レクサス RCのグレード比較!装備やパッケージの違いを大調査

超カッコイイ、レクサスのクーペ「レクサスRC」。これが新しいレクサスブランドだ!

と思わざるを得ないほどの魅力的なデザインと押しの強さがレクサスにとってはすごく新しい。

レクサスは他の高級車と趣が異なり、「控えめだけど快適性抜群の日本らしい奥ゆかしきおもてなしを重視する車」だったはずがこのクーペは違います。

だからこそレクサスファンから注目が集まった。

そんなレクサスRCの魅力をグレードごとに紹介しましょう!

レクサス RC グレード表

グレード名 価格
RC300 5,300,000円
RC300h 5,740,000円
RC300 “F SPORT” 5,920,000円
RC300 “version L” 5,940,000円
RC350 6,086,000円
RC300 特別仕様車”F SPORT Prime Black” 6,100,000円
RC300h “F SPORT” 6,360,000円
RC300h “version L” 6,380,000円
RC300h 特別仕様車”F SPORT Prime Black” 6,540,000円
RC350 “version L” 6,726000円
RC350 “F SPORT” 6,902,000円
RC350 特別仕様車 “F SPORT Prime Black” 7,080,000円

多い……! まず基本グレードが三つあり、それぞれに通常版含め四つのパッケージが用意されているから表はとんでもないことになっていますね。

全部で十二通りのグレードがあるということになるんですが、個人的には特別仕様車がとても気になります。

「プライムブラック」という言葉の響きからは、従来のレクサスと同じような雰囲気を感じるんですよね。

赤とかスポーティさを演出する色じゃなく、黒というシックで落ち着いた雰囲気を演出する色なのが気になります。

また、意外と価格差がそれほどでもないというのも気にすべきポイントでしょうか?

12通りもあって価格差が178万円程度というのはどうなんでしょう。高級車にほだされた考えなのか、それとも……?

気になるところはたくさんありますねえ。そういう点も含め、これから各グレードごとに特徴をしっかりと見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

レクサスRCは十二通りもの凄まじいグレード数になりましたが、特徴的には案外単純です。

基本グレードと各パッケージとをひとつひとつ紐解いていけば、後はそれらの特徴を組み合わせると十二通りが完成します。

見るべきなのは6つの特徴! それをこれから簡単に紹介しましょう。

RC300

2.0L直列4気筒インタークーラー付ターボエンジンを搭載した、最も基本的なグレードです。

最高出力180kW/5,800rpm、最大トルク350Nm/1,650~4,400rpmとまだ快適性にステータスを振ったような印象を受けますね。

これがRC350になってくるとどう変わるのか、今から期待が高まりますが、まずはこのRC300を存分に語ります。

走り始めるとまず最初に感じるのが、静けさと質感の高さ。

日常走行域に速度がみるみるうちに上がっていく立ち上がりの良さにも、「うん」と頷かされます。

ノーマルモードで走り続ける分には従来のレクサスそのまんまといった趣。

ハンドリングも走り心地も変わったところはなく、快適快調を具現化したような印象を身体全体で感じます。

ただ、F SPORTのドライブモードセレクト「SPORT S+」を選ぶと、ステアリングが引き締まるんですよね。

ステアリングをきると、車全体が一気に曲がっていくようなスポーツクーペらしい走りが出来るようになります。

「これだよこれ、こういう走りがしたかったんだよ」と言いたくなるような走りに、十分すぎるほどの楽しさを見た。RC300、ベースグレードと言えども侮れませんねえ。

RC300h

2.5L直列4気筒エンジンにハイブリッドシステムを搭載した、ハイブリッド車です。

エンジン性能は最高出力131kW/6,000rpm、最大トルク221Nm/4,200~4,800rpmという「RC300より低いスペックだけど高回転型になっている」エンジンなんですよ。

これはおそらく、スポーツ感を出すための策でしょうね。

発進からの低速域は、最高出力105kW、最大トルク300Nmのモーターに任されています。ある程度速度が出てきたら、エンジンメインの駆動に切り替わり、モーターはサポート役に徹する。自ずと走りは加速度を増していき、運転者は有頂天になっていきます。

