レクサス GSFはどんな車?グレードを徹底分析

レクサス GSF

レクサスGSFは、サーキットが故郷!

「普段の街中からサーキットの中まで、シームレスに走りを楽しむことが出来る車」を目指して作られた車だから、コンフォートも本格スポーツ走行もバッチリこなすんですよね。

スポーツ重視に作られている高性能マシンだけど、レクサスのコンフォートに懸ける魂は忘れていません。

そんなGSFはどんな車なのか? じっくりと紹介しましょう!

レクサス GSF グレード表

グレード名 価格
GSF 11,120,000円

レクサスは、装備を異にしたパッケージを複数付けることが多いですが、GSFは正真正銘単一グレード!

性能も装備も一本勝負という、自信と本気が伺えます。高性能モデルということもあり、価格は1000万円越え!

国内最高の乗り心地&爽快感&価格のスポーツセダンという言葉が、まるっきり当てはまりそうですね。

各グレードの特徴や違いを解説

GSFはコンフォートな走りだけでなく、サーキットも走れるほどの高性能を売りにした車。

やはり、性能が気になるところですよね。

一体どれだけの性能を持っているのか、どれだけ走ってくれるのか? 本当に街中からサーキットまでシームレスに走れるのか……。

気になる部分を存分に語りたいと思います。

GSF

GSFに搭載されている動力は、5.0L V型8気筒DOHCエンジン。

その最高出力は351kW/7,100rpm、最高トルクは530Nm/4,800~5,600rpmとなっています。

見るからに化け物な性能を持っていることがわかりますよね。

5.0Lという文字は、乗用車においてなかなか見ません。

走っていると最初に感じるのは、ガシッとしたボディの剛性感の高さから得られる「これはいいものだ」という感覚。

走り出した瞬間の立ち上がりの速さも、発進時アクセルを踏んだ瞬間の自然吸気の滑らかなトルク発生も全てが高い質感を持っています。

立ち上がりからの加速は粒が揃った感覚というか、全てが一体となって何一つ違和感なく加速してくれている感覚というか、そういったものを感じるんです。

だから加速は滑らかだし、走り心地も乗り心地も極めて快適。

圧倒的な性能の高さとスポーツ感の高さがありますが、クルージングも苦になりません。むしろ、「このままどこまでも走っていけそう」という感覚になり、クルージング性能の高さも実感しますよ。

市街地を走る限りだと、路面の凹凸が脳天に響くような不快感は無く、姿勢をフラットに保つことが可能。

それでいて路面に吸い付くような走り心地になっているのが面白いところです。

レクサスの本分「快適性」をとことん突き詰めているのがわかり、好印象。

V8エンジンの音は、生音と人工的な音の中間のような制御がされています。

高速道路に入り加速をすると、音が一気に盛り上がる!

綺麗なサウンドが鳴るから気分が盛り上がるし、盛り上がるだけじゃなくてしっかり心地よさも感じられて気持ちがいい。

この感情を一言で表すなら、感動。

しかも、ステアリングを少し切っただけでしっかり曲がっていきます。

ハンドルだけじゃなくて駆動力を使って曲げている感覚だから、クイックに素直に曲がっていく。前からも後ろからもグイグイ曲がり、自分が旋回の中心点になっている感覚が面白いです。

サーキットに持ち込みフルスロットルを与えてみると、化け物じみた性能が頭角を現す。一気に体を包む加速Gに、圧倒的に安定した直進性能、大きな駆動力を使って曲がるコーナリング性能を全部一気に体感し、感動してしまいます。

性能を見るとモンスター級なのに、誰でも扱えるほど扱いやすいのも魅力的ですよ。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

レクサスGSFは、性能が高いけどスポーツ性に特化しただけでなく、市街地の快適性も抜群ということがわかりましたね。

本当に市街地からサーキットまでシームレスに走れる車だから、誰でも走りを楽しめそう。

そんなレクサスGSFにはどんな装備が搭載されているのか? それを下記HPから一部抜粋して紹介しましょう。
https://lexus.jp/models/gsf/spec_price/specification/

GSFの装備、特徴、異なる点

  • Lexus Safety System+
  • スポーツモード付VDIM
  • 上下加速度センサー付ABS(電子制動力配分制御付)/ブレーキアシスト/VSC/TRC
  • バックガイドモニター
  • アクティブサウンドコントロール
  • GSF専用チューンドサスペンション
  • NAVI-AI-AVS
  • カーボンエクステリアパーツ(グリルロアモール・リヤスポイラー)
  • 4速エキゾーストディフューザー
  • 8速パドルシフト(シーケンシャルシフト付)
  • アルミ製スポーツペダル&フットレスト
  • 運転席・助手席アルカンターラ/セミアニリン本革ハイバックスポーツシート(ポジションメモリー/ヒーター付)&後席アルカンターラ/セミアニリン本革シート(ヒーター付)
  • 運転席・助手席8Way調整式パワーシート(運転席電動ランバーサポート付)
  • レクサスGSFプレミアムサウンドシステム
  • G-Link(3年間無料)

