日産 新型ティアナのフルモデルチェンジ情報まとめ! 発売日はいつだ?

新型ティアナフルモデルチェンジ情報

日産のローレルやセフィートという、一世を風靡した車種の後継車として生まれたティアナ。

その重責を負いながら世界各地で販売されている、大人っぽい雰囲気が特徴的な車です。自宅のような安心感と居心地も人気の理由。

そんなティアナは現行3代目、マイナーチェンジが行われることなく、フルモデルチェンジされるという情報があります。

段階を飛ばしていきなりフルモデルチェンジということにびっくりしてしまいますが、どうなるかが気になりますよねえ。

そこで、現在予想されている新型ティアナなどの情報などを紹介しましょう。

日産ティアナをおさらいしてみよう

フルモデルチェンジ情報を語る前に、まずは現行型の日産ティアナをおさらいしたいと思います。

グレード設定や価格、性能や装備などを簡単に少しずつ見ていきましょう。これを知れば、フルモデルチェンジ後の姿も見えやすくなるかも?

グレード設定と価格

グレード名 価格
ティアナXE 2,563,920円
ティアナXL 2,896,560円
ティアナXLナビAVMパッケージ 3,213,000円
ティアナXVナビAVMパッケージ 3,513,240円

最低価格と最高価格には約95万円の差があります。価格を抑えたXE、基本となるXLと、そこにナビを追加したパッケージ、そして上級グレードのXVが設定されている感じですね。

価格帯がやや高めに設定されていますが、高級車というほどでもなく、ワンランク上の乗用車という印象があります。

性能と装備

エンジンのラインナップは、ひとつだけです。ティアナに搭載されているのは、2.5L直列4気筒エンジン。

その性能は、最高出力127kW/6,000rpm、最大トルク234Nm/4,000rpmとなっています。

日常使いをしていると不足感はまったくなく、ゆったりとした走りを楽しむことが可能。

急な坂道や高速道路の合流などの場面だと、4気筒ならではのエンジンノイズが発生するものの、普段の静粛性は高く、極めてコンフォートなドライブを楽しむのに向いています。

また、装備は自動ブレーキなどの先進予防安全装備を標準搭載しているのが特徴的です。

グレード別設定でクルーズコントロール、車線逸脱警報、アラウンドビューモニターなど安全面が強化されるようになっています。

内外装に関しては高級感がとにかく凄い!

長時間ドライブの疲れを軽減するために、スパイナルサポート機能付きコンフォダブルシートが採用されています。

人間工学的技術がふんだんに盛り込まれ、NASAが計測した「中立姿勢」を実現するシートです。これにより、筋肉・背骨にかかる負担を最小限に抑え、血行を改善し疲れを軽減してくれます。

とにかく、内装の質感と快適性にこだわった車ということですね。

どんな風に生まれ変わるのか?

快適性が圧倒的に高く、大人の雰囲気が感じられる日産ティアナ。フルモデルチェンジ後は、いったいどのように生まれ変わるのでしょうか。

まだまだ情報がほとんど出ていないため、予想になりますが、新型ティアナはこうなるのではないかということを、お伝えしたいと思います。

公式のティザースケッチから見る、ティアナのデザイン

2018年3月28日から4月8日開催される、ニューヨーク国際オートショー2018に新型アルティマ(ティアナの別名)を世界初公開するとされています。それに先駆けて、ティザースケッチが公開されました。

日産の新キーデザインとなる「Vモーショングリル」が堂々と採用されていて、今まで以上に高級感がにじみ出ているように感じられます。

ただ、少し時代が古めのデザインだなあという印象もあり、高めの世代を狙っているのかもしれません。

ティアナかもしれない、コンセプトモデルについて

新型ティアナでは? と噂されているコンセプトモデル「Vモーション2.0コンセプト」を見てみると、公式ティザースケッチと概ね一致しています。

Vモーショングリルがデカデカと前面に押し出され、小さなヘッドライトがそのアクセントとなっている。

これまで通り、上質なセダンというイメージを崩さないようなデザインとフォルムに、「これは確かにティアナだなあ」と感じさせられますね。

現状、これがティアナかどうかは不明ですが……。

プロパイロットが搭載されるのでは?

装備に関しては、日産の自動運転技術「プロパイロット」が搭載されるのではないかと予想されています。

プロパイロット言えば、初搭載されたのが5代目セレナですよね。高速道路を走る際、単一車線において長時間自動走行が可能という機能です。

速度・車間距離を一定に保ち走り続けるため、安全性も高く、疲れがちな高速道路の運転を圧倒的に楽にしてくれます。

快適性を売りにするティアナには、搭載される可能性が高いんですよね。

もし搭載されたら、今以上にティアナが快適になるはずですから。家のリビングのような室内空間の雰囲気にも、ティアナのキャラクター性にも自動運転技術はピッタリです。

パワートレイン追加はあるの?

パワートレインの追加は、あるかもしれませんね。今はひとつしかラインナップされていませんし、追加されると個人的にも嬉しいです。

追加されるとしたら、中国仕様にある2.0L直4DOHCエンジンと、北米仕様にある3.5L V6DOHCエンジンの二つでしょうか。

より安価なモデルとして2.0Lエンジンを追加、より上級なスポーティモデルとして3.5L V6を追加というのはグレード設定的にもあり得る話です。

廉価モデルとさらに高いモデルを追加することにより、ユーザーアピールにも繋がりますしね。

発売日はいつなんだ

2018年内に、新型に生まれ変わると言われています。実際、ニューヨークだと3月末から4月にかけて発表されるということですからねえ。

2019年にまで延びることはないでしょう。期待が高まりますね。

まとめ

新しいデザインを採用して、自動運転技術が採用されるなど何かと新しく生まれ変わるのではないかと言われているティアナ。

もしも、今回の予想が全て通っていたとしたら、超大型モデルチェンジになりそうですよね。パワートレインの追加も、期待したいところです。

発売日は未定、情報も未確定とまだわからないことだらけですが、公式アナウンスをゆっくり待ちましょう!

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です