車買取のコツ!おすすめの買取方法を大公開

車買取のコツ

「近々CMで話題の買取業者に査定する予定なんです!」本当にこれでいいんですか?

もしあなたが適当に車を買取に出すとしたら、数十万・数百万円を損することになります。

だって、車の買取業者ってコンビニのようにたくさんありますよね。

これは車買取に対して知識が浅い方が、買取業者の罠にはまっている決定的な証拠です。

そこで今回は、知らなきゃ損する車買取のコツを皆さんに紹介していきたいと思います。

得するかどうかは、あなたの行動次第ですよ!それでは早速見て行きましょう。

車買取の仕組み

仕組み

車買取のコツを紹介する前に、そもそも車買取とはどういう市場で、どのような仕組みなのか紹介していきます。

そもそも車買取とは

そもそも車買取というのは中古車買取業者へ車を売ることを言います。有名な買取業者であればガリバーやラビット、ビッグモーター等でしょう。

皆さんも一度は耳にしたことがある有名企業だと思います。中にはお世話になった方もいるはずです。

これらの車買取業者は、直接あなたが乗っている車を査定して買取をしてくれる場所で、車を買取に出す際に利用することになります。

車買取と車下取りとの違い

「じゃあ車の買取と下取りはどう違うの?」ということですが、そもそも下取りは買取ではありません。

下取りというのは、あなたがディーラーから車を買うときに、一緒に今まで乗っていた車を手放すことが出来るというものです。

確かにディーラー1か所だけで車の売り買いが出来るので楽な気もしますが、下取り額は決して高いものではありません。

では、どうして下取り額は低いのでしょうか?理由としては主に2つあります。

  1. ディーラーは買取専門の業者ではないので買取相場を理解していない
  2. ディーラーは下取りした後にオークションへ出している

1つ目の理由は当然でしょう。新車販売をやっているところが、中古車市場を完全に把握しているわけではありません。となれば、適正価格を知るはずがないんです。

そして2番目の理由について。実はディーラーは下取りしたあとに、その車をオークションに出しています。つまりディーラーが下取りした後に買取業者へ売っているんですよ。

すると、『あなた→ディーラー→買取業者』と間に中間手数料がかかってしまいますよね。

これが下取りではなく、買取だった場合『あなた→買取業者』となるので、中間にかかる手数料が安く済むんです。

だから買取に出した方が下取りよりもお得になります。

確かに、一か所で売り買いが出来るのは楽ですが、実際に損をする金額は数十万円に及ぶことがあるので下取りは勿体ないですよ。

買取業者はどうやって利益を得ているのか

ここで疑問なのが、買取業者がどうやって利益を得ているのかという点。

普通に考えれば、『皆さんから安く買い取って、高く売る』って思いますよね。つまり売値―買取額=利益という計算が成り立つと思います。

でも、車買取業者を見てみると店頭にはたくさんの台数が並んでいて、「本当に利益出てるのかよ?」なんて思いませんか?

利益に関しては、それぞれの買取業者によって戦略が異なります。ただ、一般的には主に以下2つの方法で利益を獲得していると考えられるでしょう。

  1. 広告費にお金をかけ名前を広め買取業者事態のブランド力を高める戦略
  2. 広告費にはお金をかけず車を出来るだけ高く買取し、信頼を獲得する戦略

それでは、詳しく2つの戦略について見ていきたいと思います。

1の戦略について

まず1つ目の戦略は広告費にお金をかけて、広く展開し『車買取言えばココ!』というようにブランドを作る戦略です。

広告費にお金をかけてしまうと、車を高く買取するわけにはいきませんよね。

しかし、仮に車1台に対して売値-(買取額+広告費)=10万円(10万円の利益)と決めるとしましょう。

ブランド力があれば、多くの人がたくさん買取に来ますよね。

すると、1台当たりの利益は少なくなりますが、多く人が来る分合計で見ると莫大な利益になります。(例:1台当たり10万円の利益なら、1日100人集客出来たとき1000万円の利益となる。)

