【ランクル VS プラド】トヨタSUV比較。一体なにが違うの?

ランドクルーザーランドクルーザープラド外観

トヨタのSUVである、ランドクルーザーとランドクルーザー プラド・・・同じ会社で同じ名前を冠する車ということで、その違いがわからないという人も多いでしょう。

価格が違うのは装備内容が違うからか、性能が大きく異なるからか・・・そういったさまざまな「違い」に関する疑問を解決すべく、ランクルとプラドを徹底的に比較してみました。

価格からデザイン・性能まで、違いを見てみましょう。

価格、ローンで比較してみる

ランドクルーザーランドクルーザープラド外観

まずはランクル・ランクルプラドの価格を比較していきます。

ランクル プラド 価格差
価格 4,728,240円 3,538,080円 1,190,160円
3年ローン(月々) 131,340円 98,280円 33,060円
5年ローン(月々) 78,804円 58,968円 198,36円
※価格、ローンはベースグレードの金利なしで試算しております。ここでは両車種の価格差を参考にして下さい。

ランクルは472万円程度、プラドは353万円程度ということで、とても大きな価格差があります。その差は約119万円・・・小さな差だと言い切ることはとてもできません。

同じ会社でしかも「ランドクルーザー」の名前を持つ車同士でこれほどの価格差があるということで、価格だけ見てプラドを購入しようという人も多いでしょう。

価格以外は後ほど考えるとして、ローンで購入した場合の価格差について具体的に考えてみましょう。

差はかなり大きい。月々のガソリン代金ほど

3年ローンで購入した場合、月々約3万3千円程度の差が生まれ、5年ローンで購入した場合には、月々2万円程度の差が生まれるということです。

5年ローンでも2万円程度の差が出ていますが、プラドを購入した場合、これだけの金額が予算から浮くと考えて、浮いたお金で何が出来るかを考えてみましょう。

2万円あれば、大抵の贅沢はできてしまいます。

ランクの高い肉を買って食べる・お店で食べる、ランクの高い日本酒やワインを買って飲むといった食事関連の贅沢は間違いなくできるでしょう。一人なら近場で旅行も出来ますし、温泉旅館にも泊まれます。

自分の趣味に使うのにも、十分な金額ですね。

ただ、2万円でガソリン代を補えるかどうかは微妙なところです。

プラドならできるかもしれませんが、ランクルなら出来ない人も多いでしょう。この差額にガソリン代が加わることも考えなければなりません。

実燃費、ガソリン代金で比較してみる

ランクル プラド
カタログ燃費 6.9km/L 9.0km/L
実燃費 4.67km/L 7.42km/L
月々のガソリン代金 25,695円 16,172円
年間のガソリン代金 256,959円 161,725円
※実燃費はオーナー記録から抜粋しております
※ガソリン代金は120円で統一。月々1000km、年間1万km走行した場合の試算結果です。

どちらも燃費が良い車ではありませんし、オフロードを走ることができる車ですから、燃費を求める車でもありません。

ランクルとプラドの燃費差は、2.75km/Lでプラドの方が低燃費です。車体価格もプラドの方が安いですし、ランクルと比べると経済的と言えます。

では、ガソリン代について見てみましょう。

ガソリン代金だけでもかなり大きな差に

ガソリン代は月々約9,523円、プラドの方が安くなります。これが年間になると9万5千円の差になってくるわけです。価格差と合わせると、5年間は月々3万3千円程度の差が生まれるということですから、とても大きな金額と考えられます。ガソリン代についても、これだけあれば何ができるのか、考えてみましょう。

9,500円あれば、ちょっと高いお店のステーキを食べることができます。旅行は厳しいですが、温泉に入るくらいはできるでしょう。冬になれば安めの蟹だって買えます。贅沢をするには足りないようで、意外と色々な贅沢ができるお金です。

そのように具体的に何ができるかを考え、予算の計画を立ててみると良いでしょう。

エクステリアのサイズ、口コミで比較

ランドクルーザーランドクルーザープラド外観
ランクル プラド
全長 4,950mm 4,760mm
全幅 1,980mm 1,885mm
全高 1,870mm 1,835mm

