【見積書公開】ランドクルーザープラド値引きレポート

パジェロやビッグホーンの対抗馬として1984年に登場したプラド。

もともとは全く別のコンセプトのクルマであり、ランクルよりも軽量で安価な位置づけのSUVでした。

今でこそ街中でも普通に見かけるようになったものの、もともとはオフローダーSUVとして実用性中心の造りであり、エクステリアがランクルに似た丸みを持ったデザインになったのはつい最近になってのことです。

今ではランクル・ファミリーの一部を構成する立場にはあるものの、走破性を高めるための各種最新機能は一部のグレードにとどめ、一味違ったライト感覚を前面に出したコンセプトに仕立て上げられています。

ディーラーへ突撃する前に知っておくこと

皆さんはこの車を買うと決めたときにしっかりと下調べをしていますか?値引き交渉をするためには、ただグレードを調べるだけでは足りません。

ここでは、商談のために役立つランクルプラドの情報を3つ紹介しようと思います。

1つ目は、ランクルプラドの値引き相場についてです。

相場は車両値引きで15万~20万、オプション値引きを合わせると30万以上の値引きも狙えるといった具合です。最低でも15万を値引き目標金額にして、交渉をしていくようにしていきましょう。

続いて2つ目に知ってほしいことは、ランクルプラドの競合車種について。

こちらは三菱のアウトランダーやパジェロなどが挙げられます。アウトランダーは新車最低価格が253万、プラドは334万ということで、約80万程度の価格差が生じています。

「実はアウトランダーも視野に入れていて、この金額だと迷うなあ」なんて言ってみたら、値引き額に変動が起こるかもしれません。

最後に3つ目で、納期についてです。プラドの場合は1か月半~2か月半ほどで納車されたという口コミが多く、最初に指定された期間よりも早く納車されることもあるようです。

ただ、ここは交渉の1つとして、「アウトランダーも見積もりしてもらったんですが、三菱ではもっと早く納車してくれそうなんですよ。」と言ってみるのも1つ面白いかもしれません。

以上の3つは交渉する上で最低限あると頼りになる知識です。頭の片隅に置いておきましょう。

ディーラーへ行ってみた

トヨタ

以前からランクルには興味があり、また友人が持っているのに乗せてもらったことはあるのですが、プラドについてはネットで得た知識ばかりだったため、現物を見せてもらいにディーラーを訪問してきました。

ランクルもプラドもトヨタ店扱いです。

実車確認!内外装は?

並べてみないと分からないものの、ランクルよりは一回り小振りとはいいながら巨大なボディは力強く、存在感の高さを感じさせる出で立ちです。

本格的クロスカントリーの証として頑丈なラダーフレームを装備し、悪路での大きな衝撃を受けてもびくともしないボディはオフローダーならではのものですが、その分重心が高くなってしまうのは致し方のないところ。

このところ流行だった低重心ミニバンの真反対を行く武骨さ、ワイルドさが人気にも繋がっているのですから、流行というのも時代によって変わってくるものですね。

エクステリア

トヨタランクルプラド外観フロント

見せてもらったのは一番上のグレードとなる「TZ-G」。ランクルが横方向に伸びたグリルなのに対して、プラドでは縦型のグリルになっているので一目で違いが判ります。

ランクルよりも押し出しの強い精悍な顔と、迫力のある大型グリルが印象的。

オプション設定のマルチテレインモニターやワイドビューフロント&サイドモニターを装備しない場合は、助手席側に直前側方の視界をカバーするサイドアンダーミラーが取り付けられ、外見的にこの手のクルマの大きな特徴になっています。

参考までにランクルとのサイズを比較してみました。

サイズ ランクル プラド
全長 4950mm 4760mm
全幅 1980mm 1885mm
全高 1880mm 1850mm
ホイールベース 2850mm 2790mm
車両重量 2,490kg 2,080kg
注:ランクルの車両重量は「AX」、プラドは「TX」のガソリン車の場合
トヨタランクルプラド外観サイドリア

オフローダーらしさを伺わせるサイドステップ。大きなサイドミラーも、その特徴を良く表しています。

全体から受けるイメージも筋肉質の力強さを感じさせ、Cピラーがさらにそれを強調させる視覚的な効果を果たしているようです。

上下にではなく右に開くバックドア。上半分だけは普通のバックドアと同様に上方へ持ち上げられる構造になっています。

小物の出し入れであればドア全体を開けなくてもいいのは楽でいいですね。

インテリア

トヨタランクルプラド内装運転席

ズシリと重量感のあるドアと座面が高くて座り心地のいい運転席。座ってみるだけで包まれたような高級感を感じさせてくれるところは見事なもの。

メーターやスイッチ類も機能性を重視したデザインになっていて、このクルマを操る楽しみが掻き立てられます。

やはりSUVにはアナログメーターが似合います。中央にマルチインフォメーションディスプレイを配したメーターパネル部。

オフローダーらしく、傾斜計やタイヤの切れ角、4輪のトラクション状態やデフロックの作動状態まで表示されるのはさすがという感じです。

トヨタランクルプラド内装

乗り込む前からSUV感たっぷりなのに加え、高い着座位置がオフローダーであることを実感させてくれます。

助手席側は意外とシンプルな印象で、高級感がある中にも落ち着きを感じさせるもの。運転席と助手席には厚みがあり、ストロークも十分なサポート性が高そうなシートが使われています。

