【ランクル VS パジェロ】長き対決も終焉?徹底比較で白黒はっきりさせます

ランドクルーザーパジェロ外観

ランクルとパジェロは、長い間よく比べられてきましたよね。今でもどちらの方が良いのかという議論をよく耳にすることがあります。

どちらも非常に知名度の高い車で、特にパジェロは某番組のダーツのおかげか、車に興味が無い人でも知っているのではないでしょうか。

そんな、長きにわたって議論が繰り広げられてきたランクルとパジェロについて、価格・エクステリア・インテリア・走行性能さまざまな点から両車を徹底的に比較し、白黒ハッキリつけてみました。

あなたは、どちらを選びますか?

価格と月々のローン金額の差を比較

ランドクルーザーパジェロ外観

まずは両車種のヴェーすグレードで価格を比較してみましょう。

ランクル パジェロ 価格差
価格 4,728,240円 3,277,800円 1,450,440円
3年ローン 131.340円 91,050円 40,290円
5年ローン 78,804円 54,630円 24,174円
※価格、ローンはベースグレードの金利なしで試算しております。ここでは両車種の価格差を参考にして下さい。

ランクルとパジェロは、よく比較されますが、決して同価格帯の車同士とは言えませんね。

どちらもベースグレードですが、パジェロは327万円程度、ランクルは472万円程度、価格差にして145万円ほどですから、その差はとても大きいです。

では、ローンで購入した場合について考えてみましょう。

価格差だけで見れば圧倒的

3年ローンで購入した場合は月々4万円近くの差となり、5年ローンで購入した場合には月々2万円近い差になります。

毎月これだけの差額が発生するということですから、この価格差を小さいと捉える人は少ないのではないでしょうか。

ランクルやパジェロはどちらも低燃費ではないですが、それでも毎月のガソリン代を支払うには十分な金額です。

2万円があったら趣味の道具を買うことが出来ますし、一人暮らしなら一ヶ月の食費としても考えられるほどのお金です。この差額は生活に大きな影響を与えることがあるかもしれません。

生活以外のことでも考えてみましょう。2万円あれば隣の県に一泊二日で旅行なんてことも出来ますし、温泉宿に宿泊することだって出来るでしょう。

高級なお酒やお肉を買って食べることもできますし、プチ贅沢と言わず、思い切り贅沢ができるでしょう。

予算について考える際には、そういったことも念頭に入れておく必要があります。

実燃費、ガソリン代金の差を比較

ランクル パジェロ
実燃費 4.67km/L 7.26km/L
月々のガソリン代金 25,695円 16,528円
年間のガソリン代金 256,959円 165,289円
※実燃費はオーナー記録から抜粋しております
※ガソリン代金は120円で統一。月々1000km、年間1万km走行した場合の試算結果です。

ランクルもパジェロもレギュラーでの実燃費を記載しています。目安としてハイオクや軽油のデータも見てみましょう。ランクルは、ハイオクだと6.37km/L、軽油だと8.79km/Lが平均です。パジェロはハイオクだと7.04km/L、軽油だと9.39km/Lとなっています。

パジェロはガソリン車を購入する人も多いですが、クリーンディーゼル車を購入する人も多いです。そういう場合には軽油の燃費も参考にすると良いでしょう。

こちらもかなり大きな差

上記のデータによれば、ガソリン代にはレギュラーで月々9,167円の差があるということです。

5年間は価格差にプラスしてガソリン代がかかりますから、ガソリン代の差も車体価格の差額と合わせて考える必要があります。そうして予算と照らし合わせてみましょう。

価格差が3万円と高いので、ガソリン代が9,000円の差になると言っても高いと感じない人も多いかと思います。9,000円あれば、回らない寿司屋で寿司を食べたり、高い日本酒に普段よりも高い肴で食卓を彩ることも可能です。

プチ贅沢と言われているようなものは、大抵できるのではないでしょうか。

エクステリアの数値、口コミを比較

ランドクルーザーパジェロ外観
ランクル パジェロ
全長 4,950mm 4,900mm
全幅 1,980mm 1,875mm
全高 1,870mm 1,870mm

