ノート e-POWER グレード毎の特徴、違いを分かりやすくまとめてみた

日産ノートe-POWER

e-POWERは新しい燃費技術を採用しており、目新しく、興味を持っているという方も多いのではないでしょうか。新しい車だということもあって、2016年11月から注目を集めている車です。

この車のシステムは本当に面白く、それを体感するだけでも価値があると思わされます。e-POWERについて興味がある方の多くは、システム面についてよく調べているのではないでしょうか。

しかし、グレードの違いや特徴については、あまり理解できていない方が多いのではないかと思います。新登場して興味をそそられる、ノートe-POWERのグレードごとの違いや特徴について、簡単にまとめてみました。

ノートe-POWERのグレード表

グレード 価格
S 1,901,880 円
X 1,965,600 円
X ブラックアロー 2,090,880 円
X モード・プレミア 2,214,000 円
X シーギア 2,235,600 円
MEDALIST 2,329,560 円
MEDALIST ブラックアロー 2,400,840 円
NISMO 2,464,560 円

 

グレードの最大価格差は約56万円です。価格だけ見ていると、やや高めに思うかもしれませんが、グレードが8つもあるのを考えると安い方かもしれません。

そこで各グレードの価格差をみると約6万~13万となっています。一番価格が変動するのがX からX ブラックアローの約13万です。次にMEDALIST からMEDALIST ブラックアローの約12万になります。

どうやらブラックアローのグレードはなにか特別な装備の違いが見られそうです。このことにも注目しながら各グレードの違いをいきましょう。

各グレードの特徴、捉え方

ノートe-POWERは、グレードが8つもありますが基本的なグレードは「S」「X」「MEDALIST」「NISMO」の4つになります。

「S」、「X」は、基本のグレードです。この車の根幹を成すような装備・機能は全て搭載されていますが、その分インテリアの質感を下げることによって価格を抑えています。実用性は非常に高いです。

「メダリスト」はインテリアの質感を向上させ、走行時の静寂性により重点をおいたグレードになります。

走行時の騒音基準を他のグレードより、2クラス上になっておりその静寂性は折り紙付きですよ。

「NISMO」はより走行性能を追求したグレードで、空気抵抗まで考えたダウンフォースの車体になっています。

そのためエクステリアも他のグレードとは変わっており、堂々としたノートのたたずまいを残しながらも、スポーツカーのような凛々しい見た目は見る人を魅了するでしょう。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

e-POWERには、ガソリン車にはない独自の装備が付けられています。そういった部分は、全グレードで共通することがほとんどです。グレードごとに違いが出ている部分の多くは、インテリアにあります。

どこが違うのか、どこが同じなのか、実際に見てみましょう。

ただし、これから挙げる装備は代表的なもののみとなっています。全ての装備を閲覧し、比較したい方は、下記PDFをご参照ください。
http://www.nissan.co.jp/NOTE/PDF/note_specsheet.pdf

全グレード共通の標準装備

  • 電制シフト
  • プッシュパワースターター
  • e-POWERモードスイッチ・インジケーター
  • e-POWER専用ファインビジョンメーター
  • 外気温度計(メーター内ディスプレイ)
  • 車速感応式電動パワーステアリング
  • チルトステアリング
  • e-POWER専用外装(フロントブルーグリル、w-POWERエンブレム)
  • アイドリングストップシステム

 

e-POWER専用ファインビジョンメーターには、エコドライブをするために必要な情報が、多数表示されます。

シンプルなデザインで見やすいというところも、ポイントです。少し近未来的なイメージを想起させ、そういった「未来感」がかっこいいと感じる方には、グッとくるものがあるでしょう。

ノートe-POWERを説明するとき、日産は「未来」という言葉をよく使っています。近未来的な走行感覚、インテリア……。それを体験するための装備は、全グレード共通の標準装備でも十分揃います。

グレードが二つしかないので、共通の標準装備の数も多いです。メダリストに特別感がなければ、Xを購入するほうがお得なのではないかと、この時点では考えられます。

e-POWER Sの装備、インテリア、エクステリア

ノートe-POWER Sエクステリア
ノートe-POWER Sインテリア
ノートe-POWER Sインテリア
  • UVカット断熱グリーンガラス
  • グリーンガラス
  • サイドターンランプ付電動リモコンカラードドアミラー
  • パワーウインドウ(フロントドアのみ)
  • 後席上下調整式ヘッドレスト
  • 185/65R15 88Hタイヤ

 

