【見積書公開】ヴェゼルHV値引きレポート。限界値引きはいくら?

SUVといえばゴツいガソリン車かディーゼル車というイメージだったこの分野に、街中で使われることを意識したエクステリアに加えてハイブリッドの先進性も持ち込んで好評なホンダ・ヴェゼルHV。

SUVでありながら販売の大多数がハイブリッドだというその理由を知るために、ホンダのディーラーに出かけてきました。

事前に多少の知識を仕入れて出かけたのですが、私の理解としては、「走り」がよくて日常的な実用性でも引けを取らないSUVというイメージのクルマでした。

フィットをベースにしているとはいいながらも、車幅がずいぶんと広くなっていますし、仕様的にはフィットと同1500CCエンジンにスポーツハイブリッドでフィットと同じシステムではあるものの、同じ1500CCでもヴェゼルではガソリンの直噴になり、152馬力で2000CCクラスを実現していることが大きな違いになっているようです。

それによって1500CCとは思えない軽やかな走りが実現されていることと、ハイブリッド用バッテリーにはコストのかかるリチウムイオンが使われているために、軽量化とより多くの電気をためられることにる最高出力のアップがメリットとなっているようです。

それと「デュアルクラッチトランスミッション」と呼ばれるホンダが新開発したミッションはマニュアルの良いところと、オートマの良いところをいいところ取りをしてスムーズにパワーが出せるようにした「スポーツハイブリッド」と呼ばれるもので、ただ燃費だけが良いだけでなく、ストレスのない走りも同時に実現していることが評価されているようです。

確かに現物を前にすると、まずは小振りながらもワクワクさせてくれるデザインに見惚れてしまいます。

交渉へ行く前に、ヴェゼルHVを知ろう

ヴェゼルHVを購入するということは、セールスマンと会話をするということ。当然、値引き交渉する相手は商談のプロです。なにも知らない状態で、ディーラーへ行くと値引きはおろか、余計にオプション付けられてしまうような気がしませんか?

そこで、ここでは事前に知っておくと良いことを3つ紹介します。

紹介するのは、以下の内容。

  • ヴェゼルHVの値引き相場
  • ヴェゼルHVの競合車種
  • ヴェゼルHVの納期について

早速、値引き相場についてですが、車両値引きで10万~15万が相馬のようです。これ以上の値引きとなると、何回か出直して値引きを粘る必要がありそうですね。

最低でも10万を値引き目標額にして、商談していきましょう。

続いて競合車種についてですが、エンジン的にも価格的にも、マツダCX-3がライバル車に挙げられています。

価格で比較するとCX-3が237万、ヴェゼルHVが227万と10万円の差があるので「ヴェゼルでこんなにお金がかかるなら、CX-3にした方がいいのかな」なんて悩んでいるところをアピールするのも、1つの技ではないでしょうか。

最後に納期についてですが、こちらは1か月から2か月で納車されているという報告が一番多いです。SUVの中では比較的早い納車になっています。

ただ、こればかりはどうしても時期が絡んできますので、ライバル車と納期を比較しながら交渉するのも値引きに繋がるかもしれません。

デーラーへGO


ホンダヴェゼルHV外観

フィットがベースとは思えない存在感。

SUVとはいいながら、リアドアが無いクーペであるかのような錯覚さえ覚えさせるデザインがヴェゼルの大きな特徴になっています。

車体長の短さもあって、街中の取り回しも楽そう。小気味よく走り回るイメージですね。

ホンダヴェゼルHVフロントリア外観

デザインひとつで印象が変わるところは見事なところ。

フィットがベースとは言え、車幅が1770mmもあるせいか、後ろから見ると車高の高さを感じさせませんが、これでも1600mmあるので、見た目以上の室内空間が作り出されています。

最初は気が付かなったのですが、ガソリン車とは違ってハイブリッド車では導光ストライプの仕様になっているんですね。こんな部分でも他のSUVとは違った個性を感じさせてくれます。

フロント部は最近のホンダ車のデザインとして通じるところがあります。

ガソリン車とは違って黒いフロントグリルがハイブリッド車であることの違いを表現しています。

立ち会ってくれたセールスマンとの会話を交えて説明します。

iFTig編集部
こんなクルマだと、運転するのが楽しそうですよね。
営業担当者
フレームは人の空間を維持する衝撃吸収ボディになっていますし、ホンダも安全性能については強いこだわりを持っているんです。よくCMで壁に衝突させるというのをやっていますけど、日本のメーカーの中で、そんな施設を自前で持っているのはホンダだけなんです。この商品開発をするときも自社の工場でそんなテストを行って作られていて、安全についてホンダは凄い力を入れているんです。

