レクサスGSの各グレードを比較!グレード間の違いは何?

レクサス GS

Grand Touring Sedan略してGS!

レクサスGSは極上の快適性により、グランドツーリングを悠々自適に楽しんでもらおうという想いが込められた車なんですよね。

高級車然としている堂々とした出で立ちと、VIPルームのような豪華な室内空間が、乗員を上質なドライブへと誘ってくれます。

価格的にもおいそれと手を出せない領域にあり、本格的な高級車ということを実感させられますよね。だから、購入するときにはとても悩むと思います。後悔したくない、どれがいいんだろう、と。

そこで、質感の高さと快適性に重きを置いたレクサスGS、その特徴をグレードごとに比較しましょう。

レクサス GSグレード表

グレード名 価格
GS300 5,770,000円
GS300h 6,153,000円
GS300 “I Package” 6,166,000円
GS350 6,430,000円(6,657,000円)
GS300h “I Package” 6,549,000円
GS300 “F SPORT” 6,599,000円
GS300 “version L” 6,777,000円
GS350 “I Package” 6,826,000円(7,053,000円)
GS300h “F SPORT” 6,982,000円
GS300h “version L” 7,160,000円
GS350 “F SPORT” 7,465,000円(7,486,000円)
GS350 “version L” 7,437,000円(7,648,000円)
GS450h 7,428,000円
GS450h “I Package” 7,824,000円
GS450h “version L” 8,435,000円
GS450h “F SPORT” 8,463,000円
※()内にはAWD価格を表示しています。

基本的なグレードだけで、「GS300」「GS300h」「GS350」「GS450h」と四つのグレードがあり、それぞれのグレードに「I Package」「F SPORT」「version L」という三つのグレードが用意されています。

合計16グレード! グレード選びを難しくしているのは、このグレード数というわけです。

しかも、GS300とGS300hはversion Lが最高価格なのに、GS350とGS450hはF SPORTが最高価格というのがまたややこしい。

ただ、GS350とGS450hは「スポーティ」を売りとするグレードと考えたら、少しはわかりやすくなります。

そして「h」が付くグレードはハイブリッドだということがわかっていれば、もっとわかりやすい。

知れば知るほど、案外単純なグレード設定ということがわかるんです。

これから、レクサスGSの世界をたっぷりと覗いてみましょうか。

各グレードの特徴や違いを解説

GS300・GS300h・GS350・GS450の四つ、性能に違いがあるグレードがあります。

一方、各種パッケージは装備が異なるわけですね。

その二つの組み合わせによって多彩なグレードが生まれているわけですが、一度性能に重きを置いて各グレードの特徴・違いを簡単に整理してみましょう。

GS300

2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載した、ガソリンエンジングレードです。

その最高出力は180kW/5,800rpm、最大トルクは350Nm/1,650~4,400rpmとなっています。

スポーツ性能に強いとは言えないまでも、日常稼働の範囲だと余裕たっぷりの走りが楽しめます。

ターボが付いているため、鋭い加速を楽しみスポーティに走ることも可能です。

ほかのグレードと比べるとスポーツ性が弱いというわけであって、他の車種と比べると走行感覚はとても秀逸。

大きなトルクにより重さを感じることなくスーッと加速していき、アクセルを踏み込むと体が引き付けられるような加速Gを体感することもできます。

高速道路を使って直線加速を時折楽しみながら、普段は平然とした顔でゆったりと安定した走りを楽しめる。

まさにGS! と言いたくなる車です。

本格的スポーツ性能にこだわらないのなら、このグレードで十分すぎますね。

GS300h

2.5L直列4気筒DOHCエンジンを搭載した、ハイブリッド車です。

GS300にハイブリッドシステムを足しただけでなく、エンジンが2.5LのNAとなっています。結果、最高出力は131kW/6,000rpm、最大トルクは221Nm/4,200~4,800rpmとなりました。

エンジン性能だけを見るともちろんGS300の方が高性能ですが、GS300hには、最高出力105kW、最大トルク300Nmのモーターも加わります。結局、GS300hはポテンシャルが高い快適性重視のハイブリッド車となりました。

