【見積書公開】ヴェゼル値引きレポート。ディーラーで交渉してみた

ミニバン全盛の世の中で、自分が気に入ったクルマを思いのままに乗り回したいと思っている人たちも多いのではないでしょうか。

最近では趣味性の高いクルマが少なくなってしまった中で、このホンダ・ヴェゼルは貴重な存在として独特の存在感を放っています。

見積もり結果

ヴェゼル見積書

いきなりですが見積もり結果を先に紹介します。

車両価格で266万円に諸経費で25万円。

試乗車に付いていたエアロパーツを全て含めてもらったのでこの価格になりましたが、これを外せば随分とお買い得な価格だと思います。

【商品名】 VEZEL FF
【タイプ】X
【ミッション】MAT
【オプション】ナビSパケ
【型式】 DBA-RU1  5ドア 1,500CC
【車体色】ルナシルバーM
【内装色】ブラック

お支払い現金合計 車両販売価格 ④ 諸費用合計 ⑤
2,910,612円 2,657,828円 252,784円

(内現金)                                            2,910,612円

車両本体価格 ① 2,093,200円
▲      ② 50,000円
車両店頭引渡価格 ①-② 2,043,200円
付属品計 ③ 614,628円
車両販売価格 ④ (①-②+③) 2,657,828円
諸費用合計 ⑤ (⑨+⑪+⑬+⑭) 252,784円
合計 ⑥ 2,910,612円
内消費税等合計 (④+⑪ X 8%) 200,768円

諸費用明細 ⑤

自動車税(9月~3月) 17,200円
取得税 40,100円
重量税 16,800円
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
任意保険料
印紙代 200円
計 ⑨ 114,340円
販売諸費用 消費税等込
車庫証明代行費用 16,740円
検査登録届出代行費用 23,760円
納車費用 0円
リサイクル資金管理料金 ⑩ 380円
希望ナンバー 11,664円
計 ⑪ 52,544円
非課税
預り法定費用(車庫証明) 2,500円
      (検査・登録・届出) 6,100円
リサイクル預託金合計 ⑫ 12,850円
計 ⑬ 21,450円
諸費用合計⑤=(⑨+⑪+⑬+⑭) 252,784円

付属品明細(消費税等込)

ETCセットアップ 3,240円
カンゲンワリビキ -540円
フォグライトG 17,280円
ライセンスフレーム 4,752円
ライセンスフレーム 4,752円
フロントグリル 34,560円
Sロアガーニッシュ 49,032円
EXPKGセットA 51,624円
テールGスポイラー 40,716円
LEGフォグ 63,720円
RRガ-ニッシュ 22,032円
フロアマットスタンタ 28,944円
ラゲッジトレイ 14,040円
SステップGARN  40,068円
セレクトノブ 11,772円
ドライブレコーダー  31,104円
ナビ175VFI  172,044円
ナビATT  2,160円
ドアバイザー-  23,328円
付属品計 ③  614,628円
点検パック 51,450円
延長保証マモル 13,000円
計 ⑭ 64,450円

リサイクル法関連費用

リサイクル預託金額(シュレッダーダスト料金) 8,800円
         (エアバッグ料金) 2,010円
         (フロン類料金) 1,910円
         (情報管理料金) 130円
合計 ⑫ 12,850円
資金管理料金(消費税等込) ⑩ 380円
合計 13,230円

以降、商談する前に知っておくことや、実際の見積もりの様子などを紹介しているのでご覧ください。

商談する前に知っておこう

皆さんは商談する際に、何か調べてから行っていますか?ここでは、値引き交渉する時に最低限知っておいてほしいことを3つ紹介します。

それは

  • ヴェゼルの値引き相場
  • ヴェゼルの競合車種
  • ヴェゼルの納期について

以上の3ポイント。

早速1番の値引き相場ですが、車両値引きで10万~15万という口コミが多いです。

ただ、20万値引きが実現したという報告もありますので、時期や高所次第ではもっと値引きしてもらえるのかもしれません。ただ値引き目標額としては、とりあえず10万を目指して交渉していくことが大切になってくるでしょう。

