【パッソ VS フィット】実用性で比較。オーナー満足度が高いのは

パッソフィット外観

今回はコンパクトカー比較をトヨタのパッソとホンダのフィットでしていきます。

パッソは某人気女装家タレントのCMでもお馴染みで「カイテキ・カワイイ・カッコいい」の3K揃った軽自動車に近い究極のコンパクトカーです。

対するホンダのフィットは売上台数は常に上位に君臨し日本を牽引するコンパクトカーです、ガソリン車とハイブリッド車の2種類がありますが、どちらもそれぞれのニーズが高く支持されている車です。

今日はトヨタのパッソとホンダのフィットをベース車(パッソXとフィット13G)で比較して、オーナーの満足が高い車を決めていきたいと思います。

維持費で比較

パッソフィット外観

パッソとフィットの維持費をみていきます。

購入時に組むマイカーローンや購入時と毎年支払う税金、毎月のガソリン代に保険代、車検点検代やオイル・タイヤ交換のメンテナンス代など様々ありますが、今回ここで比較するのは毎月のマイカーローンや任意保険の支払いに焦点を当てて比較します。

マイカーローンや任意保険料は維持費の中比較しても占める割合が多い項目です、支払う金額が多くなる分、車選びの際に知っておくべき内容だと思います。

どちらが金銭的にお得かを比較していきましょう。

価格、ローン代金

コンパクトカードを買うにあたって、価格も重要な選択ポイントでしょう。

ここではまず、パッソとフィットの価格を比較していきたいと思います。

パッソ フィット 価格差
価格 1,150,200円 1,428,840円 278,640円
3年ローン(月々) 31,950円 39,690円 7,740円
5年ローン(月々) 19,170円 23,814円 4,644円
※価格・ローン代金はベースグレードの金利無しで試算しています。参考程度にご覧ください。

車両価格で比較してみると、パッソが約115万円に対してフィットが約142万円と27万円の差があります。

そもそもこの2台はエンジンの排気量が違い、パッソが1000ccに対してフィットが1300ccとフィットの方が300cc大きいエンジンを搭載しています。

その為、馬力もパッソが69PSに対してフィットが100PSとその差も大きくなっている為、その性能差が価格に転嫁されているというわけです。

月々のマイカーローン代も価格差がある分、差が出ており5年ローンでパッソが月々¥19,170円に対してフィットは¥23,814円と月々¥4,644円の差が出ています。

もしもパッソを選んでいたら、毎月飲み会を1回多くやれるだけのお金が浮くことになるんですから、結構な価格差だと思います。

任意保険料金

パッソ フィット 価格差
21歳以上 ¥195,100 ¥156,500 ¥38,600
26歳以上 ¥117,600 ¥94,400 ¥23,200
30歳以上 ¥112,500 ¥90,300 ¥22,200
年齢:表に記載の年齢・年間走行距離:110000km・運転者限定:限定無し・対人賠償:無制限・車両保険:つける・等級:13等級で統一・免許の種類:ゴールド・運転者の年齢制限:無制限・対物賠償:無制限

任意保険ではパッソの方が排気量が小さいにも関わらず、フィットよりも高いという結果になりました。

21歳の場合は年間¥38,600の差があり、任意保険の金額差が縮まる30歳でも¥22,200の差が生まれました。

任意保険の保険料率は車種により「形式別料率クラス」でランクを決められています。車両・対人・対物・傷害の4つカテゴリーを全てランクで定められています。

そのランクつけには販売台数や事故により保険料の支払い割合などによって異なります、また新車で実績がない車種に関しては暫定でランク付けされるので若干高くなることもあります。

車両価格ではフィットの方が15万円高くなっていましたが、任意保険ではパッソの方が安いという結果になりました。

実燃費、ガソリン代金で比較

次はガソリン代に直接影響を与える実燃費を比較していきます。パッソとフィットの実燃費とガソリンはどうなっているのでしょうか?

