【フィット VS ヴィッツ】燃費や口コミ、コスパで比較

フィットヴィッツ外観

フィットVSヴィッツのコンパクトカー比較をしていきます。

今やコンパクトカーの代表格ともいえる売れ筋車種でガソリン車もハイブリッドもどちらも売り行き好調なフィット。

対するトヨタのヴィッツはガソリン車で排気量が1.0L・1.3L・1.5Lと3つのラインナップがありハイブリッドではないけれどもガソリン車で低燃費をウリにした車です。

今回はホンダのフィットの「13G」(1.3Lガソリン車2WD)とトヨタヴイッツの「F」(1.0Lガソリン車2WD)でコストパフォーマンスとインターネットの口コミを参考にしながら比較していきたいとおもいます。

維持費で比較

フィットヴィッツ外観

ここではフィットとヴィッツの維持費を比較します。

維持費と言っても様々ありますが、普段車を維持するのに一番の負担になるのが購入時に組むカーローンです、カーローンは長期間にわたり毎月定期的に支出発生する維持費です。

次に金額が大きいのは購入時の税金です。

コンパクトカーとは言え、ガソリン車はハイブリッド車と比べて購入時の税金はかなり多くかかります、例えば重量税と自動車取得税はハイブリッドであれば免税になりますが、ガソリン車は約3万円~4万円程度かかります。

そして忘れてはいけないのは毎月の任意保険代、車両保険の有無や補償内容によっては高額になることもあります。

また日々のガソリン代、車検点検代やオイル交換代など維持費と一言で纏めても様々あるのです。今回ここで比較するのは毎月のカーローンや任意保険の支払いに焦点を当てて比較していきます。

価格、ローン代金

車を選ぶにあたって、最重要なのが何といっても価格でしょう。そもそも高くて手が出せないんじゃ意味がありませんからね。そこでまずは、両車種の価格差を比較していきます。

フィット ヴィッツ 価格差
価格 1,428,840円 1,181,520円 247,320円
3年ローン(月々) 39,690円 32,820円 6,870円
5年ローン(月々) 23,814円 19,692円 4,122円
※価格・ローン代金はベースグレードの金利なしで試算しています。参考程度にご覧ください。

2台をベースグレードの販売価格で比較してみるとフィットが約142万円に対してヴィッツは118万円となりヴィッツは約24万円安いという結果となりました。

カーローンの月々の支払を試算してみると、3年ローンの場合は月額¥6,870円あとなり、5年ローンでは4,122円の差となります。

フィットは1.3Lエンジンに対してヴィッツは1.0Lエンジンという排気量の差で、同じジャンルのコンパクトカーでも価格に差が生まれています。

価格だけでみればヴィッツの方が安いですが、このエンジンの大きさの違いは燃費や走りにも大きな影響を与えます。

。ちなみにヴィッツにも1.3Lのエンジンがあるのですが、1.3Lの価格は1,481,760円です。フィットと比べると、今度はヴィッツの方が52,920円高くなっています。

1.3L同士で比べたときだとヴィッツの方が高くなるようですね。ただヴィッツは1.0Lから選ぶことが出来て、安い価格帯から手に入れることが出来るのが大きなメリットではないでしょうか。

任意保険料金

フィット ヴィッツ 価格差
21歳以上 ¥156,500 ¥172,800 ¥16,300
26歳以上 ¥94,400 ¥104,200 ¥9,800
30歳以上 ¥90,300 ¥99,600 ¥9,300
年齢:表に記載の年齢・年間走行距離:110000km・運転者限定:限定無し・対人賠償:無制限・車両保険:つける・等級:13等級で統一・免許の種類:ゴールド・運転者の年齢制限:無制限・対物賠償:無制限

フィットとヴィッツは1.3Lと1.0Lと排気量が違いますが、任意保険ではどのような差が生まるのか見てみると意外な結果となりました。

21歳の場合は年間¥16,300の差があり排気量の小さいヴィッツの方が任意保険は高いという結果になりました。これは、任意保険の保険料率を車種別に決めているために異なります。

