フォルクスワーゲン New Golf グレードごとに違いを比較!

フォルクスワーゲン NewGolf

その人気は圧倒的! 天才的運動性能と、出来すぎイケメンフェイスの奥に見えるGolfの精神。

高性能、圧倒的な乗り心地、快適性、それらを備えていながらスポーツ性も忘れない心意気はまさに日本が大事にする『粋』そのものです。ドイツ車ですけどね。

「神様の手が滑った」と評する人もいるGolfのたくさんの魅力を語るには、全体を見るだけでは足りません。

そこで、各グレードに焦点を当てて7代目Golf……通称Golf7.5の魅力をたっぷりと紹介しましょう!

フォルクスワーゲン New Golf グレード表

グレード名 価格
TSI Trendline 2,539,000円
TSI Comfortline 2,799,000円
TSI Highline 3,319,000円
GTE 4,690,000円
GTI 3,959,000円
R 5,559,000円

最大で約300万円もの価格差があります。とんでもないですよね。ただ、価格差が大きいというのは良いことでもあります。

入り口が広いけど、上質と高性能を求める方も満足できるということですからねえ。Golfが人気車種の立場を貫いているのは、様々な人の需要にこたえているからでしょう。

ベースグレードなら比較的入手しやすく、性能も装備も十分。圧倒的なスポーツ性を求めるなら上位グレードを買う必要があるものの、スポーツ性の高い車に手を出す人はそこらへんは織り込み済みでしょうから。

本当、幅広く底が見えにくい車ですよねえ。

各グレードの特徴や違いを解説

最大300万円もの価格差があるGolf、動力性能と装備の差が気になるところです。

詳しい装備内容は後程紹介するとして、まずは動力性能をメインに各グレードの概要を紹介したいと思います。

TSI Trendline

TSI Trendlineと、Comfortは同じ動力性能を持っています。

搭載されているのは、1.2L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン。

最高出力は77kW/4,500~5,500rpm、最大トルクは175Nm/1,400~4,000rpmと、スポーティとは言えないものの普段使いには十分な性能を誇っているんです。

特に、低回転から175Nmという大きなトルクが発生するところがいいですよねえ。

この低回転ハイトルクの働きにより、発進時からスムーズな加速をすることが出来ます。

決して鋭い加速感とは言えないかもしれませんが、大きなトルクにより引っ張る感覚はまさにパワフル! 堂々とした余裕が感じられる、大物じみた走行性能を持っているんです。

ステアリングホイールを握ると、ボディのどっしりとした安定感と剛性を感じます。積極的過ぎることもなく、消極的なこともない適度なエンジンに後押しされるような運転の楽しさは、Golfの質感の高さを実感する。

とにかく、「超気持ちいい!」「超絶楽しい!」という車とは言えないものの、「安定した楽しさ」を提供してくれている車ですよ。

Trendlineは、ベースグレードということもあり装備は結構簡略化されています。特に先進予防安全装備が搭載されないため、安全性を気にする方は物足りないかもしれません。オプション搭載することは可能ですけどね。

それ以外は特に不足感が無いのではないでしょうか。

TSI Comfort

Trendlineと同じ動力性能を持ち、先進予防安全装備などを充実させた「より安心して楽しめる」グレードです。

全車速追従機能が付いているACCを搭載しているため、渋滞時の運転が圧倒的に楽になります。高速道路もです。通勤にGolfを使うなら、この機能は欲しいでしょう。

他にも、Trendlineとの違いがありますが、それは後程語ります。

TSI Highline

1.4L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載した、Trendline&Comfortよりもスポーティになったグレードです。

その最高出力は103kW/4,000~6,000rpm、最大トルクは250Nm/1,500~3,500rpmとなっています。

出力が100を超え、トルクが200を超えると「スポーティだなあ」という感じがしますねえ。その性能のおかげで、日常使いはもちろん、ワインディングロードを走ったり、登板の多い道を走ったりするのも楽しめるようになっています。

「実用品としての車」という領域を出ることのない範囲で、スポーツ走行が楽しめるんですよ。

圧倒的なハイトルクによる、発進時のスムーズさは言うまでもありません。

巡航速度でゆったり走るのなら、Trendlineよりも圧倒的に楽になっています。坂道も、高速道路も全く無理を感じさせない走りをしてくれるから、安心して車に身を委ねられるわけです。