圧倒的に、運転がしやすいんですよ。

しかも、GS300よりも静粛性が高い。それはハイブリッドだからということもあるでしょう。

発進時に全くの無音と言えるほど静かに、スルスルと速度を上げていきます。「リニアな加速」と言うけれど、リニアモーターカーの方が音も衝撃もあるでしょう。

感覚的には「シームレス」という言葉が一番ピッタリ。

発進加速も、市街地クルージング中もひたすらに静かで走りは滑らか。これはGS300にも感じることですが、剛性感がとても強いんです。

特にハンドリングはクイックなんですが、どこか重厚感があって剛性感があり、足回りもどっしりと構えている感じがあります。

そこにハイブリッド車特有の安定感と静粛性を足すことにより、お互いが引き立て合い高め合っているんです。

ただ、加速を楽しむならGS300の方が面白いと言えます。GS300hは、面白さよりも安定性と快適性を重視する人のためのグレードと言えるのではないでしょうか。

GS350

3.5L V型6気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力234kW/6,600rpm、最大トルク380Nm/4,800rpmという高性能を誇る、本格スポーツ性能を持ったグレードです。

最大トルクの効果を発揮する回転域からしても、「エンジンを回す」ことを前提として作られていることがわかります。

作り手が意図するようにアクセルを思い切り踏み込むと、その瞬間に大きな加速Gが体を包み込み、シートに密着させる。

シートはホールド力が高いため、重力によってシートに惹き付けられても体が痛むことは無く、むしろフィット感が心地よいとさえ感じられます。

ただ、V6エンジンに期待するような音は感じられません。サウンドジェネレーターのおかげか、静粛性を保ちながらも心地よいと感じる範囲で音が聞こえてくる程度です。

静粛性を高めたりコンフォートに寄ったりすることが、昨今のレクサス全体の傾向としてあり、V6エンジン搭載としてもそれは変わらないんでしょう。

それでも静かにシームレスだけど重力は感じ、「あっ」と言う間にレッドゾーンまで回転計の針が到達する感覚は、とても楽しいと感じます。

従来のような音と振動と重力の三つから速度を楽しむという感覚とは違いますが、これはこれで新しい運転の楽しみ方と捉えれば悪くはありません。

スポーツ性能を欲するのなら、GS350は良い選択肢になりそうですねえ。

GS450h

最高出力217kW/6,000rpm、最大トルク356Nm/4,500rpmの3.5L V型6気筒DOHCエンジンに、ハイブリッドシステムを搭載したグレードです。

GS300とGS300hとは違い、排気量は変わりませんが、エンジン自体の性能は若干ダウンしています。

ここに加わるモーターの性能は、最高出力147kW、最大トルク275Nm。350hのものより最大トルクは小さいものの最高出力が高く、ハイブリッドを搭載していると言ってもスポーティマインドは消えていないということなんでしょうね。

走り出したとき、他のGSと同じように重厚感のあるステアリングの感覚を最初に得ることになります。

「スポーティ」という予感と期待が高まる重厚感に胸躍らせながら走らせると、すぐに巡航速度に達して発進加速を楽しむだけの時間的猶予を与えてくれません。

走り好きとしては、何より嬉しいことですね。

巡航しているときの感想としては、エンジンとモーターが上手に調和しているということ。

どちらか一方を切り分けて使うというよりも、エンジン+モーターが互いに支え合っているという印象を受けました。

もちろん、どちらか一方が主体となるわけですけどね。

個人的には、エンジン主体の走りをしている時の方が快適で楽しいと感じました。

エンジン主体のときには「モーターアシストが効いている感覚」をダイレクトに感じられ、低回転からトルクが太くコンフォートに走ることができ、右足に力を込めた途端に加速Gと共にスポーツ性が目を覚ます…。

コンフォート&スポーティの切り替えが、モーターのおかげでより楽に面白くなっているように感じられます。

“I package”

本革シートやシートベンチレーションなど、インテリアにいくつかの追加・変更を加えたパッケージです。

大幅な追加変更はありませんが、あった方が質感が高くより高級感を実感することが可能になります。

なんだか、I packageがベースで無印のグレードが廉価版という雰囲気がありますね。

“F SPORT”