ハイブリッドだけど、RC300よりもスポーツクーペしているんですよねえ、これが。

市街地における快適性を重視した走りも可能だし、ワインディングを颯爽と駆け抜けるような楽しく俊敏な走りも可能。

ワインディングを駆ける感覚は、スポーツモードによって変わるものの、スポーツ+モードだとRC300よりも更にスポーティで上質なものとなっています。

RC350

最高出力234kW/6,600rpm、最大トルク380Nm/4,800rpmの3.5L V型6気筒エンジンを搭載した高性能グレード! 走る前からわかる、高回転型の熱い奴ですよ。

期待ムンムンでスタートボタンを押すと、なんと無音でV6エンジンが目を覚ましました。静かに目を覚ます感じが、なんだか「デキル奴」という感じがしますね。V6だから、吠えてくるかと思いきや吠えない!

本当の強者とは、無闇やたらに吠えないのかもしれない……。

走らせてみるとこれが安定してしっかり速い。スポーツ! という弾けた印象は薄いものの、今までのレクサスに比べると十分にハジけていて楽しいです。

市街地のコンフォートな走りも、ワインディングの攻めた走りも上手にこなしてくれて、どんなシーンでも恐怖感はありません。

安心感がある上に速いから、心置きなくアクセルを踏めます。だからこそ、気がついたら「踏みたい!」衝動がグツグツと心の底から沸いてくるんです!

軽やかに走り、自然吸気ならではの伸びやかな感じを体感できる、痛快なところがもう最高。ハイブリッドグレードとは比べられないくらい、加速フィールはダイレクト&ダイナミック!

目・耳・体全体で楽しめる、踏み込みたい車というのが個人的なRC350の感想です。

今時なかなか無いタイプの日本車が、ザ・日本的高級車のレクサスから生まれたというのが、なんとも面白いところですねえ。

パッケージの紹介

性能ごとに分かれた基本グレードを見てきましたが、RC350の存在感は圧倒的ですね。ベースグレードもレクサスRCの魅力を知るには十分な性能を持ち、コストパフォーマンスは高い。

ハイブリッドグレードももちろんハイクオリティで、快適性と楽しさが両立しています。

そんなグレードと組み合わせるパッケージがあるわけですが、今度はそのパッケージの概要だけ紹介しましょう。詳細は、後ほど「装備」の項目でどうぞ。

“F SPORT”

アクティブステアリング統合制御やダイナミック・ハンドリングシステムなどが搭載された、スポーツ性を高めるためのパッケージです。

足回りの追加変更点だけでなく、レクサス得意の「おもてなし」においても高いクオリティを誇っています。

特別仕様車 “F SPORT Prime Black”

“F SPORT”の装備・機能に加えて、特別な内外装の装飾を設定した特別仕様車です。例えば、スピンドルグリルは漆黒メッキが施されたメッシュタイプになっているし、シートはブラック&オレンジステッチになっているんですよね。

エクステリアカラーもどこまでも黒!

なんだか深みを感じる、墨のような黒が心地いい車です。

“version L”

セミアニリン本革シートなど、装備を強化したパッケージ。実用性のあるものから、質感を高めるものまで幅広い装備が用意されているため、装備にこだわりがある方は検討するべきと言えるかもしれませんね。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

レクサスRCの各グレードごとの性能を見てきましたが、ハイブリッドのハイパワーなところや、RC350の強者の貫禄がなんとも魅力的ですよねえ。

そんなレクサスRCの各性能と合わせるのがパッケージだけれど、この組み合わせによって車を見る目が少し変わるのもレクサスの特徴。

今回は、パッケージごとの装備内容を詳しく比較していきたいと思います。

なお、これから挙げる装備内容は、下記HPより抜粋したものです。

https://lexus.jp/models/rc/spec_price/equipment_list/rc350/

全グレード共通標準装備

  • バックガイドモニター
  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付 衝突回避支援タイプ)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)
  • ポップアップフード
  • SRSエアバッグシステム完備
  • UVカットソフトプライバシーガラス(リヤクォーター・バックウインドゥ)
  • LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)
  • ワンタッチウォークインシート
  • 後席6:4分割可倒式シート(セキュリティロック付)
  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 運転席・助手席8Wayパワーシート(運転席電動ランバーサポート付)
  • レクサスRCプレミアムサウンドシステム
  • リモートタッチ(タッチパッド式)