高機能なクルマな割にはシフトノブ周りのデザインはシンプルなもの。車幅があるせいか、センターコンソールも大型で収納力も抜群です。

上級グレードとなる「TX-G」「TX “C パッケージ”」ではシートが総革製となり、ステアリングも本革と木目調なのに対して、標準グレード「TX」となるとファブリック製となり、イメージ的、感覚的に差別化が図られています。

ただオフロードとなると泥や汚れなどの厳しい環境に適合するファブリックシートにすると、逆に最新走行設備が選べないという組み合わせが意外なところ。

トヨタランクルプラド内装

前列と同様に2列目シートもリクライニングとスライド機能も付いた高級仕様。高さ方向の空間も十分にあって、長距離ドライブでも十分に快適そうです。

ただ3列目ともなるとシートは小さく、厚みも薄くために短距離用と考えた方が良さそうです。当然のことながら3列目を前に折り畳むことによって、アウトドア用としての十分なスペースが作り出せます。

上級グレードでは3列目シートに標準で電動収納機構が備わっており、手早く操作できてしまう豪華さはちょっと驚き。

iFTig編集部
バックドアはどうして上だけ開けられるようになっているんですか?
営業担当者
スペースが無くても、上を開けるだけで簡易的にモノを出し入れできるようになっているんです。バックドアが横開きになっているので…
iFTig編集部
床下にシートが収納できるとか、ミニバンみたいな仕掛けはないんですね?ウチでは常に荷物を載せるので。
営業担当者
3列目も常に使うとなると荷物のスペースは苦しいですね。ただ片側だけ倒すだけも使えますので。3列目は座れるようにはなっているんですけど、そんなに座り心地がいいわけではないので。
iFTig編集部
カタログで見るよりも実際見ないと分からないですね。でも運転席と助手席はユッタリしていますね。
営業担当者
前も長いので、運転も最初はちょっと見づらいかもしれません。ただ高さもあるので、慣れてしまえばミニバンと同じようなものですね。ただ特に最初は、横とかはぶつけちゃうかも知れないと思って怖いかもしれないですけど。

エンジンは?グレードは?パジェロと比較!

まずはエンジンについての教えて頂きました。こちらも会話形式でご覧ください。

iFTig編集部
2.8Lディーゼル車と2.7Lのガソリン車では値段の差はどのくらい?
営業担当者
ディーゼルの方が70万円くらい高くなります。
iFTig編集部
ディーゼルって、あのクリーンディーゼルですか?燃費はどのくらい?
営業担当者
カタログ数値では11.8km/Lくらいですね。実燃費だと6km/Lくらいとか。給油に行ってもそんな極端に差があるわけではないので、やっぱりパワーが欲しければディーゼルもいいかなって思いますが、そんなに必要ないと思えばガソリンでも十分だとは思います。
iFTig編集部
ディーゼルだと馬力はどのくらい?
営業担当者
数値で言うと173馬力と163馬力ですから、ディーゼルの方が若干高いというレベルですね。ランドクルーザーとかと比べると、そこまでの違いは無いというところですね。

プラドではエンジンは2.8Lディーゼルターボと6速ATの2種類からの選択になります。

ディーゼルエンジンは高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率なターボチャージャーを併用することによって、1,600rpmの低回転から450N・m(45.9kg・m)もの強いトルクを生み出します。触媒には尿素水を使って窒素酸化物を除去する高級タイプでクリーン製にも優れたもの。その代りにコストがやや高めになってしまうのは致し方のないところでしょう。重量のある車体を低速からグイグイ引っ張る力強さと巡行時の静かさがセールスポイントになっています。

一方のガソリンエンジンは直噴4気筒の2.7Lで、6速ATとも相まって燃費を改善したタイプになります。車重があるだけにスポーティとはいえないものの、十分な馬力で納得のいくものです。