内装に関して

ホンダヴェゼルHV運転席内装前席

運転席は通常のセダンよりも100mmほど視点を高くして見晴らしのよさと低重心を両立させたデザインになっています。

スポーツタイプSUVには必須なクルマとの一体感を感じさせる雰囲気がいいですね。

iFTig編集部
やっぱり、車体がガッチリしていますね。中はCX3より全然広いみたいだし。メーターの横には何が出るんですか?
営業担当者
これはインフォメーションディスプレイなんですが、選んでいただくことで、様々な情報が表示されるようになっています。例えば走っている最中でも交通標識をカメラで認識して、「ここの道は40キロ区間です」とか。あとはクルマをエンジンで回しているのか、モーターで回しているのかとか、燃費とか、表示が変えられます。

ハイブリッド車であるだけにメーターのレイアウトはシンプルなもの。

中央に速度計、向かって左にシフトポジションとパワーメーター、右にハイブリッドシステムの作動状況を表示するディスプレイが配置されています。

エコ運転をサポートするためのペダルの踏み込み量を示してくれるグラフィック表示までされるようになっています。

未来的なマルチインフォメーションディスプレイでは様々な情報をグラフィカルにリアルタイムで表示してくれます。

ナビと連動して曲がる交差点、車線、方向を示してくれるので最低限の視線移動で済み、いちいちナビ画面を見る必要がありません。

シフトセレクターの根元付近にある「SPORT」ボタンを押すと、青かったメーターの縁取りが赤くなり、ハイブリッドシステムの作動状況を表示していたディスプレイが回転計に変わり、エンジンパワーがメインとなるスポーティなクルマへと変貌します。

ホンダ特有のエンジンの音と共に、ハイブリッドによるパワーも堪能させてくれて、視覚と聴覚を同時に刺激して「興奮度」を掻き立ててくれるスペックになっています。

iFTig編集部
最近のクルマはこんなものまで付いているんですね。それとやっぱり座面が高いといいですね。乗っていますという感じがして。
営業担当者
手元の「SPORT」ボタンを押してもらうとスポーツモードになるので、レスポンスが良くなるんです。強制でモーターとエンジンが回るので、峠とか高速で追い越しとかっていうときにはいいですね。それとヴェゼルは電子パーキングになるので、その「P」を押して頂くことでセットされます。ホンダでが電子パーキングがあるのが普通になっています。
ホンダヴェゼルHVナビ周り前席

運転席と助手席が完全に分離しているセンターコンソール部はクリアブラックに塗装されていて質感も高いもの。

シフトセレクターの形も独特の形状でパーキングも今や電子式のものが装備されています。これにはコンソール位置が高くなるためにサイドブレーキとの相性が割ることも理由としてあるとのこと。

エアコンのスイッチ類も今や流行りの静電式タッチパネルになっています。コンソールの下には小物を置けるスペースと共にUSB端子なども備わっています。

ガソリン車との大きな違いとなっているセンターコンソール部。ピアノブラック調の仕上でなかなか高級感あふれるいい感じ。このクラスのクルマとしては珍しい電子式パーキングプレーキも全グレード共通で、こんな最先端の装備が備わっているところも嬉しくなってしまいます。

最近の多くの高級車のように、もとの樹脂パーツがソフトラバーで覆われたインテリアが暖かな雰囲気を出しすのに役立っています。

横に広がったエアコンの吹き出し口が目立ちます。

室内色はこのブラック系の他に、インパネ部やひじ掛け部が明るいブラウンやアイボリーになったタイプも選択できます。

ホンダヴェゼルHV後席ラゲッジスペース内装

外観からは想像のつかないほど広くてユッタリした後部座席。小型SUVとしては広い足元スペースも確保されています。

ハイブリッド「Z」には合成皮革とファブリック製のコンビシートが標準装備となっており、本革シートはオプションで設定可能です。

ただリクライニングは出来ないところは要注意。

SUVとしての重要な要素であるカーゴスペースも十分に確保されています。車輪の張り出しが殆どないこともあって、空間を有効に使いこなせます。

ミニバンとまではいかないまでも小型SUVとしてはユーティリティの高いことも好評な理由のひとつでしょう。

iFTig編集部
このハイブリッド、なかなかお買い得ですね。
営業担当者
これは都市型ではあるんですが、タイヤさえ変えてもらったら雪道とかは平気で走れるんですよね。ただ基本的にリアルタイム4WDで生活四駆なので、基本が前輪駆動で、前がスリップしたときに後ろがフォローするというタイプなんです。ヴェゼルの場合は電子制御なので、FFでもスタッドレスを履いていれば普通の雪の日とかは全然問題なく走って頂けますね。

