クラウンアスリートHVのグレードの違いを分析!ガソリンよりも良いの?

トヨタクラウンアスリートHV

クラウンは愛され続けている純国産高級車、アスリートはそのスポーツモデル。高級車のスポーツモデルというと、6気筒以上が当たり前。

ただ、時代は低燃費を求めているわけです。クラウンアスリートHVは、気筒数を減らしてハイブリッドシステムで加速を補うという時代に沿った高級車スポーツモデル!

国産高級者スポーツモデルの代表格トヨタ クラウンアスリートに、国産ハイブリッド車の王道トヨタのハイブリッドシステムを搭載。それだけでも夢踊り心沸く車と言えるのではないでしょうか。

そんなクラウンアスリートHVの特徴を、各グレードごとに紹介しましょう。

クラウンアスリートHVグレード表

グレード名 価格
Hybridアスリート/Four 4,395,600円(4,611,600円)
HybridアスリートS(特別仕様車)/Four 4,978,800円(5,194,800円)
HybridアスリートS/Four 5,032,800円(5,248,800円)
HybridアスリートG/Four 5,548,200円(6,064,200円)
※()内にはFourの価格を表示しています。

最低価格と最高価格の差は、約1,152,600円と大きいです。グレードは大きく分けて三つと、特別仕様車ひとつ。

注目したいのが、ベース車HybridアスリートSよりも、特別仕様車の方が安いということです。普通は特別仕様車の方が高いものなので、これはどういうことかと疑問がわいてきますよね。

特別仕様車「J-FRONTIER Limited」には、レザーシートパッケージというオプションパッケージを付けたものもありますが、これは価格が5,092,200円と高めです。

価格設定から謎が感じられるクラウンアスリートHV、その謎の答えは各グレードの特徴を見ていく中で解消されるのでしょうか? そこにも注目したいところですね。

各グレードの特徴や違いを解説

価格差が大きかったり、価格設定が少し謎だったりするクラウンアスリートHV。

その謎を解き明かすべく、まずは各グレードの性能と簡単な特徴だけを説明したいと思います。詳しい装備内容に関しては、後で見てみましょう。

Hybridアスリート/Four

スポーツモデルというと、グレードごとに性能に激しい違いが出ていそうですよね。価格差も大きいのだから当然そうだろうと思うのが、常識というもの。

ただ、驚くことに、クラウンアスリートHVは全グレード通して共通したエンジン性能を持っています。

直列4気筒DOHC、排気量2.5Lエンジン!

スポーツモデルなのに4気筒? 2.5L? なんだか寂しくないかなと感じる方も多いと思います。ただ、性能は最高出力131kW/6,000rpm、最大トルク221Nm/4,200~4,800rpmとスポーツモデルを名乗るのに相応しいくらいはあるんです。

特にトルクが大きいですよね。最大トルクの回転域が少し高めに感じるのがネックですが、足りない分はハイブリッドシステムで補えばいいわけです。

そのハイブリッドシステムの性能が、最高出力105kW、最大トルク300Nmと高いのが良いポイント。

走らせてみると、立ち上がりが思っていたよりも高いのに驚きます。静かにスルーと滑るように動き始めるんですよね。

最大トルクを発揮する回転域が中間に傾倒しているのを、ハイブリッドシステムで補っています。しかも非力とは言えないほどのパワーがあり、加速体制に入らなければこれだけで十分なんじゃないかと思わされるんです。

加速体制に入ったら、エンジンが始動。音も振動もそれほどなく、加速時のアクセルレスポンスが非常にリニアでストレスフリー。「回してるのにパワーが少ない」と、アクセルではなく地団駄を踏みたくなるということはありません。