:足回りとハンドリング

プラドはフルタイム4WDのみの設定で、通常は前後のトルク配分が60:40でありながら、道路状況によってオフローダーらしく最適なトルク配分が前後で行えるのが大きな魅力です。

iFTig編集部
この4WDは常時フルタイムですよね?
営業担当者
フルタイムです。
iFTig編集部
デフロックをかけていても、通常の走行時は四駆のままですよね? はまった時だけしか使えないっていうやつで。
営業担当者
そうですね。ここら辺の街中だったら、そんな使うことは無いかもしれません。やっぱり車体が大きいから安定感がありますね。ハンドルもほとんど揺れないし。運転していても楽ですね。
iFTig編集部
もともと細かい内容を全く把握できていないので、グレードの値段差を分り易く教えてほしいんですけど、例えば「電動リアデフロック」って何ですか?
営業担当者
これはディーゼル車の後輪に付いている機能ですが、例えば後輪がもう止まってしまったという時に、デフで止めて前輪だけを動かすという機能になります。
iFTig編集部
一時的に二駆にするということ?
営業担当者
そうですね。街中ではあまり使う機会は無いと思うんですけど、山によく行くとかであれば使う場合も出てくるので。
iFTig編集部
デフロックというのは前輪だけを回すわけだから、前輪に使うパワーは、四駆の時と同じパワー比のままなんですか?
営業担当者
そうです。ただ、街中で走る分には不要というか。必要であればディーゼル車であれば「Lパッケージ」でも付けることが出来ますので。

その他、上位グレード「TX-G」には次のような優れた機能が備わっているようです。実際にこうした機能を使いこなすユーザーはほとんどいないでしょうが、例え使わなくても、他のクルマには無いこんな装備を備えているだけで安心感と満足感がグッと増すのも事実でしょう。

:キネティックダイナミックサスペンション(KDSS)

前後のスタビライザーを油圧で結んで走行状況に応じて効き具合を自動制御する機能です。

オンロードでの旋回時にはスタビライザーを強く効かせ、岩場など起伏の激しい路面では、スタビライザーを解除してオンロードでの安定性とオフロード走破性を両立させるシステムになっています。

:クロールコントロール

オフロードでの難しいアクセルコントロールを、ドライバーに代わって操作してくれる機能です。ドライバーは、アクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作のみで極低速走行が可能になります。

:マルチテレインセレクト

5つのモードから路面状況に適したものを選択すると、各モードに適したブレーキ油圧制御を行います。駆動力を最適に分配し、凹凸の激しいオフロードや滑りやすい路面で、走破性を高める機能です。

:「AVS」

走りを自分の好みに調整できる機能(コンフォート・ノーマル・スポーツ)が付いていて、ステアリングの重さ、サスの減衰力を統合的に制御し、さらにナビと協調して先読みすることで、サスの減衰力を路面に合わせて制御します。

:リア電子制御サスペンション

リアだけの装備ではあるものの、(ハイ・ノーマル・ロー)の3種類の車高を選ぶことができ、これによってラフロードではリアサスを40mm上げ、荷物の積み下ろし時には逆に20mm下げるという使い方ができるというものです。

グレードの違い

続いてグレードの違いについても、セールスマンの口からお話して頂きましたのでご覧ください。

iFTig編集部
グレードで「TX-G」と「TX」だと、走行部分以外には何が違うんですか?
営業担当者
大きく言うと、まずシートが違いますね。例えば本革がいいとであれば「TX-G」になってきますし、本革は嫌だとなれば、「TX-L」とか「TX」のグレードになります。

あと細かな装備の差というのはありますが、その「TZ-G」が一番上のグレードになります。

それと「TX-G」ではヘッドライトが元々はLEDが標準なので、ハロゲンの「TX-L」とは違ってきます。 あとから追加オプションで他のグレードも付けることは可能ですが、「TX-G」では目の横の光る部分がLEDなのに対して、オプションだとLEDじゃなくて、光らない飾りランプになってしまいます。

iFTig編集部
どのグレードが一番売れているんですか?
営業担当者
「TX-L」のガソリンですね。ただシートが本革なので、値段がどうしても高くなってしまいます。
iFTig編集部
タイヤのサイズと値段はどのくらいになるんですか?
営業担当者
265で17インチですが、一本で3万円ちょっとするので、4本替えたら15~20万円になりますね。

パジェロとの比較

競合車種と言われている三菱のパジェロのことを話してみたら、どのような話をしていただけるのか聞いてきました。

iFTig編集部
三菱さんのパジェロと、プラドって結構比較される対象になるんじゃないですか?
営業担当者
最近はないですね。
iFTig編集部
もうプラドは最初からこれが欲しくて来る方が多いんですか。
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
パジェロと比較されなくなったって、プラドの強みっていうと何ですか?
営業担当者
どっちかというと、パジェロとか、あと海外の車でジープとか、まだRVっていうカテゴリの色が強いんです。どちらかというとランドクルーザーの系統とかでいくと、街乗りでも使えますよ、という感じで。使える範囲が広いということで皆さんに選択して頂いている部分があるのと、あとはご家族のお客様だと、やっぱり内装の比較はされているみたいですね。やっぱり目に入るところですから。あとは耐久性の強さ、っていうところは間違いないので。
iFTig編集部
パジェロは以前に検討してみたこともあったんです。私も内装がどうだったかほとんど記憶にないんですけど、やっぱり内装はプラドの方がいいですもんね。
営業担当者
やっぱり海外向けのネームバリューを保つ意味でやっぱり、パジェロか、ランクル系しかないですからね。海外マーケットだとランドクルーザーであれば商圏が広いですし、そこがまたリセールに対応しているということですね。

