フォルクスワーゲン The Beetleをグレード毎に比較!どこが違うの?

フォルクスワーゲン The Beetle

2019年に、フォルクスワーゲンThe Beetleは日本販売を終えると言われています。

The Beetleは名前の通り、どこか甲虫を思わせるような丸みを帯びたかわいいデザインで、ワクワクするような雰囲気をまとった、日本にも多くのファンがいる車種なんですよね。

可愛くもスポーティなグレードもあり、どのグレードも個性的でラインナップを見ているだけで癒される……。ドイツ車界隈のアイドルのようで、清涼剤的なThe Beetle。その面白さ&楽しさを、グレードごとに紹介しましょう。

フォルクスワーゲン The Beetle グレード表

始めにグレード表を覗いてみましょう。

グレード名 価格
Base 2,399,000円
Design 2,780,000円
R-Line 3,030,000円
2.0 R-Line 3,540,000円

グレードごとに価格の開きが大きいように感じますが、グレードごとに特徴がハッキリ異なるため価格差はどうしても大きめになってしまうんです。

最低価格と最高価格の差は約114万円ということなので、グレードごとの差にいやがうえにも期待が高まります。

それにしても……グレード名がわかりやすいですよね。ベースグレードが「Base」というのがなんとも言えずシュールのような、新しいような感じがします。これも、The Beetleのキャラクター性なのでしょうか。

各グレードの特徴や違いを解説

The Beetleのグレードごとの特徴は、ハッキリ分かれています。その特徴はグレード名にも表れているので、グレード名と特徴を照らし合わせてみると面白いかもしれません。そんな四つのグレードの特徴を、大まかに紹介しましょう。

Base

言わずもがな、ベースグレード。搭載されるエンジンと性能はDesignと同じです。最高出力77kW/5,000rpm、最大トルク175Nm/1,500~4,100rpmの直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載しています。

スペックを見ると、少し地味だなと感じるかもしれません。確かに、数値を見るだけだとそうなんですよね。この車の走り的な魅力は、乗ってこそわかります。

地味なスペックにしては、坂道をグイグイと力強く駆け上がっていく様は、まさに昆虫が木を登るよう。

その見た目からは想像もつかないほどに、走りはスムーズで力強いんです。持てる力を余すことなく全て発揮し、日常の運転をバリバリこなしていく様はなんというか愛らしい。

市街地、坂道、高速道路のどこを走っても加速に不足感はありません。

運転間隔は、とことん素直。扱いやすさにかけては、この車の右に出る車はなかなか無いのではないかと思えるほどです。あまり整備されていない道を走っても、快適なところも激しく愛らしい。

全てにおいて突出したものは特に無いものの、だからこそ幸せだと感じられる車です。全部が全部「ちょうどいい」んですよね。

高級志向ではない方も、外国車は初めてという方も、外国車に慣れている方も、全員が満足できるような車なのではないでしょうか。

また、Baseはベースグレードということもあって装備も過不足ありません。全車標準装備が充実しているため、十分すぎるほど楽しめるでしょう。

Design

カラードドアミラー、カラードサイドモールディングなどが専用エクステリアになって、Baseよりスポーティな印象が強くなっています。

The Beetleは「Base」「Design」「R-Line」三つとも全て専用エクステリアなのが面白いですよねえ。細部の違いと言えばそれまでかもしれませんが、その細部の違いによって雰囲気が微妙に違うというのが選んでいて楽しいところです。

性能はBaseと同じ、装備は色々なところがグレードアップしています。

たとえば、クルコンを搭載したり、フロントフォグライトが追加されたり実用的な追加が多いのが特徴です。

R-Line

R-Lineは、Base&Designとは異なるエンジンが搭載されています。R-Lineに搭載されているのは、最高出力110kW/5,000~6,000rpm、最大トルク250Nm/1,500~3,500rpmの直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンです。

BaseとDesignよりも、性能が確実にアップしていますよね。最高出力ももちろんですが、最大トルクが250Nmというのが嬉しいです。

低回転ハイトルクなのは、Beetleのキャラクター性が日常使いに向けられたものだからでしょうね。スポーティだけど、決してスポーツ的な使い方をせず、より楽に楽しく日常を過ごせるように考えられているように感じます。

乗ってみると、Baseよりも圧倒的に余裕感が増しているんです。圧倒的に速いというわけではないものの、「加速したい!」と思ったときに即反応し、加速してくれるんですよ。

それに、アクセルを踏み込むと気持ちいい排気音が聞こえてきます。

巡航中は静かに、加速し始めたら排気音で気持ちを鼓舞してくれる……。メンタルマネジメントされている気分です。

普段使いの中で、たまにスポーティな走りを楽しみたい方にピッタリなグレードでしょう。装備内容も、しっかり豪華になっています。特に、アルミ調のペダルクラスターにはテンションが上がりますよ。

2.0 R-Line

2.0R-Lineは、名前にある通り「R-Line」の2.0Lエンジンバージョンです。Baseは1.2L、R-Lineは1.4Lだったのが、一気に2.0Lまでグレードアップ!