エンジン回転数に応じてリニアに速度が上がるから、運転しやすく楽しいです。

スポーツモードの加速Gも満足に足るものだし、走りたい男心がグッとくすぐられます。

スポーティを求める方も、ハイブリッドだからと敬遠することなく楽しめる車ですよ。装備内容をあまり気にしないのなら、ベースグレードを選んでおけば間違いありません。

より走りを高めたい方は四輪駆動モデルFourを選ぶのも良いでしょう。

HybridアスリートS/Four

HybridアスリートGよりも、装備が少し豪華になっています。

たとえば、「NAVI-AI-AVS」を搭載したり、チルト&テレスコピックステアリングが電動になったりしているんですよ。

足回りやシステム面の変更点もありますが、それ以外の変更点を一言でまとめるなら……。

「より高級車らしい装備内容になった」となるでしょうね。

高級車には欲しい機能、スポーツモデルには欲しい機能がしっかり搭載されるようになっています。

HybridアスリートG/Four

HybridアスリートSよりも、さらに装備が豪華になったのがこのグレードです。

たとえば、ブラインドスポットモニターが搭載されたり、アダプティブハイビームシステムが搭載されたりしています。

機能面の強化が多いけど、本革シートなど素材のグレードアップも多く、より「高級なスポーツモデルであること」を強く実感できるのではないでしょうか。

HybridアスリートS(特別仕様車)

内外装が黒を基調としたものになっています。フロントグリルは漆黒メッキ仕様になり、本革巻き4本スポークステアリングホイールはブラックレイヤーウッド(本杢目)になった。

深みのある黒を基調としたシックな印象が付けられてカッコイイ。

しかも随所にクラウンマークを刻み込むなど、造りこみがとても細かいんです。

黒を基調としていながらも、ボディカラーはしっかり好みのものを選べます。ブラックなら漆黒メッキ仕様のフロントグリルとよく調和するだろうし、敢えてレッドを選ぶのも黒が良いアクセントになってカッコイイでしょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

グレードごとの違いは主に装備にあるということでしたが、実際どれくらいの違いがあるのでしょうか。

内外装や機能など、クラウンアスリートHVの装備をグレードごとに紹介し、価格とも照らし合わせて自分にとって十分な装備を備えたグレードを見つけてみてください。

全グレード共通標準装備

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席+運転席ニーエアバッグ+前席サイドエアバッグ+前後席カーテンシールドエアバッグ)
  • むち打ち傷害軽減フロントシート(WILコンセプトシート)
  • フロント(ベンチレーテッド)ディスクブレーキ
  • リヤディスクブレーキ
  • デュアルエキゾーストテールパイプ
  • ハイブリッドシンボルマーク(サイド・リヤ)
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール
  • リヤセンターアームレスト(カップホルダー付)
  • 前席シートヒーター
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン(花粉除去モード・空調統合制御・前席集中モード付)
  • ステアリングヒーター
  • ハイブリッドシステムインジケーター

手放しに褒めることはできないかもしれないけど、この価格なら当然入っているだろう装備がしっかり入っているから不足感はありませんね。

個人的には、レーダークルーズコントロールや左右独立温度コントロールフルオートエアコンが標準装備な点に、心惹かれます。

こういった装備はグレードごとに微妙な違いを持たせることができるんです。たとえば、「クルーズコントロールとレーダークルーズコントロール」という風に。それをしないという点が好印象。

しかもエアコンには各モードが付いていて充実感があります。

また、内装関係だとリヤセンターアームレストが高級車然としていていいですよね。

安全装備は先進安全予防機能に頼りながらも、むち打ち傷害軽減シートなど設計面もしっかり考慮されていて安心できます。

スポーティに走らせるなら、やはり安全面が心配ですからね。特にむち打ちは、軽い接触などでも起こりうる怖い症状なので被害を軽減する設計がされているのはありがたいです。