その前に基本情報としてパッソとフィットのカタログに記載されているJC08モードを見てみましょう。

パッソは28.0km/Lに対してフィットは24.6km/Lでカタログでは3.4km/Lの差があります。

しかし私たちが本当に知らないといけないのは、カタログに書いてあるJC08モードの燃費ではなく実際に走行して得られた実燃費です。

実燃費は走行条件や気候、オーナーの走り方が影響してかなり変わってしまいます。インターネット上にあげられている様々なオーナーさんからの実燃費データを平均化した実燃費で比較します。

ではパッソとフィットの実燃費を実際に見てみましょう。

実燃費

パッソ フィット
実燃費 19.9km/L 15.95km/L

この2台の実燃費の差は約4km/Lでした。

カタログ燃費の比較ではパッソの方が2.0km/L低燃費でしたが、実際の実燃費でもパッソの方がフィットよりも低燃費という結果になりました。

しかし、カタログでの燃費差が2.0km/Lであったのに実燃費では更にその差が開いてしまったのは一体なぜなのでしょう?

要因の一つに考えられるのは、車重の違いです。

パッソの車重が910㎏なのに対して、フィットは970㎏と大人1名分重くなっています、コンパクトカーの場合はちょっとした重さの違いで燃費にも大きく影響してくるのです。

また、オーナーの乗り方にも要因が考えられ、パッソは見た目の可愛らしさもあって女性オーナーの割合が多くあまり燃費の悪くなるように急発進や急加速などが少ないのも実燃費で伸ばしている要因ではないでしょうか。

ガソリン代金

パッソ フィット
月々のガソリン代金 ¥6,030 ¥8,150
年間のガソリン代金 ¥72,360 ¥97,800

ガソリン代の算出は上で示した実燃費を基に、ガソリン代¥130で計算しています。

パッソの月間のガソリン代は¥6,030に対して、フィットは¥8,150と月々の差は¥2,120、年間では¥20,440の差という結果になりました。

月間1,000km/Lの走行ならば、車両価格差とガソリン代、任意保険代を加味して金銭面だけで比較するとパッソの方がお得ということが言えます。

しかしながら満足度は金銭的なお得度だけでは計れません、実際のオーナーの感想を口コミで見ながら満足度の高い車を決めていきましょう。

見た目(エクステリア)で比較

パッソフィット外観

ここからは金銭的な話から外れ、それぞれのエクステリアで比較してみましょう。まずは下記の表をご覧ください。

パッソ フィット
全長 3,650mm 3,990mm
全幅 1,665mm 1,695mm
全高 1,525mm 1,525mm

全高は両車種とも同じですが、全長と全幅はフィットの方が大きいです。

特に全長には目立った差がありますね。その差は34cmにも及びますから、パット見ただけでもフィットが長いことに気づくでしょう。

それでは次に、それぞれのエクステリアに向けられたオーナー口コミを紹介しながら、詳しく紹介していきたいと思います。

パッソの口コミ(エクステリア)

まずはパッソのエクステリアに寄せられた口コミから見て行きたいと思います。

良い 悪い・どちらでもない
外観いいですね!やっぱりパッソはカワイイ。色のレパートリーが多いので自分好みの色も絶対見つかります。 フロントデザインがスタイリッシュなのにリアのデザインにはあまりスタイリッシュさを感じない。残念。
スタイリッシュなデザインで外車と間違えるくらいです。 せっかくの見た目なのにサイドの後ろについているプラスチックのパーツが安っぽさを演出してしまっています。
可愛らしさだけでなくレトロな感じが気に入っています。リアのコンビネーションランプはクリアタイプでオシャレです。(MODAのみ) ダイハツで販売している普通車の「キャスト」 と同じなのが嫌。
新型パッソのボディサイズは旧型とほぼ同じですが、ホイールベースが50mm長くなったうえに、丸みを帯びた旧型と比べると台形に近づいており、安定して見えるようになりました 金額が安いので最低限しか求めていません。フォグもなしでカバーをしています。
天井が黒のツートンのカラーリングはMINIの様で気に入っています。 妻がメインで乗っていますが、たまに借りてのると少し恥ずかしい。女性向きが全面に出てしまっている。

「カイテキ・カワイイ・カッコイイ軽じゃないKパッソ」という宣伝文句でお馴染みのパッソですが、エクステリアはそのキャンチコピーの偽りなくカワイイ造りにプラスしてレトロでヨーロピアンを意識したスタイリッシュに仕上がっています。

