リーフのグレードを簡単に紹介!100%電気自動車の魅力とは

日産リーフ

日産の電気自動車であるリーフは、発表当時「ハイブリッドではなく100%電気で走るEV車」として注目を浴びました。その当時の記憶がまだ新しく感じるという方も多いのではないでしょうか。

そんな日産リーフが2017年に2代目になった……! モーターの性能が向上して先代より加速が鋭くなり、最大トルクは3000ccエンジン級と言えるほどになりました。新しく装備される機能も多く、電気自動車の魅力は更に高まったのです。

さらには販売数10万台を突破した記念した『10万台記念車』やNISMOといったグレードも登場し、まだまだ注目度が高まっている一方で、どういうところが電気自動車の、そしてリーフの魅力なのかをグレードごとに比較しながら紹介しましょう!

リーフ グレード表

グレード名 価格
S 3,150,360円
X 3,513,240円
X 10万台記念車 3,707,640円
G 3,990,600円
NISMO 4,032,720円

全体的な価格差をみると、最大で約88万の差があり、グレードが上がるにつれてだいたい30~40万円近くも変わることが分かります。

ここまで大きな価格差があると、性能や装備に大きな違いがあるのではないかと、否が応でも期待させられますね。

ただし!

先に言っておきますが、エンジンの性能はどのグレードでも一緒。同じモーターと電池を搭載して、最高出力も最大トルクも全く同じです。ということは…装備や機能に最大80万円もの違いが表れているということですよね?

期待がますます高くなってきたところで、特徴をチェックしていきましょう!

各グレードの特徴や違いを解説

性能は変わらない、それなのに90万円の差があるということは、装備が一番気になるところ…なんですが、その前にリーフの性能と各グレードの概要を簡単に見ておきましょう。

S

リーフに搭載されているモーターは、定格出力85kW、最大出力110kW/3,283~9,795rpm、最大トルク320Nm/0~3,283rpmのモーターです。

ガソリンエンジンでは見ないような回転数なので、数字を見るだけではイマイチ想像しづらいですよね。電気自動車になじみが無い方は、「モーターってそんなに回るのか……」と驚くかもしれません。

リーフの武器となるのは、先代も新型も変わらず「どこまでも、いつまでも走っていたくなる胸のすくような加速感」です。

その美点が更に磨きをかけあげられており、アクセルをひと踏みするだけで大きなトルクが発生し、回転数が上がるまで車を引っ張っていってくれます。

回転数がある程度上がってからも、気持ちが良い軽やかな加速を楽しむことができ、思わず「気持ちいい」と声が出てしまうほどです。回転し始めから3.0L相当の最大トルクが発生するのは、やはり大きなアドバンテージとなっています。

0~100km/hまでの加速タイムは「8秒台半ば」。電気自動車でもこの程度の速さを出せるのかと、驚かされますよね。更に驚かされるのが、先代では10秒台後半だったという事実。

2秒近くも向上しています。1秒を縮めるのが難しい世界で、2秒も縮めているというんだからすごいですよねえ。

EV車特有のリニアな走りも、これまた病みつきになる。

先代よりも圧倒的に早く、圧倒的にストレスフリー。先代では「気になる」という声が大きかったモーター音も、ほとんど聞こえなくなっています。

「新型リーフ」と言うにふさわしい改良が隅々にわたるまで施されており、日産の本気を感じるクオリティです。

X

バックビューモニターや本革巻ステアリングなど、多数の装備を追加したグレードです。全体的に、Sよりも素材が高品質なものに変えられています。

ステアリングが本革になったこともそうですし、シート地が織物(バイオPET)になったこともそうです。他にも様々な追加変更がありますが、詳細は後程語りましょう。

10万台記念車

2010年に初登場して以来、注目と人気を集めていた日産リーフが国内累計台数10万台を達成したことを記念して、特別仕様車として登場した『10万台記念車』。

後ほど詳しく紹介しますが、10個の装備が追加されていて特別感を感じることが出来る1台に仕上がっています。

G

LEDヘッドランプにプロパイロットパーキングなど、多数の機能を搭載したグレードです。S・Xではメーカーオプションだった機能が多数標準搭載され、最上級グレードとしての威厳を放っています。

