フォレスター グレードの違いを解説。自分に合うグレード選びに

スバルフォレスター

水平対向エンジンと独自の4WD技術を併用した、スバルのクロスオーバーSUV、フォレスター。優れた居住性に操作性・そして優れた走行性能が人気の車です。

本格的なオフロードSUVではありませんが、220mmもある最低地上高は雪道などを走行するのにも向いています。

そんなフォレスターが2018年7月にフルモデルチェンジされ、より分かりやすくなったグレード設定も魅力のひとつですが、どのグレードが良いのかわからないことが多いのもまた事実・・・。

そこで、自分に合うグレードは何か、最適なものを選ぶために、グレードの違いについてまとめてみました。

フォレスターのグレード表

グレード 価格 燃費
Touring 2,808,000円 14.6km/L
X-BREAK 2,916,000円
Premium 3,024,000円
Advance 3,099,600円 18.6km/L
燃費はカタログにある数値を記載しております。

価格差を見てみると各グレードで7~10万程度、全体で約30万円の価格差がありますが、装備内容が違っていると考えると妥当でしょう。

また、Touring~Premiumの価格差が10万ほどに対し、PremiumからAdvanceへ変わると価格差が7万円と少なくなりますが、これは装備内容と言うよりもエンジン機構が2.5LのDOHC直噴エンジンにモーター(eーBOXER)が追加されたハイブリッド車となっている為。

そう考えると最上位グレードは300万円を超えていますが、最下位グレードは200万円程度に抑えられており、割安な価格設定になっています。

グレードが多彩で分かりにくい?これが分かりやすい覚え方

フォレスターはグレードの設定が多いように見えますが、2018年7月のフルモデルチェンジ後にグレード構成が刷新され、「Touring(ツーリング)」「X-BREAK(エックスブレイク)」「Premium(プレミアム)」「Advance(アドバンス)」の4つのグレードに分かれており、Touring、X-BREAK、Premiumがガソリン車、Advanceのみハイブリッド車と言う扱いになります。

フルモデルチェンジ前は結構多彩で分かりにくかったですが、これならどのグレードなのかすぐにわかりますね。

Touringは基本装備のみで価格が抑えられた廉価グレードとなり、XーBREAK、Premiumの順番に装備される内容が豪華になっているのが特徴です。

また、最高グレードでありハイブリット車となるAdvanceは、Premiumの装備内容に追加されている装備が多いグレードとなっています。

このように、そのグレードの位置づけや特徴と照らし合わせて覚えるのがおすすめです。

各グレードの違いを分かりやすく解説

各グレードの違いについて、一言で説明しましたが、より詳しく見ていくために各グレードの装備について解説します。装備の違いを知れば、グレードごとの違いを知ったことになる。

それほど装備は重要な相違点です。価格と見比べて、価格と装備の釣り合いが取れているかについても考えてみましょう。

これから挙げていく装備は、以下のPDFから代表的なものをいくつか抜粋しています。
forester_equipment.pdf

Touringの装備、インテリア・エクステリア

Touring_外観
Touring_内装
  • タイヤサイズ(225/60R17 サマータイヤ)
  • ダークメタリック塗装+切削光輝 アルミホイール(Touring用17インチ)
  • X-MODE(2モード、ヒルディセントコントロール付)
  • SI-DRIVE[2モード(I/S)]
  • LEDハイ&ロービームランプ[ヘッドランプレベライザー(オート)、ポップアップ式ヘッドランプウォッシャー付]+ステアリング連動ヘッドランプ
  • フロントフォグランプ(ハロゲン)
  • LEDリヤフォグランプ
  • 本革巻ステアリングホイール(シルバーステッチ)
  • 本革巻セレクトレバー
  • Touring用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • マルチファンクションディスプレイ
  • 3連ダイヤルタイプ フルオートエアコン(左右独立温度調整機能、後席ベンチレーション、クリーンフィルター付)
  • 6スピーカー(フロント4+リヤ2)
  • ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
  • Touring用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)シート
  • 運転席+助手席&後席左右ヒートシーター
  • 運転席シートリフター(レバー式)
  • ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵)
  • アイサイト(ver.3)
    プリクラッシュブレーキ
    後退時自動ブレーキシステム
    AT誤発進抑制制御
    AT誤後進抑制制御/ツーリングアシスト
    全車速追従機能付クルーズコントロール
    定速クルーズコントロール
    車線逸脱抑制
    車線逸脱警報
    ふらつき警報
    先行車発進お知らせ機能