カラーバリエーションも19色から選択でき、その中でも天井色が黒で塗装されているツートンも7色が特に外車のMINIを意識したようなデザインで人気があります。

しかし低価格なのでコンパクトカーの安っぽさも所々に出てしまっています。サイドのプラスチックの部品やフォグなし時のカバーなどはチープさが露呈して残念がっているオーナーが多いです。

全体的に女性に支持されるようなかわいらしい造りの印象が強いので男性が乗るには少し気が引けてしまうという声もかなり多い様です。

フィットの口コミ(エクステリア)

続いてフィットのエクステリアに寄せられた口コミを見てみましょう。

良い 悪い・どちらでもない
フロントのデザインはホンダ車らしいスタイリッシュな作りになっていて乗っていてとても楽しい。特にライトとグリルの一体感でかなり見た目が向上しました。 ハイブリッドのアルミホイールはセンスがいいのに、ガソリン車のアルミのデザインが恰好悪い。
コンパクトカーだけどそこまで小さく見えないが不思議!デザインで工夫があるのかな? リアの形が全体的にズングリした印象であまり気に入らない。
フォグランプがついていると視界も良くなるだけでなく、見た目もかなり向上している。 シンプルすぎるデザインで愛着がわかない、毎日乗る車ならもう少しデザインは重視して欲しかった。
グリルと連なるヘッドライトがセンス良い。 フロントが前下がりなので見切りが難しい。
リアのデザインは素晴らしい、テールゲートスポイラーはセンスUPです。 アンテナはせめてノットアンテナにして欲しい。

フィットのインテリアではフロントデザインの評価がフルモデルチェンジ前のフィットと比較してかなり向上しています。

ヘッドライトはグリルと一体化しており、次世代デザインで先進的な印象をうけます。ライトは至るところにLEDを採用している点もオーナー達の評価が上がっている理由だと思います。

良い評価の多いフロントデザインと違い、リアのデザインはシンプルすぎるズングリした印象になっており、バランスが悪いと言った意見もあります。

ホンダ車だけではありませんが、最近の車のフロントデザインはメーカーによって車種を問わず似せてくる傾向があります、もともとBMWやメルセデスベンツなどは昔から一目みたらどこのメーカーの車かわかるデザインになっていますが、日本車もそれに倣ってきています。

ホンダ車は特徴的なヘッドライトとグリルの一体感がポイントとなっており、今後このデザインに対してどのような評価が出るのかが気になるところです。

室内(インテリア)で比較価格

パッソフィット内装

続いて比較するのはインテリアです。

やはり[コンパクト]カーというだけあって、居住空間が若干小さくなりがちですが、その中でもいかに居心地が良いのかも重要な比較基準でしょう。

まずは、お互いの室内長・室内幅・室内高について見て行きたいと思います。

パッソ フィット
室内長 1,975mm 1,935mm
室内幅 1,420mm 1,450mm
室内高 1,270mm 1,280mm

室内幅と室内高さはフィットが大きいですが、室内長尾に関してはパッソが大きいです。

全長のときはパッソの方が小さかったので、室内長になるとパッソが広くなるというのは少々ビックリですね。

じゃあ居住性が高いのはどっち?と言われると、ゆとりが生まれて乗り降りがしやすいのはフィットではないでしょうか。

ただ座席を倒したり、荷物を積んだり、スペースを確保したい人にとっては全長の長いパッソの方が適しているかもしれません。

それでは次に、両車種のオーナー口コミを見て詳しくインテリアについて触れてみましょう。

パッソの口コミ(インテリア)

パッソのインテリアに寄せられた口コミから見て行きましょう。

良い 悪い・どちらでもない
荷室は思ったよりも広く、普段使いでは何の問題もありません。 安いコンパクトカーなので覚悟はしていましたが、シートの座り心地が最悪で後悔しています。
運転席周りは余分な装備が少ない為、見やすいし機能的です。 ハンドルが遠く使い勝手は悪い。昔のパッソと全く変わっていない。
後部座席は大人が乗っても膝周りにはゆとりがあります。 小物の収納は増えましたが、アームレストの幅が狭くなり、中の収納が減ったのは残念でした
ベンチシートはチョットした手荷物を置くのに重宝しています。
作りがしっかりしているため座り心地はいいし、長時間運転しても疲労感は少ないです
コンパネの色がグレーなのでプラスチック感が全面に出ている。
フロントドアの解放角度が広く乗りやすい。ワイドオープンでいいですね! エアコンのパネルがいかにも貧相に見えました

