イグニスのグレード選びは実質MXとMZの二択!この二択の正解は…

イグニスのグレード選びは実質MXとMZの二択!この二択の正解は…のキャッチ文

「最初の一台は中古の軽を買ったんだけど、次は普通車に乗りたい。でも大きすぎる車は運転がちょっと怖いんだよなぁ」

恐らくこんな気持ちをもってコンパクトカーに絞って車探しを始めたものの、人気のノートやフィットなんかは見た目がオシャレじゃないし、そもそもなんで売れてるのか分からないって人もいるはず。

そこでたまたま見つけた、スズキ イグニスの唯一無二なデザインとレア感に惹かれたって人は多いんじゃないでしょうか?

しかし、そんなイグニスのグレードはどれを選べばいいのか、そもそも装備や機能にどんな違いがあるか疑問ですよね。

そこで本ページでは、これを選べば間違いない!っていうグレードをご紹介します。

イグニスが絶対に欲しいって人も、見た目が気になってるだけって人でもタメになる情報が多いのでぜひ見て行ってください。

イグニスのグレードは二択!買って後悔したくないならMZがおすすめ

二択で悩んでいる女性

イグニスには4つのグレードがありますが、グレード選びに悩んでいるって人はMXとMZの二択でOK。

もちろんその他のグレードも魅力はありますが、ぶっちゃけその2つ以外のグレードを選ぶと後悔する可能性がグッと上がってしまうんです。

まずはそんなMXとMZの魅力、そしてそれ以外のグレードのダメなポイントをお話します。

廉価グレードのMGは論外。コスパを意識するならMXがおすすめ

第一にイグニスはお洒落なデザインが最大の魅力ですが、価格が安いっていうのもまた1つの魅力で、軽自動車とほとんど変わらない値段で普通車が買えちゃうんですよね。

MGのインパネ

でも価格の安さが魅力とは言え、イグニスの廉価グレードのMGは絶対に選んじゃダメ。

というのも、車内の加飾がほとんどそぎ落とされてプラスチックの安っぽい質感が丸出しになっていることに加え、リヤシートがスライドできない固定式になっているせいで荷室のアレンジ性がガクッと落ちて全然荷物が積めないんです。

コンパクトなSUVなのに、荷室の使い勝手が悪いのはちょっとあり得ない仕様じゃないでしょうか?

助手席シートサイドポケット/助手席シートバックポケット/サブトランク

さらに助手席バック・サイドポケットやサブトランクなどが無いなど、MGはとにかく使い勝手の悪いグレードと言えますね。

キーレスプッシュスタートシステム

それに対し、1つグレードを上げたMXは上位グレードと同等の加飾が付いていますし、MGには無かったプッシュスタートシステムも追加されているんです。

ちなみに、試乗した際に感じたんですがイグニスのキー差込口はとにかく差し込みづらく、運転する度にストレスが溜まりそうなので、私的にはプッシュスタートは必須な装備だと思います。

リヤシートをスライドしている画像

さらに、リヤシートも可動式になり廉価グレードの問題点だった荷室のアレンジ性も解決されるなど、快適性・利便性ともにMXの方が格段に向上。

このようにMGと比べても断然使い勝手が良くなるMXですが、価格差はたった13万円とコスパ最高なんです。

この条件でMXを選ばずにMGを選ぶ必要性はないのではありませんか?

気に入ったイグニスを楽しく・安全に乗りたいならMZ!

そんな必要な装備と最高なコスパを実現したMX以上におすすめなのが、1つグレードを上げたMZです。

このMZの特徴的な追加装備は以下の通りになります。

  • ヘッドランプがハロゲンからLEDへ変更
  • パドルシフトの追加
  • クルーズコントロールの追加
LEDヘッドランプ

その中でも第一にお話したいのが、安全性を向上させてくれるLEDヘッドランプです。

実は私も皆さんと同じように軽自動車から普通車へ乗り換えたんですが、その時に一番「おぉ」と驚いたのがLEDライトによる夜間の視認性の良さ。

以前乗っていた軽自動車はハロゲンランプだったので、街灯の少ない住宅街を走っている時は人が見えずに何度もヒヤッとさせられましたし、この経験は皆さんもあるのではないでしょうか?

