レクサス LCはどのグレードを選ぶ?装備やパッケージを徹底比較

レクサスLC

レクサスの高級クーペ!? そう聞くと、いやが上にも気にならざるを得ませんよね。

LCは圧倒的なまでのオーラが漂うほどの存在感を誇る、2017年に登場したクーペ。

レクサス初となるFセグメエントのクーペということもあり、発売前から注目を浴びていました。

辛口評論家も思わず子猫に接するような優しい口調になり、「クーペ?」と首をかしげていた人もたちまちガッツポーズしてしまうほどの、魅力あふれる車なんです。

そんなレクサスLCの魅力を、グレードごとに比較しながら紹介しましょう!

レクサス LC グレード表

グレード名 価格
LC500 13,000,000円
LC500 “L package” 13,000,000円
LC500h 13,500,000円
LC500h “L package” 13,500,000円
LC500 “S package” 14,000,000円
LC500h “S package” 14,500,000円
LC500特別仕様車”Structural Blue” 14,750,000円
LC500h特別仕様車”Structural Blue” 15,250,000円

グレードは大きく分けて2つあり、その中に各種パッケージがあります。

それにしても、価格を見ると面白いですよね。グレード素の状態と”L package”の価格が変わりません。

これだけパッケージ数があるにもかかわらず、価格差も案外小さくとどめられているように感じます。

元々価格帯が高いですけどね。最低価格1300万円というのは壮観です。

レクサスには1000万円を超えるモデルがたくさんありますが、その中でも特に高価格帯なのではないでしょうか。

その分、内装のラグジュアリーな仕上がりは無類です。

その点も含めて、レクサスLCの特徴をこれからじっくりと見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

LC500・LC500hの二つのグレードがあり、パッケージもたくさんあるレクサスLC。

その魅力を余すところなく伝えるには、まず性能を含めた概要を噛み砕いて紹介しないといけないでしょう。

LC500とLC500hの違いは、そこにあります。

LC500

LC500は、5.0L V型8気筒エンジンを搭載したグレードです。

エンジンの最高出力は351kW/7,100rpm、最大トルクは540Nm/4,800rpmとかなりヤル気満々。

やる気がある車なのは、洗練されたエクステリアからも伝わってきますよね。

迫力満点の美しいフォルム。

モーターショーに展示されたコンセプトカーほとんどそのままの車が、市販車となって売り出されているという感動。

流線形のクーペボディと見事にマッチしたエクステリアに、見た人は全員鳥肌を立たせながら閉口するしかありません。

乗り込むと、さらに感動が待っています。ドアハンドル周り・内張の加工とデザインがとにかく見事、パネル周りも見事なまでにスッキリしていてシンプルな美しさが感じられるんです。

とにかく居心地がよく、ラグジュアリー。誰が見ても「これは凄い車だ」というのが記号としてわかる見事なインテリアです。

感動は、V8エンジンに火をつけた瞬間有頂天に達します。いい車に乗るとき、一番感動する瞬間がエンジンスタートの瞬間だと思うんですよ。

エンジンスタートしたときの重厚感ある震え、音、感触……。走り始めた瞬間の笑ってしまうほどにスムースな走り心地、往年の車ファンが郷愁を覚えるようなレトロなドライブフィール。

自分の手でマシンを操縦しているのだという感覚が、五感を通して伝わってきます。

アクセルを踏むごとにV8の声は雄々しくも洗練された色気を出し、めくるめく甘美なドライブの世界へと運転手を誘惑してくる。

低速トルクの重厚感がとてつもなく、レクサスが得意とする巡航速度域の快適性は健在。

それでいて誘惑されるがままにアクセルを踏み込んでいくと、興奮してしまうほどの加速力を運転手に伝えてくれる。

個人的には自然吸気V8エンジンのレトロな操作感覚と、心地いい振動と音がこの車の価値をより高くしているように感じられます。

内外装も合わせて、ドライブするのが気持ちいいと心の底から思わせてくれる車です。

LC500h

LC500hは、3.5L V型6気筒エンジンを搭載したハイブリッド車です。

エンジンの性能は、最高出力220kW/6,600rpm、最大トルク356Nm/5,100rpmとV8を見た後だと物足りなく感じるかもしれませんが、それでも十分なものとなっています。

そこに、最高出力132kW、最大トルク300Nmのモーターが加わるんです。

しかも、このハイブリッドシステム、バッテリーが「リチウムイオン電池」という大容量のもの。さらにさらに、LC500hが凄いのはそれだけじゃないんですよ。

LC500hのハイブリッドシステムは、エンジンの後端にモーターを2個設置し、その後ろに4段ギアを組み合わせることによって10段の疑似的な変速制御を行います。

その恩恵がどのように表れているのかは、走ればわかる。

とにかく、感覚がリニア!