パッソのインテリアは、女性向きということもあり収納の数が豊富です。11箇所もある収納は小さい空間を上手く使った取り回しはさすがダイハツが開発に関わっているだけのことはあります。

パッソのメリットとしては助手席と運転席にシフトノブがないので足元が広く感じます、シートもベンチシートになっているので、これらの工夫によって運転席と助手席はかなり解放感があります。

コンパクトカーは空間の工夫が重要なので、シフトノブをコラムシフトにすることやベンチシートを採用することは良いと思います。

しかしベンチシートにもデメリットはあり、シート自体にホールド性がないので乗り心地の悪さに繋がっていたりもしています。他のコンパクトカーでも必ず出てしまうプラスチックのやすっぽさがパッソにも同様に出てしまっています。

フィットの口コミ(インテリア)

続いてフィットのインテリアに寄せられた口コミを紹介していきます。

良い 悪い・どちらでもない
内装を黒で統一している点はコストもかからないのでしょうが、落ち着いた色で安っぽさが上手く隠されています。 内装はかなりチープ。
グレードによってですがプラズマクラスター搭載のエアコンになるが良い。 シートは座り心地が悪いです。
フィットのスピートメーターは3眼メーターなので上質感をアップさせている。 ベース車(13G)は装備が全くない。パッケージをつけると値段もぐっとあがる。
フィットのエアコンはタッチパネルを採用しており、操作性もデザインもよく満足しています。 シフトノブもハンドルも商用車の様に安そうな素材でできている。
室内空間は本当にと疑ってしまうほど広く感じます。 居住空間に不満はありませんが、収納が少ないのが困ります。

フィットのベースカーはインテリアが黒を基調としているので落ち着いた印象で高級感があると評価する声があります。

しかしながら、質感がプラスチックみたいで安っぽく感じるという不満もあり、インテリアについての意見は様々出ています。

エアコンのタッチパネル化や独立3眼メーターなどを取り入れてデザイン性を向上させており、この点は他のコンパクトカーにも差別化を図っているように感じます。

他にもオプションやパッケージになりますが、プラズマクラスター搭載のフルオートエアコンやIRカット/UVカット機能付きガラスなどを加えることができ、女性受けする装備も充実しているのが特徴です。

フィットは居住空間が広いといった評価がありますが、これには理由があるようです。

その理由は「センタータンクレイアウト」というホンダの特許技術で通常は後部座席の下にある燃料タンクを、前席の下に移動させることで広さとシートアレンジの自由度が飛躍的に向上しています。

これにより小さい空間を無駄なく広く使いやすい空間にすることができているのです。

運転の快適性、走行性能で比較

コンパクトカーはエンジンが小さいので走行時のパワーやトルクや加速が気になります。

特にパッソは1000ccとフィットよりもより小さいエンジンの為、どのように快適性や走行性能に影響が出ているかがキーになりそうです。

この2台の運転の快適性や走行性能を口コミから比較していきましょう!

パッソの口コミ(運転性能)

パッソの運転性能に対する口コミから見ていきます。

良い 悪い・どちらでもない
エンジンは街乗り・通勤に使う分には不満はありません。115万円の車なので十分コストパフォーマンスが良いと思います。 きつめの下り坂では「止まらないかも」と思うほどブレーキの効きが甘い気がします。車が軽いのでブレーキも効きを抑えているのでしょうか?
エンジンは小さいですが、ストレスなく気持ちいい走りです。その分燃費も良いので満足です。 スマートアシストⅡの衝突回避支援ブレーキシステムはおまけ程度の性能です。
あくまでもお守り程度とディーラーの営業マンも念押ししていました。何のために高い金払ってつけるかわからない機能。
パッソの走りは私に合っています。前の車はハンドルが軽く乗りやすい車でしたが、パッソも負けないくらいハンドルが軽く、取り回しのしやすい車です。そこまで加速もパワーもありませんが、安全運転の私にはちょうどいいです。 加速はスムーズですがキビキビとした走りではありません。そりゃ軽のターボの方が走りでは数段上です。
スマートアシストⅡと呼ばれる自動ブレーキをはじめとする様々な回避機能がついており、年配の方には有効な機能だと思います。 アイドリングストップからエンジンかかり動くまでのタイムラグがあります。
右折待ちから再スタートする時は早めに判断してアクセス踏まないとヒヤリとすることがあります。これって対策できないのかな?
アイドリングストップが全車標準装備なのでうれしいですね!これで燃費もあがっている気がします。 走行中のエンジン音は余りきになりませんが、その分ロードノイズが気になってしまいます。