 

安全装備を固めながら、この価格帯の車に備えていてほしい装備と機能を一通りそろえてきました。

変わった装備や「おっ?」と目を見張るものは特に無いかもしれませんが、無難に安定感ある形に仕上げてくるのはレクサス全体を通して言えることですね。

基本的に、各性能ごとに装備の違いはほとんどありません。

ただ、350にはサウンドジェネレーターが搭載されているなどの微細な違いは、あります。サウンドジェネレーターはV6のサウンドを程よく調整し、カッコ良く仕上げるためのものですね。装備や機能というよりも、音を良く響かせるシステム・努力と言えましょう。

全車標準装備に話を戻しますが、個人的にはワンタッチウォークインシートとプレミアムサウンドシステムが気に入っています。

ワンタッチウォークイン+6:4分割可倒式シートで、車内活用の幅が広がるし、単純にウォークインは便利ですしね。

日本の道路を走る車のほとんどがミニバンか軽という現状を見るからに、消費者は「利便性の高さ」を求めているわけだから、こういう利便性の高さをレクサスももう少し推せば人気が出るのかもしれません。

もっと室内装備をプッシュしたいという個人的思惑から、この装備を抜粋したというわけですねえ。

また、プレミアムサウンドシステムがあることで「原音再現」「生音仕様」の臨場感あふれる音を楽しむことができるのもいい。

レクサスはどのモデルも独自のサウンドシステムを用意しているという、ドライブ演出にかける情熱に溢れた車ですよねえ。

パッケージの装備比較

全車標準装備を見たところで、ここからが装備の本題!

三つあるパッケージにはどんな特徴があるのか、装備を抜き出して詳しく見ていきたいと思います。

「このパッケージはこのグレードと合うだろうなあ」というのを考えながら見ると、選ぶ楽しみ倍増です!

“F SPORT”

  • “F SPORT”専用スピンドルグリル(メッシュタイプ)
  • スポーツサスペンション
  • NAVI-AI-AVS
  • フロント対向4ポッドキャリパー・356mmスパイラルフィン式ベンチレーテッドディスク(2ピースディスク/高摩擦ブレーキパッド付)
  • フロント:235/40R19 92Yタイヤ&19×9J “F SPORT”専用アルミホイール(切削光輝)
  • リヤ:265/35R19 94Yタイヤ&19×9J”F SPORT”専用アルミホイール(切削光輝)
  • ドライブモードセレクトスイッチ(SPORTS/SPORTS +/CUSTOMモード追加)
  • “F SPORT”専用 8インチTFT液晶式メーター
  • カラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • “F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)&”F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブ
  • “F SPORT”専用アルミ製スポーツペダル&フットレスト
  • “F SPORT”専用ウェッジメタルオーナメントパネル
  • “F SPORT”専用本革スポーツシート(運転席ポジションメモリー機能/運転席・助手席・ベンチレーション機能付)

 

“F SPORT”専用装備と、”F SPORT”で追加され以降のパッケージにも引き継がれている装備を抜粋しました。

メッシュタイプのスピンドルグリルを用いることによる見た目の変化だけでなく、スポーツサスペンションによるコーナリングの安定性向上なども図っていて、「スポーティ特化のパッケージ」であることを強く印象付けてくれます。

