日産キューブ グレードの違い解説書。オススメ、売れているのはどれ?

日産キューブ

日産キューブは、エクステリア・インテリアが特徴的な車です。

その部分に惹かれている方が多いのですが、各グレードの仕様の違いなどについては、見落としがちになっていませんか?

各グレードの装備の違い、仕様の違いは何なのかを知らなければ、自分に適した車選びはできません。キューブの購入を考え始めた方のために、グレードの違いを簡単に解説し、まとめてみました。

キューブのグレード表

グレード 価格
15X 1,620,000円
15X Vセレクション 1,782,000円
15X Vセレクション マイキューブ 1,854,360円
15G 1,987,200円
ライダー 2,030,400円

最低価格は約162万円、最高価格は約203万円……差額は約40万円となっています。価格だけを見て、この価格差が小さいか大きいかと判断するのには、少し微妙な価格差です。160万円から200万円台になると考えると、決して小さい差ではないということはわかります。

各グレードの価格が安いのか高いのか、それを見極めるためにも、グレードごとの仕様を見てみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

15X・15Gの「15」は、キューブが1.5Lエンジン搭載車であることから来ています。

ライダーといった異なるパターンの名前のグレードがあると、「エンジン仕様が違うのかな」と思えてきますが、エンジン仕様はいずれも同じです。

ライダーは、エクステリアに大きな特徴があります。ライダーは万人受けしそうにないが、個性が強く光るタイプ。

15Xはコストパフォーマンスに優れたベースグレードで、エアコンをマニュアルにするなどしてコストダウンを図っています。インテリアの質感は同価格帯のものと比べると高く、そういった部分で他グレードに劣らないというのが、特徴的ですね。

15Gはエアコンなどを上位の装備に変え、利便性を向上させています。

Vセレクションは15Xのエアコンなどといった、利便性で15Gに劣っていた部分を15Gと同等のものにしたパッケージです。

そのうえでVセレクション・マイキューブは、シート地の変更が出来る特別仕様車となっています。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

キューブは全グレード共通の標準装備が多く、各グレードで異なる仕様となっている装備が少ないです。ライダーやアクシスは見た目の変化が大きく、エクステリアに特徴があります。

共通の仕様が多いからこそ、異なる部分が光って見えるものです。各グレードの装備を基準に、どこに特徴があるのか、光る部分はどこかを探してみましょう。

なお、これから挙げる装備は下記PDFから代表的なもののみを抽出しています。

15X・15G https://www3.nissan.co.jp/content/dam/Nissan/jp/vehicles/cube/1804/pdf/cube_specsheet.pdf

Vセレクション・マイキューブ https://www3.nissan.co.jp/content/dam/Nissan/jp/vehicles/cube/1804/pdf/cube_vsele_specsheet.pdf

ライダー https://www3.nissan.co.jp/content/dam/Nissan/jp/vehicles/cube/1804/pdf/cube_rider_specsheet.pdf

全グレード共通の標準装備

  • スーパーUVカットグリーンガラス(フロント)
  • 車速感応式パワーステアリング
  • チルトステアリング
  • フットレスト
  • 運転席シートリフター(ラチェット式)
  • リヤ6:4分割リクライニング&スライドシート
  • 前席アクティブヘッドレスト
  • スタビライザー(フロント・リヤ)

上記以外にも、多くの装備が全グレード共通で標準装備となっています。全グレード共通の標準装備の数が多く、その種類も他車種とは少し変わっているのが、キューブの特徴です。

たとえば、ステアリングホイールです。この価格の車種のベースグレードには、よくウレタン素材の物がつけられています。ところが、キューブの15Xには、本革巻き3本スポークステアリングホイールが付けられているのです。

その他、プッシュエンジンスターターやインテリジェントキーなど、便利な機能・装備も充実しています。これだけ見ていると、ベースグレードを選ぶ意味というのがとても大きいように感じるでしょう。

逆に、15Gを選ぶ理由はあるのかと、疑問を抱くようにもなります。それを探るためにも、これから各グレードの装備の違いを見てみましょう。

15Xの装備、インテリア、エクステリア

日産キューブ15X外観
日産キューブ15X内装
  • 最適配光マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付)
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
  • 外気温度計(メーター内ディスプレイ)
  • 2スピーカー
  • 175/65R15 84Sタイヤ&15インチフルホイールカバー(15×5JJ).インセット:42、P.C.D:100(4穴)

