もう迷わない!ヴェゼルハイブリッドのグレードの違いと納得するための選び方

もう迷わない!ヴェゼルハイブリッドのグレードの違いと納得するための選び方 キャッチ画像

「ガソリンにするかハイブリッドにするか…」なんて思ってませんか?

実はヴェゼルを購入する人って、一度はこの壁にぶち当たっちゃうんですよね。

確かにハイブリッドにはハイブリッドなりの魅力がありますが、正直ガソリン車も捨て置けない存在。

また公式サイトを見てみても、それぞれの違いがあいまいでどっちにするか決めかねている人も多いはず

そこで今回はそんな人に向けて、ヴェゼルハイブリッドのグレードについてまとめました。

グレードの決め手となるポイントを知りたい人や、ガソリン・ハイブリッドのどっちにするか悩んでいる人は是非参考にしていってくださいね。

1分で完璧!ヴェゼルハイブリッドのグレードはこうしてみるとよくわかる!

ヴェゼルHVのグレード早見表1

ヴェゼルハイブリッドのグレードは、大きく分けて3つに考えるとシンプルに把握できます。

ガソリン車ではなかったグレード『Z』があるのもポイントです。

まずはそんなヴェゼルの簡単なグレードの違いについて見ていきましょう。

基本的なグレードは3つ。そう考えるとわかりやすい

『HYBRID』『HYBRID X』『HYBRID Z』は、イメージとしてはガソリン車の『G』『X』のような関係性と考えてOK。

そしてこれらの違いは以下の通りです。

  • 基本グレードとなる『HYBRID』
  • 『HYBRID』をベースに安全性と加飾を追加した『HYBRID X』
  • 『HYBRID X』に快適性と利便性を追加した『HYBRID Z』

この3つのグレードの詳しい違いは、後述するので読み進めてチェックしてみて下さい。

スポーツ仕様装備が追加された『RS』と『Modulo X』

ヴェゼルHVのグレード早見表2

そして『HYBRID RS』は、そんな基本グレードに運転したいと思わせるような、『走り』にこだわった装備を追加したグレード。

例を挙げると、RS専用のエアロパーツやホイールなど外観に関わる部分や、微振動を抑えるパフォーマンスダンパーなど快適性に関わる装備が追加されています。

また、『Modulo X』は見た目にも足回りにもこだわって、より『走る車』となった特別なグレードだと考えると分かりやすいですよ。

HYBRIDとガソリン車のここが違う!

ちなみに、HYBRIDとガソリン車の違いはエンジンだけではないです。

例えば、ガソリン車の廉価グレードとなる『G』と『HYBRID』を比較すると、下のような7つの装備に違いがあります。

車両接近通報装置/リアクティブフォースペダル/ボディーロアーガーニッシュ

特に注目なのは上の画像にある3つで、その機能は以下の通り。

  • 低速時、走行音を発することで歩行者に接近を知らせる
  • アクセルの踏み過ぎをペダルが反発することで抑制する
  • ボディーの下部に装備するエアロパーツ

安全装備やら燃費を押さえるエコ装備やら、もちろんエクステリアにも違いがありますよ。

さらに画像の3つの他にも、パドルシフトやナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器〈ナビゲーション連動〉といった装備がはじめから装着されていたり、SPORTモードや左右独立温度コントロール式エアコンが取り付けられていたりするのもポイントですよ。

ヴェゼルハイブリッド各グレードの違いはここに注目!

女性がAとBで悩んでいる

ここまでヴェゼルハイブリッドの装備やグレードごとの違い、それに加えてガソリン車との違いも明確にしてきました。

複雑だったものが少しずつ紐解けてきたような気がしますね。

それではグレードをさらに知るために、各グレードの装備の違いを詳しく見て行きましょう。

HYBRIDとHYBRID Xの違いは『安全性』と『加飾』

前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム/ハロゲンフォグライト

先ほども言った通り、この2つのグレードはガソリン車の『G』や『X』のような関係性とほぼ同じで、特に安全性に大きな違いがあります。

特に後部座席まで包み込むカーテンエアバックは、万が一の事故の時でも車内全席を保護するので、最悪の事態は防ぐことができるはずです。

この他にもスピーカーが4個から6個に増えたりフォグライトが追加されたり、さらに本革仕様のステアリングホイールやアルミホイールになるなどの違いもあります。

廉価グレードから1つ上がるだけで、中身も外見も様々な点で豪華になっているんですよ。

XとZは『快適性』と『利便性』に違いあり!

シート地/ルーフレール

また主に安全装備が追加された『X』に、快適性と利便性をもたらす装備を追加したのが『Z』です。

特徴的なのは画像にもあるシート地とルーフレール。

運転中の快適性を左右するシートは皮とファブリックのコンビ素材に変わり、さらにルーフレールといったエクステリアへの加飾も追加されています。

それに加えてシートにヒーターが内蔵されたり、ワンタッチ式パワーウインドウが付いたりと利便性もグッと向上。

このように『Z』は、標準的な安全装備で快適なドライブができるバランスの良いグレードだと言えますね。

RSで追加される装備の注目ポイントはココ!

シート地/スポーツペダル/ VGR(可変ステアリングギアレシオ)

上の画像のように『RS』ではブラックの専用シートやスポーツペダルなどのインテリアスポーティさもさることながら、ハンドル操作にダイレクトに反応するVGRもスポーツ仕様のならではの装備でしょう。

『走りそう』な見た目から、実際に走った時まで「走りにこだわりたい」って人の欲求にこたえてくれるのがRSです。

また、車体微振動を抑えるパフォーマンスダンパーもあるので、高速走行中の快適性が損なわれる心配も必要ありませんよ。

Modulo Xはまさに『走り』にこだわったグレード!

