スイフトHV グレード毎の違いまとめ。それぞれの特徴は

スズキスイフトHV

登場当初私たちを驚かせてくれたスイフトの4代目に、ついに2017年7月フルハイブリッド車が追加されました。

「え、今までもスイフトにハイブリッドがあっただろ?」と疑問に思う方もいるかと思います。

けど違うんです。今までのはマイルドハイブリッドと呼ばれるもの。今回追加されたフルハイブリッド車は簡単に言えば、マイルドハイブリッドの上位互換になります。

そこで従来のマイルドハイブリッド車も含めて、スイフトHVの各グレードの違いについてまとめてみました。

気になるハイブリッドの性能などについても簡単に説明するので、興味のある方はぜひ参考になさってください。

スイフトのグレード表

グレード 価格
HYBRID ML(マイルドハイブリッド) CVT 1,625,400円
(1,779,840円)
セーフティパッケージ装着車 1,721,520円
(1,875,960円)
セーフティパッケージ装着・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 1,788,480円
(1,942,920円)
HYBRID RS(マイルドハイブリッド) CVT 1,691,280円
(1,845,720円)
セーフティパッケージ装着車 1,787,400円
(1,941,840円)
セーフティパッケージ装着・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 1,854,360円
(2,008,800円)
HYBRID SG(ハイブリッド) 5AGS 1,668,600円
HYBRID SL(ハイブリッド) 1,949,400円
全方位モニター用カメラパッケージ装着車 2,016,360円
※()内は4WD価格(MT車は除く)

ガソリン車は6ATやMTなど多彩なミッションがありますが、マイルドハイブリッド車はCVT、フルハイブリッド車は5AGSとなっています。ただし、駆動方式は2WD・4WDで選ぶことが可能です。

5AGSを簡単に説明すると、ブレーキとアクセルペダルしかないMTのようなもので、クラッチとシフトチェンジをしなくてもアクセルとブレーキだけでシフトチェンジが出来るのが特徴のミッション機構になります。

AT限定の免許でも乗ることが出来るのも特徴的ですね。

そんなマイルドハイブリッド車とフルハイブリッド車の価格差は約4万円。そう考えると装備内容にあまり違いがなさそうですね。実際にどのような違いがあるのか、装備を含めて様々な仕様から違いを見ていくことにしましょう。

各グレードの特徴、捉え方

スイフトHVの4つすべてのグレードの特徴や、マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの違いを簡単に紹介します。

ML

MLは必要な装備を全て備えた、通常グレードです。

ガソリン車RSとほぼ同じ装備内容となっているため、どのような方でも満足できるのではないでしょうか。万人受けしやすいタイプのグレードとなっています。

RS

RSは足回りを強化し、専用装備をプラスしたスポーティ仕様グレードです。MLに比べれば需要は限定されますが、走りをさらに楽しむことができますね。高速道路や長距離を日常的に走る方にとって、選びやすいタイプのグレードとなっています。

また、両グレードに「セーフティパッケージ」という安全装備を詰め込んだメーカーオプションが設定されています。

SG

フルハイブリッドとなるグレードです。エクステリアは通常グレードであるMLとほぼ同じになります。

フルハイブリッドなのに価格を安く抑えられているのは、こういったところでコスト削減されているからでしょう。

SL

スイフトHVの中で最上級グレードになっています。エクステリアはヘッドランプやタイヤなど細かなデザイン変更があり、MLより少し見栄えがいいです。

またML、RS、SGではオプションだったセーフティパッケージがなんと標準装備になります。ここが価格差の一番の要因でしょう。

マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの違い

性能的にマイルドハイブリッドの上位がフルハイブリッドになります。具体的にどこが一番違うのかというと、モーターのパワーです。

マイルドハイブリッドが3.1馬力に対し、フルハイブリッドは13.6馬力となります。全然違いますよね。

これほど違うとどうなるかというと、走行のときに使われるモーターの仕事がマイルドハイブリッドより多くなり、その分ガソリン消費が減るんです。

となると、答えは一つ。燃費が良くなります。このように性能だけ見ればフルハイブリッドのほうがいいんです。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

両グレードの特徴の「装備」に視点を置いて、スイフトHVのグレード間の違いについて明らかにします。MLとRSで装備内容はほとんど変わらないのですが、だからこそ「どこが違うのか」を明確に知っておくことが大切です。

これから挙げる装備は、ML・RSで違いのある部分や代表的なもののみとなっています。全ての装備を閲覧する場合は、下記PDFをご参照ください。
http://www.suzuki.co.jp/car/swift/detail/pdf/detail.pdf