つまり、広告で先行投資をして大きく回収するという戦略な訳です。

当然こういった会社に買取に出した場合、中々高額で買取してもらうことは難しいでしょう。

せいぜいディーラー下取り価格よりも1万円~3万円程度高いぐらいだと思います。

それでも人は、高い価格の方に目が行きます。何より、買取相場がどのくらいで動いているのか全く公開されていないため、どんな金額だって押し通せますよね。

上手いセールスマンであれば、簡単に口説かれてしまいます。こうして買取業者が存続しているという訳です。

2の戦略について

2つ目は広告による集客に頼らず、出来るだけ高く車を買取して信頼を得る戦略。

このような戦略をとる買取業者は地域密着型の小さな買取業者に多く見られます。

広告にお金をかけないので集客は難しいですが、少ないお客さんの中からいかに利益を獲得するかがカギとなります。

1の販売戦略であれば、1人当りのお客さんから得られる利益から、広告に関わる費用もマイナスしなければいけません。

そのため全体で見ると、買取額に掛けられるウエイトが随分と小さくなります。

しかし、2番の戦略なら広告費をマイナスする必要が無いので買取額にかけられるウエイトが大きくなります。

ただ、2番の戦略だからと言って必ずしも買取額を高くしているわけではないので、「じゃあ小さな買取業者を狙えばいいのか!」と思った方は注意してください。

高く車を買取させるコツ

コツ

それではいよいよ、車を高く買取させるコツについて紹介していきたいと思います。

内装・外装を綺麗にする

まず、一番基本となるのが内装・外装を綺麗にするということです。

誰も汚れが目立ったり、異臭がしたりする車を買いたいとは思いませんよね?この気持ちは車の買取業者も同じで、綺麗にしている車の方が高く買取されます。

やはり綺麗な車は「おっ綺麗にしてるなあ。少し値段を上げてもいいかもしれない」と思われやすいです。人間関係でも第一印象って大切ですよね、それと一緒です。

ただ、ここで注意して欲しいのが『過度な掃除や手入れをしない』ということ。

例えば傷が目立つからといって、市販の傷を誤魔化す塗料を使ったとしましょう。この市販の塗料は、プロからすると『汚れ』としか見えません。

結局、買取業者がこの塗料を取り、再び傷を治すことになるので二度手間になってしまいます。すると買取額が低くなってしまうので本末転倒ですよ。

従って、掃除や手入れをするのは、簡単な洗車や車内の整理だけにしましょう。

正直に修理歴を話す

続いてのコツは、修理歴を正直に話すということです。もちろん、正直に話すといっても起こった事実だけを伝えることがポイント。

「そういえば、そこも直したような気が…」なんて、不確定なことを伝えると買取業者に弱みを握られてしまいますよ。

後で「だってここも直したんでしょう?じゃあこれ以上高くは無理だよ」なんて言われても反抗出来ませんからね。

また、修理歴や整備を記録するメンテナンスノートを用意しておくと良いでしょう。査定時の手間も省けて、買取業者に好印象を持たれる可能性が高いです。

何事も備えあれば患いなしですよ!

付いている装備を話す

付いている装備について細かく話すことも重要なポイントです。いくら車に詳しい買取業者だと言っても、『どの車種のどのグレードにどんな装備が付いているのか』を全て把握しているわけではありません。