パッソは排気量1000ccの小さいエンジンなのでパワーや加速はある程度我慢が必要。しかしオーナーに女性が多いのであまり走行性能の不満には直結していないようです。

逆に安全運転で良いとか、普段の走行では不満はないといった声がおおいですね。

これは小さいエンジンながらも追い越しや登坂時にアクセルペダルを踏み込むと最適なトルクを得ることができ、パワフルな加速が可能になっています。

その為スムーズで気持ちよく発進できるのです。

またエンジンも全車アイドリングストップ機能を搭載しているので、燃費もかなり抑えられています。パッソは価格からみて走行性能は十分でコスパに満足している方が多いのではないでしょうか?

ただ、ブレーキの効きが弱いのは女性向けの車としては痛手ではあります。エンジン音の遮音性があがった分、走行時の振動やロードノイズを拾いやすくなってしまうのは今後の開発で改良して欲しいものです。

フィットの口コミ(運転性能)

最後にフィットの運転性能に関する口コミを見て行きましょう。

良い 悪い・どちらでもない
何処を走っていても運転しやすいですね。高速道路での加速は上々、長距離でも運転は疲れにくい。 足回りが固いので道路の継ぎ目を拾って乗り心地悪い。
ガソリン車も実燃費16km/Lくらいは走ってくれるので満足しています。下手なハイブリッドカーよりも良く走る。 フィットもガソリン車なので燃費が悪い、私の乗り方の問題なのかな?
サスペンションが固くて乗り心地がしっかりしています。 エンジンが小さいので加速が弱く、馬力も非力。
発進時もスムーズに発進してくれて、加速も伸びるので文句なしです。 急カーブではかなり車体が撓むので乗り心地が悪い。
コーチング機能とティーチング機能があって視認しながらエコ運転ができる。 アイドリングストップは良いがすぐにエンジンが止まるのに慣れないです。

フィットの加速はコンパクトカーに中ではかなり優秀ではないでしょうか?

高速走行時の加速の評価は高く、馬力も100PSなので登坂時もパッソと比較すると大分パワフルです。

サスペンションが若干固めなので、好みによっては乗り心地がいいと評価する方もおり、一方ではロールがきつく乗り心地が下がったという方もいらっしゃいます。

フィットはハイブリッドも売れていますが、ガソリン車でも燃費が悪いという評価は少ないようです。

ガソリン車にもついているアイドリングストップ機能やECONモード、コーチング・ティーチング機能を上手く活用して、低燃費を十分意識した走りを実現させることができるのが、ホンダのフィットなのです。

【パッソ VS フィット】比較結果まとめ

ここまでトヨタのパッソとフィットの比較を見てきましたがいかがでしたでしょうか?

車両価格や維持費の金銭面のコストでみればパッソの方が良い結果となりましたが、エクステリアやインテリア、走行性能でみればフィットも負けていません。

特に今回感じたことは、パッソは1000ccというかなり小さいエンジンで街乗りでの走行を重視し更に低燃費を徹底しています。一方フィットはホンダ独自の技術を取り入れた空間造りをしており居住性能は抜群です。

走行性能も1300ccのガソリン車でありながら、実燃費約16km/Lを実現しており、馬力も100PSなので、高速道路でも登坂時でも十分耐えられる性能を持ち合わせています。

どちらも使い方によってはかなり良い車であることに違いはありませんが、その性能を十分発揮させるためにおススメできるのは、パッソは普段使いで買い物や駅への送り迎いなどが多い主婦やシニアの方におススメできる車です。

取り回しが良く、必要最低限の機能で操作が分かりやすいのも良いですね!

一方フィットは色々なシーンで活躍することができる車なので、ファミリーカーで出かけるもよし、通勤で使用するもよし、営業車として長距離走るのもよし、マルチに活躍できる車と言えます。

皆さんも自分のライフスタイルにあった一台を選んでいただければ、きっと満足できる1台に出会えることだと思います。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です