それがLEDになった途端、住宅街でもしっかり人影を確認することができるようになり安心して運転できるようになったんです。

ぶっちゃけLEDヘッドランプに慣れた今、ハロゲンの車に乗るのは考えられませんし皆さんにもこの点は譲らずにグレード選びをして欲しいと思います。

また、「イグニスのMXを買ったけど、無理をしてでもMZを買った方が良かった。今になってずいぶん後悔している」なんて声もありました。

価格差も13万円と小さいし、軽自動車からステップアップするなら普通車として装備がしっかり整ったグレードであるMZの方が絶対におすすめです。

イグニスのMFグレードは装備は増えたけど質が悪い

MFのエクステリア

最後に最上位グレードのMFのお話をしますが、正直言ってこのグレードはあまりお勧めしません。

というのも、基本的な快適装備や安全装備はMZでほとんど追加されたため、違いは加飾やシート素材のみ。

確かにエクステリアのルーフレールなどは好み的に外せないって人もいるかもしれませんが、個人的にはスタイリッシュでオシャレな見た目のイグニスにルーフレールは要らないと思いますし、フロントの見た目も変わってMFの方がむしろダサいと思います。

さらにこの車の合成皮革シートは蒸れやすくいため、試乗した際の短時間でもちょっと不快になりましたし、長時間乗った人は「イグニスの合成皮革はダメ、選ぶなら絶対ファブリックにしとけ」なんて辛辣な意見も見受けられましたよ。

このように装備や加飾自体は増えたり豪華になったりしているMFですが、ちゃんと見てみるとそれは必要のないものばかりなので、このグレードを選ぶメリットは少ないと言えるでしょう。

イグニスはダサい…なんて声は無視でOK!むしろ見た目が最大の魅力!

笑顔で指をさしている外国人男性

ここまではイグニスのグレードについてお話してきましたが、この車を購入するにおいて気になるのが“イグニスはダサい”という口コミではないでしょうか?

知らない人もいるかもしれませんが口コミなどを見ると、“とにかくダサい”とか“リアがおにぎりみたい”なんていう不評の声が多数あるんです。

でも私はイグニスが凄くオシャレな外見で、見た目こそが一番の魅力であると断言します。

むしろ見た目こそが購入理由!唯一無二の見た目が魅力!

最初に言った通り、イグニスの見た目に関しては不評の声が多くあるのは事実です。

それに最近はちょっと厳ついマイルドヤンキーみたいな見た目を好む人が多いですから、イグニスのようなオシャレで個性的なルックスの車を好む人が少ないというのもその意見に拍車を掛けているのでしょう。

でもカッコいい・ダサいなんて個人の意見でしかありませんし、むしろ「見た目に一目ぼれして買った」とか「街で見かけないレア感が良い」などこの車種にしかない魅力に魅せられて購入した人が多くいるんです。

私もこの独特なルックスは他の車には無い魅力だと思いますし、可愛らしさとカッコ良さを両立したスタイリッシュなオシャレ感を体現しているイグニスは、すごくオシャレだと思います。

イグニスは世界的にもお洒落だと認められている一台

ワールドアーバンカー部門TOP3になったイグニス

また日本ではダサいと不評で販売台数も少ないイグニスですが、海外の特にヨーロッパでは結構売れている車種。

また2017年には、世界の自動車ジャーナリストが“最も都市に似合う車”を選出するワールドアーバンカー部門でTOP3に入るなど、海外での評価は非常に高いんです。

そう聞くとなんだかデザインも外車ルックで、どんどんオシャレに見えてきませんか?(笑)

そもそもイグニスのコンパクトな車体や取り回しの良さ、そしてマイルドハイブリッドだってことを考慮すると狭い道やストップ&ゴーが多い国内でこそ売れるべき車なんじゃないかと思います。

軽自動車を圧倒!イグニスはグレード関係なく街乗りにも雪道にも強いのもポイント

笑顔で指をさしている男性

上ではイグニスのオシャレな見た目についてお話してきましたが、魅力は見た目だけではなく、コンパクトな車体に必要十分な走行性能、そして燃費などの魅力があります。

ただ、乗ってみないと分からない不満点もあるので、ここからは私が試乗した時の感想を含めながら魅力や不満点についてお話するので是非見て行ってください。

並外れた性能はない。でも必要十分で丁度良い走りをしてくれる

正直に言ってイグニスは走行性能や乗り心地に関して飛び抜けたものはありません。

ただ、車体が軽いため排気量の割に加速が良い点や、モーターとの組み合わせにより坂道でも加速感が変わらない点など、通常の運転ではストレスにならない並み以上の走行性能を備えているんです。

試乗した際も「これ凄い!」という感動は無かったですが、ストレスは全く感じることのない快適性で、加速が良いおかげでスポーティさも感じられて乗っていて楽しさも感じることが出来ました。

