CX-3実燃費計測。実際に運転してみての感想

実燃費CX-3外観

カタログ燃費:23.0km/L
実燃費平均:18.10km/L

1,500ccのクリーンディーゼルターボを全グレードに搭載したコンパクトSUVである、CX-3。同社のCX-5と比べて車体が小さく安価で低燃費であることから、できるだけ節約したいという層に高い人気がある車です。そのため、やはり燃費は気になるところでしょう。

上記カタログ燃費と実燃費平均を見てみると、どちらもSUVの中では低燃費であると言えます。それならば、もっと良い燃費記録が出せるのではないかと考えてしまうのが、人間というものですよね。そこで、オーナーの実燃費記録を拾い、その上で私も実際に乗って、どれくらい燃費がよくなるのか、試してみました。

各オーナーの実燃費記録を紹介

「DPF再生込みで、ここまで走ってきてほとんど20km/L程度です」
「1年間に31,000km走って、累積平均燃費が19.2km/Lになりました」
「一般道で17km~18km/L、高速道路で20km~22km/L」
「高速利用なしで16km/L程度、高速含めた遠出をして、19km/L程度です」(4WD)
「平均燃費で20km/Lを超えました!」(4WD)
「高速が三分の一程度の割合で100km以上ドライブすれば、余裕で20km/Lを超えます」
「平均24.6km/Lで、4速街乗りメインだと23km/L、6速高速メインだと24km/Lです」
「街中で15km~17km/L、郊外で18~20km/L、高速道路だと22~25km/L、非常に満足です」
「街乗りでは14km~15km/Lあたりで、高速になると20km/Lを超えます。平均は18km/Lです」
「高速に乗ると20km/Lを超えるのですが、市街地だと12km/L程度です」

このほかにも、「ロングドライブで真価を発揮する(燃費も走行性能も)車のようです」という意見もありました。ディーゼルターボですから、確かに長距離ドライブに向いています。実用域での駆動力がとても高く、直進安定性にも優れているので、高速道路を走るとその性能の良さに気づくでしょう。燃料タンクも44Lで結構入りますから、こういった意見があるのも頷けます。

一般道での通常走行の燃費も悪くはないようですね。15km/Lを下回っているという人は、ほとんど見られませんでした。最初の口コミに「DPF再生」とありますが、ディーゼルエンジンの車に乗ったことがないという人のために、簡単に説明します。

クリーンディーゼルエンジンというと、排ガスがあまり出ないイメージがありますよね。でも煤が全く出ないというわけでは無いのです。ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)により、エンジンから出る排気ガスに含まれている粒子状の物質(PM)を回収、除去しています。それによってガスがあまり出ないクリーンなエンジンになっているのです。

DPFは非常にがんばり屋さんで、走行中ものすごく働いています。そのためか、たまにDPF処理r中となり、停車してもアイドリングしないというようなことがあるのです。PMがたまりすぎてはいけないので、時々自動で軽油を吹き付けて燃やし、フィルターの掃除をしています。

これがDPF再生と呼ばれるもので、このときは結構燃費が落ちてしまうようです。クリーンディーゼルエンジンの宿命ですね。

走行レポート。CX-3を実際に運転してみたら・・・

以前CX-5に乗ったことがあるのですが、CX-3は確かにCX-5よりコンパクトですね。小さいから街中での取り回しも楽そうに見えます。デザインはやはり欧州車チックでなかなか渋い。渋いデザインだけど、意外と女性の購入者も多いんですよね。乗ってみると、CX-5同様やや硬い乗り心地。

この硬めのシートは、ロングライド向きですね。インテリアの質感もこのクラスの車にしてはなかなか高く、エンジンをスタートさせると同時に、なんだかわくわくしてきます。今回乗ったのはXDです。安全技術やクルーズコントロールは特に搭載されていません。

エンジンをあたためつつ、室内をエアコンで冷やしつつ、3分程度待ちます。それから街中を30kmほど、CX-3の運転に慣れるという意味を含め、運転してみました。乗り込んだ場所が街中でしたから、ちょっとした渋滞に巻き込まれてストップ&ゴーを繰り返し、走行性能があまりつかめないまま、30kmを過ぎました。

その結果、燃費は13.7km/L。渋滞に巻き込まれてこの燃費は、良いほうなのではないでしょうか。

続いて高速道路を50kmほど走ります。クリーンディーゼルターボといえども、1500ccですから、それほど性能には期待していませんでした。走ってみると、これが案外余裕があるんです。高速域になると、ディーゼル特有の音がしますが、それも他のディーゼル車より静かだと感じます。