きちんと購入時の装備一覧を見せるとか、追加オプションでどんな装備を付けたのか、そして純正オプションはどれなのか伝えることが大切です。

また、業者によって重要視している装備が違うので、装備をアピールするのは非常に高価的でしょう。

以前私が査定した時は、A業者ではスライドドアを重要視していたり、B業者では本革シートを重要視していたりと、非常に注視する部分が異なっていました。

カスタムしたパーツがある場合は戻すこと

車好きな方なら、車をカッコよくエアロパーツをいじるという方が多いでしょう。

実際に売る時は元に戻して純正のパーツにしておいた方が得する場合があります。

ただ、戻す時に破損する恐れがあったり、また戻す時にコストがかかるというのであれば、先に買取業者と相談することが大切です。

もちろんその時に、純正パーツを持っているということをきちんと話してください。

買取に出す時期を見極める

最後に重要なのが買取に出す時期です。車によって高く買取される時期が異なる場合がありますが、基本的に1月~3月の前半にかけて高く買取されます。

ちなみに私は3月後半に買取査定に出した経験があるのですが、「もう少し時期が早かったらなあ」と言っていたので、3月後半に出すのはおすすめしません。

複数の業者へ査定すること

車を高く買取させるためには、複数の買取業者へ査定させてみて買取額を比べてみることが大切です。

さきほどお話ししたように、買取業者によって経営の戦略が違うため「高く買取する」と言っていても実際は安く買取しているところがあったり、査定基準が異なっていたりするため業者によって金額が変わります。

従って、複数の買取業者を査定して回り、もっとも高く買取してくれる場所を探すことも大切です。

この時に注意して欲しいのが、「今売らないなら、あとできてもこの値段で買取しませんよ」と言われることです。

業者はあなたを逃がしたくないがために、このような甘い誘惑をしてきます。納得できない金額なのであれば、惑わされずに退却しましょう。

おすすめの車買取方法は一括査定

話し合い一括

高く買取させる方法をお伝えしたところで、私が一番おすすめする買取方法について紹介します。

それは、車買取一括査定を利用することです。

車を買取に出したい方なら一度は目にしたことがあるでしょう。

「でも個人情報の入力とかあるし、電話とかしつこく掛かって来るんじゃないの?」と心配な方もいると思います。

ここで一回、車買取一括査定の仕組みや注意点、利用方法について知っておきましょう。

車買取一括査定とは?

そもそも車買取一括査定とはどんなものなのでしょうか?

この一括査定というのは、買取に出したい車の情報とお客様情報を入力するだけで、一気に複数の買取業者へ査定することが出来るサービスです。

つまり、いちいちあちこちの買取業者へ直接出向く必要が無く、簡単に複数の買取業者へ査定させることが出来ます。

今回、高く買取させるコツとして、複数の買取業者へ査定して比べて見ることが大切だとお話ししましたよね。

でも、実際あちこちの買取業者へ査定させるのって、ものすごい時間と手間暇がかかる面倒なことです。この面倒を解消してくれるのが、一括査定サービスになります。

車買取一括査定における注意点

この車買取一括査定を利用する上で気を付けておきたい注意点が1つだけあります。

それは、あなたの車を買い取りたいと思っている複数の業者から電話がかかってくるということです。

査定依頼をしたわけなので当然と言えば当然のことなのですが…。

電話による対応が苦手な方はメールでも対応してくれる一括査定サービスがあるので、そちらを利用すると良いでしょう。

ただ、メールの方が手間暇かかり、査定までに時間がかかることがあるので要注意です。

おすすめの一括査定サイト

最後に当サイトおすすめの一括査定サイトを紹介します。

これは、株式会社エイチームライフスタイルが提供している、『かんたん車査定ガイド』と呼ばれる一括査定サイトです。

このサービスでは、ガリバー・ビッグモーター・アップルを始めとする大きな車買取業者が多数参加しています。

優良な買取業者が参加しているだけに、信用性が強く安心して利用することが出来るでしょう。

また、基本情報を入力した後に、あなたの車が今どの程度で買取されているのか買取相場を確認することが出来るのも特徴的です。

ぜひ一度お試しください。

まとめ

ここまで車買取の事情から、高く買取されるコツを紹介してきました。

大切なのはディーラー下取りに出さないで買取に出すということと、複数の買取業者へ査定して買取額を比較してみることです。

何だか手間暇がかかって面倒だと感じるかもしれませんが、車をしっかり売るか売らないかでは10万円・20万円損することになります。

ぜひ、今回紹介したコツを試してみて、納得の買取額で買取に出せるようにしていきましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です