以上の装備は、S専用というより他のグレードより劣る装備とみてもらえればいいです。Xから上位互換といえる装備がついてきます。

とはいってもUVカット断熱グリーンガラスやサイドターンランプ付電動リモコンカラードドアミラーなど十分このままで便利な機能も多数あるので、価格を極限まで抑えたい人には満足がいくグレードでしょう。

e-POWER Xの装備、インテリア、エクステリア

ノートe-POWER Xエクステリア
ノートe-POWER Xインテリア
ノートe-POWER Xインテリア
  • スーパーUVカット断熱グリーンガラス
  • プライバシーガラス(UVカット断熱機能付)
  • ハイビームアシスト
  • オートエアコン
  • インテリジェント オートライトシステム
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • フォグランプ
  • パワーウインドウ(フロントドア・リヤドア)
  • 運転席・助手席バニティミラー
  • マップランプ
  • 運転席シートリフター(ラチェット式)
  • 185/70R14 88Sタイヤ

 

Sから装備のレベルが上がり、Sになかった機能の装備も増えています。

またメダリストと異なる部分は、内装の加工・装飾・素材がほとんどです。

シート地やドアトリム地が、トリコットとなっているのがその例ですね。ウレタンステアリングホイールなど、インテリアの質感が足りないなと感じる部分はあるかもしれません。

ただ、実用的な装備はXで全て揃っていると言えます。オートライトシステムやオートエアコンなどが、その例です。これらはメダリストにも装備されていますが、あえて書きました。

オートライトシステムは、その名前のとおり自動でライトを点灯するシステムです。地下駐車場に入るとき、高速道路でのトンネルに入る際などに手動操作をする必要がありません。

おもいやりライトがあることによって、早めにヘッドライトを点灯させることができ、周囲の安全に気を配ることができるのも、良いところです。

日産は、早めにライトをつける「おもいやりライト」を推奨しています。これは「薄暮れ時を感知する」ことによって、自動でそれを実施するというものですね。

エクステリアのガラス機能についても、スーパーUVカット断熱グリーンガラス(フロントドア)や、プライバシーガラスなど、メダリストと共通しているものが多いです。これは女性にも嬉しい仕様と言えます。

コストパフォーマンスは、非常に高いと言えるでしょう。

X ブラックアロー

  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ブラック)
  • センタークラスターサイド(ダークシルバー)
  • エアコン吹き出し口(ピアノ調)
  • シフトベース(ダークシルバー)
  • パワーウインドウ(ダークシルバー)
  • ドアトリムクロス:トリコット〈フロントドア〉(ブラック)
  • シート地:トリコット(専用色)
  • アウトサイドドアハンドル(ブラック)
  • 185/65R15 88Sタイヤ

 

ブラックアローとはその名の通り黒を基調としたグレードで、基本装備はXとほぼ変わらず、いくつかカラーがブラックに変更されています。

見た目が変わったのはわかるのですが、正直価格が跳ね上がったのを考えると期待したほどの変化は見られませんでした。

X モード・プレミア

  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • フォグランプ
  • 専用本革巻3本スポークステアリング(本革&ステッチ専用色)
  • センタークラスターサイド(専用シルバー)
  • エアコン吹き出し口(ピアノ調)
  • パワーウインドウ(シルバー)
  • グレージュ/ブラウンコンビシート
  • ブラック/ブラウンコンビシート
  • ドアトリムクロス
  • 運転席アームレスト
  • 専用フロアカーペット(消臭機能付、「Mode Premier」エンブレム付)
  • 専用ラゲッジカーペット(消臭機能付、「Mode Premier」刺繍付)

 

Xをベースグレードにし、特別装備を追加したグレードです。ブラックアローでは黒を基調にした装備に変更されていましたが、モード・プレミアではシルバーを基調としメタリックなインテリアになっていますよ。

X シーギア

  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(グロスブラック)
  • シートクロス(トリコット)〈ノート シーギア専用〉
  • ダーククロムフロントグリル〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックフロントスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
  • フォグランプフィニッシャー(アクセントカラー)〈ノート シーギア専用〉
  • ルーフモール〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックサイドスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックリヤスタイリングガード〈ノート シーギア専用〉
  • ダークメタリックホイールアーチガーニッシュ〈ノート シーギア専用〉
  • グロスブラック15インチアルミホイール(15×5.5J)&185/65R15 88Sタイヤ
  • 専用チューニングサスペンション
  • 専用チューニング電動パワーステアリング
  • ボディ補強(フロントクロスバー、フロント&リヤサスペンションメンバーステー、
  • センタートンネルステー、テールクロスバー)
  • ファインレスポンスVCM

