CX-3マイナーチェンジ情報 今度の改良は大きいぞ!? 発売日と特徴まとめ

CX-3マイナーチェンジ情報

マツダが誇る人気のクロスオーバーSUV、CX-3が2018年マイナーチェンジします。

その概要は2018年3月29日に行われたニューヨークモーターショーで公開され、注目を集めました。それによると、今回のマイナーチェンジ、結構大きなものとなりそうです。

街中で見かけることも多いCX-3が大型マイナーチェンジを控えた2018年、熱い気持ちが込み上げてくる方も多いんじゃないでしょうか。

そんなCX-3がどう変わるのか? それをお伝えしましょう!

マツダCX-3についておさらいしてみよう

新型CX-3のマイナーチェンジ情報を紹介する前に、まずはCX-3がどんな車なのか、現行グレードにはどのようなものがあるのかをおさらいしてみましょう。

価格帯は? エンジンのラインナップは? それを知ることで、変更点がわかりやすくなりますよ。

簡単な歴史と概要

2015年2月に発売開始された、新しめの車です。デザイン性が非常に高く老若男女に受け入れられやすいことと、機能性が高いことが人気の理由。

デザインで言えば、特にヘッドライト周りと大きく高級感あるグリル周りが魅力的ですよね。

ヘッドライトは釣り目なんですが、奥にハッキリと瞳がきらめいていて愛嬌があります。

「サングラスの奥につぶらな瞳がチラリと見える」みたいな感じで、愛されキャラですよね。

また、赤色のボディには「匠塗」という技術を用いて「ソウルレッドプレミアムメタリック」というカラーを設定しています。

赤色に対する強いこだわりは、なんだか某国民的ロボットアニメのライバルキャラを思わせますね。

パワートレインに関しては、登場時点だと1.5Lディーゼルエンジンだけでした。

他のSUVとの差別化を図ったようですが、ディーゼルエンジンの癖は強いため、「ちょっと乗りたい」という用途にはあまり向かなかった。

そのため、商品改良時には2.0Lガソリンエンジンを追加して対応したんですね。ディーゼルエンジン自体の完成度も非常に高く、現在は住み分けがしっかりされてどちらも人気グレードとなっています。

現行モデルのグレード設定とパワートレイン

グレード名 価格
20S 2,106,000円(2,332,000円)
20S PROACTIVE 2,284,200円(2,510,200円)
20S Lパッケージ 2,538,000円(2,764,000円)
20S Noble Brown 2,570,400円(2,796,400円)
XD 2,408,400円(2,634,400円)
XD PROACTIVE 2,602,800円(2,828,800円)
XD Lパッケージ 2,808,000円(3,034,000円)
XD Noble Brown 2,840,400円(3,066,400円)
※()内には4WD価格を表示しています。
ディーゼルエンジン ガソリンエンジン
排気量と種類 1.8L水冷直列4気筒直噴ターボ 2.0L水冷直列4気筒
最高出力 77kW/4,000rpm 108kW/6,000rpm
最大トルク 270Nm/1,600~2,500rpm 190/2,800rpm

20Sという名前が付いているのがガソリンエンジン、XDという名前が付いているのがディーゼルエンジンとなっています。価格帯は約210万円から284万円、価格差は最大約74万円です。最高グレードを選ぶと結構しますね。

価格的にはガソリンエンジンの方が選びやすいですが、ディーゼルエンジンの最大トルクとそれによるドッシリ構えた走りは買う価値アリです。癖はありますが、慣れれば安定して運用できるようになるでしょうねえ。

