ハイラックスに乗りたいと思った人必見!グレードの選び方や維持費までを徹底解説!

ハイラックスに乗りたいと思った人必見!グレードの選び方や維持費までを徹底解説!

圧倒的な存在感。超個性的なデカい車に憧れを抱く人は多いはず。

中でも、国産メーカーのピックアップトラックであるハイラックスに魅力を感じている方も多いと思います。

ただ、いざ購入を考えるとどのグレードがおすすめなのか、もっと踏み込んで維持費はどれくらいかかるのかも気になる所…。

そこで今回は、そんな不安を吹き飛ばしていくためにも、グレードや維持費についてお話していこうと思います。

他とは違った特別な個性の車を持ちたい!なんて思っている人も是非参考にしていってくださいね。

ハイラックスのグレードは『どう乗る予定なのか』で選ぶべし!

ハイラックスのグレードは『どう乗る予定なのか』で選ぶべし!

そもそも、ハイラックスのグレードは基本的には『X』と『Z』の2つで、特別仕様車に『Z”Black Rally Edition”』と、非常にシンプルなグレード構成をしています。

ただ、はっきりと言ってしまいますが、ハイラックスのグレードにはそれぞれ特徴があり、下のようなイメージを持っておくとグレード選びも比較的楽に考えることができるんですよ。

ハイラックスのXとZ、それぞれのグレードはこうして選ぶべき!

そこでまずは、そんなハイラックスの各グレードの特徴をお話していこうと思います。

ハイラックスのXグレードがおすすめな人の特徴と基本的な装備

ハイラックスのXグレードがおすすめな人の特徴と基本的な装備

『玄人向け』

ハイラックスのXグレードをひとことで表現するならこの言葉がしっくりきます。

というのも、Xグレードは『イマドキの車』の逆を行く形のグレードと言いきれてしまうんですよ。

例えば電子系の装備。

今では安全性を高めるためにと、色々な装備が取り付けられているのは当たり前なんですが、ハイラックスのXグレードは軒並み非搭載になっています。

加えて運転技術がないと悪路走行できなくなっていますし、車内の装備も非常にシンプルで家族のために買おうものなら確実に批評を受けることになるでしょう。

機能的な装備が少ないから”こそ”『壊れにくい車』に昇華する

とは言え、電子系の装備を非搭載されている点は見方を変えると非常に利点となるのも事実。

電子系の装備の数々は確かに安全性や走破性を高めてくれますが、部品が数多くなる上に過酷なシチュエーションでは故障に繋がりやすく、悪路走行時にトラブルに繋がりやすいです。

そう考えると、Xグレードは『どんなシチュエーション・悪路でも必ず帰る』ために、あえて電子系統の装備を非搭載にし、故障をしてもその場で修理しやすくしている、実用性をとにかく重視したグレードと考えることができますね。

とは言え、日本の道路事情を考えるとそこまで過酷な状況でハイラックスを運転する、というシチュエーション自体がそこまでありません。

だからこそ『玄人向け』の競技用(オフロード)のグレードと捉えておくのがベストだと思いますよ。

ハイラックスのZグレードがおすすめな人の特徴と”X”と明確に違うところ

ハイラックスのZグレードがおすすめな人の特徴と”X”と明確に違うところ

そう考えると先ほどのお話した、『Z』グレードが標準グレードとなるという話にも合点がいくはず。

電子系の安全装備や走行性能を高める装備が軒並み搭載されているし、各所に煌びやかなメッキ加飾が施されたことで高級感がグッと増しています。

『X』グレードが”武骨な職人”と表現するなら、『Z』グレードは”垢ぬけた都会派”といったところでしょう・

とは言え、サクッと違いを挙げたが実際にどれほど装備に違いがあるのかは抑えておきたい所。

そこでここからはXとZの装備の違いの中でも特に目を引く部分をまとめてみました。

外装(エクステリア)面で見たXグレードとの違い

ハイラックスのXとZの正面から見た時の印象の違い

先ほど”武骨な職人” ・”垢ぬけた都会派”とそれぞれを表現したが、このように並べるとパッと見ただけでも印象が全く違うことがわかるはず。

https://toyota.jp/pages/contents/hilux/002_p_001/pdf/spec/hilux_equipment_list_201906.pdf?padid=ag341_from_hilux_equipment_list_pdf

(上のURLから装備の違いを見ることも可能です。)