自分が思っている通りに加速・減速ができるから、車との一体感も味わえる。

サスペンションは少し硬めに感じるものの、突き上げが最小限に抑えられていて快適性は損なっていない。軽快というよりも重厚な運転間隔が、威風堂々としたパワーと質感の高さを感じさせる。

ただ、この車の楽しさは加速したり、曲がったりしてこそ。

ワインディングを走ると、吸い付くようにタイヤが地面に接地し、路面を確実に蹴り上げてくれるように感じます。重厚に滑らかに走る感覚はスポーツよりコンフォート寄りだけど、だからこそ楽しいと感じられる。

これまでスポーツ車に触れてこなかった方が、スポーティな車に乗ってみたいと思ったのなら、Highlineはとても良い入門車になるのではないでしょうか。まあ、入門車というには贅沢すぎますけどね。

GTI

GTIから、紛れもないスポーツグレードにGolfは変貌を遂げます。

2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンと聞けばそうでもないように感じるものの、最高出力169kW/4,700~6,200rpm、最大トルク350Nm/1,500~4,600rpmと性能はまさにスポーティ。

一言でGTIを表すと、やはり『硬派』でしょうか。

こちらから意図的にガンガン加速しない限り、その性能はなりを潜めています。

洗練された安定感の高い走りは、圧倒的快適さを誇り、乗っている人を快適の波に誘ってくれる。だけど、アクセルを思い込み踏み込むと、GTIが隠していた凶暴性が姿を現します。能ある鷹は爪を隠すと言いますが、まさにGTIは爪を隠しているんです。

スロットルを踏み込んだ瞬間、たじろいでしまうほどの猛ダッシュ! かといって熱くなりすぎることはなく、加速直後に急に吠えることはない冷静さも併せ持っていて、十分すぎるほど速いけど扱いやすいという性能を実現しています。

Golf7.5になってから、若干硬めの乗り心地になったものの快適性が大きく損なわれることはなく、クールなことに変わりはありません。装備も至って豪華だから、不足感がどうのと語るのなんてとんでもない……。十分すぎます。

ただ、アナログ計器を廃止して液晶表示のメータークラスターになった点を嘆く方が多いです。スポーティを売りにするなら、アナログ計器が欲しくなるのが走り好きの性というものですからねえ。

GTE

GTIがクールなスポーツ性を売りにした車だとしたら、GTEは「エコを売りにしながらスポーティ」な車と言えます。エコなGT、「GTE」というわけですね。

1.4L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力110kW/5,000~6,000rpm、最大トルク250Nm/1,500~3,500rpmとHighlineより少し高い性能を誇っています。

更に、GTEはプラグイン・ハイブリッド車なんです。最大出力80kW、最大トルク330Nmのハイブリッドシステムを搭載している。

バッテリーはリチウムイオンだから大容量&ハイパワーというわけですよ。このシステムを駆使して、エコ&スポーティを実現しているというわけです。

モーター性能だけで、Trendlineのエンジン性能を数値上は上回っていますからね。

EV航続可能距離は最大45km、EV航続可能速度は時速60kmまでとなっています。

この速度の範囲なら、俊敏な加速をしたとしてもエンジンは始動しません。Trendlineを上回る性能を駆使し、モーターだけでグイグイ走っていきます。

日常使いなら、全く不自由ないレベルです。

エンジンを使ったときには、Highlineと似たような加速感が味わえます。

加速を楽しみたいときにはエンジンを始動させ、ゆったり走りたいときにはモーターに頼る。そういう使い分けが楽しめて面白いだけでなく、使い分けによってエコになるという凄まじく面白い車なんです。

R

Golf最大のスポーツ性能を誇るグレード、それが「Golf R」です。

2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載し、228kW/5,800~6,500rpmの最高出力、380Nm/1,850~5,700rpmの最大トルクを誇っています。