最初は、Base&Designと2.0R-Lineの二つのパワートレインだったのが、中間のR-Lineが後から追加されたんですよね。「急に性能変わりすぎだろ!」ということなんでしょう。

そんな2.0R-Lineの性能は、最高出力155kW/5,300~6,200rpm、最大トルク280Nm/1,700~5,200rpmとなっています。見るからにやる気満々ですよね。The Beetleの小さく軽いボディに、こんなエンジンを積んだら?

痛快なドライブを楽しめるわけですよ。

低回転からハイトルクを発揮するから、どんな回転域だとしても、強烈な加速を感じることが出来る。スタビリティも軽く、ステアリングの操作感覚はどこまでもダイレクト。

素直に扱いやすいという特徴はそのままに、よりスポーティな走りができるようになっているんです。

キャラクター性を守り、快適性も確保しながら、ガンガン加速を楽しめるというのがなんとも嬉しいんですよねえ。

BMWほどではないものの、加速するときの体が引き付けられるような感覚もしっかりとあります。

窓の景色が気にならなくなるほどに、運転そのものに熱中できるようなスピードも出る。だけど、従来のBeetleのようにコンフォートな走りも楽しめる。

面白い車ですよ、こいつは。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴を性能・装備から大まかに見てきましたが、装備だけでなく性能にもそれぞれの違いがあって比較すると楽しいですよねえ。

もちろん、装備の差も決して小さくはありません。そんなThe Beetleの装備を、各グレードごとに見ていきましょう。

全グレード共通標準装備

  • ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
  • ドライバー疲労検知システム”Fatigue Detection System”
  • リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
  • ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)
  • ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
  • ブレーキアシスト
  • フロントエアバッグ(運転席/助手席、助手席エアバッグカットオフスイッチ)
  • オールティンテッドガラス(UVカット機能付)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター付)
  • センターアームレスト(前席)
  • 分割可倒式シート(後席)
  • 電動パワーステアリング
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • スマートエントリー&スタートシステム
  • Volkswagen純正インフォティメントシステム”Composition Media”

予防安全装備が充実していますよね。後方死角検知機能、疲労検知システム、衝突軽減ブレーキ機能などなど様々なものが搭載されています。

特に、疲労検知システムは面白いんです。疲労や眠気によって普段と違うステアリングをしたとき、警告してくれるんですよ。ただ、誤作動しそうだと思いますよね。

だけど、実際に運転してみると「眠いなあ」と思っているときにだけ警告が鳴ったり、疲れたと思っていなくても警告が鳴ったりするわけです。

明らかに不安定な操作をしていたとしても、スマホ片手操作とかそういうのでは検知されません。不思議ですよね。

また、後方死角検知機能も個人的には嬉しいです。レーダーセンサーを使って、車両後方の交通状況をモニターして、死角から接近してくる車を検知した再に警告音を鳴らしてくれます。

内外装に関しては、グレード別設定が多いため全車標準だとそれほど豪華には見えないかもしれません。ただ、必要なものは全て揃っていると言えるのではないでしょうか。

Base装備、特徴、異なる点

  • モバイルオンラインサービス”Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能”App-Connect”)
  • MEDIA-IN(iPod/iPhoneおよびUSBデバイス接続装置)
  • オーディオ外部入力端子
  • Base専用エクステリア(ドアミラー<カラード>、サイドモールディング>
  • Base専用インテリア(ダッシュパッド<ブラック>、ステアリングホイールトリム<ブラック>)
  • 215/60R16タイヤ/6.5J×16スチールホイール(フルホイールキャップ付)

Baseのみの装備を集めましたが、オンラインサービス搭載が嬉しいところですね。Design以上だと、オプションにナビが追加されます。

そのナビと、Baseの装備上から三つは同時装着できないという理由からBaseのみの装備となっているわけです。Design以上は、純正ナビとこれらのどちらかをオプションで選ぶということになります。