ここにあるのもFFですが、これが現在の主力になっています。普通に走っている分にはスピンしそうになったら戻してくれるっていうVSAっていうのも効果的ですので、FFであっても、ある程度は雪道でも強さはあるんで。

ハイブリッドorガソリン?

iFTig編集部
ハイブリッドの「Z」だと、ガソリン車ではどのグレードと同じになるんですか?
営業担当者
「Z」に相当するのがないんです。ガソリンだと「X」か「RS」になっちゃうので。
iFTig編集部
じゃあ「X」だと250万円で、四駆だと270万円だから、40万円ぐらい違うということだ。
営業担当者
「X」がカタログ燃費で26 km/Lだから実燃費だと16~17 km/Lぐらい。今、うちの試乗車で大体16 km/Lぐらいで走っているので、若干もうちょっといくかな、と思うんですけど。やっぱり6、7掛けにはなってしまうので。
iFTig編集部
じゃあ12 km/Lぐらいで5 km違う。5kmで40万円の違いで、免税分入れても30万円ぐらいだから、まあまあ悪くはないですね。メリットはやっぱり燃費で? それ以外は?
営業担当者
SUVとなると大きい、燃費が悪いというイメージが強いんです。それと女性にも結構SUVが好きな人多いんですが、ヴェゼルはやっぱり女性でも乗れるSUVなので買うお客様の層が広がったっていうのと、やはり今ハイブリッドって注目を受けていますから、これがすごく人気なんです。

一度車高が高いクルマに乗ってしまうと、乗りやすさにもすぐ慣れますし、ヴェゼルに至っては男性から女性とか、あとはある程度年配の男性とかでも好まれる方が結構多いんです。だからトータル的に言えばやっぱハイブリッドのほうが売れるんですね。

iFTig編集部
金額を見るとちょっと魅力的ですね。CX3とかとの比較されたときの違いはどんなところになるんですか?
営業担当者
やっぱりお客さんが一番言われるのは内装の質感が全然違うというところで、ヴェゼルのほうが優っていると言われます。

CX-3だとヴェゼルのハイブリッドと価格がほぼ変わらないこともありますし。それと正直な話、昔はマツダさんってすごい値引くメーカーさんだったんで、うちは大体勝てなかったんですよ。でもクリーンディーゼルになってから強気なんで、「もし買うんだったらこの値段ですよ」っていう感じらしいんです。

iFTig編集部
初見で出してくる金額って結構印象が大きいから、それによって話の進め方も変わってくることもありますしね。
営業担当者
トヨタさんには正直言って勝てないです。もう、最初の一声で30~40万円とかやってくるんで、もうそれをやられるとホンダ車では対抗できないんで。どれにしようか「迷っている」って言うと、迷ったらトヨタ買っとけば間違いないです、って。やっぱりみんな言いますもの。
iFTig編集部
確かに安心感はありますね。私も今まで日産、スズキ、トヨタって乗ってきましたけど、正直なところ1番安心感があります。

 

 