Golfの頂点を飾るに相応しい性能ですよね。

エンジンを始動させた瞬間、重厚なエキゾーストノートが響く。4気筒とは思えない大物感を隠すことなく放ちながら、アクセルを踏むドライバーの高揚感を煽ります。

アクセルを踏み込むと、圧倒的なハイトルクが車をググッと力強く押し出してくれる。

高速道路に入り、スポーツモードを選択し、アクセルペダルを思い切り踏み込むと……。一瞬何が起こったかわからなくなるような、鋭く俊敏な加速感を味わうことが可能です。

4輪全てが路面に吸い付くように接地するのは他のGolfと同じですが、Rは特にそのハイパワーを確実に路面に伝えてくれている安定感が高いように感じられます。日常からかけ離れたスポーツ性能ではなく、日常の延長に異世界のような速さと楽しさが待っているという面白さ。

デロリアンがタイムマシンに改造されてしまったときのような驚きが、Golf Rに乗り込む全ての人に待っています。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能をメインに各グレードの特徴を語りましたが、基本的にはTSIというシリーズがあり、GTI&GTEというGTシリーズがあり、さらにRが特別王者として君臨しているという感じなんですよね、Golfは。

だから、装備を見る際にもその三つの大きな塊に着目して、語りたいと思います。

なお、これから紹介する装備内容は、公式ページからダウンロード可能なPDFより一部抜粋したものです。

全グレード共通標準装備

  • ドライバー疲労検知システム
  • プリクラッシュブレーキシステム(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)
  • プロアクティブ・オキュバント・プロテクション
  • フロントエアバッグ(運転席/助手席、助手席エアバッグカットオフスイッチ)
  • ニーエアバッグ(運転席)
  • サイドエアバッグ(前席/後席)
  • カーテンエアバッグ
  • LEDテールランプ
  • オートライト
  • ランバーサポート(運転席/助手席)
  • シートバックポケット(運転席/助手席)
  • オートホールド機能
  • モバイルオンラインサービス”Volkswagen Car-Net”
  • 電動パワーステアリング
  • チルト&テレスコピックステアリング

ランバーサポートが全車標準装備なのがいいですよね。

TrendlineやComfortlineはスポーティというほどではないため非搭載ということも考えられたでしょうが、スポーツ性能の有無に関わらず、こういう姿勢をサポートしてくれるものはありがたいです。長時間の運転も苦にならないでしょう。

さらに、オートホールドもありがたいですね。停止中ブレーキペダルを踏み続ける必要が無く、自動でブレーキを保ってくれるため足首の負担が減ります。

Blue Motion Technologyのアイドリングストップと合わせると、ストップ&ゴーの負担が大幅に軽減されるでしょう。とても便利で快適です。

また、電動パワーステアリングやチルト&テレスコピックステアリングなど、運転を極力楽にする機能が大方搭載されているのも魅力的。

安全装備はTrendlineが簡易化されているために不足に感じることがあるかもしれませんが、Comfort以降はACCやレーンキープアシスト、渋滞時追従支援システム、スタティックコーナリングライト、リヤビューカメラなど多数搭載されます。

安全装備や運転支援機能に関して何か思うところがあるのなら、Comfort以降のグレードを検討すれば良いでしょう。

TSI Trendline /Comfortの装備比較

Trendline Comfort
  • エアコンディショナー
  • フレッシュエアフィルター
  • 12V電源ソケット(前席)
  • カップホルダー(前席)
  • センターアームレスト(前席)
  • レザーステアリングホイール
  • 195/65R15タイヤ/6J×15スイールホイール
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • レーンキープアシストシステム
  • 渋滞時追従支援システム
  • スタティックコーナリングライト
  • リヤビューカメラ
  • ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UVカット機能付)
  • 2ゾーンフルオートエアコン
  • アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター
  • スマートエントリー&スタートシステム
  • 12V電源ソケット(前席、ラゲージルーム)
  • パドルシフト
  • カップホルダー(前席・後席)
  • センターアームレスト(前/後)
  • Comfortline専用クロームパッケージ
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • 205/55R16タイヤ/6.5J×16アルミホイール(5ダブルスポーク)

 

先述の安全装備・運転支援機能以外にも、たくさんの追加がありますよね。

特に、インテリアの快適性に関してはやはり「Comfort」というだけあって大幅に向上しています。カップホルダーとセンターアームレストは前席だけの特権ではなくなり、エアコンは2ゾーン調整可能になった。

