウトドアでのシチュエーションで本領を発揮するグレードと捉えておけば問題はないと言えるだろう。

駆動方式の違いが原因となる『Limitedのここが不満』なポイント

とはいえ、駆動方式の違いなのか装備の違いなのか、それとも重量が関係しているのか定かではないが、明らかにLimitedで不満に感じる部分がある。(Longitudeも同様)

それが坂道発進。

LongitudeとLimitedは坂道発進が超苦手

実はLimitedやLongitudeと言った2WD(FF)車は坂道発進時、特にアイドリングストップが作動しているタイミングで気を抜くと、後ろに後退してしまう。

坂道での走行が多い人にとって、ここは見逃せないデメリットになってくる上に、雪道での走行でも不安に感じる場面がおおくなるのは間違いなしだ。

結論としてはLimited・Trail Hawkの選択は『どこをメインにするか』がキモ

そう考えるとLimited・Trail Hawkのどちらかを選ぶかは、検討する人の『メインの利用とするシチュエーション』が重要となってくる。

例えばアウトドアメイン、もしくは雪国での使用を考えるなら”Trail Hawk”一択になってくると思うし、日常での利用もしくは市街地の運転がメインになるのであれば、”Limited”が選択肢に挙がると言えるのではないだろうか。

Jeepレネゲードは新車と中古車で考えるなら中古車の方が個人的にはオススメ!?

Renegadeは中古車購入の方が個人的にはオススメ?その理由

ちなみに、個人的な意見としてレネゲードを購入するのであれば、やっぱりJeepらしさがありつつアウトドアでも市街地でも映えつつ、使い勝手も良さそうなTrail Hawkを。

それも新車よりも『中古車』を選びたい所。

と言うのも、個人的にはジープレネゲードは新車よりも中古車の方が魅力的には大きいと思うのだ。

Jeepレネゲードは中古車の方が”ギア”としての魅力が強い

と言うのも、実はレネゲードは2019年のマイナーチェンジ前後で搭載するエンジンが違っており、マイナーチェンジ前のTrail Hawkは直列4気筒2.4Lの”レギュラーガソリン”を燃料とするエンジンが搭載されている。

加えて2018年~のモデルであれば現行モデルと安全装備・機能面での装備にそこまで違いがない。

その上、球数はまだまだ少ないが現行モデルの認定中古車も存在するので、モデルチェンジ前と乗り比べて選ぶという事も可能だ。

もっと言うと、故障すると言っても全部が全部壊れるわけではない上に、日本車でも壊れるときは壊れる。

愛着を持ってこまめに点検することも含めて『国産車にはない魅力』を感じたのであれば、中古車でも十分”買い”と言えるのだ。

新車購入がダメと言うワケではない

とはいえ、レネゲードを買うなら絶対中古車で買うべき、と言いたいわけではない。

レネゲードはTrail Hawkでも新車価格387万円と、他ブランドの輸入車だけではなく国産車と比べても手が出しやすい。

しかも中古車のTrail Hawk、それも前期型はラジエーターファンの不具合によるオーバーヒートがしやすく、部品代やそれに伴う工賃が高くつきやすいこともあって、やや敬遠されがちではある。

だからこそ『できれば新車のレネゲードを』と思う人がいても問題はないと言えるのだ。

まとめ

Jeepのエントリーモデルでありながらオンロードでは軽快に、日本に存在するチョットした悪路なら走破できそうなレネゲード。

その個性的な見た目と希少性も相まって、一目惚れしたら即買い!と言う方も少なくはない。

しかし、少しだけ足を止めてグレードや中古車について振り返ってみると、レネゲードの中でもグレードの選択肢があることに気づけたはずだ。

アウトドア中心の生活のよきパートナーであることを感じさせつつ、ジープとしてのキャラクターを存分に味わうためにも、グレード選びは少し慎重になることをお勧めしたい。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です