全長は50mm、全幅は105mmほどランクルの方が大きいです。

全高はどちらも同じですね。パジェロも大きな車なのですが、ランクルはそれよりもさらに大きいということになります。パジェロより105mmも幅があるので、ランクルは若干取り回しが難しいかもしれませんね。

ただし、このエクステリアの大きさが、室内空間の広さにそのまま繋がっていれば、ランクルの方が快適性は高そうです。

車体の大きさを見てみましたが、エクステリアは大きさだけでは語れません。車を購入する上で重要視する人が多いのは、エクステリアのデザインです。

両車種どのような特徴があるのか、どのような印象を受ける人が多いのか、口コミから考えてみましょう。

ランクルのエクステリア口コミ

良い 悪い・どちらでもない
フロントグリルが堂々としていて、LEDヘッドランプもあって、気に入っています。ランクルの見た目の迫力と信頼感とよくマッチしている感じです。 今までのランドクルーザーはトヨタ感が無さすぎたのですが、現在は良くも悪くもトヨタらしいデザインで、わかりやすいです。
結構イカついフロントデザインですね。かなり今風です。テールランプのデザインが素晴らしくて、気に入っています。 フロントがアメ車のように威圧的で、もう少しスマートさが欲しいです。それに対し、リアの見た目が無難すぎて・・・バランスが悪いのでは?
ものすごく迫力があってかっこよく、男心をくすぐります。大きさが信頼感と安心感にもなっていて、非常に良いデザインです。 厚みのあるボディが重量感を出していて迫力満点ですが、もう少しSUVチックなスマートな顔であって欲しいと思います。
第一印象は、ひたすらに「でかい」という感じでした。かっこいいですし、威風堂々が似合いそうなほどに堂々としていて、パワフルさと合っています。 最近になってフロントマスクがあまり好きじゃないくなった。LEDをふんだんに使って、ボンネットが凹んでいるデザインと合わさってイカつくなりましたね。
男らしい、イカつい見た目をしていて、パワフルさを感じさせるデザインですが、どこか高級感も漂っています。 フロントマスクがあまり気に入らないのですが、ランクルという車が全体的に好きなので、我慢して購入。所有するうちに愛着が沸いてきました。

ランドクルーザーは、高級感と力強さが同居しているというような印象を持っている人が多いです。オフロード向けの車として考える人が多いですが、このエクステリアはある意味オフロードらしくはないでしょう。

そのためか、デザインに関しては賛否両論あります。口コミを見ていると、賛否両論ある中で、否定的な意見の方が若干多いようです。

「LEDをふんだんに使い、イカツくなって、フロントが好きじゃなくなった」という人もいますが、否定的な意見を述べる人の多くが、「フロントマスクが今風になった」ことを否定している傾向があります。

ただし、高級感があって好きだという人もいますから、ここは好みでしょう。エクステリアに高級感が欲しいという人は、パジェロよりもランクルの方が合うのではないでしょうか。