ナチュラル・サウンド・スムーザーという装備のおかげでしょうか。快適に走りながら50kmを過ぎ、燃費は17.3km/L。これはもっともっと良くなる予感がします。

低燃費を心がけたら

エアコンを切って、低燃費を意識してエンジンスタート。今度は自分の住んでいる郊外の良く知っている田舎道を30km走ります。走り出すときには、ゆっくりゆっくり自分の足が自重のみでアクセルを踏むイメージで、アクセルを踏み込んでいく・・・。そのままゆっくりと自然に加速していきます。一気にアクセルを踏んで加速させるとエンジンに負担がかかって、燃費が悪くなりますからね。

制限速度になったところでアクセルを踏み込むのをやめ、キープ。よく知っている道で事前に予測ができたので、坂道の前で加速する、アイドリング時間を減らす・無くすために信号の変化を予測して走る、といったエコドライブをすることができました。

それにしても、短距離であまり速度を出さないと、シートが硬くて疲れますね。ただやっぱりCX-5よりコンパクトだから街中で取り回しやすいといっても、街中の走行が向いている車ではないなと思いました。サイズ的なことでなく、乗り心地や走っている感じが長距離向きな気がします。

そんなことを感じながら走り、結果は19.26km/Lでした。20km/Lまであと少しです。

続いて高速道路を50km走ってみます。クルーズコントロールはXDには搭載されていないので、高速道路でのアクセルワークは全部自分で調節。90km/hで巡航するように心がけてアクセルを踏みます。特に渋滞しているということもなく、前方車両との距離を空けるのは苦労しませんでした。

直進安定性に優れていると述べましたが、高速道路で走ると本当にそれを実感します。しかもこの車、ドライバーの意思にとても忠実。アクセルを踏んだ分だけ加速し、アクセルから足を離した分だけ減速します。ドライバーとのフィーリングがしっかりとしているからこそ、高速道路で安定した走りができるのでしょうね。

しかも低回転域からでも駆動力がとても高いので、その分燃費も良くなるのではないかと期待させてくれます。その結果21.8km/L。カタログ燃費には及びませんが、非常に低燃費です。長距離ドライブをすればカタログ燃費を超えるでしょう。

燃費なんて気にせず走ってみたら

暑いのでエアコンをつけ、慣れるために走った際に渋滞に巻き込まれて抑圧された「楽しく走りたい」という欲望を、解放させるかのごとく、アクセルを強く踏んでダッシュ。結構なGを感じながら、後続車が遠くなっていくのを見て、思わずニヤニヤしてしまいます。やはりディーゼルの音はしますが、それほど気になりません。

田舎道特有の直線からの急カーブにも、しっかり対応してくれます。アクセルのフィーリングが非常に高いと述べましたが、ステアリングについても同じでした。自分が思っているとおりに車が向きを変えてくれるので、コーナリングがとても楽です。峠道でも楽に走れると思います。車両の向きが変わりやすいため、速度を出しながらのコーナリングに余裕があり、なおかつ峠を登るパワーがありますよ。

ダッシュで街の中心部に向けて走り、15km程度は中心部でダッシュと急停止を繰り返した結果、燃費は13.5km/Lでした。それでも結構燃費が良いですね。

次に高速道路を50kmほど走ります。アクセルペダルを思い切って踏み込んで加速。やはりこのじわじわ加速している感じと、余裕のある加速感はたまりませんね。高速道路を思い切り走ってみて、ドライブポジションが優れていると感じました。

オルガン式アクセルペダルは、足首の関節の動きにとてもぴったり合いますし、ブレーキペダルは体の中心で踏み込めるような感じがします。アクセルペダルやフットレストの位置も最適で、自然と足をちょっと伸ばした程度にあるので、踏むのが非常に楽です。シートのホールド感も相まってか、クルコンなしで長距離運転しても疲れません。

高速走行の快適さを味わいながら走り、燃費は17.2km/L。全く悪くありません。

まとめ

実際に走ってみて、やはりCX-3は経済的な車だと実感しました。他にも経済的な車種は色々とありますが、「CX-5に乗りたいけどサイズが気になる」という人には、紛れも無くおすすめです。

CX-5と同じ用途で使えるほどのエンジン性能がありながら、どこで走っても低燃費。立体駐車場の利用性にも優れていますし、「街中で実用的に乗るCX-5」というイメージが似合います。

ただ気をつけたいのが、街中で便利に乗りたいという人でなければ、コンパクトなSUVとしてはCX-3の価格は高いため、機能や装備面などを考慮するとCX-5のほうがコスパは高いです。その点注意しながら、購入を検討すると良いかもしれません。

 購入前にチェック!CX-3のグレードや装備については下記に掲載しています。
CX-3 グレードの毎の特徴、違いを解説。どれを買えば間違いない? 

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です