任意保険は「形式別料率クラス」でランクつけされており、車両・対人・対物・傷害の4つカテゴリーを4段階で定められています。

フィット13Gの料率ランクは車両:3 対人:4 対物:4 傷害:4となっており、対してヴィッツの「F」料率ランクは車両:3 対人:4 対物:5 傷害:4と「対物」だけヴィッツの料率が高くなっています。

そのため、排気量が小さいにも関わらず任意保険が高いという結果となったのです。

この「形式別料率クラス」を熟知した上で車選びをしてもらうとより維持費を抑えることもできるのです。

実燃費、ガソリン代金で比較

次は維持費の中でもガソリン代に大きく関わる実燃費を比較していきます。

まず基本情報としてフィットとヴィッツのカタログ燃費を見てみます。

フィットは24.6km/Lでヴィッツが21.6km/Lでカタログ燃費で3km/Lと大きな差があります。この燃費差も知る必要がありますが、それよりも実際に走行させた結果として出る実燃費の方がガソリン代を試算するには必要なデータなのです。

実燃費は走行条件や走り方によってかなり変わってしまうため、インターネットにあげられている様々なオーナーさんからの実燃費情報を平均化して比較します。

ではフィットとヴィッツの実燃費を見てみましょう。

実燃費

フィット ヴィッツ
実燃費 15.95km/L 15.18km/L

この2台の実燃費の差は0.77km/Lでした。

カタログ燃費ではフィットの方が3km/L燃費がよかったですが、実際の実燃費ではその差が0.77km/Lまで縮まっています。

ヴィッツはカタログ燃費と実燃費の差が小さくなっているのは、排気量が小さいので影響が少なく済んだことと、最大トルクがフィットよりも700回転すくないエンジン回転数で発生することができる為にこのような結果になったと推測できます。

ガソリン代金

フィット ヴィッツ
月々のガソリン代金 ¥7,524 ¥7,905
年間のガソリン代金 ¥90,282 ¥94,861

月1000km走行する車に1L¥120のガソリンを給油すると仮定して計算してみます。

比較するとフィットが月々のガソリン代は¥381安くなり、年間では¥4,579安くなるという結果になりました。先ほど見たローンシュミレーションでは、5年で比較するとヴィッツが月額2,728円安いこという結果でした。

任意保険料では21歳でフィットが年間16,300(月当たり¥1,358)安かったですね。

総合して見ると1ヶ月の走行距離が1000km程度であればヴィッツの方が月989円金銭的にはお得になることがわかります。

ただ、これはあくまで金銭的な話であり、実際の走行性能や車の外見の好みや内装の好みは全く考慮されていません。

特にフィット「13G」とヴィッツ「F」では排気量が違うので馬力もフィットが100PSに対してヴィッツが69PSと31PSも違います、100PS以下の車でのこの差は考慮すべき点だと思います。

見た目(エクステリア)で比較

フィットヴィッツ外観

続いては両車種をエクステリアに注目して比較していきたいと思います。まず全長・全幅・全高をまとめてみたので、ご覧ください。

フィット ヴィッツ
全長 3,990mm 3,945mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,525mm 1,500mm

両車種を比較してみると、フィットの方が全長と全高の点に置いて大きくなっています。

フィットのフォルムについては、卵のような湾曲の姿をしていて、コンパクトカーながらも前後に長い車となっています。

対してヴィッツは、フィットよりも凝縮され小回りの利くちょうど良い大きさの車となっています。

それでは、次からオーナー意見を交えながら比較していきましょう。

フィットの口コミ

フィットのエクステリアに関する口コミから見て行きたいと思います。

良い 悪い・どちらでもない
最近のホンダ車は欧州車を意識した作りになっていてスタイリッシュさが増した。 ホンダ車全体で同じフロントデザインになってしまったので個性がなくなってしまった。
LEDランプを多用しているので見た目もインテリになった。 営業車にしか見えない。塗装色もなんだか安っぽい。
フォグランプがないフィットに比べてフォグランプが付いている方がよりスポーティーに見える。 燃費がよいので満足しているがエクステリアはシンプルすぎて殺風景。
グリルと連なるヘッドライトがセンス良い。 近未来的だが我慢できる範囲、前下がりなので見切りが難しい。
丸みを帯びたやさしいフォルムに交換が持てる。 実際よりも小さく見えてしまうのがちょっと残念。