ちなみにパドルシフトがDレンジでも使えて結構便利ですよ。

また室内の大きさに関しても広いとは言えませんが、天井が高いため窮屈感は無くて運転席・助手席は充分広く作られているので室内の快適性も充分。

このように走り・快適性において並み以上の実力があり、プラスαを求めなければ誰もが満足できる一台と言えるでしょう。

軽自動車並みの小回りの良さと、コンパクトカーには無い雪道への強さが魅力

そしてイグニスの大きな特徴と言える独特なサイズ感です。

始めに人気コンパクトカーであるフィット・ノートと比較を見てみましょう。

  全長 全幅 全高
イグニス 3,700mm 1,660mm 1,605mm
フィット 3,995mm 1,695mm 1,520mm
ノート 4,100mm 1,695mm 1,515mm

上の表を見て分かる通り、この車が他のコンパクトカーとは全く違う形・サイズ感だということがわかるはず。

特に顕著な違いが全長の短さで、キュッと抑えられた全長のおかげで狭い住宅街などでは軽自動車とほぼ変わらない取り回し良さを実現してくれますし、狭い駐車場でも今までと変わらない感覚で駐車できるのも安心ですよね。

さらにイグニスはSUVということもあり、他のコンパクトカーに比べて雪道への強さが段違いです。

雪道で重要な最低地上高は18cmと、一般的な車が15cm前後だという事を考えれば断然良いですし、アイポイントも高いため走破性や安全性という面で優位性は歴然でしょう。

また車体重量が1,000㎏以下と超軽量車両なので、ブレーキを踏んだ時の制動距離が短かったり、コーナーでの遠心力も小さかったりなど、コンパクトカーの中でも雪道に特段強い車なので、雪国に住んでいる人には非常にオススメなコンパクトカーですよ。

マイルドハイブリッド車ならではの燃費にも注目!

続いてお話するのは、全車マイルドハイブリッド車のイグニスの燃費について。

ぶっちゃけプリウスなどのような本格的なハイブリッド車ではないので、「流石ハイブリッド車!素晴らしい燃費だ!」なんて風な数値は出てきません。

しかし私が調べたところ17~21㎞/L程度の燃費になり、普通車よりも低燃費なのは当然ですし、軽自動車と並ぶくらいの燃費の良さを体感することが出来るでしょう。

ちなみに実際に乗っている人の意見として、以下の様な声もありました。

「一応エコランプを気にして走っているけど、普通に走っても19㎞/Lは出る」
「買い物や幼児との外出がメインで、片道5から10キロ程度の移動が多いけど18㎞/Lで安定してます。」

ただ、走り方によっては期待通りの燃費が出ないこともあるので、燃費をより良くしたい人はエコドライブを実践すると良いと思います。

収納への不満や後席の狭さなどがサイズに関する不満が多い

ここまでイグニスを絶賛してきましたが、最後に私が試乗した際に感じた不満点についてお話してきます。

まず一番の不満点は後席が狭いという事。

私が後席に座ってみたところ、女性や子供が乗る分には全く問題ないと思いますが、男性が乗るとなるとやっぱり窮屈感は否めないですし、女性でも後席に3人乗るとなれば狭いと感じるかもしれません。

ただ、イグニスの魅力であるコンパクトさを考慮すると後席の狭さは仕方がないと思いますし、そもそも後部座席に大人が乗ることがないって人にとっては関係のない不満点ではありますね。

次に不満に感じたのは収納の少なさです。

先ほどもお話しましたが、助手席のパック・サイドポケットやサブトランクの無い廉価グレードは論外として、そのほかのグレードでも収納が物足りないと感じました。

そもそもの収納の数が少ないのはもちろんですが、容量も小さくとにかく少ない・物足りないという感想を持ちます。

センターコンソールドリンクホルダー

さらに全グレード通してセンターコンソールが無いですし、ドリンクホルダーも小さいためペットボトルを入れる場合は結構ギュウギュウで、コンビニなどのカップコーヒーなどは恐らく置けないと思います。(ちなみに口コミで置けないという声がありました。)

またトランクが狭い上に、スペアタイヤを購入したらサブトランクが潰れたという声もあるので購入の際には注意が必要です。

このようにイグニスは、後席の狭さや収納の少なさなどサイズの小ささが原因の不満点が多く、コンパクトな車体と広さを両立することは難しいので、仕方がない不満点なのではないでしょうか?

イグニスを気に入って購入する場合は、魅力だけでなく不満点や使いにくい部分を考慮して購入するようにしてくださいね。

まとめ

やっぱりイグニスの最大の魅力は他にはないデザインで、それに加えて非のない走行性能や乗り心地、燃費など大きなマイナス面は無いと思います。

またSUVということもあり悪路や雪道の走破性も高いため、キャンプに行く人や雪国に住んでいる人でも満足できる一台と言えるでしょう。

そんなイグニスのグレードは個人的にはMZがおすすめで、出来るだけ安く買いたいって人ならMXが良いと思います。

それ以外は考えず、この2つのグレードをしっかり吟味してイグニスのグレードを選んでくださいね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です