15X・15Gと共通している部分がとても多く、目だって異なる部分といえば、上記のようなところだけです。ハロゲンヘッドランプは現在主流のランプなので、特別15Gに劣るわけではないでしょう。

マニュアルエアコンや2スピーカーは15Gより下位の装備だと言えますが、ベースグレードとしては普通の装備です。エアコンは、Vセレクションで15Gと同じものが付けられます。スピーカーの数も2つ増えて、4スピーカーとなり、他にも便利な機能が追加されています。

物足りない部分があるなら、Vセレクションやオプションで補うと良いでしょう。ヘッドランプは、オプションで変更可能です。

Vセレクション

インテリジェントエアコンシステムや、4スピーカー、オートライトシステムなど、便利な機能がプラスされています。日常で使う頻度の高い機能の追加が多いので、自分の目当ての装備以外がついていても、あまり気になりません。

Vセレクション・マイキューブ

Vセレクションに追加される装備に加えて、シート地を以下の種類から選ぶことが出来ます。

  • ロルブーインテリア(スエード調クロス)
  • インディゴブルーインテリア(スエード調クロス)
  • ヴィンテージキャメルインテリア(スエード調クロス)
  • コダワリブラウンインテリア(本革/カブロンコンビシート)
  • ラウンジブラウンインテリア(クラッシュベロア)

また、追加装備としてパイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付)、日産オリジナルナビ取付パッケージが装備されています。

ただ、コダワリブラウンインテリア選択時に限り、価格が4万円ほど高くなるので注意してください。

15Gの装備、インテリア、エクステリア

日産キューブ15G外観
日産キューブ15G内装
  • バイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付)
  • インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)
  • 6スピーカー
  • メッキインナードアハンドル
  • 195/55R16 87Vタイヤ&16インチアルミホイール(16×5J).インセット:42、P.C.D:100(4穴)
  • SRSカーテンエアバッグシステム

インテリジェントエアコンシステムには、プラズマクラスターなどの機能が付けられています。高性能フィルターとプラズマクラスターを合わせると、空気清浄は完璧でしょう。内外気自動切換えも、車内環境を最適に保つのには、役立つ装備です。

エアコンも良いですが、15Gの目玉はバイキセノンヘッドランプです。これが不要であれば、15Gを選ぶ理由は特にないといえるでしょう。エアコンだけならVセレクションでもいいですし、15Xにメーカーオプションをプラスするだけでもいいのです。

15Gの装備内容的な価値というのは、高性能・多機能なヘッドランプとエアコンを両方付けることができ、16インチアルミホイールが装備されている点にあります。それら全てが、自分の需要と合致するのであれば、購入する価値は十分にあるでしょう。

ただし、コストパフォーマンスが良いとは、言えませんね。

ライダーの装備、インテリア、エクステリア

日産キューブライダー外観
日産キューブライダー内装
  • 専用フィニッシャー<シルバー色>(エアコン吹き出し口<センター×2+左右>)
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用シート地(格子柄ニット)
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー、バンパーグリル
  • 専用サイドシルプロテクター
  • 専用リヤバンパー
  • 専用エンブレム
  • 専用16インチ光輝アルミホイール(16×6J)、インセット:42、P.C.D:100(4穴)

ライダーは、Vセレクションの装備内容に上記の専用装備がプラスされたものと考えると良いでしょう。つまり、エアコンはインテリジェントエアコンシステムが搭載されていますが、ランプはハロゲンということです。

主に見た目の変化というのが、大きいですね。ランプなどは特に変わらないはずなのに、グリル周りが違うだけで、ランプまで見た目が大きく変わっているように見えます。

見つめていると、思わず笑ってしまいそうになる、変わったエクステリアですね。

万人受けはしないでしょうが、このデザインが好きなら、一層愛着が湧きそうです。街でもあまり見かけることがないので、特別感もあります。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの仕様の違いを見てきましたが、ここからは各グレードの魅力について考えてみます。

