【見積書公開】ハリアー値引きレポート。最新値引き額はいくら?

SUVと分類されながらも都会的な雰囲気を持つSUVとしての地位を固めるハリアー。

最近のクロスオーバーSUV人気の中でも、間違いなくその口火を切った一台ということになるでしょう。

大柄なボディで颯爽と走る姿は「恰好いい」のひとこと。
何がそう思わせるのかはぱっと見からは分からないながら、なぜかそう感じさせてしまう雰囲気を持っているようです。

最近のクルマにしては珍しいほど「個性」が引き立つデザインは外観だけでなくインテリアまで含めてのものであり、そこには何か明確な意図を感じるほどのものになっています。

これまで直接ライバルとなるクルマが無かったことからしても、このクルマは独特な地位を占めているということなのでしょう。

日本の路上に合わせたボディサイズは全長4720×全幅1835×全高1690mmでホイールベースが2660mm。

3ナンバー車として長いフロントオーバーハングによるスポーティさを強調しながらも、高級感を強調することによって都市型クロスオーバーSUVとしての上質な乗り心地を楽しめるモデルと言うことになるのでしょう。

トヨタへ行く前にリサーチしよう!

ディーラーへ行くということは、セールスマンと交渉するということ。つまり、値引き交渉をするためには、交渉のプロと話す必要があるのです。

ここでは、値引き交渉をする上でかかせない知識について紹介したいと思います。

ずばり知っておくべきことは

  • ハリアーの値引き相場
  • ハリアーの競合車種
  • ハリアーの納期について

この3ポイントになります。

早速ハリアーの値引き相場ですが、車両値引きは10万円~20万。あとはオプション値引きによって、金額がもう少し増えるかなと言った具合です。

流石はハリアー。トヨタの高級車というイメージがあるだけあって、値引きも少し渋いような印象です。15万の値引きが実現すれば打倒、といったところでしょうか。

続いてハリアーの競合車種。ハリアー事態の新車価格がどうしても高いため、中々同価格帯で比較するのは難しいです。ただ、SUVとして比較するのであればホンダのヴェゼルや、日産のエクストレイルでしょう。

この2つはどちらもハリアーより新車価格が低いので、「ヴェゼルやエクストレイルも考えてて、そっちは安いんでどうしようかな」なんて言ってみたら、値引き額に変化が現れたりするかもしれません。

最後にハリアーの納期についてです。納期は大体1か月半~3か月といった声が多く見受けられました。少し気長に考えた方がよさそうですね。

最初の段階で納期は未定であることが多いかと思いますが、ライバル車はもう少し早く納車できるようなことを話してみるのも、1つ面白いと思います。

ディーラーへ突撃、実車確認!

トヨタハリアー外観フロント

最近のトヨタ車としては珍しくメッキのグリルを使わないスッキリとした感じのフロントデザイン。

LEDヘッドライトが全車で標準装備となっているのに加え、中央寄りにはライン上に発光するクリアランスランプが使われて、なかなかオシャレな感じです。

中心には「ハリアー」を意味する鷹をイメージしたエンブレムが。ギラギラしたイメージの高級車ではなく、何となく外国車のように落ち着いた合理的な雰囲気を感じてしまうのは気のせいでしょうか?

ハリアー フロント2(エクステリア)

さり気ない大人の雰囲気を感じさせるデザインが女性にも好かれる落ち着きを感じさせます。

全体的に嫌みのない高級感が感じられ、万人に受け入れられやすいデザインになっているのでしょう。

フロントはロングオーバーハング、リヤはショートオーバーハングとすることで、視覚的にスポーティー感のあるイメージであり、躍動感を感じさせるダイナミックなプロポーション。

オナジナルコンセプトのレクサスRXよりは一回り小振りな国内サイズとしてまとめられています。

トヨタハリアー外観リア

車高があることからボディのボリューム感は結構なもの。精悍な外観が車格の高さを伺わせます。

運転時の視点が高くなることから、サイドミラーは大きなタイプが使われていますが、左右前下方に死角が出来てしまうのは致し方のないでしょう。

メーカーオプションで設定されているパノラミックビューモニターが効果的になります。これによってカメラによって死角がカバーされ、モニター表示で車の挙動(傾き)が把握できるようになります。

