フリード+ おすすめのグレード、それぞれの違いを検証

ホンダフリード+

「もう二度と、死なせない」

映画の予告みたいになってしまいましたが、これは「もう二度と、デットスペースを生まない」という意味の言葉です。フリードの利点である「ラゲッジスペースの広さ」は、言い換えれば「デッドスペースを生みがちな設計」になります。

その点をカバーできる、フリード+はアウトドア愛好家にとって、良い選択肢となっているのです。

フリードとの価格差も小さいので、購入を検討する方も多いでしょう。グレードの違いについて知らなければ、自分が買うべきグレードはわからない。購入した後に「こっちを買えばよかった」ということは、よくあります。

そうならないために、フリード+のグレードの違いについて、検証してみました。

フリード+のグレード表

グレード 価格
+ B 1,900,000円
+ G 2,000,000円(2,232,200円)
+ G・Honda SENSING 2,120,000円(2,352,200円)
※()内は4WD価格

最低価格が約190万円、最高価格が約212万円、価格差は約22万円です。グレードごとに、10万円程度の価格差が生じています。価格だけ見ると、この価格差は「妥当」といったところでしょうか。

それでは価格以外の要素を併せて考えれば、いったいどのような評価になるのか……。グレードの違いについて検証する中で、一緒に考えてみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

フリード+には三つのグレードがあり、どれもわかりやすい特徴があります。

+Bは「パワースライドドア非搭載車」で、+Gは「左側パワースライドドア搭載車」。+G Honda SENSINGは「両側パワースライドドア搭載車」で、なおかつ先進安全装備も搭載しています。このように、パワースライドドアの有無で考えると、覚えやすいです。

もちろん、これ以外にもさまざま特徴があり、それは全て装備に現れています。一言では語りきれないグレードの詳しい特徴について、次は装備を基準にして見てみましょう。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

各グレードの装備内容を見れば、そのグレードの特徴がすぐにわかります。

フリード+はグレード数も少なく、比較しやすいです。装備内容が価格に見合うものかどうか、グレードが少ないからこそ慎重に見極めましょう。

なお、これから挙げる各グレードの装備内容は、代表的なもののみとなっています。下記PDFを見れば、全装備内容がわかるので、もっと詳しく調べたい方はぜひご参照ください。
http://www.honda.co.jp/FREED/common/pdf/freed_equipment_list.pdf

全グレード共通の標準装備

  • ハロゲンヘッドライト(マニュアルレベリング機構付)
  • タコメーター
  • 運転席用アンド助手席用サンバイザー
  • 荷室用ユーティリティボード
  • ユーティリティナット
  • テールゲートランプ
  • タイダウンフック(FFは4箇所 4WDは2箇所)
  • ラゲッジルーム内アクセサリーソケット(DC12V)
  • 15インチスチールホイール+スチールラジアルタイヤ+フルホイールキャップ

基本的な装備内容は、フリードの同名グレードと対応しています。フリード+専用の装備は、ユーティリティナット以下、ラゲッジルーム内アクセサリーソケットまでです。

フリード+の売りは、フリードとは違うラゲッジの使用スタイルにあります。フリードは、開口部高さ1,255mm、開口部最大幅1,080mmのラゲッジスペースを売りとしていました。

高さがあって、さまざまな荷物を縦に載せることができる利点があるのですが、普段は高さを活かせず、頭上の空間がデッドスペースになることが多いのです。

これを解消すべく、フリード+ではユーティリティボードを取り付けて、ラゲッジスペースを上下に分けることができるようになりました。

それだけでなく、ユーティリティナットを使えば、フックを取り付けるなどして、さらにラゲッジスペースを便利に使用することができます。

これは通常のフリードとの違いです。ここからは、フリード+のみで評価します。

全グレード共通の標準装備の数は多く、一見ベースグレード以外を選ぶ価値がないように見えます。実際、ベースグレードの装備だけでも便利に使うことができるでしょう。ただ、共通している装備内容でも、加工や装飾が異なることがあります。

また、ベースグレードにのみ装備されていないものというのも、多いです。その点を踏まえて、これから各グレードの装備を見てみましょう。

+Bの装備、インテリア、エクステリア

  • インフォメーションディスプレイ(外気温/瞬間燃費表示機能など)
  • コンビニフック付1列目シートアームレスト(運転席のみ)
  • ウォームガンメタ インパネミドルエリア
  • ロングテールゲート
  • 間欠フロントワイパー(ミスト機構付)
  • 2列目6:4分割可倒式シート(ダブルフォールダウン機構付)
  • 3列目5:5分割はね上げシート

+Bにのみ装備されていないものも多いですが、それでも基本的な装備や機能は全て揃っています。上位グレードとの違いのほとんどは、インテリアの装備にあります。

具体的には、+Gに装備されている、「センターテーブル(インストルメントパネル内蔵型)」などが装備されていないという違いがあるのです。

加工や装飾も抑えられてはいますが、フリード+自体、インテリアの雰囲気作りに拘った車ではありません。むしろ抑えられているほうが、シンプルで落ち着いた雰囲気が出て良いのではないかと、私は考えます。

