【ヴィッツ VS ノート】コスパ比較。買って後悔しない車は

ヴィッツノート外観

 今回はトヨタヴィッツVS日産ノートのコンパクトカーをコストパフォーマンスで購入しえ後悔しない車を色々なポイントでみながら比較していきます。

コンパクトカーは自動車メーカー各社で主力車種を持っており、一番の売れ筋車種なので価格や燃費、車内空間などで競いあっています。

また購入時の比較対象も軽自動車やワンランク上のセダンなどとも比較されることが多く、競合車種が多いカテゴリーでもあります。

今回比較するヴィッツとノートはどちらも魅力的な車ですがしっかり比較していきましょう!

維持費で比較

ヴィッツノート外観

コンパクイトカーに求めることは一番にコストパフォーマンスだと思います、その中でも維持費は占める割合の多い出費です。

一体どのくらい維持費がかかるものなのでしょうか?きちんと知っておく必要があります。

維持費は多種にわたり様々ありますが、購入時に組むカーローンの支払いや自動車取得税や重量税・年払いの自動車税などの諸費用も占める割合の多い維持費です。

また日々のガソリン代、オイル交換やタイヤ交換にかかるメンテナンス費用、定期点検や車検費用、万が一の事故に備えた任意保険代も全て維持費に含まれます。

今回ヴィッツとノートの比較は車両購入の際のローンの支払額や任意保険料にポイントを絞って比較していきます。

ローンや保険料は維持費の中でも高額となり占める割合も多い物なのでじっくりと見て比較していきましょう!

 価格、ローン代金

まずは価格面でヴィッツとノートを比較していきましょう。

ヴィッツ ノート 価格差
価格 1,181,520円 1,399,680円 218,160円
3年ローン(月々) 32,820円 38,880円 6,060円
5年ローン(月々) 19,692円 23,338円 3,646円
※価格・ローン代金はベースグレードの金利なしで試算。参考程度にご覧ください。

ヴィッツの価格は約118万円に対してノートは約139万円になり21万円の差があります。これを3年ローンでみると月々の支払いは¥6,060円の差があり、5年ローンでは¥3,646円の差があります。

ここで比較するヴィッツは排気量1.0Lの3気筒エンジンを搭載しており、最大馬力も69PSとコンパクトカーの中でもかなり小さい部類のエンジンと言えます。

一方ノートは排気量1.2Lの3気筒エンジンで最大馬力はヴィッツよりも10PS大きい79PSになっています。

また全長も、室内空間もノートが広く造られています。

最大の違いはアイドリングストップです、ヴィッツはベースカーには標準で装備されていませんが、ノートは標準装備になっています。

この違いがヴィッツとノートの価格差の21万円に大きく影響を与えているのです。

任意保険料金

ヴィッツ ノート 価格差
21歳以上 ¥172,800 ¥195,100 ¥22,300
26歳以上 ¥104,200 ¥117,600 ¥13,400
30歳以上 ¥99,600 ¥112,500 ¥12,900
年齢:表に記載の年齢・年間走行距離:110000km・運転者限定:限定無し・対人賠償:無制限・車両保険:つける・等級:13等級で統一・免許の種類:ゴールド・運転者の年齢制限:無制限・対物賠償:無制限

任意保険代を比較すると、ノートの方が年間¥12,900~¥22,300高くなるという試算になりました。

任意保険代は車種によって定められている保険料率によって異なります。保険料率は「形式別料率クラス」でランク付けされており前年の販売台数や事故率を加味して改定されています。

ランクは車両・対人・対物・傷害の4つカテゴリーを4段階で定めらており、その料率に基づいて金額が決められているのです。

実燃費、ガソリン代金で比較

ここでは実燃費を比較していきます。

実燃費は日々使用するガソリン代を計算する上で必要なデータです。ガソリン代は実燃費に比例して増減するものです。ヴィッツとノートの実燃費とガソリン代はどのようになっているのか見ていきましょう。