アクセルペダルを踏んだ瞬間にモーターが大きなトルクを発生させながら車体を違和感なく動かし、その後も運転手が思い浮かべた通りの走りをしてくれます。

自分が頭に描いたそのままの走行感覚だから、人馬一体を高レベルに体感できる!

しかも、アクセルを更に強く踏み込むとV6の小気味いいエンジン音と見事に調和しながら速度を上げていき、走りの爽快感と力強さが増していくんです。

ハイブリッド車だけど、走りに強く「走りたい」「加速したい」という欲求を我慢する必要がなく、むしろ「ハイブリッドだからこその力強さがあるんだな」と感じさせてくれます。

スポーツハイブリッドカーとして、唯一無二とも言えるほどの素晴らしい出来栄えと言えるでしょう。

V8エンジンとどちらにしようか悩む人が多いんですが、悩むのもとてもわかります。

パッケージの紹介

具体的な装備内容は後述しますが、まずは各パッケージにどんな特徴があるのかを紹介したいと思います。

気になるのは素の状態と価格が変わらない”L package”と、特別仕様車でしょうか。

どうして価格が変わらないのか、特別仕様車はどんな車なのかを重点的に語りたいと思います。

“S package”

アクティブステアリング統合制御など、ステアリング操舵支援機構を搭載したパッケージです。

楽に走れるようにはなりますが、「自分自身で運転している感覚」を味わいたい方には少し不向き。頭の中に車が動くイメージを作れる人なら、無い方がいいのかもしれません。

“L package”

ガラスパノラマルーフを採用したり、ステンレスのスカッフプレートを採用したりといった変更をしています。

その上で運転席・助手席10Way調整式パワーシートを搭載するなどし、うまくコストカットと機能追加・変更を行っているパッケージです。

素のグレードはルーフがCFRPという扱いが難しいものになっていて、コストがかかります。その分、造形美がありますけどね。

ガラスパノラマルーフには開放感に溢れているというメリットがあるし、うまいパッケージ設定だなあと唸らせられます。

特別仕様車 “Structural Blue”

とにかく鮮やかな青が特徴的なパッケージ。カラーが特徴的なだけじゃなく、実はこの青色の表現はとても凄いんです。

「モルフォチョウ」という南米に生きる虫がいます。

その虫の羽は無色なのに、光を受けることで青く輝いて見えるんです。これは「構造発色」という原理なんですが、このパッケージはそれを応用しています。

光の反射によって、鮮やかだけど深い陰影を持つ青色を発色しているということ。光の当たる角度などによって、微妙に色合いを変えるようです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

内外装のデザイン・質感・走行性能などを語り、各パッケージの概要だけ紹介してきました。

パッケージごとの装備の違いは他のレクサスと比べて少ないんですが、しっかりと相違点が見られて面白いですよ。

今度は、下記HPから装備を一部抜粋して本格的に紹介したいと思います。
https://lexus.jp/models/lc/spec_price/equipment_list/lc500/

全グレード共通標準装備

  • Lexus Safety System+
  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • バックガイドモニター
  • クリアランスソナー&バックソナー
  • 4点式ポップアップフード
  • SRSエアバッグシステム各種
  • 三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)
  • オートライトシステム
  • アルミ製スポーツペダル&フットレスト
  • ワンタッチウォークインシート
  • レクサスクライメイトコンシェルジュ
  • ドライブモードセレクト(Sport S+/Sport S/Normal/Comfort/Eco/Custom)
  • SDナビゲーションシステム(3メディアVICS[VICS WIDE対応]・Bluetooth携帯電話対応・DSSS対応)
  • 地上デジタルTVチューナー&アンテナ