また、安全装備に関してはリヤビューカメラが大きな追加点となっています。

リヤビューカメラにより視認性が向上、より安全運転が可能になりました。運転支援機能も、渋滞時追従機能とACCの組み合わせによって運転が非常に楽になるように設定されています。

Highlineの装備

  • ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
  • リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
  • LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ、LEDターンシグナル付)
  • アクティブシリンダーマネジメント(ACT)
  • ドライビングプロファイル機能
  • インテリアアンビエントライト
  • Highline専用クロームパッケージ
  • マイクロフリースシート
  • スポーツシート(運転席/助手席)
  • 225/45R17タイヤ/7J×17アルミホイール(10スポーク)

Highlineは、Trendlineの中だと一番装備が豪華なグレードとなっています。

性能が異なるから装備はそれほど変わらないだろうと思っていた方も多いのではないでしょうか? その予想は、見事良い意味で裏切られましたね。しかも、案外大きな追加があります。

後方死角検知機能とリヤトラフィックアラートを追加し、安全性をより高めた。更に、ドライビングプロファイル機能によって走行モードを選ぶことができるようになりました。これは性能がアップしたためでしょうね。

他にも、スポーツシートなど性能アップに起因する装備の追加が多いですよ。

GTI/GTEの装備比較

GTI GTE
  • GTI専用エクステリア(ハニカムフロントグリル、フロント&リヤバンパー、リヤスポイラー)
  • GTI専用ファブリックシート
  • GTI専用レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • GTI専用シフトノブ
  • GTI専用ドアシルプレート
  • 225/40R18タイヤ/7.5J×18アルミホイール(5スポーク)
  • eサウンド(車両接近通報装置)
  • 充電ケーブル(200V7.5m)
  • 普通充電ポート
  • GTE専用エクステリア(フロント&リヤバンパー、リヤスポイラー)
  • GTE専用ファブリックシート
  • GTE専用レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • GTE専用シフトノブ
  • GTE専用ドアシルプレート
  • 225/45R17タイヤ/7.5J×17アルミホイール(5ダブルスポーク)

基本的に、GTIとGTEはHighlineの装備を受け継いでいます。

ただ、ところどころ専用装備が加わっているんです。他にもGTIとGTE共通でアルミ調ペダルクラスターや、トップスポーツシートなどを搭載しています。

それぞれの専用装備がどんな印象の違いを生んでいるかと言えば……。

GTIは情熱的な雰囲気を持ったスポーティな内外装、GTEはクールな雰囲気を持ったカジュアルな内外装と言えるのではないでしょうか。

GTIはシートに赤ステッチが入っていたり、シート座面が赤チェックだったりと情熱的かつスポーティ。一方GTEは、青いチェックのシートがクールさとカジュアルさを演出しています。

エクステリアも、似たようなことが言えるんです。

やはり、スポーツ性メインのGTIと、エコ性能メインのGTEとでは目指す方向が違うということでしょうね。

R 装備、特徴、異なる点

  • クロームデュアルツインエキゾーストパイプ
  • R専用レザーシート
  • パワーシート(運転席<前後/高さ/角度/リクライニング>、メモリー付)
  • パワーランバーサポート(運転席)
  • R専用レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • R専用シフトノブ
  • R専用ドアシルプレート
  • 4MOTION(フルタイム4輪駆動)
  • R専用スポーツサスペンション
  • 225/40R18タイヤ/7.5J×18アルミホイール(5本スポーク)

これまでオプション装備だった、パワーシートとパワーランバーサポートが標準装備になりました。

最上級グレードだからということもあるとは思いますが、これらの機能を標準化している最大の理由はやはりRがスポーツモデルだからでしょうねえ。

スポーツ走行をする機会が増えるし、加速が今までのグレードとは段違いで良いとなると体にかかる負担も段違いになります。

だからこそ、自動調整機能のあるシートとランバーサポートのホールド力が重要になるわけです。

また、先ほど語った走りの良さを支えているのはエンジンだけでなく、スポーツサスペンションやフルタイム4WDの力添えも大きいようですねえ。

これまでのGoldより硬いサスペンションと、より吸い付くような路面吸着性を見せてくれる4WDシステムの導入によってRの日常の中に潜む異次元的な走りは形作られているわけです。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

フォルクスワーゲンGolfの性能と装備を見てきましたが、どのグレードもキャラが立っていますよね。

特にGTI以降はそれぞれに個性が強調されていて面白いです。そんな各グレードの中で、どれが個人的に一押しなのか? どんな人にどのグレードが合うのか?