以上がTouringの主要装備です。
各所に「Touring用」とありますが、コレは各グレードによって専用のモノが使われていると考えるといいでしょう。

ステレオカメラで前方を監視、必要に応じてブレーキ制御などを行ってくれるアイサイトVer3。

そしてそれに付属した機能が、標準装備となっているのがうれしいですね。アイサイトVer3は、ステレオカメラで先行車両・歩行者・自転車の認識をし、状況に応じてエンジンやトランスミッション、メーターやステアリングなどのユニットを制御してくれるので、とても便利です。

さらにアイサイトVer3の認識機能を利用して、プリクラッシュブレーキや追従機能付クルーズコントロール、先行車発進お知らせ機能などといった安全機能がプラスされます。

プリクラッシュブレーキは、ステレオカメラで前方を監視、自動ブレーキで衝突回避・被害軽減を行ってくれる機能です。

追従機能付クルーズコントロールは、アイサイトの機能を利用し、前方車両を認識。前方車両の加速・減速に合わせて自動でスピード調整を行い、車間距離を保ってくれます。

早いタイミングで先行車の認識が行われるため、割り込まれたときにも自然に加速・減速をしてくれるので安全です。

基本グレードとなるTouringにここまでの内容が標準装備となっているだけでも充分魅力的。これだけの装備がついているならこの価格帯のSUVとしてはコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

X-BREAKの装備、インテリア・エクステリア

  • タイヤサイズ(225/60R17 オールシーズンタイヤ)
  • ガンメタリック塗装(X-BREAK用17インチ)アルミホイール
  • LEDフロントフォグランプ
  • レッドオレンジステッチ 本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付)
  • レッドオレンジ加飾 ピアノブラック調シフトパネル
  • レッドオレンジステッチ シフトブーツ
  • X-BREAK用(ロゴ入り)マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター
  • 撥水ファブリック/合成皮革(レッドオレンジステッチ、タグ付)シート
  • レッドオレンジステッチ インパネ加飾パネル
  • アルミ調&表皮巻(レッドオレンジステッチ) センタートレイ加飾
  • レッドオレンジステッチ、ソフトパッドタイプ フロアコンソールリッド
  • LEDカーゴルームランプ
  • 撥水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付)
  • レッドオレンジ加飾付フロント&リヤバンパーガード(樹脂製)
  • ロープホール(レッドオレンジ 加飾)付ルーフレール

X-BREAKの大きな変更点となっているのは、インテリアの各所にレッドオレンジの加飾が加わっている点や、シートが撥水仕様となっている点があげられます。元々特別仕様車としての位置づけに合った為か、装備内容も他グレードとハッキリと違いが出るような内容となっていますね。