スポーツサスペンションは硬すぎず柔らかすぎず、それでいてしっかりと変化を感じさせてくれるような微妙な調整がされているんですよ。

どの性能のグレードにも合うように作られていて、「うまいなあ」と言いたくなります。

ドライブモードセレクトの幅も広がり、SPORTモードは更にクオリティの高いSPORT Sモードになったのも魅力的です。

アルミ製スポーツペダル&フットレストは記号として「スポーティ」をアピールしてくれるし、スポーツシートは実際に体をぴったりと包み込んでくれてドライブの負担を軽くしてくれます。

どの装備を見ても、選ぶ価値があると感じさせてくれるパッケージです。

特別仕様車 “F SPORT Prime Black”

  • 特別仕様車専用スピンドルグリル(メッシュタイプ/漆黒メッキ)/特別仕様車専用ウインドゥモール(ブラックステンレス)
  • フロント:235/40R19 92Yタイヤ&19×8J 特別仕様車専用マットクリア塗装アルミホイール(切削光輝)&ブラックナット
  • リヤ:265/35R19 94Yタイヤ&19×9J特別仕様車専用マットクリア塗装アルミホイール(切削光輝)&ブラックナット
  • 三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプ
  • 特別仕様車専用墨本杢+ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)&”F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブ
  • 特別仕様車専用墨本杢調オーナメントパネル
  • 特別仕様車専用インテリアカラー(ブラック&オレンジステッチ)

 

特別仕様車専用装備、多いですよね。もちろん、”F SPORT”専用装備を引き継いだ上でこれらの装備が追加されているんです。

中でも特に目に付くのが、「墨本杢」の文字でしょうか。本杢と言えば、わかりやすく言うと斑模様など複雑な模様を浮かべた木目加工のことです。

高級感とシックな味わいが出るため、車のインテリア加工をはじめ重宝されています。しかし、本杢と言われているものは実際それほど多くないんですよ。

ただでさえカッコイイ加工に、墨! 日本人なら誰もが親しみを持つ漆黒の色をプラスしたというのだから、これがカッコよくないわけがありません。

とことん、黒にこだわった内装なんですが、そこにオレンジステッチが入ることで「黒々とした空間の息苦しさ」を緩和しています。

オレンジステッチはシートなどの随所に見られ、程よくインテリアを居心地いい雰囲気にしてくれているわけです。

“version L”

  • 235/45R18 94Yタイヤ&18×8Jアルミホイール(切削光輝)
  • セミアニリン本革シート(運転席ポジションメモリー/運転席・助手席ベンチレーション機能付)

これまでのパッケージの集大成という感じがしますが、実は”version L”のみの装備というのはとても少ないんです。ホイールの大きさ、セミアニリン本革シートのみ……!

これまで紹介したパッケージで追加されたきた専用装備以外のものは引継いではいますが、このパッケージの個性はと言われると正直よくわからなくなってしまいます。

ただ、このパッケージにも役割はあるんです。

その役割とは何なのか? その疑問を抱いたまま、各グレードに関する個人的な見解を述べたいと思います。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

レクサスRCの性能・装備などを細かく見てきましたが、どのグレードも個性的でいいですよね。

特に特別仕様車の「特別感」がとても高く、なんだか不思議な魅力に溢れているところが最高だと個人的には感じています。

そんな各グレード・パッケージの個人的な評価を、最後に紹介しましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
RC300 ☆☆☆ レクサス+スポーツクーペというコンセプトが気になっている方の入門へ。
RC300h ☆☆☆☆☆ パワフル&コンフォートなクーペに乗りたい方へ。
RC350 ☆☆☆ V6の本格性能を体感したい方へ。
パッケージ名 評価 こんな人にオススメ
“F SPORT” ☆☆☆☆☆ スポーティに磨きをかけたい方へ。
特別仕様車”F SPORT Prime Black” ☆☆☆☆ 黒が好きな方へ。
“version L” ☆☆ スポーティよりも上質感を増強したい方へ。
評価は5段階でオススメ度を表しています。