見積書公開!値引き交渉開始

iFTig編集部
実際買うとなるとみんな値引きの話はすると思うんですけど、どれくらい引いてもらえるんですか?
営業担当者
ランクルは最終的な下取り価格がすごく付くお車なので、そこを多分考慮して、ということにはなってしまうと思うんですけど。
iFTig編集部
まあ出来る限りで言ってもらえると。
営業担当者
今、いくらと申すことが出来ない状態でして、多分…5~10万円くらいは出来るかなとは思うんですが、あとは例えば下取り車の状態を見せて頂いたり、今ちょうどお客様感謝祭っていうのをやっているので、そちらで下取りのお値段が付いてプラスαで5万円付けることも出来るんです。ですから一度下取り車の状態を見させて頂いたうえで、そのお値段の話をさせて頂ければ。
iFTig編集部
もし下取りがない場合だったら、やっぱり5から10万円くらいがまあライン的に、それ以上は難しいところなんですね?
営業担当者
もし本当に買って頂けるとなれば、あとはオプションとかで何とか。
iFTig編集部
本当に買う時はもっと交渉はしますけど、今はまだ検討段階なんでね。
営業担当者
今の状態ではなんとも言えないのですが、やはりオプションの内容だとか、下取りですね。その辺をちょっと考慮しながら、我々の総値引き金額は多めでも20万前後がいいところという雰囲気なところなんですね。あとは下取り車がどのくらいの値段になるのか、ってところで。
ランドクルーザープラド 見積書

値引きを求めても多くは期待できなさそうな反応でした。競合するクルマが無いことが影響しているのでしょうか?

一回目の訪問なので多くは期待していませんでしたが、結果としては12万円程度の値引きで終わりました。

【おすすめ車両】 ランクルプラド TX
【ボディタイプ】 5ドアワゴン(7)
【排気量】 2700CC (2TR-FE)
【駆動】 4WD
【ミッション】 6AT フロアシフト
【ボディカラー】 ダークスチールマイカ
【型式】 TRJ150W-GKTEK

車両本体価格 3,504,109円
計     8% 3,504,109円
※1オプション・付属品計 8% 474,120円
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ① 3,978,229円
※2 諸費用計(課税分を含む)② 348,568円
消費税・地方消費税合計 298,120円

(%は消費税・地方消費税率)

現金販売時お支払総額(①+②) 4,326,797円

 ※2  諸費用明細

自動車税  10月登録 21,200円
自動車取得税 97,900円
自動車重量税 61,500円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 220,640円
OSS申請代行費用 35,424円
納車費用(店頭)
下取車手続代行費用
資金管理料金⑤ 19,862円
ETCセットアップ料 2,700円
保証委託手数料 7,884円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)③ 8% 46,388円
預り法定費用(検査登録法定費用) 5,900円
      (車庫証明法定費用) 2,600円
      (下取車法定費用) 0円
預りリサイクル預託金 ④ 14,140円
預り法定費用等 小計 22,640円
5,500円
自動車任意保険料 0円
公正証書作成費用 0円
下取自動車税未納分 0円
メンテパック S6 53,400円
その他 小計 58,900円

 ※1メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] ファブリック/ブラック(標準)
[タイヤ] 265/65R17 7.5Jアルミホイール(標準)
[付属品(その他)明細]
ETC(サービスセンター) 0円
オリジナルフロアマット 7ニン(ロイヤル) 47,520円
サイドバイザー、RVワイドタイプ 1 25,920円
KTGグラスコーティング 82,080円
’16 ETC 2.0ユニット(ビルトインナビレンドウ) 39,960円
’16 TCナビ「NSZT-W66T」DCMツキ 233,280円
’16バックガイドモニター 47,520円
付属品(その他)計 474,120円

 リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ④ 14,140円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 10,430円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
14,520円

まとめ

ランクルが欲しいが、大きさと値段でちょっと手が出しにくいというユーザーにとって、プラドは丁度いい選択肢になるでしょう。

このところのファミリーユース中心のクルマばかりの中で、こんな武骨さが女性にも受けるという時代の変化も感じながら「世界のランクルプラド」を所有している満足感にも浸ってみたいものですね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です