全グレード共通の標準装備

  • LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • フロントELR3点式シートベルト
  • チャイルドシート固定用テザーアンカー
  • 熱線入りバックウインドーガラス
  • 時間調整付フロント間欠ワイパー
  • サイドドアビーム
  • 運転席シートヒーター
  • パワーステアリング
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • 熱線吸収グリーンガラス

 

マイルドハイブリッド特有の物もありますが、そのほとんどがガソリン車上位グレードで装備されている装備と同じです。ガソリン車のRSグレードの装備内容から、RS専用装備を抜いた装備内容といったところでしょう。

価格から考えれば当然かもしれませんが、これは嬉しいところです。

ただ、これだとRSを選ぶ意味があまり無いのではないかと考えられます。RSを選ぶ価値や意味はあるのかどうかも含めて、これからMLとRS、SG、SLの4つのグレード装備の違いについて見てみましょう。

HYBRID MLの装備、インテリア、エクステリア

スズキスイフトHVHYBRID ML外観
  • 本革巻ステアリングホイール
  • ファブリックシート表皮
  • 16インチアルミホイール

HYBRID ML特有の装備は、ほとんどありません。

上記の装備はML特有と言えるかもしれませんが、RSより下位の装備になっていると言ったほうが正確でしょう。「特有の装備」はRSに多数装備されています。

両グレードでほとんどの装備が共通しているので、上記のようなRSより劣る装備があるとしても、十分な内容と言えるのではないでしょうか。劣ると言っても加工が無いだけで、質感としては同じです。

加工に特別感を求めるかどうかといった違いだけなので、気にする必要はありません。

HYBRID RSの装備、インテリア、エクステリア

スズキスイフトHVHYBRID RS外観
  • 本革巻ステアリングホイール[シルバーステッチ、シルバーガーニッシュ付]
  • RS専用ファブリックシート表皮[シルバーステッチ]
  • RS専用フロントグリル
  • RS専用フロントバンパー
  • RS専用リヤバンパー
  • サイドアンダースポイラー
  • ルーフエンドスポイラー
  • 16インチアルミホイール[切削加工&ブラック塗装]

HYBRID RSには、上記のようなRS専用装備が備わっています。

専用フロントグリルなどの違いを理解するには、エクステリア画像を見ていただくのが早いでしょう。少し違いがわかりにくいかもしれませんが、グリルが変わったことによって、MLよりもハッキリとした顔立ちになりました。

『アクが強くなった』、とも言えるでしょう。

装備内容だけでは、まだRSの価値はわかりません。HYBRID RSの本当の価値は、装備内容以外のところにあるのです。そういった部分も踏まえて、装備以外の部分にもスポットライトを当ててみたいと思います。

HYBRID SGの装備、インテリア、エクステリア

スイフトSGエクステリア
  • 車両接近通報装置
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付]
  • PTCヒーター
  • ウレタンステアリングホイール
  • モーターパワーメーター
  • 15インチフルホイールキャップ

 

このほかフルハイブリッド専用装備がSGから付きます。マイルドハイブリッドのグレードと性能以外の装備面でも差別化されているようです。

これを見る限りますます、価格も安いしSGの評価が上がりました。ただもちろん、SGの上位グレードのSLに劣る部分があります。

そこはどこまでの装備で満足するかがSGとSLのグレード決めのポイントになるでしょう。

HYBRID SLの装備、インテリア、エクステリア

スイフトSLエクステリア
  • リヤシートベルトプリテンショナー(左右2名分)
  • 運転席センターアームレスト
  • 16インチアルミホイール
  • パドルシフト
  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)

 

SLの装備の特徴は何といってもセーフティパッケージの装備が標準になることですね。セーフティパッケージのうちいくつかの装備を紹介しましょう。

デュアルセンサーブレーキサポートは二つのカメラで歩行者と前の車両方を察知し、接近しすぎると警告音でドライバーに知らせてくれます。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能はドライバーが事故回避のためにと強くブレーキを踏んだとき、自動で制動力を高めてくれる機能です。

アダプティブクルーズコントロールは前方を走る車との車間距離を自動で保ってくれます。

このように様々な安全機能がたくさん標準装備されていているのが、SLグレードです。

ちなみにセーフティパッケージを通常追加装備にした場合、総額約10万円します。こうかんがえると、SLの高い価格も納得できるんじゃないでしょうか。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

スイフトSLエクステリア
スイフトインテリア
スイフトインテリア

装備内容だけでは、スイフトHVのグレードの特徴を理解することはできません。装備と、これ以外に語っていない部分を含めて、そのグレードの魅力になるのです。スイフトHVは、ML・RS両方ともに大きな魅力があります。