その上で細かい変更点をまとめてしまうと、

  • ブラックだった部分にシルバーの加飾に変更
  • ヘッドライト・フォグランプがLED化
  • ホイールがスチールからアルミへ

といった見た目の変化が大きいですね。

内装面で見たXグレードとの明確な差

加えてステアリングホイールにセンタークラスター、シフトノブにドアトリム…と、内装にもシルバー加飾が施されているのも見ておきたい所。

内装面で豪華になっているステアリングホイールとシフトノブ

特にステアリングホイールやシフトノブは材質から変更されており、本革巻になったことで高級感だけでなく、経年劣化によるべたつきも防いでいます。

そのほかの機能的な装備や車内の印象を高める装備

他にも、細かな部分としてはオートエアコンとなっていたり、全席ワンタッチ式のパワーウインドウになっていたりと車内の快適性が著しく向上しているのも、物を乗せつつ人も乗せることに注目した結果と言えるでしょう。

Zグレードは『誰でも悪路走行できる』のも魅力の1つ

ハイラックスの悪路走行のイメージ

加えて、悪路走行性能がグレードアップしている点も注目しておきたい所。

Xグレードでは非搭載だった、『アクティブトラクションコントロール』が搭載したことで、悪路走行時の操舵性、走行安定性が高まっており、『ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御』は降板時の車速を一定の低速度に保ってくれるため、安定した走行がしやすくなっています。

早い話、誰でも悪路走行・路面凍結を走行する時に安定した運転をすることができるワケですね。

ハイラックスの特別仕様車『Z”Black Rally Edition”』はここで選べ!

そんなZグレードがベース車両となったZ”Black Rally Edition”の大きな変更点としては、専用意匠の装備が搭載され、シルバー加飾だった点がブラックに統一されているだけ。

とは言え、より武骨な印象を受ける仕様になっているのは非常に魅力的ですよね。

その中でも特に注目したい点としては、主に外装(エクステリア)の正面と足回りの加飾。

ハイラックスの特別仕様車『Z”Black Rally Edition”』

フロントグリルやバンパーが専用意匠の物に変更され、オーバーフェンダーにホワイトレタータイヤと、より見た目がいかつくなっているのは、個人的には高評価。

元々圧倒的な存在感があったハイラックスが、さらに存在感のある姿になっています。

とは言え、ベース車両と比べて20万円弱の価格差があるので、新車ではなかなか手を伸ばしにくいグレードとも言えそうです。

ハイラックスの維持費ってどれくらい?

ハイラックスの維持費ってどれくらい?

さて、ここまでハイラックスの各グレードのイメージや装備の違いといったところまで見てみて、より魅力を感じた人も多いはず。

ただ、少し待ってほしい。

いくら圧倒的な存在感で所有者の承認欲求を満たしてくれるとは言え、あのデカいハイラックスを維持することを考えると、本当に購入しても大丈夫か、維持費は大変じゃないのかといった不安も出てくると思います。

そこで最後にハイラックスの年間の維持費についても軽く触れておきましょう。

年間20万円。ここを払えるかどうかがギリギリのラインだと考えろ

結論から言うと、ハイラックスを維持するだけなら最低でも20万円。

これに月極駐車場代などの諸費用が掛かることも踏まえると、人によってはもう少しラインが高くなる場合もあります。

というのも実はハイラックスは1ナンバー登録、つまり便宜上は『貨物車(トラック)』扱いとなるため、毎年車検を受ける必要がある上に6ヵ月ごとの定期点検が必要なんですよね。

加えて貨物車登録になることで普通車よりも任意保険が高額となります。

ただ、似たような車種であるランクルプラドと比較すると、だいたい3~4万円弱の差があるため、少しだけ安いと判断することも可能ですね。

ハイラックスの維持費を少しでも安くしたいなら

また、そんなハイラックスの維持費はちょっと手間がかかるが、自分でメンテナンスを行っていくことで維持費を安く抑えることができます。

中でも特におすすめなのが、以下の2つの方法です。

オイル交換とアドブルー交換は自分でできるようになっておけ

まず一つ目は5,000kmごとのオイルとアドブルーの交換は最低自分でできるようになっておくこと。

ハイラックスは車高が高くジャッキアップをせずに車の下に潜り込むことができるので比較的簡単にできる上に、アドブルーは単純に補充するだけで済みます。

ユーザー車検も検討すること

そして維持費の中でも大きな割合を占める車検代金。

特にハイラックスは毎年車検する必要があるため、毎回整備工場にもっていくとその負担は増すばかりです。

だからこそ、メンテナンスを定期的に行いつつ陸運局に持ち込んで車検を受けられる、ユーザー車検を活用することで外注するよりも維持費を安く済ませることも考えておくようにしましょう。

総評

ハイラックスのグレードは3つと非常にシンプルですが、その分グレードごとの装備の違いは明確に表れています。

とは言え、日本で運転する分には基本的に『Zグレード』一択と考えておけば、ハイラックスのグレード選びで失敗することはなさそうですね。

滅多に見かけることがない圧倒的な個性を求めているのであれば、ハイラックスという選択肢は確実に車乗りの世界が広がり、楽しくなることは間違いないでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です