専用エクステリアを持ち、スポーツサスペンションなどを搭載したスポーティに寄ったパッケージです。

F SPORTだからと大胆にスポーツ性能を高めるというわけではなく、サスペンションにより加速ドライブとコーナリングがより機敏になったという印象が付与された程度となっています。

派手にスポーツに寄ることなく、レクサスGSの基本はあくまでも「Grand Touring」なのだという主張が見えますね。

“version L”

F SPORTのスポーツサスペンションなどを受け継ぎながら、更に質感を高めたパッケージです。

本木目・本革ステアリングやセミアニリン本革シートなどが特徴的。さらなる高級感を求める方のためにあるパッケージということですね。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能をメインに、各グレードの特徴をザックリと見てきたところで、各グレード・パッケージごとの装備の違いを紹介したいと思います。

装備の違いはパッケージだけなのか? 各グレードによって違いはないのか?

気になる装備内容を、下記URL装備表から一部抜粋し、紹介しましょう。
https://lexus.jp/models/gs/spec_price/equipment_list/gs350/

全グレード共通標準装備

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
  • レーンキープアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • ドライブスタートコントロール
  • バックガイドモニター
  • ブレーキホールド
  • 緊急ブレーキシグナル
  • デュアルメッキディフューザー
  • オートライトシステム
  • ゲート式シフトレバー(ブーツタイプ)
  • ステアリングヒーター
  • パワーイージーアクセスシステム(運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー付)
  • リモートタッチ
  • レクサスGSプレミアムサウンドシステム
  • G-Link(3年間無料)

全車標準装備を見ると、価格帯を実感しますよね。

当たり前のようにプレミアムサウンドシステムが標準搭載になっているところとか、安全装備が揃っているところなど、パッと見ただけで「いいなあ」と感じてしまいます。

特に、プレミアムサウンドシステムは、標準オーディオシステムなのにとてつもなくこだわられているんです。

サウンドシステムの中核となるのは、フルデジタルアンプ(Class-D)という原音を忠実に再現することに特化したもの。

フルデジタルアンプを中核とし、インストルメントパネル両サイドには新開発の「Coherent Source Transducer(CST)」を配置。さらに、中央のミッドレンジスピーカーとフロント3WAYシステムによって、室内サウンドを構成しています。

全部で12個のスピーカーを最適に配置して、レクサスGS独自の音場が生まれているんですよ。

その音の特徴は、重厚感を伴った原音の再現性の高さです。

オーディオメーカーが作る音場には「重低音重視」などの少し偏った特徴が生まれますが、あくまでも標準サウンドシステムという立場を貫き原音再現に命をかけています。

臨場感あるドライブが楽しめるし、高級感あふれる室内空間を音楽と一緒に思う存分満喫することもできますよ。

また、G-Linkが3年間無料で付いてくるのも嬉しいところです。

これには、色々なテレマティクスサービスが用意されています。

たとえば、レクサスオーナーズデスク。365日24時間対応してくれる、案内・サポートサービスです。

ナビの目的地設定をしてくれたり、駐車場の案内をしてくれたり、秘書のような感覚で利用できます。

ホテル・レストラン・飛行機の手配もしてくれるという、まるでゴールドクレジットカードのデスクみたいなサービスまでしてくれるんです。

ほかにも、ドアのロックなどの確認がリモートで可能になるG-Security、緊急時にボタン1つで警察・消防などに対する通報を行ってくれるヘルプネットなどがあります。これらは、新車購入した人の特権です。