プラットフォームはUSA向けの4代目RAV4のものが使われており、それに日本国内向けにデザインされたボディが載せられ、乗り心地も日本向けにチューニングされた背景を持つモデルとのこと。

ハリアーのエクステリア上の大きな特徴となっている車体後部。

この部分を見るだけでハリアーであることを伺わせる個性的なデザインになっています。

リアのコンビネーションランプも特徴のあるデザインで、ハリアー(鷹)の羽の形状をイメージしたものであるのは、なかなかシャレた部分です。

実物を前にすると、「ハリアー」の大きな魅力が、そのデザインにあることがよくわかります。特にCピラーによって綺麗なカーブを描くウインドウのデザインは、まるでスポーティセダンのよう。

プリウスαと似た構成ながら、全く違うクルマに見えるのは、もとのコンセプトが違うことによる見事なデザイン技術のなせる業ということなのでしょう。

最近のどんなクルマとも違う個性的なエクステリアだけでなく、トータルな優美さを感じさせるデザインであることは、インテリアに対しても同様です。

トヨタハリアー内装運転席

インテリアは落ち着いた雰囲気で上質感を漂わせる快適なもの。メーター類は各種スイッチも見やすい位置に配置されていて操作性も良好です。

街乗りが中心となるこうしたクルマには快適性が重要な要素となるのは当然のこと。

その点においてハリアーはエスクテリアだけでなくインテリアにも各部に洗練されたデザインが取り入れられており、「運転すること」への配慮が満足感を高めることにも繋がっているようです。

車体幅が1835mmもあることから、最初はさすがに横方向のサイズの違いを感じてしまいますが、それも慣れによって解消されてしまう程度のもの。大きなサイドミラーもあって、後方の視認性も悪くありません。

着座位置が高いのと視界がいいこと、そして最小回転半径が5.3mと、この手のSUVとしては小さいこともあって、意外と運転しやすいクルマにもなっています。

中央にマルチインフォメーションディスプレイを挟んだアナログのメーター配置は最近のトヨタ車の標準ともいうレイアウトです。

「プレミアム」ではウッドコンビステアリングが装備されているほか、チルト&テレスコピックステアリングも電動という豪華版。

一方で「エレガンス」や「グランド」でも、ステアリングは本革巻きになっています。

トヨタハリアー内装ナビ周り助手席

センターコンソールは光沢が美しいピアノブラック調の塗装がされ、シフト部分の木目とうまく調和していて高級感あふれる印象。

8インチディスプレーを含むフラットパネルによって前席での左右の空間が確保されてユッタリした感じであることも、高級感を盛り上げる心理的な効果を果たしているようです。

大きな車体幅のスペースを無駄に使っているのではなく、上品なデザインによって、価格相応以上の高級感を与えているあたりは見事なものです。

運転席から続く曲線によって構成された左右非対称のデザインはドライバー中心に構成されたものになっており、ドライバー本人が「自分が中心」的な感覚で運転できることは実に気分のいいところ。

助手席の前も本革風材質のソフトパッドが使われており、一見して落ち着いたセンスのいい高級車に乗っている雰囲気にしてくれるのは、さすがインテリアに長けたトヨタ車の本領が発揮される部分です。

グローブボックスの上や運転席の右下には間接照明など、なかなか心憎い装飾がされているのも効果的です。

トヨタハリアー内装後席ラゲッジスペース

グレードによって、シートにはファブリック、ファブリック+合成皮革の2種類が設定され、これによってグレードの差別化が図られています。

「エレガンス」以上のグレードではファブリック+合成皮革のシートには光沢のある糸や素材がふんだんに使われており、その名の通り、上品さ、優美さを感じさせてくれるのが大きな特徴です。

内装色もディープボルドー、ブラック、アイボリーの3色が用意され、とくにディープボルドーは珍しく紫色を主体とした色調になっていて、シートベルトにまで同系色を配した設定であり、ある意味このクルマの格調高いイメージをうまく表現したものになっています。