ベースグレードとして非常に良くできているのではないでしょうか。

+Gの装備、インテリア、エクステリア

  • パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/タッチセンサー/挟み込み防止機構付)(リア左側)
  • 運転席&助手席シートヒーター(4WDのみ)
  • プラズマクラスター技術搭載 フルオート・エアコン(4WDのみ)
  • バニティミラー付 運転席用&助手席用サンバイザー
  • メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル(フロント)
  • センターテーブル(インストルメントパネル内蔵型)
  • シルバー塗装エアコンアウトレットノブ
  • IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス(4WDのみ)
  • IRカット<遮熱>/スーパーUVカット(4WDのみ)
  • 車速連動間欠/バリアブル間欠フロントワイパー(ミスト機構付)

4WDのみという部分が多いですが、それらは2WDでも「Cパッケージ」をオプション設定すれば、装備することが可能です。運転席&助手席シートヒーターは、残念ながらオプション設定できませんが、それ以外で上記しているものはオプション設定できます。

FFを購入予定だけど、これらの装備が欲しいという場合は、「Cパッケージ」を利用すると良いでしょう。

Cパッケージ以外にも、「Sパッケージ」があり、パッケージオプションが豊富に設定されているのは、+Gの装備面における利点です。

標準装備だけを見てみても、特に不満が出ることはないでしょう。パワースライドドアがリア左側に備わっており、荷物の積み下ろしがとても楽になっています。

フリード+のコンセプトに合った装備内容だと、言えるのではないでしょうか。

+G・Honda SENSING

先進安全装備であるHonda SENSINGを搭載しているというのが、最大の特徴です。

その他にも、マルチインフォメーションディスプレイ、両側パワースライドドアなど、+Gからの追加点が豊富。Honda SENSINGだけじゃなく、見所が多いグレードです。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

フリード+はグレードの特徴がわかりやすいので、どこに魅力があるのかということも、容易に理解できます。どのグレードにも魅力があり、需要の住み分けが出来ていて、選びやすいです。

それでは、実際どのような方がそのグレードを購入しているのか、そのグレードの魅力はどこにあるのか、改めて説明します。オーナーの意見・私自身の意見が入り混じっているので、完全に「他者の意見」として参考になさってください。

+Bの魅力、選んでいる人はこんな人

フリード+Bの魅力は、安価なところにあります。

専用装備を備えながら、通常のフリードと同じく必要な装備・機能は一通り揃っている。インテリアの機能や装備がやや劣るものの、日常使いにおいて気にならないレベルになっています。使用頻度が高いと推測される装備に関しては、しっかり作りこまれていて便利です。

フリード+は専用装備をプラスするということに留めているからこそ、フリードとの価格差を最小限に抑えることができています。フリードBとフリードGの間にある「特別仕様車」として考えると、とてもお得です。

専用装備の特徴から、アウトドアに利用する頻度の高い方が大勢購入しておられます。釣りというより、キャンプが好きだという方には、とても良い選択肢になりましょう。

+Gの魅力、選んでいる人はこんな人

+Gの魅力は、パワースライドドアです。リア左側のみとは言えど、これがあるのと無いのとでは、利便性が遥かに変わります。無論、あるほうが便利です。小さいお子さんを乗せやすく、重たい・大きい荷物の積み下ろしも楽になります。

レジャーに使うのであれば、こういったところにもこだわりたいものです。

全グレード共通の標準装備の項目で、+B以外を選ぶ意味が薄いように見えると述べましたが、装備や価格を見ると+Bを選ぶ価値はとても高いです。

価格は少々上がりますが、10万円近くの価格差に見合う装備があるため、損をしたという感覚にはならないでしょう。

+G・Honda SENSING

アウトドアに利用するなら、安全であるに越したことはありません。Honda SENSINGは備えあれば憂いなしの保険としても役立ちますが、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など、普段から利用できる機能が多いです。

レジャーに行くのに高速道路を利用するなら、あったほうが良いでしょう。

両側パワースライドドアも魅力的で、Honda SENSINGと両側パワースライドドア両方が揃うから購入するという方が大勢おられます。どちらが抜けてもお得感が微妙に得られない、秀逸な装備内容です。

総合的に売れているグレードを考察

フリード+は、フリードよりも「アウトドア好きな方向け」の車になっていると感じます。

アウトドアに使うと考えると、やはりパワースライドドアは欲しいです。家族で行くとなると、なおさらですね。安全性を確保できると、ことさらに良い……。高速道路を利用する際、一般道でも便利な機能が揃っていて、保険としてでなく、日常使いの便利機能として役立ちます。

フリード+のコンセプトと、その魅力を最大限引き出すことのできるグレードは、+G Honda SENSINGです。私としては、+G Honda SENSINGをおすすめします。

ただし、どのグレードも魅力的で価値が高いので、どれを選んだとしても損はしないでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です