RC300の評価

RC300は本格スポーツ性能と言うには程遠いけれど、これまでのレクサスとは違うという感触はしっかりと伝わってきます。

RC350のようにV6エンジンは要らないけれどレクサスのスポーティクーペがどのような感じなのか気になっているという方なら、購入を考える価値は十分にあるでしょう。

エンジン性能じゃなく、ステアリングの制御や足回りの調整でスポーティなコーナリングを実現しているのが非常にうまい! とてもオススメできるグレードです。

RC300hの評価

恐らく、最も万人受けするグレードなのではないでしょうか。

モーターサポートによって、水を得た魚のように活き活きと輝きだすところには魅力を感じないではいられません。

ハイブリッドを燃費向上のために使うというよりも、エンジンのグレードアップを抑えながらもパワーを後押しするために使うというところが、スポーティにステータスを振った車という感じがしますよねえ。

価格とパフォーマンスのバランスが良く、「V6はなあ」と足踏みしている方でも安心して乗れるところが最高だと感じています。

RC350の評価

静かにエンジンが目を覚ます瞬間、なんだかよくわからない熱さが胸にこみ上げてきます。アクセルを踏み込んでいくにつれて胸の鼓動が高鳴り、サウンドジェネレーターで制御されたV6の音も静かに盛り上がりを魅せてくれる。

もちろんそれと同時にスピードも加速していくという一体感が楽しめる感覚は、まさにスポーツクーペ!

これからのレクサスは、スポーツ路線もがんばるんだろうなあと期待させてくれます。

パッケージ別評価

各グレードの評価を個人的な感想を含めて語ってきましたが、どのグレードもやはり魅力的ですよねえ。

一番推したいのはRC350だけれど、万人受けはRC300h、RC300も入門用として良くできているから捨てがたく、なかなか選ぶのが難しいです。

そしてパッケージもまた選ぶのを困難にしてくれる……なんともうれしい悲鳴。

そんなパッケージの評価を、今度は紹介しましょう。

“F SPORT” の評価

専用装備の豊富さ、専用装備以外にもたくさん追加されている点などなどを踏まえ、とてもハイクオリティなパッケージだと感じています。

レクサスRCはスポーティさを売りにしている車だから、”F SPORT”の親和性がほかのレクサスよりも高いですよねえ。

誰が選んでも満足できる仕様と言えるのではないでしょうか?

特別仕様車 “F SPORT Prime Black” の評価

人それぞれ好きな色があると思いますが、黒という色はその中でも熱心なファンが多い色じゃあないでしょうか。

「黒」という色や言葉には、なぜだかわからないけれども惹きつけられてしまう不思議な魔力がありますよねえ。

その魔力に魅せられた方は、もう買うしかないのかもしれません。

“version L” の評価

“version L”は独自色がとても薄いけれど、役割があると語りました。その役割というのが、「スポーティな装備はあまり欲しくないけど、”F SPORT”で追加されるほかの装備は欲しい」という需要をバッチリ満たすことができるというものです。

”F SPORT”は装備が豊富な分、専用装備以外を理由に買う人にとっては少し余計なものもあるんですよね。

そういう人の受け皿になるという意味で、”version L”は機能しています。

ただ、積極的に選ぶ理由に欠けるという意味でオススメ度は低いです。

レクサス RCの総合評価

レクサスRCは、レクサスのニュースタンダードになり得るのか? という話が議論されることがあります。

快適性重視・コンフォートな走りを得意分野として掲げ、スポーツ性は二の次といった印象があったレクサスが近年になってスポーツ性を売りにすることにも挑戦し始めてきているのが面白いですよね。

時代の流れに逆らいながらも、高級車のスタンダードに近づき始めたというギャップがあります。

もしかすると、レクサスRCから感じられる不思議な魅力と言うのはそのギャップなのかもしれません。

ニュースタンダードにはならなくても、今後もこういうスポーツ性を推したレクサスが出てくるでしょう。

RCはそれら全体から見た「入門車」という位置づけにふさわしいと言えます。難しいことを考えず一言で今の感想をあらわすなら、「オススメ」という四文字になるでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です