フィットのエクステリアの評価はモデルチェンジ前と比べても非常に良くなっています。

ヘッドライトとグリルのコンビネーションが先進的なデザインと高評価です。ハイマウントやヘッドランプ(13C除く)にLEDを多用しているのもポイントアップです。

不満足意見としてはフロントデザインと対照的にリアデザインの「ぼってり」した作りに多くの意見が出ています。フロントの先進的なデザインと比べてリアのデザインは時代遅れな印象を与えてしまっている様です。

ホンダ車のエクステリアには賛否両論ありますが、次回のフットのマイナーチェンジではリアのデザインに重点をおいて改良されることを期待します。

ヴィッツの口コミ

続いてヴィッツの口コミを見てみましょう。

良い 悪い・どちらでもない
マイナーチェンジ前に比べて、フロント目つきが鋭くなり、若い世代でも選びやすいデザインになっていると思います。リアコンビネーションランプが結構気に入っています さすがに少し古さを感じさせます。
キーンルックのデザインが力強さを感じます。
リアは嫌味のないシンプルな造りなので好印象。
デザインが残念。私好みでは無い。ラゲッジの使い勝手が悪い。

ウインカーとバックランプは逆の方カッコいいと思います

スタイリッシュビームが想像以上にかっこいい ヘッドライトの目元が無理やり切開してデカ目にした感じがして怖いです。
ドアの開閉音は、他車にはない重厚感と気密性があり良いと思います。 ボディデザインも幼稚。
車の良さが、台無しです
良く見ると案外悪くないです。 初代ヴィッツの革命的なデザインからすると随分平凡になってしまいました。今のトヨタ車の外観はどうにも好きになれません。あくまで個人的な好みの問題ですが。

現行のヴィッツのエクステリアの特徴はフロントマスクのデザインが鋭くなっている所です。

ボディーのシルエットはフィットと同様に丸みを帯びてボテッとしていますが、ライト周りのデザインは切れ長な目をしており評価が高いです。

しかしながら、リアのデザインは一目でヴィッツとわかりやすい古風なデザインを継承しており「古ぼかしい」という声も多い様です。

初代のヴィッツは今までのトヨタ車にはなかった当時は先進的なデザインをしていた印象が強かったが、現行のヴィッツにはそういった新鮮味が無くなってしまったのは事実あると思います。

室内(インテリア)で比較価格

フィットヴィッツ内装

今度はフィットとヴィッツのインテリアで比較していきたいと思います。まずは室内長・室内幅・室内高を見てみましょう。

フィット ヴィッツ
室内長 1,935mm 1,920mm
室内幅 1,450mm 1,390mm
室内高 1,280mm 1,250mm

外観からも想像できるように、フィットの方がヴィッツよりも全体的に広くなっているようです。

部分的に見ると15mm~40mm程度のわずかな差ですが、室内長・室内幅・室内高と3種類全てにおいてちょっと高いと、室内の広さに対する印象は随分と変わるものです。

これに関しては実際に試乗してみて体感することが大切ですよ。

それでは、次の項目から各車種のオーナー意見を交えて、インテリアの詳細に迫っていきたいと思います。

 