ランクルが欲しいけど今のフェイスは好きになれないという人は、敢えて少し古いモデルのものを買ってみても良いかもしれませんね。

パジェロのエクステリア口コミ

良い 悪い・どちらでもない
ガツガツとしていて、キラキラし過ぎている、トヨタによくあるようなフロントデザインは好みでなかったのですが、パジェロは落ち着きがあって満足しています。 すごく大きいですね。買い物のときの駐車にはとても気を遣うところです。バックタイヤが特に気を遣います。
悪く言えば古臭い、良く言えば落ち着いている良いフロントデザインです。SUVらしい力強さもあり、迫力もあります。 オフローダーとして、とてもいいデザインだと思います。ただ今風な見た目を好む方には合わないのかも・・・。
初代パジェロや2代目パジェロのような、直線的で迫力のあるデザインで好きです。フロントウインドウやサイド、リアウインドウの形もどこかトラックみたいで迫力満点ですね。 昔、子供のころに2代目パジェロがブームになっていたときに一目惚れしました。2006年モデルでまた2代目に近いデザインのパジェロを見ることができてうれしいという人も多いのではないでしょうか。
派手でないエクステリアに好感を持っています。特に後姿が美しいですね、スペアホイールを背負っているのもかっこいい。 デザインとしてはあまり好きではありませんが、視界が良くなったので、これはこれで良いのかもしれませんね。
前のパジェロよりも見切りやすくて、便利になった。デザインももちろん好きですね。高級感は無いですが、パジェロは落ち着いた見た目の方が合います。 某ダーツをテレビで見て育った世代です。悩みに悩んだ末、エクステリアデザインを見て購入を決意しました。高級感はないですが、落ち着いた男らしさがあります。

ランクルが今風な見た目だという口コミが多かったのに対し、パジェロは昔ながらのデザインというコメントが多いです。

初代や2代目のデザインに近く、パジェロらしいと感じている人が多いようですが、それを「古臭くて嫌だ」と思う人は少ない傾向があります。

デザインは決して派手でなく、落ち着きがありますが、これを地味で面白みが無いと捉える人は少ないです。堂々と落ち着いている大人な雰囲気といったところでしょう。

「見切りが良い」「視認性が高い」と利便性が高いことを評価する人も多いです。

今風な車が好きという人や、高級感を求める人はランクルをおすすめします。昔テレビでパジェロを見て憧れていたという人は、2016年現在現行のパジェロのエクステリアは初代や2代目に近いので、ぴったり合うのではないでしょうか。

インテリアの数値、口コミを比較

ランドクルーザーパジェロ内装
ランクル パジェロ
室内長 2,690mm 2,535mm
室内幅 1,640mm 1,525mm
室内高 1,170mm 1,235mm

室内長は155mm、室内幅は115mm、ランクルの方が大きいです。室内高に関しては、パジェロのほうが65mm高いですね。エクステリアで少し触れた室内空間に関してですが、ランクルは長さと幅がそのまま室内空間の広さにも活きています。

座席に座っている感覚としては、ランクルの方が快適性が高そうです。天井がパジェロよりも低いのですが、足元の空間や隣席との間隔はランクルの方が広いでしょう。ラゲッジスペースも広そうですね。

データで室内空間の広さについて考えましたが、デザインや使い勝手など、広さ以外のことはデータではわかりません。そういったことを、エクステリア同様口コミで考えてみる必要があります。

その上で、どちらの方が快適なのか、どちらの方が便利なのか、どちらのデザインが好みなのか自分なりに比較してみましょう。

ランクルのインテリア口コミ

良い 悪い・どちらでもない
運転席のスイッチ類が、とても現代風にスッキリと整理されていて使いやすいです。見た目のかっこよさにも繋がっています。 シフトレバー、アームレストまわりに小物入れが欲しいですね。遠出をするときには飲み物やスナックなどを入れておくところが、特に欲しくなります。
良くも悪くも、昔からのトヨタデザインが一新されていて、高級感が出ているように感じます。エクステリアにもインテリアにも、LEDがふんだんに使われていて良いですね。 以前は天井にあったリアモニターが、今では前席についている。飛行機みたいで心躍りますが、ちょっと近すぎな気がします。
適度に暗く、適度に明るい、落ち着いた雰囲気があります。たとえるなら昼間のカフェ、夜はバーみたいな雰囲気です。 スイッチがたくさんありますが、スイッチ全てを使うという機会はあまりないのではないでしょうか。
全席個別でエアコン温度が設定できるのが便利ですね。「暑い」「えー私は寒いー」というようなクレームが来なくて素晴らしい。 木目調は、高級感を出すつもりがかえって安っぽくなっています。プラスチック感が強い部分も多くて全体的にチープです。
全体的に高級感があります。エクステリアとの統一感があって、素晴らしいデザインですね。 基本的にスイッチは使いやすいですが、ドアミラー調整スイッチとハンドルの根元周りのスイッチが見えづらく、使いづらいです。