プロパイロットパーキングは、新型リーフの新たな目玉とも言えるような機能なんですよ

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

リーフの電気自動車としてのクオリティの高さは性能を見ればわかりますが、グレードごとの違いは装備を見ないとわかりません。

日産リーフの魅力のひとつである「装備」「機能」に着目して、下記カタログから装備を一部抜粋しながらグレード間の違いを見ていきたいと思います。

全グレード共通標準装備

  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • インテリジェント トレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)
  • インテリジェント ライドコントロール(車体振動抑制システム)
  • LDW(車線逸脱警報)
  • SRSエアバッグシステム<前席>
  • SRSサイドエアバッグシステム<前席>
  • SRSカーテンエアバッグシステム
  • 普通充電ポート(充電コネクターロック機構付)、急速充電ポート、充電ポートライト
  • 充電ケーブル(コントロールボックス付、200V7.5m用)
  • リヤ可倒式シート(6:4分割)
  • 運転席シートリフター(ラチェット式)
  • e-Pedal
  • アドバンスドドライブアシストディスプレイ(7インチカラーディスプレイ)(ドライビングコンピューター付、時計、外気温表示)
  • 車速感応式電動パワーステアリング
  • チルトステアリング

リーフの全車共通装備として目を引くのは、安全装備が充実している点ですね。インテリジェントエマージェンシーブレーキなど、先進予防安全装備が整っています。

フロントカメラを使って前方車両や歩行者を検知し、衝突危険性がある場合に警告表示とブザーでドライバーに回避操作を促してくれますし、ドライバーの操作で安全圏まで減速できなかった場合、緊急自動ブレーキを作動させてくれます。

また、高速出入り口などのカーブなどでその時々の走行状況に応じて車両の動きを滑らかにし、コーナリングを曲がりやすくしてくれる機能も搭載。

コーナリングの際などに車体の振動を軽減するインテリジェントライドコントロールも含め、以上全ての機能がリーフのリニアな運転間隔をつくっています。

安全装備も先進的ですが、「先進的な機能」と言えば「e-Pedal」を語らないといけないでしょう。

発進・加速・減速・停止……車の操作をアクセルペダルだけで行うという機能が、e-Pedal。

ストップ&ゴーを繰り返す街中で運転が楽になるだけでなく、使いこなせばスポーティでダイナミックな運転も楽しむことができるようになりますよ。

こういった先進性の高い機能が多数搭載されていると、「電気自動車らしい」ですよね。電気自動車自体が「先進性の高いもの」ですから。

SとXの装備、特徴、異なる点

S X
  • ウレタンステアリング(ステアリングヒーター付)
  • メッシュフラットトリコットシート
  • ダークメタリックフィニッシャー
  • フルオートエアコン(ダイヤル式、デジタル表示)
  • オーディオレス
  • バックビューモニター
  • 本革巻ステアリング(ステアリングヒーター付)
  • 織物(バイオPET)シート
  • シートバックポケット<運転席・助手席>
  • フルオートエアコン(プッシュ式、ナビ画面表示)
  • ヒートポンプシステム(省電力暖房システム)
  • EV専用NissanConnectナビ
  • 乗る前エアコン(リモート)
  • リモート充電
  • ガラスアンテナ(地デジ用)
※二つのグレードで異なる装備を挙げました。

SからXにグレードアップする際、40万円近い差が出る理由が、表を見るだけでわかりますよね。

語りたい部分が色々ありますが、個人的に一番気に入っているのが「メーカーオプションのBOSEサウンドシステム」なんです。BOSEをはじめとした多数の装備・機能を、Xではオプション搭載可能なんですよ。

昔ながらのBOSEサウンドは、重低音を意識したものでした。近年は重低音命というようなクセの強いものではなくなり、従来のように低音をしっかり拾いながらも音場を重視して高温域もしっかり鳴らすバランスの良いものとなっているんです。

リーフに搭載されているBOSEサウンドシステムも、そういったバランスの良いものとなっています。

前でも後ろでも心地よい音場が作られているため、どこに座っていても心地よい音を聴くことができるのが利点です。流石BOSE、といったところでしょうか。

その反面、音質の調整がほとんどできないのがデメリットです。簡単にイコライザーをいじる程度しか設定変更できる部分が無いので、BOSEサウンドに苦手意識のある方は搭載しない方が良いかもしれませんね。

ただ、Xの利点はメーカーオプションを多数追加できるようになっただけではありません。

乗る前からリモコン操作でエアコンをオンにすることができる機能や、リモート操作で充電ができる機能など便利な機能を多数搭載。

それだけでなく、EV専用の純正ナビも標準装備されていてエアコンとの連動機能もあるという多くの利点があるんです。

これだけの機能にカラーのバックビューモニターも付いてお値段40万円プラスと考えると、お得感がありますね。

X 10万台記念車で追加される装備

  • LEDヘッドランプ(オートレベライザー付、シグネチャーランプ付)
  • ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)
  • 電動パーキングブレーキ
  • 215/50R17 91Vタイヤ
  • 17インチアルミホイール(17×6.5J)、インセット:45、P.C.D:114.3(5穴)
  • フロント&バックソナー
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