他の装備は、専用エクステリア&インテリアがあるくらいですね。この専用というのも、ひねくれた見方をすれば「ベースグレードだから」というところがあります。

それでも質の高い内外装であることに違いはなく、ベースグレードだからコストカットされているというような印象もそれほど大きくはありません。

むしろ、かわいらしいエクステリアにピッタリのインテリアで嬉しくなります。

Design装備、特徴、異なる点

  • スタティックコーナリングライト
  • オートライト
  • フォグランプ(フロント)
  • レインセンサー
  • カミングホーム&リービングホーム
  • クルーズコントロール
  • Design専用エクステリア(ドアミラー<カラード>、サイドモールディング<カラード>)
  • Design専用インテリア(ボディ同色ダッシュパッド、ステアリングホイールトリム、ドアトリム)
  • レザーステアリングホイール
  • レザーハンドブレーキグリップ
  • レザーシフトノブ
  • シートバックポケット(運転席/助手席)
  • 215/55R17タイヤ/8J×17アルミホイール(5スポーク)

Baseと異なる装備を集めました。R-Lineと共通している装備がいくつかあります。

コーナリングライトやフォグランプなど、ライト関連が充実してきましたね。

Designからエクステリアにスポーティな印象が付与され、R-Lineからは性能からもスポーティと言えるようになります。

そのため、Baseと比べると走りに対する意識が高く、コーナリングライトやフォグライトは必須ということなんでしょうね。

また、クルーズコントロールが搭載されているのも嬉しい点です。Designの性能でクルコンが真価を発揮できるかどうかは微妙かもしれませんが、無いよりはあるほうがいいのは確実でしょう。

無いよりある方がいい装備と言えば、カミングホーム&リービングホーム機能もそうですよね。必須ではないけれども、あればなんだか嬉しくなる機能です。

カミングホーム機能は、降車時オートライトをオンにし、エンジンをOFFした後に1秒程度のパッシングを行います。リービングホームは、乗車時オートライトをONにし、ロック解除後任意の時間ヘッドライト点灯を行う機能です。

他にも、Designはインテリアにレザーがたくさん使われるようになったり、シートバックポケットが追加されたり嬉しいところが満載ですね。

R-Line装備、特徴、異なる点

  • パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)
  • ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UVカット機能付)
  • 2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)
  • アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター(花粉/出すと除去外気導入フィルター)
  • BlueMotion Technology(Start/Stopシステム、ブレーキエネルギー回生システム)
  • パドルシフト
  • インテリアアンビエントライト
  • タイヤ空気圧警告灯
  • リヤスポイラー
  • R-Line専用エクステリア(ドアミラー<ブラック>、サイドモールディング<ブラック>、リヤディフューザー<ブラック>)
  • LEDテールランプ
  • デュアルエキゾーストパイプ
  • スポーツシート(運転席/助手席)
  • ランバーサポート(運転席/助手席)
  • R-Line専用インテリア(ダッシュパッド<ブラック>、ステアリングホイールトリム<ブラック>、ドアトリム<ブラック>)
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)
  • 235/45R18タイヤ/8J×18アルミホイール(5スポーク)

Designと異なる装備を集めました。ほとんどの装備は2.0R-Lineと共通しています。

R-Lineになると、もうほとんど完成されていますねえ。エアコンは2ゾーンフルオート機能が付き、インテリアにはアンビエントライトが付いてさらに快適性がアップ。インテリアの快適度が圧倒的に高くなっています。

スポーツシートとランバーサポートも、性能アップと同時に搭載されていて嬉しいですね。1.4Lエンジンとは言え、結構スポーティなエンジンだから加速するとそれなりに体に負担がかかるでしょう。

そこをスポーツシート&ランバーサポートで支えてくれるのは、ありがたいことです。

個人的には、パドルシフトの追加も嬉しいなあと感じます。

ちなみに、Blue Motion Technologyは2.0R-Lineには搭載されません。正真正銘R-Line専用装備です。アイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムを両立し、燃費に貢献してくれています。

2.0R-Lineはスポーツ性に特化したグレードなので、逆にこういうシステムが邪魔になることがあるため搭載されないのではないでしょうか。

2.0 R-Line装備、特徴、異なる点

  • バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)
  • 3連メーター(油温計、ストップウォッチ、ブースト計)
  • 2.0R-Line専用リヤスポイラー
  • クロームツインエキゾーストパイプ
  • 電子制御式ディファレンシャルロック”XDS“
  • スポーツサスペンション
  • レッドブレーキキャリパー
  • 235/40R19タイヤ/8J×19アルミホイール(5スポーク)