デザインはエクステリア同様、高級感があると思う人が多いです。内外でデザインが統一されていると考えると、ここは優れた点でしょう。高級感を好む人にとってはメリットになります。

「昼間はカフェ、夜はバー」という口コミがありますが、そういった「ある意味では派手だけど落ち着く雰囲気」が好きな人には合うのではないでしょうか。

スイッチ類に関しては、賛否両論ですね。

スイッチの並びは整理されているように感じますが、スイッチの数が多い割に全てを使いこなすことがほとんどなく、結果的に不便だと感じている人も多いです。ドアミラー調整スイッチ、ハンドル根元のスイッチに関しては配置も不評ですね。

リアモニターが前席についているという点は面白いですが、前席との距離がそこまで離れているわけではなく、近いという意見もあります。

最初のうちは変わった内装でワクワクするかもしれませんが、慣れてくると、そういう目とモニターの近さなどが気になるのでしょう。

利便性に関して問題提起する口コミが多いですが、エアコンに関しては便利なようです。

座席ごとに空調の設定ができるというのは、大勢で乗る機会が多い人にとってはとても便利ですね。口コミにあるように、寒いと感じる人と暑いと感じる人とで喧嘩にならなくて済みます。

デザインや利便性は賛否両論ありますが、装備面で面白いインテリアだと言えるでしょう。

パジェロのインテリア口コミ

良い 悪い・どちらでもない
インパネ、ダッシュボード付近の造形や操作類がゴチャゴチャしておらず、シンプルになっています。それゆえに落ち着いた雰囲気があって、使いやすいです。 必要にして十分な装備といった感じですね。あっと驚くような豪華さや高級感はありませんが、個人的にはこれで十分です。
メーター表示が、三菱のほかのメーターとは異なっています。非常に視認性が高いメーターで、とても気に入っていますよ。 アルミ部分に硬いものがあたると傷つきやすく、個人的には人造木目の方が良いのではないかなと感じています。
高級感というより、上質感といったところでしょうか。落ち着いています。シンプルかつ機能的なスイッチ系統が特にお気に入りです。 2列目のドアポケットにもドリンクホルダーが欲しいです。3人座ると飲み物が置けないのが、遠出するには不便。
荷物がたっぷりつめて、広いところは非常に重宝しています。セカンドシートは180度までリクライニングできて非常に便利ですね。 古臭い部分が多く、チープな部分も多々見られる。インパネは傷がつきやすいし、汚れが目立つし・・・中央座席も実用域には達してない。
シンプルで、直感的で使いやすいですね。見た目よりも実用性を重視しているようなデザインで、好感が持てます。 カタログ写真では結構高級感がありそうな気がしていたが、実際に内装を見てみるとチープに見えるところが多い。ほかに気に入るところが多いから別に気にならないけど、気にする人も多そう。

パジェロは、インテリアも落ち着いたシンプルなデザインだと感じる人が多いようです。デザインに関しては特別褒めるような人も、特別否定するような人も少なく、誰にでも受け入れられやすいと考えられます。

ただし、素材に関して苦言を呈する人が多いです。

「チープな部分が多々見られる」と口コミにありますが、具体的にどの部分がチープなのか、多くの人が口コミで残しています。たとえば「ドアトリムの肘掛が、写真で見たら合皮っぽいのに、実際に見てみると樹脂だった」「肘掛が固い」とのことです。

また、「素材的に天井に汚れがつきやすく、シートにも汚れがつきやすい。しかも両方とも、汚れがとれにくい」「インパネは傷つきやすいし、汚れが目立つ」と汚れや傷がつきやすい素材が使われていることも気になるようですね。300万円以上する車としては、確かに素材がチープに感じられます。

素材は残念なところですが、利便性は高いようです。「操作類がシンプルで使いやすい」「メーターの視認性が高い」「180度までリクライニングできるセカンドシート」など、スイッチ類・メーター・シートの機能性・実用性が高く評価されています。