特に注目してほしいのが、他のグレードではメーカーオプションとなる、ルーフレールが加飾されて装備されているところです。

よりアウトドアらしさを感じられる印象になっただけではなく、大きく差別化を図れるグレードとなっているのが魅力的ですね。

こういった装備がついているのに差額が10万円ほどとなっているのもうれしいポイントといえます。

Premiumの装備、インテリア・エクステリア

Premium_外観
Premium_内装
  • タイヤサイズ(225/55R18 サマータイヤ)
  • ダークメタリック塗装+切削光輝 アルミホイール(Premium用18インチ)
  • LEDフォグランプ
  • 電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付)
    リバース連動ドアミラー
    ドアミラーメモリー&オート格納機能
  • Premium用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • 2連ダイヤルタイプ(シルバー加飾付)フルオートエアコン
  • キーレスアクセス&プッシュスタート(暗証コード式キーレスエントリー付)
  • Premium&Advance用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)
  • 3段階温度調整機能付ヒートシーター(運転席+助手席)
  • アルミパッド付スポーツペダル(アクセル、ブレーキ、フットレスト)
  • 運転席&助手席8ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング)
  • アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能
  • パンチングメタル調インパネ加飾パネル
  • センタートレイ加飾 シルバー塗装
  • 光輝ウインドゥモール
  • アイサイトセイフティプラス(運転支援)
    スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
    アダプティブドライビングビーム

ガソリン車最高級のグレードとだけあって、装備内容がより豪華になっていますね。

タイヤサイズは17インチから18インチへと変更され、より接地面が広がり運転がしやすくなっていますし、キーレスアクセスがついたりヒートシーターが3段階温度調節機能付になったりと、利便性に優れた装備が追加されています。

また、機能面ではアイサイトver.3に加えてセイフティプラスが追加されていることで、より快適で安全な運転が可能となっているのも特徴的です。

内容について簡単に説明すると、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)は車線変更や後退時の危険を知らせてくれるシステムで、車体後部に内蔵されたセンサーによって後側方から接近する車両を感知し衝突の危険があれば警報音で注意喚起してくれます。

アダプティブドライビングビームは、ハイビームの照射範囲をコントロールするシステム。アイサイトのステレオカメラで前方車両を検知し、対向車線を走る車の妨げにならないように調整するシステムです。

廉価グレードとなるTouringとの価格差も約20万となっているので、ちょっと背伸びをしてより安全に乗ることが出来る装備を追加するのも一つの手ですね。

Advanceの装備、インテリア・エクステリア

Advance_外観
Advance_内装
  • ダークメタリック塗装+切削光輝 アルミホイール(Advance用18インチ)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付)サテンメッキ
  • Advance用(ロゴ入り)マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • 運転席シート自動後退機能
  • センタートレイ加飾(アルミ調)
  • Advance用カーゴフロアマルチボックス
  • フロントグリル&フロントフォグランプカバー(ピアノブラック調塗装+メッキ加飾)
  • シルバー加飾付フロント&リヤバンパーガード(樹脂製)
  • シルバー加飾付サイドクラッディング
  • LEDライセンスランプ
  • e-BOXERオーナメント(サイド、リヤ、エンジンカバー)
  • ECOクルーズコントロール付アイサイト(ver.3)
  • ドライバーモニタリングシステム
  • 車両接近通報装置
  • 2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)

以上がハイブリッド車のAdvanceで追加される装備です。見た感じ、大きな変更点となっているのはエンジンとアイサイトの仕様ですね。

新開発の水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」で燃費が抜群に良くなっており、市街地などでの扱いやすさも安心できます。

また、Advanceではドライバーモニタリングシステムが搭載されており、ドライバーに眠気や不注意があると警報音や警告表示で注意喚起してくれるため、安全運転を心が得けることが出来ます。

基本装備に充分な装備があるのにも関わらず、ここまでの装備が加わっているのは正直驚きですね。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

ここまでは各グレードの違いについて触れてきましたが、ここからは各グレードの魅力・選んでいる人の傾向についてを考えてみます。誰でも人の意見は気になるもの。自分の需要とかち合うグレードはどれなのか、照らし合わせて考えてみましょう。

口コミ等を参考にしたいのですが、フルモデルチェンジされたのが2018年7月なので、あくまで参考までに考えてください。

Touringの魅力。選んでいる人はどんな人?