ただ頭上スペースも確保されていますが、床面が高いためにミニバンのようなユッタリ感はありません。

インテリアから受ける高級感と快適さ。今までは高級セダンでしか手に入れることの出来なかったこうした室内空間をSUVでも得られることが、このクルマが人気を保ち続ける理由でもあるのでしょう。

これだけの上質感が得られながら、ガソリン車であれば全般的に価格に手ごろ感があるのも、このクルマの大きなセールスポイントになっているようです。

SUVとしての重要なスペックである荷物スペースは9.5インチのゴルフバッグが4個収納できる広さ。デッキボード下にも収納スペースが確保されています。

開口が広くて平面的で、奥行きも十分にあり、フロアには4本のレールが備わって、ケージなどを出し入れしやすいようになっています。

ただフロアの高さが745mmとちょっと高めであり、重い荷物の出し入れはちょっと大変そうなのは残念なところ。

パワートレイン

ノア/ヴォクシーと同じ2L直4エンジン(最高出力151ps/6100rpm、最大トルク19.7kgm/3800rpm)を搭載してCVT(無段変速機)と組み合わせたFFか4WDとなるガソリンエンジン、そしてカムリと同じ2.5L直4エンジンとTHS(トヨタ・ハイブリッド・システム)IIを組み合わせ、後輪にも駆動用モーターを搭載した4WDハイブリッドモデル(システム最高出力197ps)の3種類が設定されています。

JC08モード燃費としては、それぞれ16km/L、14.8~15.2km/L, 21.4~21.8km/Lとのことで、車体の大きさと高級感を前面に出している割にはなかなかの高燃費であるのは嬉しいところです。

ハリアーのセールスポイントとは

何と言っても一番気になるのはここですよね。セールスマンが語るハリアーは、ハリアーを買う人の心を打つ一言に違いありません。一体どんなことを話してくれるのか、しっかりと聞いてきたので会話形式でご紹介します。

iFTig編集部
今こんなSUVってマツダのCX-5とか、ホンダのヴェゼルとか、三菱のアウトランダーとか増えたじゃないですか。それでこのハリアーの一番のセールスポイントは何なんですか?
営業担当者
一番の売りは人気があるというところですね。やっぱり高級感があることと年齢も男女も関係なく好評ですし、皆さん乗っていて「気分がいい」言っていわれますね。

他のSUVと性能で見ると数値的な部分で大差は無いと思うんですけど、ただ車体が大きそうに見えて、ホイールベースが結構短いんで、最小回転半径が5.3mしかなくて、Uターンとか、駐車しやすいとか、意外と街乗りの取り回しの良さがいいと皆さん言われますね。

ハリアーのウリは、『高級感に浸れる』ということ、そして、『女性にも優しいような小回りの利く車』という2ポイントでしたね。

ただ高い、高価だというハリアーのイメージですが、機能、性能面においてもしっかりと他のSUVと差別化されていることが分かりました。

値引き交渉の様子を紹介

いよいよ本題である値引き交渉の風景。相手も同じ人であることを考えると、中々値引きには切り出しにくいのですが、納得出来る購入をするために思い切ることが大切です。

では、実際にハリアーの値引きはどういう結果になったのかを、会話形式でご覧ください。

iFTig編集部
ちなみに、現実的に本当に買うとなると、値引きってどれくらい出来るんですか?
営業担当者
もう本当に率直に言わせて頂くと、ハリアーに関して値引きは、ほぼほぼないっていうことになるんです。本当に値引きは最大限頑張らせて頂きますけど、なかなかご要望に応じられないのも事実でして。
iFTig編集部
ちなみに初見でいったら、いくらくらいだったら提示してもらえるんですか?
営業担当者
もう初見ですと、15万円位しか出来なくて。グレードが、「プレミアム」か「プレミアムアドバンスドパッケージ」となれば、あと多少であれば何とか。