素材や質感はランクルのほうが高いでしょうが、それは価格帯の差からくるものと考えられます。

パジェロにはランクルのような変わった装備などはありませんが、非常に実用的で使いやすいインテリアです。汚れに気をつける必要がありますが、快適性は非常に高いと言えるでしょう。

運転のしやすさ、走行性能の口コミを比較

ここまで、価格や燃費・ガソリン代、エクステリア・インテリアについて考察・比較してきました。ここまででも、ランクルとパジェロの違いが明らかになったかと思います。

ただ、ランクルやパジェロの購入を考える人は「悪路走破性」などの「走行性能」を気にしている人が多いのではないでしょうか。

そこで、運転のしやすさ・エンジン性能・悪路走破性など、走行性能を総合的に見てみましょう。

走行性能はデータでわかることもありますが、その多くはデータでは判別できません。総合的に判断するために、口コミから性能について考えてみました。

ランクルとパジェロ、どちらの方が走行性能が高いのか、どちらの方が自分の走る道に合うのか、比較してみましょう。

ランクルの走行性能口コミ

良い 悪い・どちらでもない
凹凸をしっかり拾ってゆれが大きいのに、不思議と不快感が少ない。遮音性も高いし、運転していて心地がいい。 低速時には鉛のような乗り心地ですが、高速安定性が高いです。一般道を走ると、サス・密閉度の高さを感じることもできます。
舗装されていない段差や坂道を軽々と登ってくれるとことが、まさにアウトドア向けといった感じでいいですね。家族で出かけるのには最適。 低速トルクがもう少し欲しいですが、踏めばしっかりと応えてくれるエンジンなので、必要にして十分といったところでしょう。
大排気量エンジンらしい、トルク感のある走りです。超重量級のボディをパワフルに押し出していく感じが、すごくいい。 大きい車だから、取り回しは容易ではない。ただし、見切りが良いためか、よほど運転が苦手でない限り、楽に操れる。
高速で走ることが多いんですが、非常によく走ってくれます。パワー不足は感じません。雪道をものともしないパワフルさと、走破性の高さもいいですね。 オフロードの走破性は素晴らしいですが、もう少しコーナリング性能が高ければいいなと思います。ゆっくりしていて、キビキビとは曲がってくれません。
静かで力強く、安定感がある最高のエンジンです。重い車なのに、走っていて全くストレスがありません。 エンジンが静かで、どんな道でも軽々しく走ってくれるので、高い快適性があります。ただし、装備が多くて重量が重過ぎるためか、動きが重過ぎる気がしました。

ランクルは、とにかくエンジンが高く評価されていますね。「舗装されていない坂道を軽々と登る」「どんな道でも軽々しく走る」という口コミにあるように、オフロード車としての性能は非常に高いようです。

さらにパワフルでありながらも遮音性が高く、静かで安定感がある・・・総合的にエンジン性能が高いと言えます。

ただし、低速域でのトルク感や動作感についてはやや不評です。高速安定性は高いのですが、低速で乗っていると「鉛のような乗り心地」だったり、「トルク感が薄い」という心地悪さを感じてしまいます。

ストップ&ゴーの多いところだと低速域での巡航になりがちで不向きですが、郊外や高速道路・山道などを走る点においては低速域での心地悪さは感じないでしょう。

加速性能が高いので、一旦高速域にまで加速してしまえば問題はなくなります。

オフロードの走破性は高いのですが、カーブの連続する峠道は苦手なようです。それは大きく重い車だからこそのデメリットで、パジェロも同じです。

ただ、パジェロよりもランクルのほうが重いので、コーナリングでの動きの鈍さはランクルの方が強く感じられてしまうものと考えられます。

エンジンの性能が非常に高く、走行性能はとても高いです。平地・坂道・未舗装の道・高速道路・雪道いずれもスムーズに走ることができるほどの走破性があるため、色々な土地に出かけることができます。