フィットの口コミ

まずはフィットのインテリアに寄せられた口コミから見て行きたいと思います。

良い 悪い・どちらでもない
黒基調の内装の作りはセンス有、高級感さえも感じる作りになっている。 パネル全てがプラスチックみたいで安さが目立ってしまう。
パッケージによってはプラズマクラスター搭載のエアコンになるが良い。 椅子は固く薄い感じがして座り心地は×。
メーターが気にいっています。回転数と速度計、トリップメーター等の独立3眼メーターが上質感をさらにアップさせている。 フィットは標準装備が少ない。何かとパッケージにしないと満足した装備が付かないので結局車体が高くなる。
エアコンはタッチパネルを採用しており、操作性も見た目(デザイン)もよい。 内装も商用車の様に安そうな素材でできている。
後部座席の居住性も悪くない。 収納はもう少し増やしてほしい、他のコンパクトカーはもう少し頑張っている。

フィットは他のコンパクトカーよりも車内空間は広いせいか「狭い」とか「きつい」という居住性の不満は少ないように感じました。

ベース車は装備を最低限に抑えているのでパッケージやオプションで追加しないとなかなか満足のいくインテリアにはなりませんが、その中でも標準装備で言えばエアコンがタッチパネルなっていることや、3眼の独立メ-タ-などは上質感があって良いという評価が上がっています。

パッケージでは女性にはプラズマクラスター搭載のエアコンは非常に人気があるようです。

収納が少ないとかプラスチックみたいでチープに感じるという不満もありますが、コンパクトカーで低コストであることを考慮すると仕方がないのかもしれません。

ヴィッツの口コミ

続いてヴィッツの口コミを見てみましょう。

良い 悪い・どちらでもない
派手さはないですが、小物入れなどヴィッツの基本がいいので実用性もあっていいと思います。 フィットとかノートほど広くありませんが、狭くもなく良いです。
ベースのヴィッツが剛性の高い車ですが、そこへさらにスポット溶接とフロントのパフォーマンスロッドで補強を入れているのでかなりしっかりした感じなのが分かりました。 シートもマーチなど他のコンパクトカーと比べるとしっかりしてますが、全体的にプラスチッキーなのは否めません。
メーターのディスプレイや一部にシート生地を使用したドアパネルなど、シンプルで親しみやすいデザインです。 コンパクトですから後席は狭いです。

Fグレードのシートの形状や座り心地はあまり良いものではないと思いました

座った瞬間、空間作りがとても良いなと思えます。
内装のアイボリーがとても良い色で、気持ちが楽になります。
色が心に与える影響はとても大きいんです。
他のコンパクトカーに比べると質感が、1世代前のような気がしますが
全てがシンプルで機能性・操作性が良い。

色々な機能がついてごちゃごちゃしている車は年配者にはわかりづらいので、この位が丁度良い。

Fグレードは標準装備のシートがヘッドレスト一体型のため安っぽさがあるので、オススメはスマイルシートセットと言うオプションを着けると、ヘッドレスト分離式になるので、後々シートカバーも選びやすくなります

ヴィッツは価格が安いので室内の機能が少ないですが、その分シンプルで操作面でも非常にわかりやすい様に取り回しされており評価されています。

収納スペースも11か所~13か所あり、ペットボトルホルダーやドアポケットはもちろんのこと、カードホルダーやコインポケット、助手席の買い物アシストやシートアンダートレイまでありスペースを無駄なく収納に活用されています。

しかし他のコンパクトカーと比較したときに、全体的にプラスチック感が強く安っぽく見えるという厳しい意見も多い様です。

また荷室に荷物を積む際も、リアバンパーの位置が高いせいか荷物を載せにくいという声もあり、収納を多くして女性向きにしているのであれば、この点はもう少し配慮して荷室に積みやすく車高を落とす等はすべきでしょう。

運転の快適性、走行性能で比較

運転の快適性と走行性能は車の要ですね、1300ccと1000ccと排気量の少ないコンパクトカーなので、走行時のパワーや加速は気になる所です。

この2台のコンパクトカーがどのように評価されているのかを見てみましょう!