GS300とGS350装備、特徴、異なる点

GS300 GS350
アイドリングストップ サウンドジェネレーター
※二つのグレード(パッケージ無し)で異なる装備のみを集めました。

GS300には、アイドリングストップが搭載されています。

ところが、GS350には搭載されていません。GS350はGS300に比べてスポーツ性を強めたグレードなので、アイドリングストップは不要ということなんですよね。

スポーツ性の高い走りを楽しみたい方にとって、アイドリングストップのような自動ストップ&ゴー機能は邪魔になりますから。

代わりというわけではありませんが、GS350にはサウンドジェネレーターが搭載されています。

これは、エンジン吸気音増幅装置。V6エンジンの音が心地よく室内に響くように搭載されています。

外部にまで聞こえるような煩いものではなく、体中に心地よく響く質の良いサウンド。

だからこそ、音はあるのに「静か」だと感じるのかもしれません。

GS300hとGS450h装備、特徴、異なる点

GS300h GS450h
ドライブモードセレクトスイッチ(ECO/NORMAL/SPORT) ドライブモードセレクトスイッチ(ECO/NORMAL/SPORT/SPORT S+・CUSTOMIZE)
※二つのグレード(パッケージ無し)で異なる装備のみを集めました。

GS300hも、F SPORTからは「SPORT+」「CUSTOMIZE」モードが追加されます。

これらのモードがどのようなものかは、ことさらに説明する必要はないでしょう。

名前の通り「SPORT+」は、従来のSPORTモードよりもスポーツ性を高めるためのものです。

ただ、名前から感じるほど大きくスポーツ性能に偏ることはありません。

スポーツ性能に大きく振り切れたスポーツセダンというのはBMWの得意とするところで、トヨタが似たような高級セダンを作るとBMWと比べられてしまいますからね。

そういう事情もあり、レクサスはコンフォートを前提としたスポーツ性能を持つということを貫くため、派手にスポーツ性能を高めることはしないわけです。言わば欧州車との差別化を図っているわけですねえ。

「CUSTOMIZE」モードは、自由に走行モードを設定することができるもの。自由度が上がるため、自分好みのレクサスの走りを実現することが可能になります。

“I package” 装備、特徴、異なる点

  • 電動リヤウインドゥサンシェード/手動リヤドアサンシェード
  • 本革シート(運転席・助手席ベンチレーション機能・ヒーター付)
  • シートベンチレーション(運転席・助手席)

I Packageで追加される装備を挙げました。

一番の目玉となるのは、やはり本革シート。

あまり語ることはありませんが、質感が高く座り心地が良いと感じます。

本革に対して特別思い入れが無い人にとっては、あまり感動が無いパッケージかもしれませんが、本革好きなら魅力を感じるのではないでしょうか。

“F SPORT” 装備、特徴、異なる点

  • F SPORT専用スピンドルグリル(メッシュタイプ)&フロントバンパー
  • F SPORT専用リヤバンパー(ロア専用塗装)
  • スポーツサスペンション
  • NAVI-AI-AVS
  • F SPORT専用334mmベンチレーテッドディスク(高摩擦ブレーキパッド付)フロントブレーキ
  • フロント:235/40R19 92Yタイヤ&19×8J F SPORT専用アルミホイール(切削光輝)
  • リヤ:265/35R19 94Yタイヤ&19×9J F SPORT専用アルミホイール(切削光輝)
  • F SPORT専用リヤスポイラー
  • ドライブモードセレクトスイッチ(ECO/NORMAL/SPORT/SPORT+/COSTOMIZE)
  • F SPORT専用TFT液晶式メーター
  • F SPORT専用ティンブル本革ステアリング(パドルシフト付)&F SPORT専用ティンブル本革ステアリングノブ
  • F SPORT専用アルミ製スポーツペダル&フットレスト
  • F SPORT専用スカッフプレート(LEXUSブラックロゴ)
  • F SPORT専用本革シート(運転席・助手席ベンチレーション機能・ヒーター付)
  • 運転席16Way調整式パワーシート(ポジションメモリー付)&助手席10Way調整式パワーシート

F SPORTで追加される装備を挙げました。

I Packageの内容が薄かっただけに、F SPORTは盛りだくさんに感じられますね。

エクステリアに専用パーツを取り入れてスポーティな印象を付け、アルミ製スポーツペダル&フットレストによって運転者の気分を盛り上げる。

演出上手なパッケージといったところでしょうか。

性能の高いディスクブレーキとスポーツサスペンションの搭載などにより、足回りの感覚も結構変わっています。

何度も言うようにコンフォートという範囲から逸脱しないようにしながらも、足回りが固められていて好印象です。

この手のパッケージによくあるのが、「スポーツに寄りすぎて人を選ぶ」ということなんですよね。

特にBMW上級車のスポーツグレードなんかは、モンスターマシンとも呼べる性能とガチガチに固められたスポーツ用の足回りが用意されていて、「ちょっとした走り好き」の人は手が出せません。