 

ブラックアロー、プレミア同様にXをベースとした専用装備を追加したグレードで足回りの装備が多くシーギア専用装備となっています。

e-POWER メダリストの装備、インテリア、エクステリア

ノートe-POWER MEDALISTインテリア
ノートe-POWER MEDALISTインテリア
  • LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、[プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付])
  • 本革巻スポークステアリング
  • センタークラスターフィニッシャー(ブラウン)
  • エアコン吹き出し口フィニッシャー(ピアノ調)
  • シフトベースフィニッシャー(ブラウン)
  • 助手席シートバックポケット
  • ジャカード織物/合皮シート
  • 運転席&後席アームレスト(カップホルダー2個付)
  • メダリスト専用外装(フロントメッキバンパーロアグリルフィニッシャー MEDALISTエンブレム)
  • 185/65R15 88Sタイヤ&15インチアルミホイール(15×5.5J)、インセット:40、P.CD:100(4穴)

 

インテリアの質感がXより向上し、専用外装によってエクステリアも変化しています。ウレタンから本革ステアリングホイールになったことによって、雰囲気が大きく変わりました。

Xは、黒とシルバーでシックなイメージがあります。Xではシルバーだった部分が、メダリストではブランになり、少しモダンな印象を与えるようになりました。本革もブラウンなので、インテリアにうまく馴染んでいます。

エクステリアはインテリアよりも、変化がわかりづらいですね。専用外装の部分が多いわけではないので、仕方がありませんが、もう少し特別感があっても良かったのかもしれません。

LEDヘッドライトやシートバックポケット、アームレストなどが付いていますが、これで30万円近くも価格がアップするのは、コスパが少し気になります。悪いとは言えませんが、少なくとも良くはないでしょう。

MEDALIST ブラックアロー ブラックアロー

MEDALISTをベースにした専用装備がついたグレードです。追加装備はX からXモード・プレミアのときとほぼ変わりません。

e-POWER NISMOの装備、インテリア、エクステリア

ノートe-POWER NISMOエクステリア
ノートe-POWER NISMOインテリア
ノートe-POWER NISMOインテリア
  • NISMO専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • リヤフォグランプ
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(NISMO専用レッド)
  • NISMO専用車速感応式電動パワーステアリング(e-POWER NISMO専用)
  • NISMO専用本革・アルカンターラ®巻3本スポークステアリング
  • NISMO専用シフトノブ&シフトベース(e-POWER NISMO専用)
  • NISMO専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル、フットレスト(nismoロゴ入り)
  • シャークフィンアンテナ
  • NISMO専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリムクロス
  • NISMO専用エンブレム
  • NISMO専用フロントグリル
  • NISMO専用フロントバンパー
  • NISMO専用サイドシルプロテクター
  • NISMO専用リヤバンパー(リヤフォグランプ付)
  • NISMO専用ルーフスポイラー
  • NISMO専用サスペンション(e-POWER NISMO専用)
  • スタビライザー(フロント強化)
  • NISMO専用チューニングコンピューター(e-POWER NISMO専用)

 

Xをベースとしたグレードで、走行性能、操作性をアップさせる専用装備が充実したグレードになっています。

専用パワーステアリングや専用サスペンションなどが特に魅力的な専用装備で、他のグレードとは明らかに違った乗り心地が体感できることを保証しましょう。

また走行性を高めた装備の追加だけでなく、ドアミラーが専用カラーになっていたり、ペダルにロゴがはいっていたりと、ところどころ細かな見た目のこだわりが見られるのがいいですね。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

ノートe-POWER エクステリア

グレードごとの違いということで、機能やインテリアの部分ばかり見てきましたが、性能については見てきませんでした。各グレードの魅力について語る上で、e-POWER本来の性能は外すことのできない要素です。

それを交えつつ、Xとメダリストの魅力について考えてみます。どのようなオーナーが選んでいるのかという傾向も述べるので、自分の主観だけでなく、他人の意見も参考にして選びたい場合は、参考になさってください。

e-POWER Sの魅力、選んでいる人はこんな人

Sの魅力を語るなら、ノートe-POWERという車が本来持っている魅力についても、語らなければなりません。Sの魅力は「最小限の投資で、それが手に入ること」にあります。

e-POWERは、走りに少し個性があるのです。やや深めにアクセルを踏むような場合、他のハイブリッド車とは違う感覚を味わうことができます。

他のハイブリッド車の場合は、アクセルを深めに踏むと、エンジンが始動して回転数を上げ始めるまでの2~3秒程度、「やや弱い馬力で加速していく」のです。要は力が弱いということですね。

e-POWERの場合は、アクセルを踏み込んですぐに、しっかりとした馬力を感じさせる、力強い加速になります。「直感的でスポーティ」な印象を受けるのです。電気自動車を謳いながら、走りがスポーティというのは面白いところではないでしょうか。