2番目の競合車種についてですが、マツダのCX-3などが挙げられます。

新車価格で比較してみると、CX-3は237万円。ヴェゼルが192万円スタートとなっているので、40万近くCX-3が高いです。

このポイントを上手く使って、「この値段だったら、もうちょっと奮発してCX-3買った方が良いのかなあ」なんて言ってみるのも面白いかもしれません。

最後に3番目の納期についてです。1か月~2か月程度だという報告が多いですね。

これについても、時期は非常に感消してきますが、「2か月はかかるのかなあ」と考えていたほうが良いです。あまりにも長い納車期間だったら、値引きに付け込んじゃいましょう!

ディーラー到着、実車確認

ホンダ

そしてやっと実現したホンダカーズ訪問。
普段街中では見かけるものの、実際に触れてみたことが無かった自分にとっては実に楽しいひと時になりました。

内外装とやり取りを紹介!

iFTig編集部
今ヴェゼルはSUVの販売台数が一位なんですよね。凄いですね。
営業担当者
2年連続でなんです。
ホンダヴェゼルフロントリア外観

一番目立つフロントマスクはクルマの個性を決める重要な部分です。

ヴェゼルもオデッセイやレジェンドにも通じる、最近のホンダ車によく見られるデザインになっています。ホンダの場合、「ソリッドウイングフェイス」といって、大体似たような感じにしてきているそうです。

今トヨタが一緒にしているのと同じで、パッと見ホンダだと分かるような外見になっているとのこと。

リアに注目すると、後部にかけて大きくうねって流れるラインが特徴的。このクルマの性格を表すような躍動感を感じさせてくれています。

一見すると後部ドアのハンドルが見えないような処理がされていることによってクーペのようにスポーティに見せているのも、このクルマの大きな特徴になっています。

小振りながらも小気味よさを感じさせるSUVらしさ一杯のデザインですね。ここで1つセールスマンとの会話を紹介します。

iFTig編集部
このクルマだと運転するのが楽しそうですね。
営業担当者
ヴェゼルは基本的にフィットをベースとしてのSUVなんです。それをちょっとワイドにして、シートアレンジもフィットの使い勝手を引き継いでいて、フルフラットになったり、チルトアップ機能があったり、ホンダ特有のセンタータンクレイアウトによってそんなことを実現しているんです。

荷物容量もフル乗車時でも約400リッターありますし。サイズ的に競合すると言えばCX-3とかになりますね。ただ日産のジュークよりは大きいので広さもありますし、このコンセプト自体がミニバンの収納力と、あとSUVの運転感とクーペのユーティリティを入れたものになっています。

敢えてハイコンフォールにしてコックピットに座っているような形のものにして、運転席と助手席の空間を敢えて分けているとか。

まさに、街乗り様として『丁度いい大きさ』です。

室内に関して

ホンダヴェゼル運転席周り内装

助手席とは完全に分離した運転席はタイト感があるスポーツ感覚あふれるもの。

写真では分りにくいものの、サイドミラーも大型でSUVらしいものが使われています。グレードによっては明るい茶色の内装パネルが選べるタイプもあります。

シンプルなメーター類はアナログタイプ。左にタコメーター、右側には燃料計を始めエアコン情報が表示されています。

ホンダヴェゼルナビ周り内装

インパネの上部やセンターコンソールのサイドにはソフトパッドで覆われており、このクラスのクルマとしては満足いく質感を感じさせてくれます。

エアコン操作は静電式のタッチパネルで最近の流行に沿ったもの。センターコンソール部には2個のUSB端子やHDMI端子も備えられていて、機能的にも満足の行く仕様になっています。