さあ、このCX-3が、どう変わるのでしょうか。

新型CX-3マイナーチェンジ情報

CX-3マイナーチェンジ情報

現行CX-3のおさらいをしたところで、新型CX-3がどうなるのかを見てみましょう。

結構大きな変更が行われるみたいですが、どこがどう変わるのか…。内外装などの情報が公開されたのは北米仕様なので、それに準じて語りたいと思います。

新型北米仕様のエクステリアを見てみよう

エクステリアには大幅な変更はありませんが、LEDヘッドライトやフロントグリルのデザインが若干変わっているのがわかりますね。

CX-3のエクステリアは、「気品あふれる美しさと先鋭さの両立」をテーマにして仕上げたと、マツダは語りました。

日本仕様になっても、北米仕様からの大幅な変更はないでしょうね。

インテリアを見てみよう

インテリアの変更点として大きいのは、リヤにアームレストが追加されている点です。

アームレストの追加はプレミアム感を高めながら快適性を高める効果があり、とても嬉しいところ。アームレストにはカップホルダーが二つ付くから、喧嘩をせずに済みますね。

また、センターコンソールのデザインが微妙に変更されていたり、電子パーキングブレーキに対応していたりといった追加変更点もインテリアを見る限りだと、あるようです。

電子パーキングは、ライバルのSUVが対応してきているためCX-3も負けじと後を追ったという形なのでしょう。

SKYACTIV-G 2.0Lガソリンエンジンの改良

直列4気筒2.0Lガソリンエンジンが若干改良され、出力とトルクが少し向上するようです。

トルクが190Nm台から200Nm台になるとかいうわけではなく、本当に気持ちアップする程度となります。

大幅な走行性能の向上とまではいきませんが、少しはパワーの出方が変わるのではないでしょうか。

レーダークルーズコントロールに機能追加

全車速追従機能が、レーダークルーズコントロールに追加されます。

CX-3以外のモデルチェンジ・マイナーチェンジを控えた車にも、この話がありますからね。CX-3にも当然、全車速追従機能が付いて、高速道路を走るのが楽になるというわけです。

360度ビューモニターが追加される

360度ビューモニターが追加され、安全性が向上します。

この機能は、車両前後左右に備えた四つのカメラを活用して、車両を上から見た映像・フロントの映像・横の映像・後ろの映像をモニターに映し出すことが出来るというものです。

視認性向上に役立ち、車両や人を感知するのに役立ちます。

他にも装備と機能が向上する?

車速連動ドアロックが標準装備されると言われています。

後部座席のドアを間違えて開けてしまうということが無くなるため、安全性がより高まりますねえ。

アームレストもありますし、リヤに力を入れている感じがします。

また、マツダコネクトがAndroid AutoとCarPlayに対応するようです。

スマホ連動ナビとこれらを対応することにより、利便性は更に向上し、機能の自由度も広がって良いことがたくさんありますからねえ。

マツコネは案外不評なので、こういうテコ入れは大歓迎!

SKYACTIV-D 1.8L直4ターボエンジンが搭載される

ディーゼルエンジンの排気量が1.8Lになると言われています。

新規追加というよりも、現行グレードのエンジン排気量を引き上げる形になるんです。

ディーゼルエンジンの性能がパワフルになり、弱点となっていた最高出力が強化されてよりスポーティな走行が可能になります。

ディーゼルも、ガソリンに負けじとスポーティに! トルクは、ガソリンよりも上ですしね。

発売日は?

具体的に何日発売という予定は未定ですが、2018年4月から5月上旬には発表され、6月内には販売開始されると言われています。

2018年3月には現行CX-3のディーゼルエンジンMT仕様の製造が停止しており、ATモデルに関しても在庫販売のみの対応となっているため、近いうちに発売されるはずですよ。

まとめ

CX-3のマイナーチェンジ、今回は大型ですねえ。

ガソリンエンジンの改良と、ディーゼルエンジンの排気量引き上げ、そして数々の装備が追加されるということで期待が高まります。

個人的には安全性能が高くなる点と、ディーゼルの排気量引き上げを評価したいところです。

人気車種のビッグマイナーチェンジ、楽しみですねえ。

近々発売予定ということなので、もうしばらくだけ待ちましょう!

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です