本格的にサーキットを走り回りたいわけではないけれど、日常の走りにスポーティなスパイスを足したいという方には、レクサスGS F SPORTくらいの調整が心地いいと思います。

また、「運転席16Wayパワーシート」など、快適性を高める装備もしっかり追加されているところがニクイですね。

“version L” 装備、特徴、異なる点

  • 235/45R18 94Yタイヤ&18×8J version L専用アルミホイール
  • アダプティブハイビームシステム
  • 後席サイドSRSエアバッグ
  • 三眼フルLEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム)&LEDフロントターンシグナルランプ
  • ヘッドランプクリーナー
  • 本木目+本革ステアリング(本革パッド・ステッチ・パドルシフト)&本革シフトノブ
  • バンブー+本革ステアリング(本革パッド・ステッチ・パドルシフト)&本革シフトノブ
  • セミアニリン本革シート(運転席・助手席ベンチレーション機能・前後席シートヒーター付)
  • 運転席・助手席18Way調整式パワーシート(ポジションメモリ―付)&サイド部可動式フロントヘッドレスト
  • 電動オットマン(助手席)
  • 助手席制御システム(助手席オートアウェイ機構・肩口パワーシートスイッチ付)
  • コントロールパネル・カップホルダー・収納ボックス付リヤセンターアームレスト
  • 3席独立温度・吹出口自動調整オートエアコン(花粉除去モード付)
  • シートヒーター(後席右側)

レクサスGSの装備的最高峰に位置するパッケージということもあり、たくさんの装備追加がありますね。

F SPORTと同じようにスポーツサスペンションなどを搭載したまま、今度は「快適に運転できる装備と機能」を盛りだくさんにしている点が非常にレクサスらしいです。

個人的に良いなあと思うのは、やはり18Wayパワーシート。

運転席と助手席両方というところが、最高に憎らしい。

助手席には電動オットマンも搭載するという、至れり尽くせりな環境が用意されていて運転の助手も苦にならないかもしれませんね。

また、ステアリングが本木目・バンブーのどちらかを選択可能というところも面白い。

これだけ選択肢が豊富なレクサスGSに、標準装備内容の選択肢も追加するのか!

ただ、本木目を選ぶ人が多いかもしれません。バンブーも非常に面白く、質感が高いのですが、イメージしづらいですからねえ。

個性を演出したい方は、バンブーを選んでみるのも一興だと思います。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

レクサスGS各グレードの特徴が出揃いました!

「GS300」「GS300h」「GS350」「GS450h」それぞれの装備の違いは極めて少なく、純粋に性能に違いを持たせ、装備はパッケージで対応する……。グレード数は多いけど、役割がわかりやすいですよね。

そんな各グレードの持つ役割を再確認しながら、独断と偏見でレクサスGSのグレード・パッケージを評価してみました!

グレード名 評価 こんな人にオススメ
GS300 ☆☆☆☆☆ 安定性と快適性重視の方へ
GS300h ☆☆☆ 静粛性とスムーズな走りを求める方へ。
GS350 ☆☆☆☆ 快適性とスポーツ性を両立させたい方へ。
GS450h ☆☆ コンフォート&スポーティを切り替える走りを楽しみたい方へ。
パッケージ名 評価 こんな人におすすめ
I package ☆☆ 本革シートが欲しい方へ。
F SPORT ☆☆☆☆ 走りのクオリティを高めたい方へ。
version L ☆☆☆ 快適性を極めたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

GS300の評価

GS300の安定感は凄まじいものがあります。

ここがレクサスGS全体に感じられる安定性と快適性の高さの基礎となっており、レクサスGSの車自体のキャラクター性はGS300から全て感じられるようになっているんです。

