イグニス グレード毎の違いまとめ。グレード選びの参考に

スズキイグニス

クロスオーバーSUV型コンパクトカーとして、ハスラーとエスクードの間を埋める形で発売されたイグニス。「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」をコンセプトとした、シンプルながらも個性的な攻めたデザインが特徴の車です。

個性的なヘッドライトと、上質なインテリアが火付けとなって需要を呼びました。デザインだけでなく、走りにまでこだわった車となっています。全車ハイブリッドシステム搭載でありながらも低い価格設定であることもまた、人気の理由です。

そんなイグニスのグレードの違いについて、いったいどれほどの方が把握しているでしょうか。まだまだ新しい車ですから、あまり知らないという方が多いことと存じます。

イグニスのグレードごとの違いについて、ここで一緒に学びましょう。

イグニスのグレード表

グレード 価格
HYBRID MG 1,382,400円(1,519,560円)
HYBRID MG セーフティパッケージ装着車 1,479,600円(1,616,760円)
HYBRID MX 1,501,200円(1,638,360円)
HYBRID MX セーフティパッケージ装着車 1,598,400円(1,735,560円)
HYBRID MZ 1,641,600円(1,778,760円)
HYBRID MZ セーフティパッケージ装着車 1,738,800円(1,875,960円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

全グレードに4WD車と、セーフティパッケージ装着車の設定があります。ハイブリッドシステム搭載車としては、やや珍しい傾向と言えるでしょう。

最低価格は約138万円、最高価格は約173万円となっており、その差は35万円となっています。三つのグレード設定とセーフティパッケージ装着車の存在を考えると、価格差は小さいです。この小さい価格差で、どれだけの違いを表現することができているのか、グレードの特徴を見ていきましょう。

各グレードの特徴、捉え方

セーフティパッケージ装着車はとりあえず置いておいて、イグニスには三つのグレードが設定されています。

マニュアルエアコンやマルチリフレクターハロゲンヘッドライトなどが搭載された、廉価グレードである「MG」。インテリアの装飾を豪華にし、シート機構を充実させた普及グレードである「MX」。クルーズコントロールやパドルシフトなどを搭載した、上位グレードである「MZ」の三つです。

それでは、セーフティパッケージ装着車とはなんなのでしょうか。

セーフティパッケージ装着車ってなに?

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制制御機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • エマージェンシーストップシグナル
  • SRSカーテン・フロントシートSRSサイドエアバッグ

以上の機能と二つのエアバッグをセットにしたメーカーオプションが、「セーフティパッケージ」です。これを搭載した車が「セーフティパッケージ搭載車」と呼ばれています。

衝突の危険を回避し、衝突した際の衝撃を抑制するものを集めているので、これを装備することにより、より安全性が高くなるのです。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

セーフティパッケージの装備内容を見たところで、今度はグレードの装備内容の違いについて見てみましょう。それぞれ代表的な装備のみを挙げ、その特徴と違いについて説明します。

全ての装備を閲覧するならば、下記PDFをご参照ください。
http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/detail/pdf/detail.pdf

全グレード共通の標準装備

  • 軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • ESP
  • フロント2スピーカー
  • 運転席シートヒーター
  • 助手席シートヒーター(4WD車のみ)
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 減速エネルギー回生インジケーター
  • マイルドハイブリッド
  • フロントスタビライザー(2WD車にはリヤスタビライザーも標準搭載)

全グレード共通の標準装備は、安全装備が多いです。

セーフティパッケージに含まれるもの以外は、ほぼ全て全グレード共通の標準装備となっています。内容もスズキの他車と劣ることがなく、この価格帯としては十分なものです。

イグニスは安全にもこだわられている車なので、低価格でありながら妥協は許さなかったのでしょう。ハイブリッドシステムとその周辺機能・装備も、全グレード標準装備となっています。

特筆すべきはマルチインフォメーションディスプレイと、フロント(リヤ)スタビライザーでしょう。リヤスタビライザーは2WD車のみですが、それでもこの価格帯で両方装備というのは珍しいです。マルチインフォメーションディスプレイも、また然り。

インテリアやシート機構・エクステリアに関しては、MGにのみ装備されていないというものが多いです。その分、MX・MZではほとんどが共通しています。

HYBRID MGの装備、インテリア、エクステリア

スズキイグニスHYBRID MG外観
スズキイグニスHYBRID MG内装
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付]
  • マニュアルエアコン[エアフィルター付]
  • ウレタンステアリングホイール
  • 材料着色センターコンソール
  • 材料着色インサイドドアグリップ
  • 6:4分割可倒式リヤシート
  • カラードドアハンドル
  • 15インチスチールホイール

材料着色など、インテリアの質感は他グレードよりも劣ります。MXの廉価グレードという位置づけなのでそれは当然ですが、それでもチープだとは決して感じさせないつくりだと言えるのではないでしょうか。

2トーンに分けて仕上げられているインパネや、ワンポイントカラーがアクセントとなっているメーターなど、インテリアの要所要所にこだわりが見られます。特にメーターはシンプルながらにして、とてもかっこいいです。