以上が10万台記念車に追加されている装備となります。
特徴的なのが安全性能がさらに追加されているところでしょうか。

電動パーキングブレーキをはじめ、後ほど紹介するプロパイロットシステムや踏み間違い衝突防止アシストといった、より安全に乗り続けるための先進技術が詰め込まれているのはうれしいポイントといえます。

10万台記念車にふさわしい装備内容ですね。

G装備、特徴、異なる点

  • LEDヘッドランプ(オートレベライザー付、シグネチャーランプ付)
  • フロントハロゲンフォグランプ
  • ヒーター付ドアミラー
  • プロパイロット パーキング
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
  • インテリジェントルームミラー
  • 電動パーキングブレーキ
  • プラズマクラスター搭載フルオートエアコン(肌保湿、除菌機能付き、プッシュ式、ナビ画面表示)
  • 215/50R91Vタイヤ
  • 17インチアルミホイール(17×6.5J)、インセット:45、P.C.D:114.3(5穴)
  • フロント&バックソナー
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • プロパイロット
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
  • インテリジェントDA(ふらつき警報)

Gだけに標準搭載される装備を挙げました。

追加される機能が多すぎて何から語ればいいのかわからなくなりますね。ただ、一番の目玉は「プロパイロット」と「プロパイロット パーキング」です。

プロパイロットは、高速道路の同一車線を自動で運転することができる技術。高速道路での運転は「渋滞走行」と「長時間の巡航走行」と、何かと単調になりがちですよね。

そういった退屈とも思えるような場面で、自動運転ができるというのはとてもありがたいものです。

ロングドライブの疲労やストレスを軽減し、ドライブはさらに楽しいものになりましょう。

プロパイロット パーキングは、駐車を3ステップの操作を行うだけで完了させるアシスト機能です。駐車に使うすべてを自動制御して、縦列駐車も並列駐車も車庫入れも全てをこなしてくれます。

最初に、駐車スペース手前でプロパイロット パーキングスイッチを1回押す。ゆっくり前進して駐車したい場所の真横に車両を止める。ここまでが第一ステップです。

次に、ナビ画面上に「P」マークが表示されたのを確認してから「駐車開始」ボタンを押します。

これが第二ステップ。その後プロパイロット パーキングスイッチを駐車が完了するまで押し続けます。この三つのステップだけで、駐車が完了するわけです。

完了後、自動的に電動パーキングブレーキが作動して、「P」レンジにシフトチェンジされます。駐車が苦手という方にとって欠かせない機能になるでしょう。

プロパイロットは、リーフの前にセレナに初搭載されて、当時は「日産初の自動運転技術」と注目を浴びていました。その評価がとても高く、リーフにも搭載したということです。

個人的にはリーフのようなEV車にこそ、自動運転技術は映えると思っています。

ガソリンエンジン車だと「自分で運転したい」「操作感を楽しみたい」というニーズも大きいでしょうが、EVは利便性や先進性を重視して購入する方が多く「自動運転」という新技術に興味があるという方も多いでしょう。

そのため、車の根本を電気化したEV車だからこそ、電動機能や自動機能はバッチリ合うんです。

また、自動運転技術だけでも話題性が抜群で面白いのに、先進安全装備も大幅にプラスされています。車線逸脱警報だけでなく、ステアリング操作を支援する機能も付いてますます自動運転に磨きがかかったのではないでしょうか。

NISMOの装備、特徴、異なる点

  • LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー(キーロック連動格納機能付)
  • リヤフォグランプ
  • 車速感応式電動パワーステアリング
  • 本革・アルカンターラ®巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ、ガンメタクローム加飾付)
  • 電制シフト(Bレンジ、ガンメタクローム加飾付)
  • 用コンビメーター(NISMOロゴ入り、ガンメタクローム加飾付)
  • アドバンスドドライブアシストディスプレイ
    (7インチカラーディスプレイ)
    (ドライビングコンピューター付、時計、外気温表示)
  • レッドフィニッシャー〈エアコン吹き出し口、パワースイッチ〉
  • エンブレム〈センタークラスター〉
  • シート地&ドアトリムクロス(レッド&グレー ツインステッチ)
  • カーボン調フィニッシャー(インストパネル)
  • NISMO専用エクステリア(フロントグリル&バンパー、リアバンパー、サイドシルプロテクター、エンブレム〈フロント・リア〉)
  • NISMO専用18インチアルミホイール(18×7J)
  • サスペンション(ショックアブソーバー)
  • チューニングコンピューター(VCM)
  • 電動型制御ブレーキ
  • インテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール〔TCS機能含む〕)
  • ABS(アンチロックブレーキシステム)