以上が値引き交渉の現場になります。やはり高級車、ハリアーを購入する人からすると、この『高い』という特徴に魅かれて買う人が多いのでしょう。

したがって、最初から値引きに期待して購入するというよりは、この値段だから買うんだと思って勝っている人が多い傾向なのだと思います。

下に見積書を公開しております。今回の値引き結果は約15万というものになってしまいましたが、その他詳細等を見積書で確認してみてください。

見積書公開

ハリアー 見積書

グレードの種類は少ないながら、中心グレードの@エレガンス」でも十分な装備が備わっているためにお買い得感があります。

【おすすめ車両】 ハリアー ELEGANCE
【ボディタイプ】 SUV
【排気量】 2000CC (3ZR-FAE)
【駆動】 FF
【ミッション】CVT
【ボディカラー】 スパークリングブラックパール
【型式】 ZSU60W-ANXMP

車両本体価格 2,880,000円
値引き
計     8% 2,880,000円
※1 メーカーオプション価格 8% 43,200円
※2 付属品価格  8% 490,212円
車両現金販売価格(消費税込)① 3,413,412円
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ② 3,413,412円
※3 税金・保険料 121,340円
課税販売諸費用等 8% 78,140円
預り法廷費用等 18,870円
その他 97,980円
計 ③ 316,330円
消費税・地方消費税合計 258,633円

(%は消費税・地方消費税率)

現金販売時お支払総額(②+③) 3,729,742円

欄外値引き額-149,742円
欄外差引値引き後3,580,000円

※3  明細

自動車税  12月登録 9,800円
自動車取得税 49,000円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 121,340円
検査登録手続代行費用 37,260円
車庫証明手続代行費用 14,580円
納車費用(ご自宅) 8,856円
下取車手続代行費用 9,504円
下取車査定料 7,560円
資金管理料金⑥ 380円
補助金申請代行手数料 0円
字光式装置代 0円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 78,140円
預り法定費用(新規検査登録手数料) 3,320円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 300円
預りリサイクル預託金 ⑤ 12,550円
公正証書作成費用 200円
預り法定費用等 小計 18,870円
9,500円
自動車保険料 0円
下取自税 0円
ウエルカムサポート 0B 76,600円
保証がつくしプラン 3 11,880円
その他 小計 97,980円

※1 ※2 メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] ファブリック(ジオウキュウ)+ゴセイヒカク/ブラック(標準)
[タイヤ] タイヤ&ホイール225/65R17タイヤ7Jアルミホイール(センターオーナメントツキ)(標準)
[メーカーオプション明細]
スパークリングブラックパール 32,400円
スペアタイヤ(オウキュウヨウタイヤ165/80D17ST) 10,800円
メーカーオプション計 43,200円
[付属品(その他)明細]
トウナンボウシナンバー(プレステージ) 9,072円
グラスシーラント TYPE-2 81,000円
フロアマット、エクセレント 39,960円
サイドバイザー、ワイドタイプ 25,920円
‘16ETC(ビルトイン)ボイスタイプ・ナビレンドウ 25,380円
‘16TCナビ9インチモデル「NSZT-Y66T」 280,800円
‘16TCマルチビューバックガイドモニター 28,080円
付属品(その他)計 465,912円

リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ⑤ 12,550円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 8,840円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
12,930円

お支払いプラン

頭金 1,203,412円
割賦元金 2,210,000円
支払い開始月 29年1月より
支払い回数 60回
初回 28,741円
毎月 28,700円 x 49回
ボーナス 7月 120,000円 x 5回
ボーナス 12月 120,000円 x5回

実質年率6.9%

まとめ

見栄えとイメージからすると、ハリアーの価格は非常に割安に思えます。

合わせて内装の上質さを併せるとその印象がより強くなり、セダンでもない、ファミリー用途でもない、その独特の位置づけが好ましく感じてしまいます。ハイブリッドを中心に、このところの効率だけを重視したクルマが多い中にあって、その個性が引き立ってしまうのは当然のことでもあるのでしょう。

そして最上位グレードともなると、後40万円ほどプラスすればレクサスRXのベースグレードに都の届く微妙な価格帯。エクステリアとインテリア、そしてブランドとの価値を比較の上で決断することになりそうです。

また、今回セールスマンからは、海外でも絶大な人気を誇っているというお話も聞きました。この人気ゆえに下取り価格も高くなっているようです。

もし、距離をそんなに走らなかったり、長く乗らないのであれば、乗り換え時に少しお金が浮きそうですね。そんな部分もハリアーの1つの特徴ではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です