Lexus Safety System+に先進予防安全装備や、全車速追従レーダークルーズコントロールなどが搭載されていて安全装備が充実しています。

そういう先進機能を備えたり、バックガイドモニターやブラインドスポットモニター、クリアランスソナー&バックソナーによって運転者の目を増やしたりして安全性を高めているんですね。

ただ、ABSなど電子制御関係は一部のパッケージ以外、あっさりと最低限にとどめています。

これは運転する楽しさの邪魔にならないように気を遣ってのことでしょう。

クーペを自ら操る楽しさに、ゴテゴテの電子制御は不要という走り好きのこだわりに沿った形になっています。

個人的には、アルミ製スポーツペダル&フットレストが全車標準なのが好感度高いです。

クーペということもあり、V8もハイブリッドもどちらもスポーツ性重視というのが一瞬で伝わる装備なんですよねえ。

他にも、ワンタッチウォークインシートという便利な機構も搭載され、レクサスクライメイトコンシェルジュによる全席が勝手に温度調整し得る機能もあり、快適性が高いのも魅力的。

総じてクオリティが高いと感じさせられる装備内容と言えるのではないでしょうか。

パッケージの装備比較

素のグレード同士は、装備がほとんど変わりません。変わるのは、ハイブリッドということで搭載 されたEVドライブモードやアイドリングストップくらいです。

V8エンジンモデルにアイドリングストップが無いのは、自然な運転間隔を楽しんで欲しいということなんでしょうね。

装備の違いはそのほとんどがパッケージごとの違いにゆだねられているわけですが、パッケージごとにどこが違うのでしょうか?

“S package”

  • トルセンLSD
  • ギア比可変ステアリング[VGRS]
  • アクティブリヤウイング(格納式)
  • VDIM(アクティブステアリング統合制御付)
  • LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)
  • アルカンターラルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ/パッケージトレイ(特別仕様車と共通)
  • アルカンターラメーターフード
  • 運転席・助手席アルカンターラ/本革スポーツシート(ベンチレーション機能・ヒーター付)&後席アルカンターラシート
  • 運転席・助手席8Way調整式パワーシート(運転席ポジションメモリー/運転席・助手席電動ランバーサポート付)
※アルカンターラメーターフード以下は、素のグレードとも共通しています。

特徴的なのは、走りに影響する部分の多くに制御機構が付いた点でしょうね。

特に、アクティブステアリング統合制御、ダイナミック・ハンドリングシステムによる影響は大きいです。

理想的な車両挙動を実現するために、4輪のタイヤの切れ角を最適に制御することにより軽快なステアリングレスポンスをしてくれるようになっています。

メリットは大きいけれど、人によっては邪魔になるため、よく考えて購入を決めましょう。

“L package”

  • ガラスパノラマルーフ
  • ベレーザルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ
  • ガラスパノラマルーフサンシェード(マニュアル)
  • ステンレス(パッド付)スカッフプレート
  • 運転席・助手席セミアニリン本革シート(ベンチレーション機能・ヒーター付)&後席L texシート
  • 運転席・助手席10Wayパワーシート(運転席ポジションメモリー/運転席・助手席電動ランバーサポート付)
  • 上下電動調整式ヘッドレスト(運転席・助手席)

ガラスパノラマルーフだけじゃなく、運転席・助手席シートがセミアニリン本革になり、10Wayパワーシートが搭載されているなどの違いがあります。

CFRPの方が好きだけど10Wayパワーシートが欲しいという場合は困りものですねえ。

オプション追加も不可能だから、10Wayパワーシートを基準に選べばガラスパノラマルーフが付いてくるし、逆もまた然りです。

そういうところをよく考えないと後悔するかもしれませんね。

特別仕様車 “Structural Blue”

  • ストラクチュラルブルー
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ステアリングヒーター
  • 特別仕様車専用CFRPスカッフプレート
  • マークレビンソン リファレンスサラウンドサウンドシステム

シートの素材・機構等は”L package”と同様のものが採用されています。

カラーヘッドアップディスプレイや、マークレビンソンなどの他パッケージだとオプション装備となっているものを標準化しているのが、特別仕様車という感じがしていいですよね。