全長は190mm、全幅は95mm、全高は35mm、全体的にランクルの方が大きいです。その分、ランクルのほうが車体重量が重くなっています。

ランクルで一番重いZXは2,690kgあり、プラドで一番重いTZ-Gは2,300kg・・・つまりランクルのほうが390kgも重いのです。これはメリットにもデメリットにもなります。

大きくて迫力がある分重たくもなるということで、見た目だけでなく重さも考えなければならないでしょう。

データから、ランクルとプラドのエクステリアについて考えました。データでわかるのは大きさの違いだけですが、エクステリアはデザイン・見え方(印象)も重要です。

そういった部分は写真を見てもわかりますが、やはり自分以外の人がどのような印象を持つのか知りたいという人も多いでしょう。そこで、エクステリアに関する口コミをそれぞれ集めてみました。

ランクルのエクステリア口コミ比較

良い 悪い・どちらでもない
20インチホイールが迫力満点! サイドから見ると特にかっこいいです。角型テールランプがまたかっこいいのですよ。 ヘッドライトがフラットすぎるような気がします。なんだかのっぺりとして見える・・・もう少し立体感が欲しいです。
高級感があって、イカツさも感じます。細いフロントライトなどは、最近のトヨタ車の流れでしょうか、よく見るような気がしますね。統一感があっていいのでは? 全体的にオフロード車的な迫力があるのですが、フロントデザインだけは高級志向で違和感があります。泥臭い男くささみたいなものが欲しいかな。
堂々としたフロントグリルに細いフロントライト、そしてLED・・・フロント周りに高級感があって、とてもかっこいいと思います。 すごく迫力があってかっこいい! アメリカ車のような威圧感があります。ただもう少しスマートにして欲しかったという思いもあって・・・複雑な気持ち。
思っていたよりも、ホイールが良い感じですね。全体のバランスがとても良く出来ていると思います。適度に暗い色も、締まって見えてかっこいいです。 リアはテールランプのデザインが素晴らしいですが、それ以外が普通すぎる。フロントデザインの個性と高級感・威圧感に負けていてバランスが悪い。
とにかく大きい、厚みのあるボディで、重量感が強調されて見えます。それがランクルとしての存在感を引き出していて、すごくいいです。 迫力満点ですごくかっこいいのですが、もう少しSUVらしさみたいなものが欲しいと感じます。スマートで力強い感じ・・・それが足りない。

ランクルは重厚感と迫力がありながら、フロントデザインに高級感を感じさせるような上品なデザインを兼ね備えているようですね。

細いフロントライトは、近年のトヨタ車のお決まりのような感じで、最近はどのトヨタの車もフロントライトが細くなっていっています。

フロントライトはLEDになっており、グリルもメッキ感が目立って堂々としていますね。

ただ、このフロントデザインは賛否両論あって、「高級感があって好きだ」という人と「のっぺりとしている」「SUVらしさが無い」という人とに分かれているのです。

写真で見てみても、確かにフロントライトなどは立体的ではなく平面的に見えます。車体が大きく、特に長さがあって鼻先が出ているようにも見えますから、突然フロントマスクが平面になっていると違和感を感じる人も多いのでしょう。

また、「SUVらしさ」や「オフロード車らしさ」が無いとする人も多いですが、これは「高級感があるデザイン」だからだと考えられます。

高級感があってメッキが光っているようなデザインは、イメージとしては街中を颯爽と駆け回るような感じでしょうか。未舗装の道を走るとどうしても汚れがつきますから、高級志向だと合わないと考える人が多いのも納得できます。