値引きについて

iFTig編集部
実際買うときに、また交渉することになると思うんですけど、大体いくらぐらい値引ききくんですか。
営業担当者
ハイブリッドで、結構オプションとかも付けて、それで10万円程度ですね。要はうちの社員のそれぞれが基本の枠を持っているんですが、その金額でそれぐらいなので、トヨタさんみたいに最初から「ドカーン!」っていうのはどうしてもホンダには出来ないんです。
iFTig編集部
まあまあ、それはあると思います。
営業担当者
だから、ある程度ご予算もあるので、ちょっと話をしていきながら。最終で交渉させていただくことになると思いますので、ヴェゼルではやっぱり10万円ぐらいが現時点で出せる限界ということになるんです。あとはやっぱうまく決算期とかを利用したり、チラシとかでもキャンペーンしているナビプレゼントとか、そういうのをうまく使いながらやれば、あと多少は何とか。
iFTig編集部
こういう時期だとなかなか。
営業担当者
もともとヴェゼルが売れていることもありますし、どうしても値引きは厳しいですね。
営業担当者
自動運転とかはあんまりご興味はありませんか?
iFTig編集部
ないですね。運転はやっぱり自分でしたいし、まだ任せるのが怖いですよね。トヨタなんかもそうですけど、自動ブレーキとかも絶対じゃないから。「絶対じゃないから実験しないでくれ」とか、「あてにしないでくれ」ってお守り感覚で10何万円も出すなんかもったいないじゃないかって。ちょっと自分は実験台になりたくないというところですね。本当はスバルみたいに「実験してもいいですよ」とか言うんだったら安心して乗れますけど、「実験はやめてください」とか言われると、逆に不安煽ってるみたいな感じで。
営業担当者
でも自動ブレーキの市場は今急速に伸びていますし。
iFTig編集部
もうちょっと待てば多分、確固たるものになると思うんで、それまではちょっと待とうと思います。
営業担当者
私の知っている情報だと、ホンダと日産の自動運転を研究しているところが実はコンチネンタルという同じ会社なんですよ。それで今は衛星で1cmまで測定できるらしいんです。後は国の認可が下りてゴーサインが出れば、すぐにでも行けるんですけど、それは難しいんですって。保険会社と国って繋がっているんじゃないですか。保険がどうなるんだとか、警察とも繋がっているので、そこまでうまくいかないので。
iFTig編集部
結局、それで事故が起こっちゃったら保険会社が大損しちゃいますからね。保険会社にしてみれば利益はある程度確保しておきたいでしょうし。
営業担当者
そそこが一番の問題って言っていましたね。だから小出しにしていって大っぴらに出来ないですって。
iFTig編集部
やっぱりもうちょっと見極めるべきですね。

見積書公開

ヴェゼルHV見積書

最終的に出してもらった見積書です。ホンダセンシングという安全装備も含まれた価格になっています。

追加でエクステリアパーツやナビも加えてもらったので、オプション価格が高めになっていますが、それでもハイブリッドSUVがこのくらいの価格で手に入ります。

【商品名】 VEZEL FF
【タイプ】H Z SEN
【ミッション】MAT
【オプション】パワーシート
【型式】 DAA-RU3  5ドア 1,500CC
【車体色】クリスタルブラックP
【内装色】ブラック

お支払い現金合計 車両販売価格 ④ 諸費用合計 ⑤
3,314,192円 3,140,448円 173,744円

(内現金)                                            3,348,072円

車両本体価格 ① 2,756,400円
      ②
車両店頭引渡価格 ①-② 2,756,400円
付属品計 ③ 384,048円
車両販売価格 ④ (①-②+③) 3,140,448円
諸費用合計 ⑤ (⑨+⑪+⑬+⑭) 173,744円
合計 ⑥ 3,314,192円
内消費税等合計 (④+⑪ X 8%) 237,602円

 諸費用明細 ⑤

自動車税(10月~3月) 14,300円
取得税 0円
重量税 0円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
任意保険料
印紙代 200円
計 ⑨ 54,540円
販売諸費用 消費税等込
車庫証明代行費用 0円
検査登録届出代行費用 23,760円
納車費用 0円
リサイクル資金管理料金 ⑩ 380円
希望ナンバー 11,664円
計 ⑪ 35,804円
非課税
預り法定費用(車庫証明) 0円
      (検査・登録・届出) 6,100円
リサイクル預託金合計 ⑫ 12,850円
計 ⑬ 18,950円
諸費用合計⑤=(⑨+⑪+⑬+⑭) 173,744円

 付属品明細(消費税等込)

グラスコート 70,200円
ライセンスFキット
フロアマットプレミ 42,984
ドアバイザー 23,328
RRバンパーG 20,844
フォグライトG 27,000円
フロントグリル 40,176円
ETCセットアップ 3,240円
カンゲンワリビキ -540円
ナビ174VFI 142,992円
ナビATT 2,160円
付属品計 ③  384,048円
点検パック 51,450円
延長保証マモル 13,000円
計 ⑭ 64,450円

 リサイクル法関連費用

リサイクル預託金額(シュレッダーダスト料金) 8,800円
         (エアバッグ料金) 2,010円
         (フロン類料金) 1,910円
         (情報管理料金) 130円
合計 ⑫ 12,850円
資金管理料金(消費税等込) ⑩ 380円
合計 13,230円

まとめ

普段は町中をユッタリと余裕をもって走り回り、峠や高速道路ではスポーティに、そして小気味よく走ってみたいという「走り屋」の欲望を叶えてくれるクルマ。

しかも最新技術も取り入れられ、燃費的にも満足の行く結果を出すという、そんないくつもの贅沢な望みを同時にかなえてくれるのですから、売れないはずはありません。

この語似たようなクルマも出てくるのでしょうが、その際でも十分評価するに値する1台だと思います。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です