高級車として基本をおさえながらも、しっかりプラスアルファが得られる全車標準装備となっていて、ベースグレードで十分という方も多いかもしれませんね。

Hybridアスリート/FourとHybridアスリートS/Fourの装備、特徴、異なる点

Hybridアスリート/Four HybridアスリートS/Four
  • カラード アウトサイドドアハンドル
  • UVカットフロントドアグリーンガラス
  • UVカットリヤドア・バックウインドゥグリーンガラス
  • 4灯リヤフォグランプ(左右)
  • 防眩インナーミラー
  • デジタルクロック
  • マニュアルチルト&テレスコピックステアリング
  • 運転席6ウェイマニュアルシート
  • 助手席4ウェイマニュアルシート
  • オーディオレス(6スピーカー)
  • メッキ+カラード アウトサイドドアハンドル
  • NAVI・AI-AVS
  • スーパーUVカット&はっ水機能付フロントドアグリーンガラス
  • UVカット機能付ソフトプライバシー リヤドア・バックウインドゥガラス
  • オートワイパー(雨滴感応式)
  • 6灯リヤフォグランプ(左右)
  • 自動防眩インナーミラー
  • GPS補正機能付デジタルクロック
  • 電動チルト&テレスコピックステアリング
  • 「ナノイー」
  • 運転席8ウェイパワーシート
  • 助手席4ウェイパワーシート
  • 電動ランバーサポート(運転席)
  • T-Connect SDナビゲーションシステム
  • クラウン・スーパーライブサウンドシステム
※二つのグレードで違いのある装備のみを挙げました。

個人的に、運転席8ウェイパワーシートが嬉しいです。クラウンアスリートHVのように、スポーティに乗り回せる車ならシートポジションにはこだわりたいですからね。

こだわるなら6方向より8方向の方がいいし、手動より電動がいい。ランバーサポートがあった方が負担も軽減されるから、走りを楽しむなら全体的にHybridアスリートSくらいの装備が必要になります。

ナビとサウンドシステムも標準装備されるし、クオリティが高い装備ですよね。

ただ、デジタルクロックのGPS補正機能のような必要性を感じにくい装備があるのは、少し首をかしげたくなります。

あった方が良いかもしれないけど、そういうのは最上位グレードに取っておけば良いのではと感じるんですよねえ。

ただ、クラウン・スーパーライブサウンドシステムのクオリティは高いです。癖が少なく、重低音が強調されるとか高い音が拾いにくいとかはありません。

サウンドシステムは会社ごとに重視する音が違っているから、選びにくいけどこれなら万人向けと言えるのではないでしょうか。

音が素直に広がり、低い音はしっかり胸に響くし、高い音はしっかり突き抜けていきます。

Sグレードは不満点もありますが、積極的に選ぶだけの価値があるグレードと言えるのではないでしょうか。

ベースグレードは走りにはこだわらず、純正ナビとオーディオシステムが不要という方向けですね。

HybridアスリートG/Four装備、特徴、異なる点

  • 電動式リヤサンシェード
  • 手動式リヤドアサンシェード
  • 本革シート
  • 前席シートベンチレーション
  • マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング・シート・ドアミラー)
  • パワーイージーアクセスシステム(運転席)
  • 全ドアスマートエントリー&スタートシステム(カードキー付)
  • ブラインドスポットモニター
  • T-Connect専用DCM+ルーフアンテナ
  • アダプティブハイビームシステム
  • リモートセキュリティシステム(リモートイモビライザー)

必要性の高い万人に人気のあるような装備をSグレードに回し、Gグレードにはプラスアルファ的なものが多いですね。結果的に、高級感溢れる車になっています。一見必要無さそうなものを極めることこそ、高級志向の根源ですからね。

ただ、ブラインドスポットモニターなど便利な機能もしっかり搭載されています。死角となる部分をモニターで確認することができるから、安全性がさらにアップ。ハイビームシステムも強化され、視認性も高いです。

クラウンアスリートと、クラウンアスリートHVのアダプティブハイビームシステムは特に精度が高く、楽に安全性を確保することができます。夜間ドライブのストレスが軽減され、より走りを素直に楽しめるようになるでしょう。