デザインに関しては好みですが、高級感を求める人にはおすすめ、そうでない人にはあまりおすすめできないというのがランクルのエクステリアに関する結論でしょう。

プラドのエクステリア口コミ比

良い 悪い・どちらでもない
見た目の厳つさに惚れ惚れしてしまいます。LEDヘッドライトが特にいいですね。フロントデザインがすごく好き。 迫力があって悪くはありませんが、もう少しだけコンパクトに見えるようなデザインがいいです。実際の大きさでなく、小さく見えるような工夫が欲しい。
どことなく吊り目な感じで威圧的なところに惚れました。どことなく偉そうというか、ふんぞり返って睨んでる感じが好きなんです。 オプション装備のLEDヘッドライトは、レンズカットが極端で上部の視認性が悪い。郊外を走る際に大型動物の確認ができない。ハロゲンランプの方がその点では優秀。
サイズ以上に大きく見えて、そこがかっこいいです! 大きく見えて迫力があり、存在感もあるので非常に気に入っています。 LEDヘッドライトが、光に方向性があって周囲があまり明るくならない。暗闇でわき道に曲がるときなどにすごく危険。ハロゲンの方がいいです。
存在感が大きくて飽きがきません。大きな車体に大きな顔・・・! フロントグリルが縦なのが個人的に気に入っています。 リアシートが収められている分、ラゲッジスペースが高い位置にあって、重い荷物を載せるときには苦労しています。アウトドアに行こうと思ったら、もう大変。
SUVとクロスカントリーの中間、いいとこ取りみたいなデザインで個人的には好みです。 テールランプの赤と白のボーダー模様みたいなデザインに違和感があります。個性的と捉えると良いのかもしれないけど、なんか違和感。

プラドは、LEDヘッドライトがオプションとなっていますが、これが結構不評です。見た目が不評なのではなく、実用性で不評なのでより慎重に考える必要があります。

どのように不評なのかは上記口コミを見てのとおり、「周囲が明るくならず視認性が悪い」ということです。

光に方向性があるというのは、恐らく違う方が書かれているレンズカットのためでしょう。上部があまり照らされず、照らされる方向が極端に偏ってしまう・・・。

そのため視認性が悪くなり、カーブの際に危険を感じたり、大型動物を確認できなかったりするのです。

これはオプション装備なので、付ける・付けないは自由ですから、選択しないことをおすすめします。

デザイン面はランクルと同じく高級志向、同じ「ランドクルーザー」の名前を持っている車同士、系統が似ています。ただ、異なる点もありますよ。

たとえばプラドもランクル同様フロントライトは細長いのですが、ランクルが一直線になっているのに対し、プラドは吊り目になっているのです。

フロントグリルも、ランクルは横縞ですが、プラドは縦縞・・・素材感は似ていますが、デザインは間逆と言えます。どちらにせよ高級志向であることに変わりはなく、デザインで比べるのであれば、釣り目が好みかどうかで判断すると良いでしょう。

インテリアの数値、口コミで比較してみる

ランドクルーザーランドクルーザープラド内装
ランクル プラド
室内長 2,690mm 2,520mm
室内幅 1,640mm 1,565mm
室内高 1,170mm 1,240mm

室内長は170mm、室内幅は75mm、ランクルのほうが大きいですが、室内高は70mmプラドの方が高くなっています。

車体の高さはランクルのほうが上ですが、ヘッドクリアランスはプラドの方が上ということで、室内高を高くする工夫が成されているのだと考えられるでしょう。

ただし、足元の空間や隣席との距離はランクルの方がスペースが大きいと考えられます。

データで室内の広さについて考えましたが、インテリアは広さだけで語ることはできません。

広さに加えてデザインや雰囲気、操作系や収納などの使い勝手などが、インテリアを語る上では重要な要素です。エクステリア同様、それらを口コミから総合的に見てみましょう。

ランクルのインテリア口コミ比較

良い 悪い・どちらでもない
リアモニターが前席についているのが面白いなあと思いました。飛行機に乗っているみたいでワクワクする。 収納に少しだけ不満を感じます。ちょっとした小物入れが運転席周りに欲しいですね。飲み物入れたり、ちょっとしたスナックやガムを入れたり・・・。
革がやわらかくて、どことなくやさしい感じがしてすきです。適度に暗く、適度に明るく落ち着いた雰囲気があるのもいいですね。 前席についているリアモニターは面白い試みだと思いますが、ちょっと近すぎるのではないでしょうか。目が悪くなりそう・・・。
車内にふんだんにLEDが使われていて、高級感が出ているように感じます。素材などにチープさを感じることは、特にありません。値段相応だと思いますよ。 エクステリアは高級感を押し出した感じですが、インテリアは「あ、SUVだなあ」と感じるシンプルな感じです。高級を求めるのはお門違いかと。
席ごとにエアコンの温度設定ができるのが便利で、家族みんなで気に入っています。ほかの車でもこれ真似して欲しいですね。 車内の雰囲気はすごく好みです。ただ、ステアリングのウッド部分が滑るのが気になる。そこ滑ったら危ないだろと。
さすがトヨタの最高級SUV! 高級感がありますね。シートの質感、室内の重厚感が特にお気に入りです。 本皮シートは黒以外だと汚れが目立ちますが、質感は良いです。全体的にチープさはありませんが、色選びは慎重にすることをおすすめしますよ。