Touring_シート

アイサイトが全グレード標準装備となっているだけではなく、標準的な基本装備も十分に搭載されているTouringは、ベースグレードで特別な装備が無いために、フォレスターという車本来の性能や設計思想などが浮き彫りになります。

高い走行性能や細部まで作りこまれた機能的な内外装、必要最低限は全て揃っている標準装備・・・どれをとっても質が高く、所有する喜びを感じられるはず。

安全性能も充分なので、ファミリー層の購入者が多いように感じます。

ただ、Touringの弱点となっているのは、シートの材質やキーレスアクセスがない点。

廉価グレードだからか、ちょっとチープな印象を受けることも多いですが、そこまでインテリアに注目していないのであれば、充分乗りやすい1台といえますね。

X-BREAKの魅力。選んでいる人はどんな人?

X-BREAK_内装

X-BREAKは「SUVらしさ」が一番の魅力ポイントになると思います。

各所にちりばめられた武骨な印象を与えるレッドオレンジの加飾や、ルーフレールの存在感はまさしく『男のクルマ』を連想させてくれますし、撥水機能が付いたシート地も利便的。アウトドアがより楽しくするための仕組みがたくさん隠れているグレードとなっています。

「オレンジステッチが入ったシートがお洒落で、疲れにくく、冬はシートヒーターが重宝する」という口コミが見られます。オレンジステッチの評価は高めですが、「シルバーの装飾は色の深みなどがイマイチ」と評価が低いです。

元々特別仕様車だけあって、X-BREAKの魅力はこういった加工にあると言えますが、一長一短で、必ずしも上質さを感じるわけではないようですね。

ルーフレールが付いているからか、荷物を積んで山道に乗り出す人が多く見られます。ルーフレールはオプションでも付けられるため、オレンジステッチの加工に興味が無い・魅力を感じないという人は、購入をおすすめしません。

中には「オレンジステッチが子供っぽくて嫌い」と言いつつ購入している人もいますが、このグレードの魅力の大半が無意味なものとなってしまうため、購入を避けるべきでしょう。

大人数人でレジャーに行くことの多い独身者、ファミリー世帯の購入者が多いです。

Premiumの魅力。選んでいる人はどんな人?

Premium_内装

Premiumはインテリアの質感と先進技術の多くが搭載されている点が魅力のグレードです。ヒヤリハットを防ぐ安全装備が追加されているため、より安全な運転が可能となっているのが特徴的ですね。

先進技術であるアイサイトに加えてセイフティプラスも搭載しているため、運転時間が長くなりがちな高速道路でも事故無く安全に乗り続けることが出来ます。

安全装備が充実しているということから、独身者よりもファミリー層の購入者が多いように感じますが、このグレードまで行くと300万円と装備に見合った価格となるので、どうしても手を出しづらいです。

しかもハイブリッド車となるAdvanceとほぼ変わらない価格の為、購入者は限られてくると思います。

Advanceの魅力。選んでいる人はどんな人?

Advance_内装

Advanceの魅力は、ズバリ『ハイブリット車』、コレに限ります。
基本的な装備はPremiumと同等ですし、ハイブリッド車ゆえの燃費の良さで長い目で見ても経済的なのは火を見るよりも明らかです。街乗りでも安全・安心して乗ることが出来ますし、不満に感じるポイントもない。しいて言えば価格がちょっと高いくらいでしょうか。

そのため購入層はファミリー層と独身層のどちらにも多いと思いますよ。

総合的に売れているグレードを考察

グレードごとにまとめるとTouringは『基本』、X-BREAKは『アウトドア』、Premiumは『街乗り』、Advanceは『ハイブリッド』といったイメージが強く残ります。

ただ、個人的な感想を含めてオススメするなら、基本となるTouringですね。

フルモデルチェンジで安全性能が高まり、機能・装備・価格のバランスが最も優れているので、フォレスターの乗り心地を十分に感じられると思います。

装備内容も前モデルと比べて充実していますし、そこまでこだわらない限り、不満はまず起きないでしょう。

物足りないと感じたり、さらに安全装備が欲しいと感じたら、そこで初めてX-BREAKやPremium、Advanceの購入を検討することをオススメしますよ。自分のニーズと予算を照らし合わせ、上位グレードを検討してみてくださいね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です