特徴もはっきりとしているので、選びやすいです。

HYBRID MLの魅力、選んでいる人はこんな人

HYBRID MLの魅力について語るには、スイフトHVの性能について語らなければ始まりません。

スイフトに搭載されているハイブリッドシステムは、トヨタの物とは少し違います。

トヨタはハイブリッド車の先駆者のような立ち位置です。トヨタのハイブリッドシステムは、容量の大きいバッテリーを備えつつ、しっかりとしたモーターアシストをしてくれるという、本格的なシステムと言えます。

スズキのマイルド・ハイブリッドシステムは、言うなれば簡易的なハイブリッドシステムなのです。

加速時のモーターアシスト時間は、30秒と短くなっています。バッテリーもすぐに減り、その反面すぐに満充電になるという容量の小さいものが搭載されているのです。そのため、ガソリン車と比べて燃費が飛びぬけて良くなるということはありません。

マイルド・ハイブリッドシステムのメリットは、扱いやすさです。少し減速するだけでバッテリーが満タンになるという、回生効率の良さ。容量が小さいからこそ残量管理がしやすく、局所的な使い方が出来る……。

ガソリン車を運転するのと同じ要領で、エコドライブをすることができます。モーターアシストによる加速性能のアップも、魅力のひとつです。

HYBRID MLの魅力は、こういった性能をより低価格で体験できるというところにあるのではないでしょうか。

HYBRID RSの魅力、選んでいる人はこんな人

装備以外でMLと異なる部分に、HYBRID RSの魅力はあります。

各グレードの特徴について簡単に説明した際、「足回りを強化した」とありましたが、装備内容ではそれが見られませんでした。何故か。装備をプラスするのでなく、専用チューニングを施すことによって、足回りを強化しているからです。

  • 欧州チューニング ショックアブソーバー
  • 欧州チューニング タイヤ
  • 欧州チューニング 電動パワーステアリングコントローラー

以上三つの専用チューニングが、HYBRID RSには施されています。

ショックアブソーバーは減衰力を硬めに設定されており、上下の振動を抑えられるようになっています。路面からくる衝撃や突き上げ感も軽減されており、乗り心地が良くなりました。

タイヤは剛性が高められ、安定感が向上しています。

電動パワーステアリングは、重い操作感覚に設定されており、最初は驚かれる方もおられるようです。重いからこそハンドル操作に手ごたえがあり、直進安定性やコーナリングでの安定性が上がります。

また、全体的に「ダイレクトな運転感覚」になるよう調整されています。これによって、より高い走りの喜びを感じることができるようになっているのです。

これが、HYBRID RSの魅力と言えます。

HYBRID SGの魅力、選んでいる人はこんな人

マイルドハイブリッドよりさらに高燃費を求める方が多いです。マイルドハイブリッドは正直ハイブリッド車というには不完全で、「ガソリン車よりは燃費良いね」くらいの性能になります。

ですから、ちゃんとしたハイブリッド車に乗ってみたいという人はSGもしくはSLを選ぶようです。

燃費以外でもフルハイブリッドの利点はなんといっても静寂性でしょう。アイドリング中になるエンジン音でさえ、SGではほぼ聞こえなくなります。

燃費・静寂の2点を求める日地にはオススメのグレードですよ。

HYBRID SLの魅力、選んでいる人はこんな人

ハイブリッドの性能をいかんなく発揮させたSGのさらに上のグレードを選んだ方は何をみて決めたというと、やはり安全性能です。

つまりセーフティパッケージが標準装備な点です。セーフティパッケージはほぼすべてのグレードに用意されているオプションでそれだけ需要があるということになります。

その装備が標準装備になるのですから、SGより高くなってもSLを求める人が多いというわけです。

総合的に売れているグレードを考察

性能だけで見ると、マイルドハイブリッドのML、RSよりフルハイブリッドのSG、SLのほうがいいですがお金が絡むと別ですよね。

ML、RSもガソリン車よりは燃費も静寂性もいいので、お手軽にハイブリッド性能を楽しみたい方にはいまだ人気のグレードです。

で肝心の一番人気はというとSLでした。2番人気がSGになります。やはり出たばかりのSG、SLのほうが人気のようです。

そしてフルハイブリッドの2つの中でもSLが上なのは、それだけ安全性能を重視する人が多いのでしょう。

4つのグレードの中で一番高い価格なのにかかわらず一番人気ということは、それだけ価格に見合った満足のいく機能が充実している証拠です。

これからスイフトをご購入の方にも自信をもってオススメできるグレードになります。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です