他にも、カードキーが付いたりサンシェードが付いたり利便性が高くなっていますね。

HybridアスリートS(特別仕様車)装備、特徴、異なる点

  • 漆黒メッキ仕様フロントグリル
  • ダークスモークメッキ リヤライセンス・LEDリヤコンビネーション ガーニッシュ
  • ブラック リヤバンパー ロアスポイラー
  • ダークスモークメッキ王冠エンブレム(フロント)
  • ダークスモークメッキBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  • ブラックフロントフォグランプベゼル
  • LEDリヤコンビネーションランプ エクステンションサイド部(ブラック)
  • ブラックレイヤーウッド(本杢目)本革巻き4本スポークステアリングホイール
  • ブラックレイヤーウッド調加飾シフトノブ(木目調+メッキ加飾)
  • アルミペダル
  • 前席シートヒーター
  • ブラックレイヤーウッド調加飾 木目調パネル(インストルメントパネル・センターコンソール・ドアトリム)

基本的に内外装の各所がブラックや木目調になったという感じですね。アルミペダルの採用もあり、全体的にスポーティなイメージでまとまっています。

選ぶボディカラーによってエクステリアの印象は変わりますが、全体的にブラックが良いアクセントとなって引き締まったように見えますよ。

カッコイイ一台が欲しいという方には嬉しいのではないでしょうか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

クラウンアスリートHVのグレードの特徴を性能・装備などから見てきましたが、自分なりに納得のいくグレードが見つかりましたか?

個人的には「このグレードはこんな人にいいのではないだろうか」など、オススメが固まっています。少しでもグレード選びの助けになるよう、そのオススメを紹介しましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
Hybridアスリート/Four ☆☆☆ 装備にこだわらない方へ。
HybridアスリートS/Four ☆☆☆☆☆ 装備にこだわり、より楽しみたい方へ。
HybridアスリートG/Four ☆☆☆ 高級感をさらに追及したい方へ。
HybridアスリートS(特別仕様車) ☆☆ カッコ良さを極めたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

Hybridアスリート/Fourの評価

性能は全グレード通して同じだから、クラウンアスリートHVの性能に惚れたけど装備はあまり気にしないという方にはベースグレードをオススメします。

価格もSと比べてかなり安く、値段が気になるという方にも良い選択肢になるでしょう。積極的に選ぶには理由が足りないかもしれませんが、安定して良い車なので選んで後悔することはなさそうです。

HybridアスリートS/Fourの評価

ベースグレードに比べて価格が高くなりますが、その分装備や機能が充実した選びやすいグレードです。

走りを楽しみたいという方も満足できるドライビングポジション調整機能が用意されていたり、純正ナビやサウンドシステムが用意されていたり、装備と機能に過不足泣くバランスよくまとまっています。

Gと比べると万人受けしそうなグレードですよね。

HybridアスリートG/Fourの評価

必要性の高い装備や機能はSグレードで出尽くした感じがしますが、このグレードは「必要性は低いけどあればなお良い」という装備や機能が多く、高級感がありますよね。

万人に向けてオススメできるグレードはSだけど、高級志向の方にはGの方が面白いかもしれません。

HybridアスリートS(特別仕様車)の評価

「黒がカッコイイ」「メッキがカッコイイ」「木目調はロマン」という方には、オススメしたいグレードです。逆にそれらの考えに全く同意できないという方には、オススメできません。

自分なりのカッコ良さを追求し、極めたいという方にのみ選んで欲しいグレードですね。

クラウンアスリートHVの総合評価

クラウンアスリートHVは、最初はなんだか寂しい車だなあという印象がありました。スポーツモデルとうたいながら4気筒のみというのは、やはり第一印象的には良くありませんよね。

ただ、一度試乗してみれば価値観が変わります。現代には、4気筒+HVというスポーツモデルの形もありなのかもしれない。

そう気づかせてくれる、良い車ですよ。

各グレードの違いは装備のみだからこそ選びやすいし、ベースグレードにも大きな価値が生まれています。じっくりと装備を比較し、グレードを選びましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です