安全装備とパフォーマンス装備を見ると、気合が入っているのが伝わりますね。

レーダークルーズコントロールなどの基本的な先進機能が全て搭載されているのはもちろん、ABSなどのよくある装備にも上下加速度センサーなどが加えられていて、根本からスポーツセダンとしての完成度を高めようとしているのを実感します。

個人的にパフォーマンス系で一番「いい」と思ったのが、アクティブサウンドコントロールです。

性能のところで「音には感動させられる」と語ったんですが、この音を作っているのがアクティブサウンドコントロールというわけですね。

音にこだわることは、車との一体感にこだわることだと個人的には思うんです。

車の音の役割というのは、「加速度・減速度を認識するための役割」と、「駆動系の状態・応答を確認するための役割」との二つがあります。

この二つの役割をしっかり果たしていて、さらに耳障りが良い快適な音というのが、車との一体感を高めて走る喜びを生み出しているんでしょう。

その点で、アクティブサウンドコントロールの貢献度はとても高いです。人工的だけど、人工的な雰囲気をあまり感じさせないのも良い。音というよりも、音色という表現が相応しいです。

他はサスペンションの専用チューンなどがありますが、その恩恵は走りを語った際に表現した通りのものとなっています。

確かに硬いけれど、通常時は快適性を損なわず、スポーツ走行をするときには猛威を振るうという感じですね。

プレミアムスポーツセダンとしてGSFはとても考えられた車だと感じるんですが、もちろんインテリアも豪華。

全席本革シートを採用しているだけでなく、運転席と助手席はハイバックのスポーツシート! この「ハイバック」というのが、何気に嬉しいところです。

さらに、後席のセンターアームレストには、空調・音源をコントロールする機能も搭載されています。

リヤシートを思い切りセレブに使うことが出来、家族・友人との外出が更に楽しくなるでしょう。

プレミアムサウンドシステムも搭載されていて、大迫力の音楽を楽しむこともできる!

市街地を巡航しているときには質の高い音楽を流し、加速するときには音楽を止めて駆動の音色を楽しむというのも面白いかもしれません。

どの席に座ったって、楽しめる車だと思います。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

GSFの性能と装備から、この車の楽しさと快適性を語ってきました。

1000万円を超す価格も納得し、それだけでなく「安いのでは?」という錯覚に陥るほどの魅力を搭載したレクサスの凄い奴。

そんなGSFを、改めて独断と偏見を交えて評価してみたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
GSF ☆☆☆☆☆ 快適&楽しい国内最高プレミアムスポーツセダンが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

GSFの評価

GSFの魅力は、楽しく快適というところですよね。快適性は、日本の自動車メーカーがどこも必死になって追求している部分です。

もちろん、レクサスもまた快適性をメインに追及していると感じさせられることが多いんですよ。

その日本の自動車業界における命題とも言える快適性を圧倒的なまでに高めながら、サーキットに持ち込めるほどのスポーツ性能を両立している点が、レクサスGSFが国内のどのスポーツセダンにも負けないと思える点ではないでしょうか。

プレミアムスポーツセダンと言えば「楽しいけれど、普段使いは少し硬く感じる」というのが普通のように感じますが、GSFは違いますからね。

トヨタがプレスリリース時に語った「普段の街中からサーキットの中まで、誰もがシームレスに走りを楽しむことができる車」というのは、まさにこのことだったというわけです。巡航しても楽しく、加速してももっと楽しく、どんな走りをしても快適。

そんなGSFは、1100万円を超える価値を持っているのではないでしょうか?

まさに、日本製プレミアムスポーツセダンですね。

レクサス GSFの総合評価

プレミアムスポーツセダンと言えば、あまり国内のイメージは無いかもしれません。

ドイツ車の専売特許のようなイメージがあるジャンルの車なんですが、レクサスGSFは正真正銘日本国内出身のプレミアムスポーツセダン。

しかも、それがドイツ車をも食らう勢いで高性能&高い快適性を誇るときたものだから、高く評価せざるを得ません。

この車を所有していなくても世界に向けて自慢したくなるような、まさに国内最高プレミアムスポーツセダンと言うに相応しい車なのではないでしょうか。

迷うくらいなら、買った方が良さそうです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です