鋭い加速も可能な、コンフォートを極めた走りと室内空間……。

レクサスGSの魅力を体現していて、特に個別のこだわりが無い方にとってはGS300が十分すぎるほどハイクオリティなグレードとなるのではないでしょうか。

GS300hの評価

GS300hの特徴は、4気筒エンジンの静粛性とハイブリッド特有のモーターによる静粛性、そしてスムーズな走りを両立させている点と言えます。

ハイトルクなモーターを活かした低速域の走りはどこまでもシームレスに繋がり、滑るような感覚を楽しむことができる。

アクセルを踏み込むと、4気筒エンジンの静かながらも安定してグイグイ加速していく感覚と重力を味わうことが可能。

その感覚を楽しみたいのなら、GS300hは良いグレードとなるでしょう。ただ、個人的にはGS450hがGS300の完全上位互換のようになっている点が気になります。

GS450hより安価なことは確かですが、よりコンフォート&スポーティを極めたい方にはGS450hの方がオススメです。

GS350の評価

GS350はV6エンジン搭載の、レクサスGSにおける本格的スポーツグレードと言えます。

あくまでもレクサスGSという車のキャラクターを壊さない範囲での「本格的スポーツグレード」というわけですが、だからこそ価値が高い。

室外の音をシャットアウトした空間において、V6エンジンの心地よい音だけが身を包む状態でのドライブは、走り好きにとっては至上の体験と言えるでしょう。

アクセルを踏むごとに盛り上がる音だけが聞こえてきて、感覚すべてが車と一心同体となったように感じ、車と共に「走っている」実感が得られます。

走りを楽しみたいなら、このグレードが一番と言えるでしょう。

GS450hの評価

GS450hは、ハイブリッド車ということがあってか、GS350ほど音が盛り上がりません。

ただ、ハイブリッド特有の「コンフォート&スポーティ」の使い分けが楽しく、あらゆるシーンで別々の走りを楽しむことが出来る点が何よりも大きな魅力です。

特に、高速道路で加速するときのモーターアシストを得た走りの力強さには、嫌でも心が惹かれてしまいますよ。

“I package” の評価

本革シートが好きなら、価格もそれほど高くないため、迷うことなく選ぶべきパッケージと言えます。

ただ、わざわざパッケージとして選ぶにしては特徴が弱いところが気になるんですよね。先述したように「I Package」がむしろベースグレードというような雰囲気があります。

“F SPORT” の評価

サスペンション・ディスクブレーキなどによる走りの質感の変化は、とても面白いです。

スポーツサスペンションが搭載されているのにも関わらず、走りは相変わらずコンフォート&スポーティ。

これらの追加・変更点が、スポーツ走行だけでなく、普段の快適な走りにも前向きに作用しているんですよ。

よりスポーティになったと言うこともできますが、一番しっくりくる表現は「より走りの質感・クオリティが高くなった」ということ。

走りの質感を高めたいのなら、選ぶべきグレードです。快適装備もプラスされますしね。

“version L” の評価

F SPORTを選んでも快適装備が追加されますが、それだと物足りないという方にはversion Lがオススメです。

運転席・助手席18Wayパワーシートや助手席オットマン、シートヒーターなどの快適度は思っている以上に高いですよ。

さらに、ライト関連の装備・機能も充実して運転の安全性も上がります。

元々完成度の高いレクサスGSを、さらに総合的に高めてくれるパッケージです。

レクサスGSの総合評価

非常に日本らしい高級スポーツセダンというのが、総合的に感じたことです。

スポーツセダンと言えばBMWというイメージがありますが、日本国内運用するには性能が高すぎて、ピーキーにすら感じる場面もあります。

もちろん快適性に寄ったタイプやグレードもありますがね。

ただ、レクサスGSはとことん快適性にこだわった。

「Grand Touring Sedan」という名前にふさわしく、日本の道路を楽しく快適に走ることを極めています。

日本国内においてレクサスの人気が衰えない理由を証明してくれるのが、GSという車なのではないでしょうか。

スポーティ&コンフォート……その真髄が、ここにある。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です