つまり、オールマイティに使うことができるということですね。

パジェロの走行性能口コミ

良い 悪い・どちらでもない
車重を感じさせることなく、街中・高速・追い越しなどなど、2リットルセダンに乗っているような感覚でスムーズに走ることができます。 コーナリングで、大げさなロールやノーズダイブを感じました。ただ、慣れると全く気にならなくなりましたよ。
クリーンディーゼルですが、ディーゼル特有のガラガラ音がよく抑えられていて比較的静かで快適ですよ。少なくとも、不快感はありません。 カーブが苦手で、山道や連続するカーブは避けたいです。平坦でまっすぐな道だと全く問題ありません。
発進時・登板時の車体の安定感が非常に高い。雪道でも安定感が抜群で、どこでもストレス無く走ることができます。 スピードは無いが、安定した速度で走ることができ、高速道路での長距離走行には向いている。オフロードは、山道や峠道以外は問題ない。
雪国での雪上走行に便利です。圧雪・凍結・ブラックバーン・水分の多いべちゃべちゃな雪・・・どんな雪道でも無理なく走れますよ。 滑らかに加速してくれますが、パワー不足を感じるところも多々あります。
非常にトルク感がある車だと感じました。重い車をグイグイ引っ張って加速させてくれるエンジン性能があり、全体的に安定感もあります。 サスペンションが固いのか、リアシートが小刻みに揺れます。子供には特にゆれが大きく感じられるようで、うちの子はパジェロに乗ると必ず酔います。

パジェロは、パワーよりも雪道での走破性の高さを評価する人が多いです。雪国だと雪上走行は日常茶飯事ですが、雪道にもさまざまな状態があります。

「圧雪・凍結・ブラックバーン・べちゃべちゃな雪道・・・どんな雪道でも無理なく走れる」という口コミがあるように、パジェロはどの状態の雪道にも対応できるという点で優れていると考えられるでしょう。

未舗装の道に関しては、パジェロで未舗装の道を走る人が少なく、口コミも少ないです。少ない中でいくつか見てみると、「単純な走破性はランクルの方が高い」「運転者の技術によってはどちらも同じ」という意見があります。

一方「パジェロの方が小さいから、ランクルでは入れない狭めの道に入れる」という意見もあります。悪路走破に関する知識があり、テクニックを駆使することができるのなら、パジェロの方が優れていると言うこともできるでしょう。

 【ランクル VS パジェロ】比較結果まとめ。

ランクルとパジェロについて、さまざまな比較をしてきましたが、結局のところどちらがおすすめなのかということについて、最後に考えてみましょう。

ただ、ライフスタイルが変われば乗る車も変わるということで、ライフスタイルごとにおすすめを紹介します。

ファミリーカーとして考えている人には、ランクルがおすすめです。ランクルは室内空間が広く、乗っていて快適だということが、ファミリーカーに勧める一番の理由となっています。

ランクルは、静かで不快な揺れが少なく、どっしりとした高級乗用車に乗っているような乗り心地の良い車です。席ごとに温度調整ができる点も、複数人で乗るのに適しています。

独身の場合は、用途・よく走る道によっておすすめすべき車が変わりますよ。雪国に住んでいるという人は、パジェロのほうがおすすめです。雪道での走破性が高いという意見が多いのが理由となっています。

ただその場合は4WDの購入をおすすめします。

独身で色々な場所に出かけたいというのであれば、ランクルがいいでしょう。オフロードを走る機械が多いという人にもランクルをおすすめします。単純な悪路走破性はランクルの方が高いですし、オールマイティに使えるというところが魅力的です。

オンロードを走るのにあたっても高級車のような安定感があるので、決して苦にならないでしょう。遊びに使いながら、日常使いもできます。

悪路走破テクニックがあるという人は、どちらでも好きなほうを選ぶと良いでしょう。

パジェロはテクニックがあればオフロードでもしっかり走り抜けることができるという意見が多いですし、デザインや重さなどから独自に比較して、気に入ったほうを購入しても問題は無いと考えられます。

ただし、どちらも林道を走るのには大きすぎるために不向きですから、その点は気をつけましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です