助手席の前にもソフトパッドが多用されていることでプラスチック感が払しょくされているところは嬉しいところ。

ホンダヴェゼル内装後席ラゲッジスペース

ホンダご自慢のセンタータンクレイアウトの効果によって、後席の足もとのスペースも十分に確保されています。

SUVらしく、後席をフルフラットに出来たり、跳ね上げられたり、空間を自由に使い分けられるのも、このクルマの大きなメリットになっています。

ユーティリティの高さを示す広いカーゴスペース。

セカンドシートを折り畳めば長尺モノでも積めてしまうのはSUVとしては重要なスペックですが、フロアが低くて高さ方向にも余裕あるサイズになっています。

これもフィットがベースとなるセンタータンクレイアウトのお陰とのこと。後席を倒してしまえばフルフラット状態になり、使い勝手の良さは抜群です。

iFTig編集部
室内は結構広いですね。CX-3と比べるとヴェゼルのここがいいっていうのは何があるんですか?
営業担当者
圧倒的に室内が広いですね。CX-3は私も乗ったことがあるんでけど、後ろの席が非常に狭くて、例えば4人で出かけるようなことは厳しいかなと思います。
iFTig編集部
確かに、これだけあれば別に窮屈じゃないですね。
営業担当者
後は価格差ですね。CX-3だとハイブリッドよりもちょっと高いぐらいになってきますので、ガソリン車同士だとたぶん比べ物にならないくらいに。

大きなテールゲートスポイラーがこのクルマ独自の雰囲気を盛り上げます。

空力的だけでなく、スポーティさを感じさせるデザインが嬉しくなってしまう部分ですね。

営業担当者
このガソリン車だと結構アフターパーツがついているんです。モヂューロっていうホンダが関係しているものになります。
iFTig編集部
これを付けると幾らぐらい変わるんですか?
営業担当者
前と後ろも付いているので、全部で25万円ぐらいですね。

25万円だすと、エアロパーツが追加され、もっとかっこいいデザインになっています。

ガソリンとハイブリッドどっちがいいの?

ヴェゼルにはハイブリッド車もあるため、ガソリン車で良いか迷ってしまいますよね。

インターネットでどちらが良いのか調べて見ても、信憑性が無い情報ばかりです。今回はこの悩みを解決するためにも、しっかりと聞いてきました。会話形式でご覧ください。

iFTig編集部
ガソリン車とハイブリッド車って、どっちが人気で売れているんですか?
営業担当者
売れている比率でいえばだいたい7:3くらいでハイブリッドですね。
iFTig編集部
なんでこんなにガソリン車が無いのかと思って。そんなに売れていないのか、もしくは売りたくないのかなと思って。ハイブリッドとガソリンだと、燃費でどのくらい違うんですか?
営業担当者
やっぱり時代の流れなんですよね。カタログ上の燃費だと5km/Lぐらいの違いなんですけど、実際にお客様が乗り比べてみると3~4km/Lぐらいですね。
iFTig編集部
たったそれだけなら逆にガソリンでもいいな。それで価格差はどのくらいあるんですか?
営業担当者
40万円位ですね。
iFTig編集部
40万円で3km/Lというと全然ペイできないですね。40万円も違ってもハイブリッドを買う人ってやっぱり音の静かさとかステータスとかを求めて買うんですか?
営業担当者
ステータスですね。あとは乗り比べて頂くと、ハイブリッドに乗った時の感じがどうしても違うんですよね。

価格差でペイできないんだったら、正直ガソリン車でいいですよね。それ以外に何かハイブリッドを選ぶ理由が無いのであれば、ガソリン車の検討で間違いないと思います。

ハイブリッドと装備の違いは?

営業担当者
最近「RS」というタイプが出たんですが、これが出たことによってガソリン車も一番下のクラスであってもシートがファブリックのものになってしまうんですね。

ハイブリッドの装備と比べると、意外とお客様が欲しい装備はハイブリッドには最初から付いていて、ガソリン車だと後付けできない装備というのがあるんですよ。なので、そこを見比べて頂くと、「そしたらやっぱりこっちかな」っていう風になる方が多いです。

iFTig編集部
付けられなくなる装備って何ですか?
営業担当者
まずシートですね。あとはこのヘッドライトがハロゲンかLEDかというところになります。これを気にされる方が凄く多いんです。後はハンドルが本革なんですけど、その感触ですね。装備の質感を非常に気にされる方もいますし。