ランクルは室内空間の高級感と、装備面がインテリアの魅力だと考える人が多いようです。

シートの革の質感や、手元を照らすスポットライトのLEDなど、高級感を感じさせる要素がたくさんあります。プラスチックが目立つというような口コミは少なく、素材に関して不満を抱いている人は少ないです。

装備に関しては賛否両論ありますが、中でも特に気に入っている人が多いのは、エアコンの温度設定でしょうか。

各席ごとに温度設定ができる機能があり、それが便利だという口コミはありますが、それが使いにくいだとか不便だという口コミは見られません。

前席についているリアモニターに関しては、賛否両論あります。前席についていると上を見上げなくても済みますし、見やすいかもしれません。

ただし、近すぎて目が悪くなるのではないかという恐れもあります。そこのところは実際に試乗をするときなどにリアに座ってみて距離を確かめると良いでしょう。

基本的に、インテリアの出来がいいようで、インテリアが不満点としている人は少ない傾向があります。

プラドのインテリア口コミ比較

良い 悪い・どちらでもない
悪い意味ではチープかもしれませんが、私は良い意味で「シンプル」と言いたいです。見た目の豪華さでなく、機能的という実用性に絞った感じで好感が持てます。 Lパケでオプションつけたりしたけど、やたらとプラスチックが多い。普通より少し高級感があるかなって感じはするけど・・・満足はできない。
シンプルで高級感はあんまり無いですが、落ち着く雰囲気で個人的には気に入っています。明るくて見栄えがいいです。 それなりの値段だから、それなりの高級感は欲しいです。それを求める車でないのはわかりますが・・・それにしてもチープだと言わざるを得ません。
質実剛健といった雰囲気です。高級感があるというよりは、実用性を犠牲にしない範囲内で、所有する喜びを最大限高めたというような感じがします。 運転席のシートベルトの位置が悪く、片手で着脱しづらいです。デザインに関しては概ね満足、飽きが来ないシンプルさでいいと思います。
フラクセンの本革シートが、明るくて見栄えがよく、質感もいいですね。しっかりとした革が使われていて、あまり神経質に使わなくても大丈夫でした。 ランクルと比べると、シートの質感・プラスチックの多さなど細かい部分に差を感じますが、価格が違うから当たり前ではないでしょうか。個人的には必要十分だと感じています。
木目があまり好きじゃなく、高級感は求めないので、プラドのシンプルで雰囲気が良いデザインがすごく好きです。指摘されるようなチープさは感じませんよ。 ハザードランプボタンが、ほかのスイッチに埋没していて、探してしまって咄嗟に使えない点が残念です。

プラドは、ランクルと比べると価格が143万円近くも落ちるためか、インテリアの質感なども落ちるようです。

プラスチック部品の多さが目立つなど、チープだと感じる人も多くなっており、ランクルほど出来は良くないのではないかと考えられます。ランクルより大幅に値段が下がっているので、インテリアで積極的にコストカットしたのでしょう。

このチープさをポジティブに捉えて、「落ち着く内装」としている人も多いですし、オーナーはそれぞれ納得している人が多いです。

満足できるかどうかと問われると微妙かもしれませんが、少なくとも納得できない・インテリアだけで購入意思が変わるほど、特別出来が悪いというわけでは無いと言えます。

本革シートはしっかりとした質感になっているようですし、コストカットをしながらも雰囲気がよくなるように努力しているのが見て取れます。

ただし、ハザードランプが咄嗟に使いづらいというのは大きな難点ですね。これは咄嗟に使えなければ意味の無いものですから、慣れるまでは特にスイッチがどこにあるかわからなくなってしまうでしょう。

運転のしやすさ、走行性能の口コミで比較してみる

ここまで、価格や燃費・エクステリアやインテリアのデザイン・利便性などについて比較してきました。この時点で「こっちがいいな」と思う人も多いでしょうが、最後に比較すべきところがまだあります。それが、走行性能です。