2.0R-Line専用の標準装備を集めました。

スポーツサスペンション搭載がキモですよねえ。乗ってみると、確かに他のグレードよりは硬めの印象を受けます。ただ、The Beetleは快適性が高いというのが売りの車なんですよね。

だから、硬めと言っても市街地の快適性が失われるほどではありません。

硬すぎて不快ということはなく、「若干硬めかな?」という程度に抑えられています。だから、当然無茶なコーナリング攻めは出来ません。ただ、性能的にそれほどの無茶をする方もいないでしょう。

そのときの気分に合わせて走り方を変えるには、ちょうどいいスポーツサスペンションの調整ですよ。

他にも、バイキセノンヘッドライトや3連メーターなど嬉しい装備目白押し! 性能以外にも選ぶ価値はあるグレードではないでしょうか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

The Beetleは性能も色々種類があり、エクステリアとインテリアもそれぞれ少しずつ違っていて面白いですよね。見ていて飽きません。

昔、「黄色いビートルを見たら幸せになる」というワーゲン占いがありましたが、それも納得できるようなワクワク感がありますね。

そんなVW The Beetleの各グレードに対して、独断と偏見から評価を下したいと思います!

グレード名 評価 こんな人にオススメ
Base ☆☆☆☆ 可愛くて快適な車が欲しい方へ。
Design ☆☆☆ より快適性をアップしたい方へ。
R-Line ☆☆☆☆☆ 快適性を高めながら、色々な走りを楽しめる性能が欲しい方へ。
2.0R-Line ☆☆ スポーティなBeetleが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

Baseの評価

ベースグレードながらに、装備と機能が充実していて価格以上の価値があるグレードだと感じています。特に予防安全装備が全車標準なのがいいところですよね。

グレードが上がるにつれてスポーツ性が増すという特性上、グレード別設定にしてもいいところを全車標準……小粋です。

性能的にはR-Lineよりは劣るものの、日常使いの範囲内だと十分な性能を持っています。

ゆったりドライブしかしない人なら、十分でしょう。

Designの評価

快適性とインテリアの充実度を高めたグレードですが、快適性を見るとR-Lineの方が確実に高いんですよね。

その上性能がアップするため、R-LineとBaseとの間に挟まれて少し価値が半減しているように感じる不憫なグレードとも言えるかもしれません。

それでも、Designのエクステリアは非常に人気があり、「1.4Lの性能は不要」という方の中だと人気があります。

積極的にオススメする理由には欠けるかもしれないけれど、安定して人に勧められる良いグレードです。万人受けするのは、BaseよりもDesignかもしれませんね。

R-Lineの評価

個人的に、一番オススメしたいのがR-Line。1.4Lエンジンが搭載されたことにより、選びやすくなったグレードですよね。後から追加された中間グレードということもあり、色々な人の需要にこたえられます。

2.0Lエンジンは不要だけど、スポーティに走らせたい気持ちもあるという人にピッタリの車ですよね。その上、快適性をアップさせたいという需要にもこたえています。さらに、実用性の高い装備と機能も多く選びやすいです。

総合的に考えると、一番完成度が高いのはR-Lineではないでしょうか。

2.0 R-Lineの評価

R-Lineが一番完成度が高いと言えども、2.0R-Lineのスポーツ性能は魅力的。他グレードと一線を画するその走りは、思わず加速したくなるほどのものです。

ゆったり走っているときも、加速したくてウズウズしてしまう。今までは近道に細く入り組んだ道路を選んでいた人も、ついつい直線を駆け抜けたくなります。

ワインディングも楽しむことが出来るため、山道・峠道を走る予定がある方には良いグレードではないでしょうか。

フォルクスワーゲン The Beetleの総合評価

VW The Beetleは、見ているだけで楽しい車ですよね。黄色いビートルを見ると幸せになるというジンクスが昔あったのは、ビートルが「The Beetle」になる前の話だけど、その噂が出るのも無理はありません。

特徴的な車だということと、ワーゲンの中だと「希少すぎずメジャーすぎない」ということがそうさせたのでしょう。

今、Beetleは昔よりも希少価値が高い車になっています。

2019年に日本販売終了するため、新車購入するなら今しかない! 興味が出たなら、一度試乗をしてみてください。ピッタリなグレードを見つければ、それだけで幸せになれるかもしれませんよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です