エアコンなど不満点はあるかもしれませんが、価格と比べると妥当な装備だと言えるでしょう。

HYBRID MXの装備、インテリア、エクステリア

スズキイグニスHYBRID MX外観
スズキイグニスHYBRID MX内装
  • フロントシートベルトショルダーアヤスター
  • フルオートエアコン[エアフィルター付]
  • キーレスプッシュスタートシステム[エンジンスイッチ、携帯リモコン、リクエストスイッチ(フロントドア、バックドア)]
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • 運転席シートリフター
  • 運転席センターアームレスト
  • 5:5分割可倒式リヤシート
  • 左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構
  • 助手席シートバックポケット
  • 16インチアルミホイール

MXになると、必要な装備全て揃っているといった印象を受けます。特にシート周りが充実しているのが目を惹きますね。左右独立でシートスライドができ、リクライニングができる。5:5分割で倒すことができるところも、特徴的です。

インテリアの装飾などはあえて挙げていませんが、MGに比べてとても豪華になっています。

サテンメッキ調加工が施されている部分が増え、材料着色だった部分は一部高輝度塗装になりました。助手席シートバックポケットやサブトランクなど、収納スペースも多くなっていて利便性が向上しています。

室内の利便性・上質感や、利便性どれをとっても価格以上の出来で、コストパフォーマンスが高いです。

HYBRID MZの装備、インテリア、エクステリア

スズキイグニスHYBRID MZ外観
スズキイグニスHYBRID MZ内装
  • LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • LEDポジションランプ
  • LEDフロントフォグランプ
  • リヤフォグランプ
  • クルーズコントロールシステム
  • 本革巻ステアリングホイール
  • パドルシフト
  • 本革巻シフトノブ
  • 本革巻パーキングブレーキバー

本革が多く使われているのが、このグレードの特徴です。この価格帯の車だと、最上位グレードでも本革巻き部分は二箇所ということが多いですが、イグニスは三箇所となっています。インテリアへのこだわりを感じますね。

また、LEDも多く使われています。

クルーズコントロールシステムやパドルシフトなど、運転を楽にする・楽しむ機能がついているのも嬉しいところです。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

イグニスは、内装や機能にグレードによる違いが出ています。

グレードごとの違いについて知ったところで、改めて各グレードの魅力について考えてみましょう。イグニスには、エンジン性能・乗り心地などに魅力があります。

HYBRID MGの魅力、選んでいる人はこんな人

スズキイグニスHYBRID MG内装

MGは廉価グレードということもあり、価格の低さに魅力があると考えられています。

イグニスの魅力はどこにあるのかを探れば、MGの魅力もおのずとわかるのです。それを「低価格で手に入れることができる」というところが、MGのメリットですから。

イグニスは、マイルドハイブリッドです。加速時のモーターアシストは、たったの30秒。バッテリー容量が小さいので、すぐに減ります。

しかしその分、すぐに満充電になるというメリットがあるのです。インジケーターが残り2つしかなくとも、下り坂を走れば満充電になります。

減速時のエネルギー回生効率が高いため、エコドライブもしやすいです。

そしてなによりも、1200cc車としては驚くほどの高い走行性能が魅力的。車体の軽量化がされており、エンジンに4気筒が採用されているというのが、理由のひとつとなっているのでしょう。軽自動車感覚の小回りでありながら、走破性が高い。楽しく走ることができるのです。

そういった性能があるのに対して価格は安く、装備も必要十分。一人暮らしで出来るだけ節約したいという方が、購入している傾向があります。

HYBRID MXの魅力、選んでいる人はこんな人

スズキイグニスHYBRID MX内装

MGで説明したとおりの性能を誇っているイグニスですが、MGの評価は「出来ればもう少し装備が充実していれば」というのが正直なところです。ただ、MZになると価格も結構高くなります。

セーフティパッケージを搭載させなければ、価格を抑えることが出来ますが、出来れば安全性も重視したいところです。

そういった方の救いになるのが、MXではないでしょうか。

1人で乗るという方も多いですが、MGに比べればファミリー層の購入者が大勢見られます。少々価格が上がっても良いからシートアレンジを自由に出来たほうが良いと考え、購入しているのではないでしょうか。

HYBRID MZの魅力、選んでいる人はこんな人

スズキイグニスHYBRID MZ内装

MZはLEDヘッドランプやクルーズコントロールなど、機能が充実しているところが魅力的です。

中でもクルーズコントロールは、これを目当てにMZを購入する方が多いほど、人気の機能。これがあると高速道路を利用しての通勤が、格段に楽になります。

ただ、高速道路を頻繁に利用する方でもなければ、MZを購入する必要性はないのではないかというのが、私の正直な意見です。便利な機能が多いですが、必須ではありません。必須な機能は全てMXで揃うので、MZの魅力が薄く感じられます。

総合的に売れているグレードを考察

これまで見てきた内容を総合的に考えると、MXがおすすめです。

インターネットを見る限りではMX・MZともによく売れており、廉価グレードであるMGはあまり売れているようには見えません。インターネットで見える部分以外は考察するほかないでしょう。

そこで、これまでの内容を総合的に考察したところ、最も売れているのはMXではないかという結論になったのです。

MZの装備内容も魅力的ではありますが、人によっては不要なものが多く、損をすることも。

MXの装備内容は購入者層のほとんどに必要なものだと考えられ、多くの方が得をするでしょう。

以上のことから、MXをおすすめします。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です