以上がNISMOだけの専用装備です。
これだけの装備が専用装備として使われるのは、かなりまれな方だと思います。

中でも注目なのが、やはり『運転性能』。
よりスポーティな走りを実現するために、専用のサスペンションやタイヤを利用しているのも充分注目ポイントですが、新感覚のスポーツEVドライブを楽しめる専用のドライブモードが一番魅力的なポイントといえます。

専用のチューニングコンピューターが装着されているため、より強い加速・減速を体感できますし、コーナーレンジへより早く減速し、立ち上がりも俊敏な加速で行うことが出来るので、電気自動車とは思えないスポーティな走りを体感することが出来ますよ。インテリアにも走りの気分を掻き立てるような内容となっているのも魅力的です。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格・性能・装備とリーフの特徴を説明してきました。グレード間の格差がとても大きく、どのグレードも選ぶ価値がありそうですよね。

そこで、どんな人にどのグレードがオススメなのかを個人的な独断と偏見を交えながら紹介しましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
S ☆☆☆☆☆ EVに興味がある全ての方。
X ☆☆☆ Sだと少し物足りないという方。
X 10万台記念車 ☆☆☆ 先進技術を味わいつつ、記念車を購入したい方。
G ☆☆☆ 日産の先進技術の神髄を味わいたい方。
NISMO ☆☆☆☆ 電気自動車に走る楽しみも求める方。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

Sの評価

グレード間で性能が変わらないため、ベースグレードの持つ意味がとても大きくなってきます。

確かに装備は少し物足りない気がしますが、それでも基本的なものは全て揃っていて先進性も感じるような装備内容になっているので全く問題はありません。

「EVに興味がある」という方にとって、関心は装備よりも根本のシステム面でしょう。予算に余裕があるならXやGを買えばいいと思いますが、予算にそれほど余裕が無いならSでも十分EVの魅力を味わうことができますよ。

そして、EV車の中でもリーフは特に評価が高い部類のものです。個人的にはハイブリッド車はトヨタ一強だけど、電気自動車となると日産が一番強いと感じています。

二代目になって更に磨きがかかったリーフこそ、今一番オススメできるEV車と言えるのではないでしょうか。

Xの評価

Xグレードの持つ役割は「Sでは物足りないけど、Gを買う予算は無い」という方に、選択肢を提示することです。中間グレードとしての役割を十分に果たすほど装備や機能が充実しています。

ただ、個人的には「Xを買う余裕があるなら、あと40万足してGを買って欲しい」というのが本音です。40万円足すという選択はとても勇気が必要なものですが、その勇気を振り絞って損はありません。

特に高速道路の利用が多い方には、自動運転技術を試してみて欲しいところです。リーフと同じく評価がとても高い機能ですし、日常的に使えるものなので40万円の差を埋めるのに十分すぎます。

Xを語るはずがGを語ってしまいましたが、Xをオススメするのは「SとGの中間が欲しい方」です。

X 10万台記念車の評価

Gグレードよりも少ないが、Xグレードよりも先進技術を詰め込んだ1台といっても過言ではないのが、X 10万台記念車です。

Xよりも充実な装備内容となっているので、Xを買うならこちらのグレードだと満足できると思いますよ。

Gの評価

「一番リーフらしく、一番EVらしいグレード」がGグレードだと、個人的には感じています。自動運転技術に自動パーキング、車線逸脱防止支援など先進性の高い機能を多数搭載。

アラウンドビューモニターも搭載して視認性が高くなり、安全性も圧倒的に高くなっていてお買い得です。

オススメ理由はXの項目で十分語ったので最後にこれだけ……。

リーフのGグレードは、日産の先進技術のことごとくを詰め込んだ、神髄を見ることができるグレードですよ。

NISMOの評価

「電気自動車の概念が変わる」
それがNISMOの個性だと思います。

より走行性能にフォーカスを当て、高い運転性能を実現しているため、ドライブモードに切り替えるだけでいい意味で電気自動車らしくない、スポーツカーのような走りを体感することが出来ます。

ただ、価格はリーフの中でも最高額となっていますし、カラーバリエーションも1色だけと少ないのが難点ですね。

リーフの総合評価

初代リーフが発表された当時は、電気自動車はまだ遠い存在のように感じました。

「そんなものが出てきたのか」と、どこか他人事のように思ったのを今でも鮮明に覚えています。それから7年の歳月が経ち、今では電気自動車もそれほど遠い存在ではなくなってきました。

2代目リーフは、EVをより身近な存在にしてくれる車ではないかと思います。世界中の100%EV車を牽引してきた先駆者ならぬ先駆車であるリーフは、これからもEV車界隈を背負って立つ車として世界中に刺激を与え続けるでしょう。

今後「自動運転」にも磨きがかかれば、EV車やリーフの持つ意味はもっともっと大きくなるかもしれません。購入するのにオススメの一台でもありながら、個人的に注目し続けていたい一台でもあります。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です