運転がしやすいかどうか、エンジンの性能はどうか、長距離運転で疲れないかなどなど、様々な点を総合的に考えて、走行性能について比較してみましょう。走行性能を知って、自分の中でどんでん返しが起こるかもしれませんよ。

走行性能は、どうしても感覚的なところも大きいですから、実際に乗ってみなければわかりません。

そこで、エクステリア・インテリアと同じく、口コミから比較してみましょう。ランクルとプラド、両車種の走行性能の違いは、どのようになっているのでしょうか。

ランクルの走行性能口コミ

良い 悪い・どちらでもない
重さを感じさせないほどにパワフルに走ってくれます。揺れもなく、静かでとても性能が高いです。大満足! エンジンが結構大味で、数世代前のエンジンといった感じは否めません。それでも性能は高いと感じるので、進歩してるんだなと感じます。
SUVとしてでなく、クロスカントリーとして評価しますが、それでもとても性能が高いと感じます。一般道ではサスの性能の良さ、密閉度の高さを感じますし、オフロードでも満足な走りを見せてくれますよ。 カーブを曲がる際、キレが悪いです。ステアリングも鈍く、狙い通りのラインに・・・とはなかなかいきません。慣れるまではステアリングのタイミングなどで苦労すると思います。
路面状況をよく伝えてくれますが、小さな揺れがほとんどなく、酔いません。路面状況把握がしやすく運転しやすいですし、後ろに乗っていても安心できます。 出だしはアクセルを少し踏んだだけで、勢い良く出ていくのですが、一度速度を上げてからが物足りません。
舗装された道ではとても安定し、舗装されて無い道でもガンガン進んでくれる・・・山道でも安心できるので、アウトドアに出かけるには重宝してます。 車高が高く、室内も広いので運転が楽です。長距離でも安定しています。ただし、もう少しパワーが欲しいと感じるところが多々あります。そこが残念です。
エンジンが力強く、かつ静かで、重い車なのにブレーキがよく効きます。高速域も楽に走ることができるので、オールマイティに使えますね。 滑らかな走り心地で良いのですが、低速トルクが不足しているように感じました。ディーゼルの方が似合ってるのではないでしょうか。需要あると思うんですけどね。

ランクルはガソリンエンジンを積んでおり、ディーゼルエンジンはありません。

ガソリンエンジンでのパワーについてですが、これには満足している人が多いです。ただ低速域でのトルクが不足していると感じる人も多く、その点でランクルという車にはディーゼルエンジンの方が合っているのではないかと考える人もいます。

不足しているのは低速域でのトルクですから、一旦加速してしまえば出力・トルクは安定するようです。「長距離でも安定している」「オフロードでも満足」と、エンジンの安定性を高く評価する人が多く見られます。

ただ、一度速度を上げてからの再加速が物足りないとする人が多いです。高速道路での追い越しは厳しいのではないでしょうか。長距離やオフロードの走破性は安定していますが、あまりスピードを出すことはできないということだと考えられます。

その点は車体の重さが大きなハンデになっているのでしょう。ただ、それでいても静かでパワーがあり、高速域で安定するエンジンという評価も多いので、走行性能が低いということでは決してありません。