何かを選ぶとき、自分の思いだけでなく、人の意見も重要になることでしょう。車は大きな買い物ですから、なおさらです。

キューブ各グレードの魅力はどこにあるのか、どんな理由で選ばれているのか、客観的な視点として参考になさってください。

15Xの魅力、選んでいる人はこんな人

日産キューブ15X内装

15Xの魅力は、「キューブが最安価で手に入ること」と、「充実した装備内容」です。キューブはエクステリア・インテリア共に特徴的で、それらから購入を検討する方が多い傾向があります。

そして、その見た目や雰囲気にハマリ、「キューブでなくてはいけない」と考える人が多いのも特徴です。そういった方にとっては、自分の気に入った見た目・雰囲気を邪魔しない最低限の装備内容が魅力的に感じられるものでしょう。

15Xは最低限でありながら、最大の演出。特にインテリアの雰囲気がグレードごとに異なるということがほとんどないので、インテリアに興味を持った方にとって15Xは最適なグレードだと言えます。

曲線を描くような、特徴的なインパネの形。飛び出しているかのように見えるステアリングホイールに、ソファのようなシート……他にはない雰囲気にハマったという方が、15Xを購入しています。

15X“Vセレクション”の魅力、選んでいる人はこんな人

日産キューブ15X“Vセレクション”外観

インテリアやエクステリアにドハマリして、購入を考えたという方でも、機能が便利であって欲しいと願う方もおられます。そういった方には、Vセレクションがぴったりではないでしょうか。

エアコンやオートライトなど、日常的に意識する機能が便利になっています。15Xとの価格差も低く、充実感・お得感があるのも、Vセレクションの魅力です。

日産キューブのホームページでオンライン見積もりを取ろうとすると、グレードの「人気ランキング」が見られます。そのトップにあるのが、Vセレクションです。「キューブを買うなら、これが安定」ということでしょう。

また、人気のVセレクションの差別化を図りたい方が、少し背伸びをしてお気に入りのシートにできるマイキューブを購入していることが多いようです。

15Gの魅力、選んでいる人はこんな人

日産キューブ15G内装

15Gも魅力的なのですが、15XやVセレクションと比べると、魅力が弱いです。

16インチアルミホイールはVセレクションにはないものですが、キューブの購入を考えている方は、走行関係はあまりこだわらない傾向があります。走りが優れている車ではなく、デザイン性が優れている車なので、これを重視する意味が、あまりないのです。

ホイールの大きさで変わるのは、走行安定性。キューブは加速に優れていませんが、走行安定性が低いわけではありません。スピードが出る車ではないので、安全運転が前提となっています。スタビライザーもフロント・リヤ両方に付けられ、比較的安定するほうです。

15Gは、ヘッドランプ・エアコン・アルミホイールなどが、パッケージとして一括になっていることに、魅力があります。価格はやや高くなってしまいますが、バイキセノンヘッドランプに興味があるなら、選んでも良いのではないでしょうか。

ライダーの魅力、選んでいる人はこんな人

日産キューブライダー内装

ライダーの魅力は、なんといってもエクステリアの特別感ですね。15Xのエクステリアも十分個性的で特別感がありますが、ライダーのエクステリアはそれとは少し方向性が違います。

15Xのエクステリアはあまり好きでなくとも、ライダーのエクステリアは好きだという方がいるほどです。その逆も、また然りですね。個人的には、このエクステリアは好きです。

渋い、ハードボイルドな男といった印象を受けます。15Xや15Gのエクステリアは、少し女性的な印象を受けるのですが、これは「渋くてかっこいい男」です。女性受け・男性受けという面でも、両者の違いがあるのかもしれません。

総合的に売れているグレードを考察

売れているグレード・おすすめのグレードは、15XとVセレクションです。

キューブは、とても個性が強い車で、エクステリアやインテリアに強くこだわる方に人気があります。仕様の違いが見た目や雰囲気に終始しており、走りを重視したグレードが出ないのはそのためでしょう。

そういった需要があるためか、最低限の装備内容でも良いと考える方が多いのです。キューブはインテリアの装備がほとんど変わらないというのも、15Xが選ばれている理由のひとつとなっています。

エアコンなど、利便性が足りないと感じたら、15GではなくVセレクションを選べばいいのです。キューブのユーザー層にとって、15Gを選ぶ意味がほとんどない。ライダーやアクセスは見た目の異なるグレードで、好みが分かれる。そのため、15XとVセレクションが売れるのです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です