正直見た目は全然変わらないので、ガソリン車で十分だと感じました。

見積もりと値引きについて

いよいよ本題の値引き交渉についてです。商談はどんなものだったのか、実際のお話を会話形式で紹介していきます。

iFTig編集部
実際に買うとなった時にホンダってあまり値引かないじゃないですか。企業努力で大分価格を下げているというのが売りだから。

私、ちょっと悪趣味かもしれないけど、いろんなところに行ってみるんです。出来るだけ色んなセールスマンと話をしてみたいんで、いろんなところに行って話を聞くんです。ホンダもここで4件目で。

営業担当者
実際話してみてどうでした?
iFTig編集部
ホンダのセールスマンってみんなクルマに詳しい方が多いですね。トヨタとかに行っても、結構知識のない人が多かったりするんです。例えば「他の車種と同じレベルの車種と比べて、何がこのクルマの売りなんですか?」って聞いても答えられないんですよ。

勿論どこのホンダさんに行っても値引きの話はするんですけど、この価格自体が企業努力をして出しているものなので、これ以上車体で下げるのはちょっと難しいですと言われるところばかりですね。聞いても5万円から10万円、良くても15万円というところで提示されるんですけど。

営業担当者
本当に悔しいぐらいなんです。我々も最初のころは「なんでこんなに値引きできないのか」とか思って色々と調べたんですけど、それである程度分かってきて、原価がいくら、それにマージンをどのくらい頂いてって計算していくと致し方が無いところなんです。

それを知ってからは、お客様には納得いただくのは難しいんですけど、そうでないところで満足して頂いて買っていただくように努めてはいるんですけど。

 

iFTig編集部
最初からあんまり下げられちゃっても、いざ下取りに出す時に値崩れされても困るんで。日産のセレナとかトヨタのクルマみたいに、最初から20~30万円平気で引いてきて、買う時はいいんですけど、いざ売るときに値段があまりつかないと困っちゃうんですよ。
営業担当者
下取りのことまで見るとそうですね。
iFTig編集部
ヴェゼルを買うとなると3~5年で乗り換える可能性が高いので、その時に売れなかったら嫌じゃないですか。

それで普通、どのくらいの値引きだったら行けそうな感じですか? 本当に買う時は、もっといろいろと話をさせてもらいながら削れるところは削ったりはすると思うんですけど、今日はまだ一回目なので。

営業担当者
そうですね。時期にもよるんですけど、年末とかセールがあるじゃないですか。

その時であれば5~10万円位であれば何とかなりそうに思います。あと3月の決算期とか。登録する都合もあるので、2月頃には本格的に選び始めて、3月になれば本当に決めて頂けるという状態であれば、おそらく15万円とか。

iFTig編集部
狙える?
営業担当者
狙えるクルマが出てくるんじゃないかと思います。ただ自分の好みのタイプのクルマを選ぶとなれば、2月の中旬ころですね。それ以降になっちゃうと、どんどん無くなって行くので、やはり2月中旬が一番の狙い時になります。現時点では5万円で何とか。
iFTig編集部
ホンダさんはちゃんとどの車種で、違うとこで見積もり出しても、みんな多くても10万円ですね。大体。そのスタンスはちゃんと守られているんですね。

以上が交渉の現場になります。1社だけ20万円とか30万円とかあったりすると私も不安に思うのですが、みんながみんなちゃんと同じことを言っているようで安心しました。見積もり結果は上に公開していますので、ご覧ください。

まとめ

コンパクトながらSUVらしさは損なわれていないヴェゼルが良く売れている理由が良く分かりました。

街中が中心になるとはいえ、こうして違った雰囲気のクルマに乗ってみるのもオシャレでいい感じですね。女性に人気があるというのも良く理解できます。

トヨタが新しく発売するというCHRとも見比べて決めようと思いますが、ユーティリティの優秀さだけは、このヴェゼルには敵わないのではないでしょうか。いずれにせよ近々比較してみるのを楽しみに待っているところです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です