マークレビンソンのサウンドシステムは、高音域が透き通るようにきれいに出るのが特徴。

高音を響かせたい方にはぴったりです。

この音が本当に気持ち良くて、楽しいドライブをさらに良いものへと演出してくれています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

各グレード・パッケージの特徴から、レクサスLCの魅力をたっぷりと紹介してきました。

V8もハイブリッドも魅力的だし、パッケージも悩ませてきて選ぶのが大変ですよね。

もちろん嬉しい悲鳴なんですが…。

少しでも選びやすくなるよう、個人的な見解を含めて各グレード・パッケージを評価したいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
LC500 ☆☆☆☆☆ 官能的な走りを、自らの手で思う存分楽しみたい方へ。
LC500h ☆☆☆☆ ハイブリッド特有のリニアな走行感覚を楽しみたい方へ。
パッケージ名 評価 こんな人にオススメ
“S package” ☆☆ 運転に少し自信が無い方へ。
“L package” ☆☆☆ 欲しい装備がある方へ。
特別仕様車”Stractural Blue” ☆☆☆ ストラクチュラルブルーに心惹かれる方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

LC500の評価

V8エンジンの振動・音・加速力などには、抗えませんよね。

自然吸気V8による、驚くほどに自然な走行感覚は圧巻の一言。

大排気量V8自然吸気+FRという、昨今は味わえないような走行感覚を高次元で味わえる唯一無二の一台。

車人生の頂点、最終的なゴールとして相応しい車と言えるし、ライバルのいない唯一無二の車とも言えます。

LC500hの評価

価格は50万円ほど高くなりますが、税制の優遇を考えると価格差はほとんどなくなるようです。

好きな方を選べるわけですが、個人的にはLC500推し。とはいえ、LC500hにはハイブリッド車の面白さとスポーツクーペの楽しさがギュッと詰まっています。

今後もこの手の超クオリティのハイブリッドスポーツは、レクサス全体がレベルを高めていくでしょう。

次世代のスポーツモデルのあるべき姿とも言えるかもしれませんね。

パッケージ別評価

グレードはどちらかと言えばLC500推し、ならパッケージは? どれを選べばいいのだろうかというところを評価したいと思います。

各種パッケージの評価が☆四つ以上にならないのには、理由があるんです。

“S package”

レクサスLCの面白さは、「運転する楽しさ」「操る楽しさ」にあります。

特に、LC500を推している身としては”S package”の価値は小さいように感じるんです。

もちろん、素の状態と比較しての話だから、パッケージ自体に罪はありません。

ステアリングの制御はとても優秀なので、運転に自信が無い方やLC500hを選んだ方にはオススメしたいところです。ハイブリッドとの調和は、見事なものですよ。

“L package”

素のグレードと価格が変わらないにしては、結構色々な追加・変更点があります。

好きな装備、欲しい装備がどれか1つでもあるのなら”L package”を選ぶ意味はとても大きいのではないでしょうか。

個人的には、「ガラスパノラマルーフ」「10Wayパワーシート」のどちらかを基準にして選べば後悔はしないんじゃないかと感じています。

特別仕様車 “Structural Blue”

オプション装備の標準化など語る部分は色々ありますが、最終的にはこの一点に尽きます。

「ストラクチュラルブルー」に、心が惹かれるかどうか。心が惹かれる方は、無条件にこのパッケージを選ぶと幸せになれるでしょう。

この特別仕様車の大きな目的は、やはり所有する喜びの向上だと思います。だから、自分が良ければそれでいいわけです。

レクサス LCの総合評価

総合的に最もオススメ度が高いのは、LC500の素のパッケージということになります。

各種パッケージの評価が低めに設定されているのは、「選ぶ人は自分でわかっているだろう」ということも理由になっているし、素の状態の完成度が高いというのも理由。

わざわざパッケージを選ばなくても、幸せになれる装備がたくさん詰まっていますから。

それでも選びたい理由がある方は、各種パッケージの検討をすると良いでしょう。

何にしても、初のクーペとしてはクオリティが驚くほどに高く、「トヨタは何か魔法でも使ったのか」と感じざるを得ない、良い車です。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です