そういった評価を、独断と偏見で下したいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
TSI Trendline ☆☆☆ 実用性重視の方へ。
TSI Comfort ☆☆☆☆☆ 快適性重視の方へ。
TSI Highline ☆☆☆☆ より完成度の高いGolfが欲しい方へ。
GTI ☆☆☆ TSIよりもスポーティな方がいい方へ。
GTE ☆☆ PHVによる走りの切り替えと、エコ性能に興味がある方へ。
R 圧倒的なスポーツ性を誇るGolfを相棒に迎えたい方へ、
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

TSI Trendlineの評価

Golfの基本となるグレードと言えますが、誰にでもオススメしやすいわけではありません。

運転が楽ということや快適性などを求めるならComfortの方が圧倒的にいいですからね。特に、安全機能や運転支援機能の欠如は痛手となっています。

ただ、車としての機能性と実用性だけを求めるのなら非常に良いグレードです。

GolfをGolfたらしめている根幹の部分、吸い付くような走り心地や高い居住性などに魅力を感じたのなら、Trendlineがオススメですよ。

TSI Comfortの評価

ACCや渋滞時追従機能などによる運転の快適性、そしてカップホルダーやセンターアームレスト、2ゾーンフルオートエアコンなどによる居住の快適性。

そういった快適性の高さを求める方には、Comfortがオススメです。

快適度に関しては、Comfortで完成されていますからねえ。あとはスポーツ性を求めるかどうかなどによって上位グレードを選択するかどうかといったところです。

そういう意味だと、一番万人向けなグレードのように感じられます。

TSI Highlineの評価

最も完成されているのが、Highlineではないでしょうか。

GTI以降も細かい変更点があるものの、装備面に関してはHighlineで既に完成されているんですよ。

Highlineに各モデルの特徴を付与していると言っても過言ではないくらいに。だから、完成度の高さを求めるのならHighlineがオススメです。

走りも、スポーツ性に振り切れることがなく、だからといって犠牲にすることがない「ちょうどいい性能」となっています。日常の範囲内で楽しむのなら十分ですからね。

GTIの評価

Rほど圧倒的である必要はないものの、ちょっとスポーツ性の高い車に興味があるなあという方にオススメなのがGTI。グランドツアラーとしての快適性、威風堂々とした走り、男らしい加速感全てをしっかりと持っています。スポーツ車ではなくGTという位置づけがハッキリしているのが、このグレード最大の魅力です。

GTEの評価

GTとしての走りの楽しさと快適さ、そしてPHVとしてのエコ性能を両立した「GTE」。

GT Ecoというわけですが、これら二つの特徴がしっかり調和している点がGTEの面白さであり魅力ですよねえ。ゴルフは全体的に底が見えにくい車ですが、この車こそ面白さの底が見えません。

GTとしてエンジンをきかせて走るのも楽しいけど、EV走行も安定していて案外楽しい。

それら二つをうまい具合に使い分けてエコを目指すのも、ゲーム感覚で非常に面白いです。人によって様々な楽しみ方がある車ではないでしょうか。

Rの評価

このグレードの評価を☆ひとつとしているのは、Rを買う人は誰に言われるでなくRを買うと思うからです。

問題なのは「Golfのどれを買うか」ではなく、「Golf Rを買うか、買わないか」なんですよね。だから、わざわざこちらから推す必要はありません。

ただ、ひとつ言えることがあるとするなら「買って損はない」ということでしょう。

フォルクスワーゲン New Golfの総合評価

VW Golfは、どのグレードを見ても面白いです。

安定したTrendline、万人に勧めやすいComfort、完成度の高いHighline、そしてGTとしての性能を高めたGTI、十人十色の面白さを見せるGTE、圧倒的なR……。

あなたが、Golfという車に何を求めるのかによって、選ぶべきグレードは変わります。

自分の求めるGolf像に合わせて買ったなら、後悔は決してしないでしょうね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です