まず基本情報としてヴィッツとノートのカタログ燃費を見てみましょう。

ヴィッツは21.6km/Lでノートが23.4km/Lとなり差は1.8km/Lあります。しかしここで紹介したカタログに書いてある燃費ではなくガソリン代の計算に必要なのは実燃費です。

実燃費は走行条件や天候、ドライバーの走り方によって大きく左右されます、インターネットあげられている多くのオーナーさんのデータからの実燃費情報を平均化した情報で比較してみましょう。

ではヴィッツとノートの実燃費を以下で見てみましょう。

実燃費

ヴィッツ ノート
実燃費 15.18km/L 15.12km/L

カタログ燃費ではノートの方が優勢でしたが、実燃費をみてみるとヴィッツもノートも殆ど変りません。

どちらもガソリン車の3気筒エンジンを搭載しておりエンジン性能は大差ありませんが、ヴィッツの方が排気量が0.2L小さい為のと車重がヴィッツの方が60㎏軽いことがカタログ燃費と実燃費の差を小さくしたのではないでしょうか。

しかしながらヴィッツもノートもガソリン車としてみてばどちらもかなり低燃費車と言えます。

ガソリン代金

ヴィッツ ノート
月々のガソリン代金 ¥8,563 ¥8,597
年間のガソリン代金 ¥102,756 ¥103,164

ヴィッツとノートの実燃費に大差がないため、ガソリン代も殆ど変りません。どちらも月間1,000km走行すると想定しガソリン代は1L¥130で計算しています。

セダンやミニバンに乗っていると実燃費10km/Lを下回る車はざらにありますが、もし実燃費10km/Lしか走行できない車に乗っていた場合、月間でかかるガソリン代は¥13,000もかかります。

年間でみれば¥156,000円もかかるので、実燃費がよいヴィッツとノートがいかに経済的な車だということがお判り頂けると思います。

ここまで維持費で比べてみましたが、実燃費やガソリン代では大きな差がありませんでしたので、車両価格が約24万円安いヴィッツの方が経済的に比較すればおススメできます。

しかしながら車は維持費だけで決めるものではありません、インテリアやエクステリアの好み、走行性能や乗り心地も重要なポイントです、次ではオーナーさんの口コミを見ながら乗っている人だからあかせる評価を見ていきたいと思います。

見た目(エクステリア)で比較

ヴィッツノート外観

今度はエクステリアに注目して、ヴィッツとノートの特徴を見て行きたいと思います。まずは、全長・全幅・全高を見てみましょう。

ヴィッツ ノート
全長 3,945mm 4,100mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,500mm 1,520mm

数値を見ると、ヴィッツよりもノートの方が大きいですね。全高に関しては2cmの差ですが、全長に関しては15.5cmもの差が開いています。

15.5cmというと千円札1枚以上の差が開いていることにので、実際に見てもノートの方が大きいと感じるでしょう。

それでは、さらに詳しいエクステリアの詳細について、口コミを紹介しながら比較していきます。

ヴィッツの口コミ(エクステリア)

始めにヴィッツのエクステリアに寄せられた口コミから比較していきましょう。

良い 悪い・どちらでもない
ヴィッツの色の多さはびっくりです。私は気に入った色があったので即決めしました。好きな色の車だから愛着を持って乗ることができます。 良くも悪くも形は変わり映えしませんね。
フロントは今までの印象を一新して優しい感じから少し攻撃的なデザインに変わりスタイリッシュです。リアは先代のヴィッツの面影を残しつつシンプルな造りなのでうれしい。 丸っこい形はもう飽きました!ヴィッツは時代の最先端を走ってほしいので他のコンパクトカーに差が付くエクステリアを期待します。
ヘッドランプの造りは良くなりましたね!アッパーグリルとの一体感もGOOD! 今までヴィッツのヘッドランプは優しい感じだったので現行のヴィッツのライトデザインに違和感を感じます。
ヴィッツと言えば卵型、代名詞ともいえるこの形は気に入っています。 形が丸いところは好きになれない。
ヴィッツには余分なものがないシンプルな美しさがある! 標準でノットアンテナは付けて欲しかった、アクアとかはついているので。