フィットの口コミ

早速フィットの運転性能に関する口コミから見て行きたいと思います。

良い 悪い・どちらでもない
高速走行ではスムーズでストレスを感じない。 足回りが固いので道路の継ぎ目を拾って乗り心地悪い。
燃費は平均で15~17km/Lくらいは走ってくれるので満足している。 市街地走行が多い時の燃費はかなり下がり10km/Lくらいまで落ち込むことがある。
乗り心地は固めでしっかりしている。 コンパクトカーだからでしょうか2WDだと加速も弱く、馬力も坂道では非力に感じてしまいます。4WDにすることをおススメします。
コンパクトカーの中では馬力ああって坂道も頑張る。 コーナーリングのロールも大きく乗り心地が悪い。
ECONモードやエコ運転をアシストしてくれるコーチング機能とティーチング機能が燃費向上に役立っているので気に入っています。 信号待ちやちょっとした停車でアイドリングストップが作動するので慣れません。

フィットの燃費は高速道路の走行では不満が多く、市街地の燃費は良好と評価されています。

燃費に関してはガソリン車であってもアイドリングストップやECONモードにより低燃費な走行を実現している点は評価されています。

またコンパクトカーはパワーが気になりますが、馬力は100PSあるので、ちょっとした坂道であれば全く問題なく登坂できますが、勾配のキツイ坂が多い地域に住まわれている方が4WDにすることをおススメします。

足回りが固いことで乗り心地が悪いという不満やコーナーリングのロールが大きい点に不満を持っているかたもいらっしゃるようです。

ヴィッツの口コミ

最後にヴィッツの運転性能に関するオーナー口コミを見てみましょう。

良い 悪い・どちらでもない
結構アクセルを踏んでも10km/Lを切らないのはすごいと思いました。
普通に走れば15km/Lはいくでしょうね。
燃費はいいと思います。
ステアリングとか車の挙動はなかなかと思いましたが、低速でのブレーキがちょっと慣れませんでした。
エンジン音も、しっかり抑えられているため、車内でも窓を開けていても、余り気になりません 4人乗車した状態で急坂を登ろうとすると上がらない。
ハンドルが軽くて、街乗りでは非常に扱いやすいです。 ロードノイズは、特に抑えられている感じはありません。
パワフルなエンジンでありませんが、必要十分なパワーはあります。 ホイールベースが短いせいかちょっとした段差で突き上げ感が気になる。
車幅がそれなりにあるので安定感があり高速でも周りに引けを取らずに走行できました。 踏み込んでも回らない。低速域のトルクが細い

ヴィッツは1.0L・1.3L・1.5Lどの排気量に乗っても燃費の良さはお墨付きです、実燃費は15km/Lくらい走ります。

車幅もそれなりにあるので走りも安定していますし、ハンドルも軽いので女性やお年寄りが運転しても操作しやすいと思います。

不評意見としてはステアリングが軽いことで挙動があったり、ロードノイズを拾ってしまったりすることや、馬力がないことがあげられます。

特に馬力は69PSしかないため急な登坂走行はヴィッツにとってはかなり酷だと思います、フィットと比べても31PSも差があるので非力に感じてしまうのも理解できます。

【フィット VS ヴィッツ】比較結果まとめ

ここまでフィットとヴィッツの2台の比較をしてきましたがいかがでしたか?

どちらのコンパクトカーもそれぞれに個性があり多くの方々に支持されています。今回の見てきた維持費やガソリン代、それに口コミで比較しても甲乙付けがたいです。

フィットとヴィッツで比較してみると、長距離走行などが少ない主婦や近所に買い物に行く程度にしか使用しないので馬力が69PSと若干非力であってもヴィッツをおススメします。

またインテリアでの意見でも見られるように装備が少なく、わかりやすい取り回しを意識して作られている面では高齢者の方にもヴィッツはおススメできる車です。

反対に長距離や高速走行を多用するかたは、フィットを選んでいただくことにより馬力も100PSあり、室内空間もコンパクトカーの中では大きい部類に入るのでご満足いただけると思います。

自分の乗り方や好みによって自分にあった1台を探してみてください。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です