新型CR-Vが、ハイブリッド車として日本再登場! その特徴とは?

新型CR-V

ホンダのCR-Vといえば、「懐かしいなあ」と感じる方も多いと思います。現在SUVの草分け的な車だったCR-V、2013年にヴェゼルにお株を奪われた結果2016年に国内販売を終了しました。時代を作り、時代に取り残されたわけです。

しかし、そんなCR-Vの新型が日本国内に復活する様子!

現在公式発表されている情報はほとんどないものの、海外仕様版の特徴などから様々な予測が飛び交っています。現在予想されている情報などを、一挙紹介しましょう。

改めて、CR-Vとは?

CR-V

CR-Vは、1995年に初代が発売された前輪駆動ベースSUVの先駆けとも言えるような車です。

3ナンバーサイズながらも、全幅1.800mmは超えず国内の取り回しがしやすく、視界良好で運転もしやすい、しかも割安ということで人気を博していました。

ただ、その後にCR-Vは海外に向けてボディ拡大を行い、全幅1,800mmを超えてしまったんです。これによって国内販売台数が下がりました。

そんな折、2013年コンパクトSUVヴェゼルが登場! かつてのCR-Vをも思わせる特徴を持った車が登場したことによって、国内市場におけるCR-Vの需要が壊滅的なものになりました。

そして、2016年に一旦日本市場における幕を閉じたわけです。

ただ、そんな車にも密かなファンがいます。「CR-V」まだかなあと思っていた方も多く、そういう方には、今回の新型復活には何らかの思いが燃えるのではないでしょうか。

新型CR-Vの展開

新型CR-Vは、先んじて2017年7月に中国で発表されました。中国仕様は1.5L直噴ターボを搭載する「スポーツターボ」と、スポーツハイブリッドi-MMDを搭載している「スポーツハイブリッド」の二つのモデルが用意されています。

そして、東京モーターショー2017に海外仕様版が展示されました。その後、2018年2月、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーにて、新型CR-Vハイブリッドの欧州モデルを初公開すると発表しています。

日本発売に関しては、未発表です。

中国→欧州→日本と、段階を踏んで発表を行い、様子を見ているという感じでしょうか。

日本仕様 新型CR-V ハイブリッドの予想図

日本仕様に関しては、わからないことだらけです。発表済みなのは中国仕様のみ、欧州市販モデルの公開も3月ですからね。

2018年2月は日本仕様は未定の未定。だけど、中国仕様などから予想されている姿があります。それを、紹介しましょう。

中国仕様のハイブリッドシステム

中国仕様に搭載されたハイブリッドシステムは、2モーターの「スポーツハイブリッドi-MMD」と呼ばれるもの。

エンジンは発電機として機能しながら、駆動はモーター任せだから極々小さいノイズで力強い加速をすることができます。しかも、エンジンが発電機としてしっかり働いてくれるため、速度の増減などが発生しにくく効率が良いんです。

燃費は「ハイブリッド車」として見てみれば高燃費ですが、JC08燃費20.8km/Lとガソリンを使う車としては良好な方となっています。

中国仕様として紹介しましたが、日本販売されるときもほとんど同じになるのではないでしょうか。パワートレインは大幅に違いが出るというようなことは考えにくいですからね。

装備の強化

昨今、ホンダは先進安全装備の標準化を進めています。そのため、Honda SENSINGが全グレード搭載されると予測されているんです。

ただ、廉価版モデルとしてHonda SENSINGの機能を省いたものも登場するかもしれません。それはそれで選択肢が増えて嬉しいことですけどね。

また、電動パーキングブレーキも採用されるという話があります。公開されている画像に電動パーキングブレーキの操作系が映りこんでいるんですよね。

グレード別設定となるか、全車標準化は定かではないものの、電動パーキングブレーキ搭載車にはACCの渋滞追従機能が付くのではないでしょうか。

さらに、海外版の画像を見ると、Android AUT、Apple Car Playが搭載されているようです。ただ、これに関しては安全装備よりも日本市場で投入される可能性は若干低いのではないでしょうか。

ナビメーカーなどとの兼ね合いもありますからね。

もちろん、導入してくれた方が嬉しいです。

ハイブリッド以外はどうなるの?

中国仕様にはターボモデルが用意されていましたが、国内はハイブリッド一本になるという声が大きいです。

少なくとも「ディーゼルは搭載されない」というのが主流の意見ではないでしょうか。中国仕様にも、ディーゼル車はありませんしね。

ハイブリッド以外が用意されるとしても、ターボ車のみとなるでしょう。

正式発表はいつなのか

正式発表は、2018年6月ごろではないかと期待されています。

欧州仕様の発表から3か月後ということですね。夏頃に新車を発表するメーカーは多いため、可能性は非常に高いです。今後のホンダ正式発表に期待が高まりますね。

まとめ

CR-Vハイブリッドに関して、国内版の情報はほとんどありません。

色々な人が、中国仕様と欧州仕様の情報を見ながら「ああではないか」「こうではないか」と予測している段階です。今が一番楽しい時期ですよね。

皆さんも、「ああではないか」「こうではないか」と色々な予測を立ててみてください。

今回紹介した中だと、「パワートレインは中国仕様とほぼ同等か、ハイブリッドのみ」「装備は海外版同様強化される」「発表は夏ごろ」というのは、メジャーな予測となっているようです。

予測を楽しみながら、ホンダの正式発表を待ちたいところですねえ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です