長距離に向いていますが、短距離に不向きということでしょう。

プラドの走行性能口コミ

良い 悪い・どちらでもない
雪山・山道・高速でもノンストレスで、どこでも走ることが出来る安心感があって、ものすごく頼もしいです。 出だしが遅いという口コミが多いですが、思い切り踏めば早くなり、普通に踏んだだけでは確かに遅くなっています。もともと燃費の良い車ではないので、開き直って思い切り踏んでますよ。
ディーゼルですが、ガソリンのキビキビ感ではなくて、底から力がわいてくるような絶対的な安心感があります。坂道がいつも楽しみです。 出だしはもっさりしていますが、時速60kmに近づいていくにつれて、エンジン音が静かになり、スムーズに走ってくれるようになります。最初加速するときはエンジンが雄たけびをあげますが・・・。
不満点も多いのですが、巡航速度まで加速すると結構トルクを感じますし、加速感にワクワクします。なんだかんだ、運転していて楽しいです。 ガソリン車だと非力です。坂道でものすごくうなりますし、坂道では失速気味に感じます。あまりパワフルな車ではないかと・・・。クロカンとしてならディーゼル必須。
ガソリン車から乗り換えたときには、加速時にもたつくのに少々イライラしましたが、雪道でその実力を実感することができました。ディーゼルエンジンはパワフルでいいですね。 ヘビー級だからか、ブレーキが効きにくいです。やや強くブレーキを踏むと、前のめりで思ったより止まらない・・・慣れが必要ですね。
加速後には速度の伸びが十分あり、車内が静かでとても快適です。出だしだけもっさりしていますが、出だしだけなので特に気になりません。 特別な力強さは感じませんが、この値段でこの性能と考えるととても満足できます。ランクルより安いから劣る部分があるのは認めなければならないでしょう。その上でどう楽しむかが大切です。

ガソリンエンジンではパワーが不十分だという口コミが多いですが、ディーゼルエンジンにするととても力強いようです。

スキー場への行き来みたいに整備された道路環境で、天候などによって4WDの性能が欲しいという場合・キャンプ場内の未舗装で荒れている道を少し進むために買うというなら、ガソリンエンジンでも十分の力を発揮します。

ただし、クロスカントリーみたいにガンガンオフロードを走っていくというのであれば、ディーゼルエンジンは必須です。

ディーゼルエンジンのメリットはパワフルになることですが、デメリットもあります。

「出だしがもたつく」「加速時にもたつく」「ディーゼル特有のガラガラ音がする」というのが、プラドのディーゼル車のデメリットです。一旦巡航速度まで上げてしまえば安定しますが、最初の出足は普通にアクセルを踏んだだけでは不十分です。

強く踏み込めばそれなりに勢い良く飛び出てくれますが、エンジンから無理をしているような音がするのであまりおすすめはできません。

出足のもっさり感は最初はイライラするかもしれませんが、慣れれば感覚もわかってきてさほど問題だと感じなくなるでしょう。

ランクルは低速域が弱いという弱点がありますが、プラドも出足が遅い・加速時にもたつくという似たような弱点があるので、この点はどちらも同じと言えます。

ガソリン車ならランクルのほうが性能が高いですが、ディーゼルなら少なくとも同程度のパワーにはなるようです。

ディーゼル車が好きなら、プラドが良いでしょう。

プラドについて特徴や装備を詳しく知りたい方は、下記ページをご覧ください。
>>ランクルプラド グレードの違いまとめ。おすすめ、売れ筋のグレードは

 【ランクル VS プラド】比較結果まとめ。

ここまでの比較結果を受けて、結局どちらがおすすめなのか、ライフスタイルや用途ごとに紹介します。

まずはファミリーカーとして考えている方ですが、これはプラドがおすすめです。やはり経済的に考えて似た特徴と性能を持つ車なら、安い方を購入したいと考えるのは必然でしょう。

プラドの方が価格面も燃費面も経済的ですし、走行性能はファミリーカーとしては十分すぎるほど高いです。ガソリン車ならスキーやキャンプ程度なら家族で出かけられますし、ディーゼル車ならどこでも出かけられます。

独身で考えているなら、どちらがおすすめというのは特にありません。自分の好みと予算で決めると良いでしょう。

通勤メインで使うとしても、遊びの車として使うにしても、どちらも性能としては十分です。独身なら家族に負担をかけることもないので、自分の予算の都合がつけばランクルを購入したとしても問題は無いでしょう。

ただ、143万円多く出すほどの差があるのかということをよく考えて決めることをおすすめします。ディーゼル車を買うともう少し差が縮まりますが、それでもプラドの方が安いです。

自分の中でその価格差に見合うだけの価値があると考えられるなら、ランクルを買っても良いでしょう。

そう思えないなら、プラドを買うべきではないでしょうか。プラドの大きさなら日本の林道でもギリギリ走ることができるでしょうし、未舗装されていない狭い道を通って渓流釣りなどにも出かけられます。

用途が幅広く取れるので、ランクルに特別魅力を感じないならプラドを買うのが無難です。

そういう意味での「どちらを買っても良い」なのです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です