シート地/サスペンション/ホイール

特別仕様車である『Modulo X』の装備は、まさに「走る喜び」を感じられるヴェゼルハイブリッド最高のスポーティーグレードです。

シート地はグレード名をあしらった専用シートを採用し、フォルムもまさに「スポーツ仕様!」って感じに見えますよね。

さらにホイールもアルミ本来の輝きのあるデザインで、他のグレードとはちょっと雰囲気も違うように感じませんか?

また快適性はもちろん、ハンドリングにも影響するサスペンションは『Modulo X』専用仕様。

見た目だけじゃなく、中身もしっかりスポーティーなのが『Modulo X』というグレードなんです。

購入者が気にしたヴェゼルハイブリッドのグレード選びのポイント、教えます!

男性が指を指している

恐らくここまで見てきたあなたはヴェゼルハイブリッドのグレードについて、最初よりずっと詳しくなっているはず。

しかし、詳しくなったおかげで余計にどのグレードが合うのか分からないなんて状態になってはいませんか?

そこで最後に実際にヴェゼルハイブリッドを購入した人が気にした、グレードの選び方のポイントを教えちゃいます!

そもそも『HYBRID』にする必要があるのかどうか

ここだけの話、月に何度かしか乗らない人はHYBRID車を選ぶのは間違いかもしれません。

というのも、走る回数や距離が少ないと“駆動用バッテリーにまともに充電出来ない”という事態になるので、HYBRIDの装置自体が稼働しない可能性があるんです。

その上、バッテリーの寿命を極端に縮めてしまう原因にもなるため、数年で取り換えなければいけないってこともあり得ます。

つまり都市部で土日しか運転しないなんて人なら、ガソリン車でも全然大丈夫ってワケ。

逆に日常的に車の運転が必要な地域に住んでいるって人は、HYBRIDを選択した方が良いでしょう。

検討するグレードの基準は『HYBRID X』から

そしてヴェゼルのグレードを選ぶ上での基準となってくるのが、標準的かつ快適な装備が付いている『HYBRID X』。

そしてその装備が必要でないのであれば『HYBRID』を、もしくはルーフレール等の装備を付けてアクティブな活動をしたいというのであれば、『HYBRID Z』を選ぶ。

こんな感じで段階的に考えていくと分かりやすくて良いですよ。

また走る快感にこだわっていくのであれば、『HYBRID RS』または『HYBRID Modulo X』などの走るための装備を整えたグレードを選ぶ。というのが最もシンプルで間違いのない選び方になります。

ちなみにヴェゼルの全ハイブリッドグレードの価格は以下の通りです。

グレード 価格
HYBRID 2,505,555円(2,725,555円)
HYBRID X 2,586,018円
(2,806,018円)
HYBRID Z 2,760,186円
(2,980,186円)
HYBRID RS 2,862,037円
HYBRID Modulo X 3,467,200円
(3,617,900円)

※( )内は4WDの価格

価格差が付けたいオプションより安いかどうかもポイント

中には「新車を買うなら自分の使いやすいようにしたいから、何かオプションを付けたいなぁ」と考えている人は多いはず。

そんな時は各グレードの価格差を見て判断するのがおすすめです。

グレード 価格
HYBRID 80,463円円
HYBRID X
HYBRID Z 174,168円
HYBRID RS 276,019円
HYBRID Modulo X 881,182円

今回は上で基準となるグレードをXと決めたので、Xと他グレードという構図で価格差をまとめてみました。

そもそもこの表を見てイメージしてほしいのが、それぞれの価格差をどう捉えるかという事。

例えば、「Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器のオプションを付けるとこんな感じで、実際のオプションとグレードごとの価格差を比べてみるのもいいかもしれませんね。

『価格差に注目する』これは車の賢い購入の仕方の1つだと言えるでしょう。

2WDにするか。4WDにするか。

はっきり言います。

あなたに「この車に乗って郊外のキャンプ場や、東北のスキー場に行きたいなぁ」って考えがあったとしても、4WDは必要ないかもしれません。

というのも、キャンプやスキー場に向かうための道路や駐車場に、未舗装の部分なんてほとんど無いんです。

早い話、未舗装の道路を運転するなんてことは、今の世の中じゃ余程のことがない限りあり得ない話だってこと。

そのためそれなりのタイヤを装着すれば、行けない場所は無いとも言えるので、基本的には2WD(FF)でも充分だと言えるでしょう。

もっと言うと4WDにした場合、22万円(Modulo Xは約15万円)も高くなるという価格面のデメリットもあります。

そう考えると、ハイブリッド車で4WDを求める必要性は無いように感じませんか?

ただ、かといって4WD全部が悪いわけでもありません。

だって積雪地域にお住いの方や、路面凍結している道路を走る人にとっては安定した加速とパワフルさは欠かせませんからね。

つまり【乗り方、使い方、住んでいる場所】に応じて、2WDにするかそれとも4WDにするかを決めるのが一番って事なんです。

まとめ

本ページ「もう迷わない!ヴェゼルハイブリッドのグレードの違いと納得するための選び方」ではヴェゼルハイブリッドのグレードごとの違いを明確にして、それらの装備について紹介してきました。

また選び方のポイントも紹介したので、きっと今ならどのヴェゼルハイブリッドが欲しいのか、ほぼ決まっているって人が多いはず。

ぜひ自分の満足のいくグレードを購入してくださいね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です