ヴィッツの人気は17色もあるボディーカラーです。

特に女性受けしそうな、赤系や橙系の色から王道のパールホワイトやグレーメタリック、限定カラーでクリームベージュを含む5色など様々なカラーリングを選ぶ楽しさがあります。

色が違えば車の持つ雰囲気も大きく変わるので、乗る楽しさや愛着が増すと思います。

フロントデザインも先代のヴィッツから様変わりして優しいライトデザインから少しきつめのライトデザインに変わっています。今までのデザインから一新したところはかなり評価されています。

あまり大きな変化が無かったリアのデザインも一目でヴィッツとわかりやすいデザインなのでそこは変化が少なくても受け入れられています。

初代のヴィッツはトヨタ車にはなかった先進的なデザインで発売された為、強い印象が残りましたが、現在はヴィッツを含めどのコンパクトカーも形が似通っており現行のヴィッツも新鮮味が無くなってしまっています。

その点でオーナーは残念に感じている方が多い様です。

ノートの口コミ(エクステリア)

次にノートの寄せられたエクステリアに関する口コミを紹介していきます。

良い 悪い・どちらでもない
モデルチェンジでフロントデザインは益々魅力的になりました。 フロントのデザインは一目で日産車とわかる新鮮さがないデザインです。
見た目はスタイリッシュで良い。 グリルが大きくて好みではない。
アッパーグリルのUの字のメッキ加飾は日産車に多いですが、ハイセンスで恰好いいです。 アンテナが安っぽさを増している、せめてノットアンテナがついていればよいのに。
アルミホイールのデザインも中々おしゃれですね。 フォグランプが付いていないと物足りない。
ヘッドランプのデザインは切れ長でスタイリッシュです。 グリルについている日産のエンブレムが目立ちすぎ。

ノートは電気自動車とガソリン車がありますが、グリルについているUの字の加飾で見分けることができます。

電気自動車のブルーラインが入っている加飾も人気が高いですが、ガソリン車のシルバー加飾も中々スタイリッシュに仕上がっています。

モデルチェンジ前と比較してもグリルが大きくなりさらにメッシュになっている点と、グリルラインとポジションランプが一体化している点はかなりデザイン性が増してハイセンスになりました。

フロントにフォグランプが無いとアンダーグリルが殺風景になり見た目が残念などの評価もあがっています。アンテナもノットアンテナでないなど、低価格に抑えるが故にちょっとした点で影響が出てしまっているようです。

室内(インテリア)で比較価格

ヴィッツノート外観

 

続いて、インテリアに注目してヴィッツとノートを比較していきましょう。まずは室内長・室内幅・室内高をまとめてみたので、ご覧ください。

ヴィッツ ノート
室内長 1,920mm 2,065mm
室内幅 1,390mm 1,390mm
室内高 1,250mm 1,255mm

室内幅は一緒で室内高さは5mmなのでほとんど差はありません。

ただ室内長は145mmも離れているので、ノートの方が奥に広いということになります。

やはりノートのシャープで長いフォルムからも想像出来るように、室内長も長くなっているわけですね。

それでは、それぞれのオーナーの口コミを見ながらさらに詳しくインテリアについて紹介していきたいと思います。

ヴィッツの口コミ(インテリア)