また、この車はシステムが少し変わっています。

エンジンがタイヤと繋がっていないのです。エンジンは、内蔵された発電機を回すためのものに過ぎません。充電が不足しているときに回って、発電し、その力でモーターが回ります。

そういった変わったシステムとなっているため、走行の感覚も他のハイブリッド車とは違うのです。

こういった目新しさ、面白さというのが、ノートe-POWERの魅力でしょう。それを少しでも安く手に入れられるというのが、Sグレードの魅力でしょう。

装備も必要十分以上揃っているので、何も文句はありません。装備やインテリアではなく、この車自体に興味を持ったという方が購入している傾向があります。

e-POWER Xの魅力、選んでいる人はこんな人

はじめにズバリ言っておきます。e-POWER Xは8つのグレードの中で一番普通のグレードです。

ただ普通というのは決して悪い意味ではありません。むしろ今回で言えばいい意味です。e-POWERのグレードはそれぞれ個性があって、魅力的なグレードなので差別化がハッキリしています。

その個性的なグレードもほぼすべてXをベースに作られており、機能的にノートe-POWERという車を味わうだけならXのグレードで十分達成できるんです。

つまりインテリアに特別なこだわりがなく、スポーティな走りまでは求めていないって人にはXグレードで十分といえます。

実際Xに乗っている人で走りに不満を感じている人は少なく、ほとんどの人がe-POWERの電気自動車としての性能が実感できたという評価をしているんです。

価格も最小限で、電気自動車の性能を思う存分楽しみたいって人にはぜひオススメのグレードになります。

e-POWER メダリストの魅力、選んでいる人はこんな人

インテリア全体というよりも、本革巻きステアリングホイールの評判が高いです。

インテリア全体は少し安っぽさを感じるようですが、本革の質感が高いと感じられます。所々にブラウンが入っているインテリアのデザインにも、好感を持っているというオーナーが多いです。

ただ、多くのオーナーがメダリスト特有の部分ではなく、e-POWER特有の部分について高く評価しています。オーナーの口コミを見ていても、「メダリストを買う必要はあったのだろうか」と疑問に抱くほど、装備や専用外装には触れられません。

LEDヘッドライトや本革巻きステアリングホイールなどがあり、選びやすく見えるのではないしょうか。

e-POWER NISMOの魅力、選んでいる人はこんな人

実際にNISMOに乗っている人の声を聞くと、走行性能での好評が多かったです。走りを売りにしているグレードなのでまさに狙い通りの評価といえます。

他のグレードを試乗したことがある人に聞いても、NISMOは別格の走行性能のようです。一番評価が高かったポイントは加速感。アクセルをひと踏みしただけで、その加速感に惚れ込んだという人までいました。

アクセルを踏み込んでから違和感なく、繋ぎのないスムーズな加速で進みだす感覚は電気自動車をさらに極めたNISMOにしかない武器といえます。

加速感のほかにも専用サスペンションを搭載していることで、固くないやわらかな乗り心地を評価している人もいました。

NISMOは本当に専用装備が多いので、これほどの走行面での好評価も納得できます。電気自動車で快適なドライブを楽しんでみたいという方にはぜひオススメのグレードです。

総合的に売れているグレードを考察

多くのオーナーが、e-POWERのシステムに興味を持ち、購入しています。インテリや走行性能は二の次といった感じです。

だからe-POWERというシステム部分に興味を持ったのであれば、購入すべきグレードは「X」でしょう。下位のグレードでありながら、必要な機能が全て揃っており、お安く購入出来ちゃいます。ノートe-POWERを楽しむには十分なグレードです。

e-POWERの購入自体迷っているというのであれば、「ワンペダルドライブ」に対してどう考えるのかによって、決めると良いのではないでしょうか。

e-POWERはエコモードにすると、ワンペダルドライブをすることになります。アクセルペダルを戻すことで、ブレーキを弱めにかけたときと同等の減速をするのです。

使いこなすことができれば、片方の足だけで加速と停止ができるので便利ですが、慣れない方は本当に慣れないでしょう。

それをひとつの基準として検討し、e-POWERの購入を決めたなら、迷わず「X」を選んでも良いと考えます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です