最初にヴィッツのインテリアに関するオーナー意見から見て行きましょう。

良い 悪い・どちらでもない
ヴィッツは収納が12箇所もあるのですごく便利で実用性が高いくるまです。 低価格のコンパクトカーにしては狭くはないが、ゆったりしている訳でもない。
スピードメーターが2連の丸デザインでスポーティーな作りになっています。 後部座席は子供が乗るなら全く問題ないですが、成人男性が乗るのはかなり窮屈です。
余分な装備がないのでシンプルでわかりやすい。私みたいな年寄でも安心して操作できます。 Jewelaだと内装色も豊富ですが、Fだと2パターンしか選択できない。
荷室は後部座席を倒せばかなり広くなるので夫婦で旅行をするのでもかなり便利です。 運転席と助手席はベンチシートの方が狭い空間をより広く感じことができると思う。運転席と助手席の間の足元は何もない方がいい。
足元や頭の上のスペースもゆとりがある。 グレードによっては標準装備のシートがヘッドレスト一体型のため安っぽい。

ヴィッツのインテリアはシンプルで操作性があり、年配者にもわかりやすいと高評価を得ています。コンパクトカーを低価格で販売する為のコストカットですが、とり回しが上手なので吉と出ているようです。

そこにプラスして収納スペースが多くグレードによって11か所~13か所も設けられています。

ペットボトルホルダーやドアポケットはもちろんのこと、カードホルダーやコインポケット、助手席の買い物アシストやシートアンダートレイまでありスペースを無駄なく収納に活用されています。

ヴィッツの内装色は基本アイボリーかブラックの2パターンになってしまいますが、グレードUPさせてJewelaにするとバーカンディーも選択できて落ち着いた赤系の色なので女性にも人気です。

残念なのはリアが地面から高く荷室に荷物を載せにくいという女性ユーザーの声もあり、収納を多くして女性向きにしているのであれば、この点はもう少し配慮して荷室に積みやすく車高を落とすべきだったのではないでしょうか。

ノートの口コミ(インテリア)

次はノートのインテリアに寄せられたオーナー口コミを見てみたいと思います。

良い 悪い・どちらでもない
車長が他のコンパクトカーと比較しても長いので室内空間も広く感じます。 フラットにした時の段差は改善してほしい。
収納は7か所あるので多くはないけど、十分な数はあります。 質感が安っぽい。コンパクトカーだから我慢すべき点なのか。
後部ドアは90度開くのでチャイルドシートに子供を乗せる時に助かります。またドアは2段階で開くので狭い場所で乗り降りする時も安心です。 メダリストやe-powerのメーターは格好いいのに、SやXのメーターは安っぽい。
ハンドルにシルバーフィニッシャーがついてセンスがUPした。 サイドブレーキはフットにできなかったのだろうか?
シートは座り心地が良い。 シートの素地がチープ

ノートは車長が長く、その分室内空間もしっかり広くなっています。ワンランク上のセダン並みに広く造られているので、コンパクトカーの中でも一歩リードです。

後部座席にはチャイルドシートを載せて子供とドライブをする方も多いと思いますが、ノートはドアが90度開くので子供もシートに載せやすいです。

また後部ドアは2段階で開くようになっているので、狭いパーキングなどでの乗り降りも安心です。コンパクトカーらしさではありますが、質感の安っぽさやシートのチープさなどはノートも否めません。

運転の快適性、走行性能で比較

ヴィッツもノートも排気量が小さいので馬力やトルクのちょっとした差が走りに影響を与えてしまいます。ヴィッツが1000cc、ノートが1200ccで200ccの差が2台の比較にどのような影響を与えているのでしょうか?

実際に乗っているオーナーさんの口コミを見ながら比較してみましょう!

ヴィッツの口コミ(運転性能)

ヴィッツから運転性能に関する口コミを見てみましょう。

良い 悪い・どちらでもない
さすがはコンパクトカー、ガソリン車でも
実燃費も15km/Lくらいは走ります。
排気量が小さいせいか、走り出しの加速はかなり悪い印象です。
アクセルを踏み込んでもエンジン音をしっかり遮っています。 坂道や山道はあまり走りたくない車ですね、パワーがなくストレスがたまります。
ハンドルが軽いので運転しやすいです。 低速時の加速の伸びがかなり悪い。
街乗りで使う分にはヴィッツでも全然不便はありません。 少しの段差でもショックが大きい。
車幅がそれなりにあるので安定感があり高速でも周りに引けを取らずに走行できました。 ベタ踏みしても加速が遅れている。

ヴィッツのエンジンは1.0~1.5Lまで3パターンありますが、どれに乗っても燃費は良い。

馬力・トルクは1.5Lの方が圧倒的によいですが、価格でみれば今回比較しているベースグレードの1.0Lが一番安いですが、価格と走行性能とのバランスを考えると1.3Lエンジンのヴィッツの方がコストパフォーマンスの良い車だと思います。

ヴィッツは5ナンバーですが車幅があるので走りも安定しています。またハンドルも軽いので女性やお年寄りでも操作しやすいと高評価です。

残念な点としては、今回比較している1.0Lのヴィッツの馬力が69PSなので街乗りでも走り出しや走行時の加速は若干ストレスを感じますが、4人乗車時の登坂走行などはアクセルをベタ踏みするのでかなりストレスを感じると思います。

ノートの口コミ(運転性能)

最後にノートの運転性能に関する口コミを比較していきます。

良い 悪い・どちらでもない
ガソリン車もなかなか静かでよい。 ガソリン車のノートはパワーがない。
街乗りが多いので馬力が小さくても問題ない、軽自動車よりはパワーあるので。 段差などはしっかり拾ってしまうので乗り心地がかなり悪い。
CVTなので変速ショックがなくて乗り心地がいい。 アクセルが軽すぎて落ち着かない。
市街地でも燃費は良い。 電気自動車は燃費がかなり良いみたいですが、ガソリン車の実燃費は15km/Lであまり伸びない。
エンブレがよく効く。 足回りが路面の凹凸をもろに受けてバタつく。

ノートも燃費はかなり良く、走行時のエンジン音もあまり気にならないようです。CVTなので変速機特有のショックもなく、駆動系はスムーズで乗り心地の良さを手伝っています。

しかしながら、段差のショックを拾ってしまう点では足回りの固さをもろに受けてしまうようです。

ノートは電気自動車「e-power」の印象が強く、燃費が驚異的に良い印象を与えてしまっていますが、ガソリン車は実燃費15km/Lくらいに留まっているため過度な期待を持ってしまうと燃費に不満を呟く方もいるようです。

ガソリン車の中では実燃費15km/Lはかなりの低燃費であることは間違いありません。

ノートをさらに知りたい方はこちら!ノートのグレードを徹底比較し、特徴や魅力を紹介しています!
>>日産ノート グレードの違いまとめ。自分に適したグレードはどれ?

【ヴィッツ VS ノート】比較結果まとめ

ここまでヴィッツとノートの2台の比較をしてきました。

どちらのコンパクトカーも同じ様なサイズながらも若干ノートの方が広く、排気量大きいいので馬力も大きく乗り心地や走行性能にも差が表れています。その分が約24万円の車両価格差になっているのです。

車体価格やガソリン代・保険料などの金銭的な面ではヴィッツの方がかなり優勢でしたが、走りの性能やインテリアの質感などはノートもかなり高評価でした。

ヴィッツとノートで比較してみるとヴィッツは排気量が小さくパワーもあまりないため、街乗りメインで走行距離そんなに走らない方におススメです。

見た目はフロントデザインが男性的な一面もありますが、カラーリングは女性にも支持されるラインナップになっており性別問わず乗ってもらえる車ではないでしょうか。

一方ノートは乗り心地の良さやヴィッツに比べて馬力もあるので長距離通勤をされる方や外回りの営業の多い仕事使いの方におススメすることができます。

どちらも低価格・低燃費でおススメできる素晴らしい車です、自分の乗り方や好みによって自分にあった1台を探してみてください。

 

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です