ディーラーに行く前に5分でチェック!ルーミーのグレードの違いや捉え方まとめ!

  • 本当にカスタムがおすすめなの?
  • ターボとノンターボどっちがいい?

ルーミーのグレードを見てそう思っている人、多いはず。

確かにルーミーはファミリーカーとしても、日常の足車としても非常に利便性の高い1台ではあるんですが、イマイチ違いがつかめない車種であるのも事実。

そのため、自分の状況にあったグレードが何なのかわからず購入に踏み切れない!という方も多いと思います…が!

実はそんなルーミーのグレードって、3つのポイントで見ておけば自分に合ったグレード選びができちゃうんですよ。

今回は、そんな3つのポイントに触れながら、ルーミーのグレードの捉え方や失敗しないグレード選びのコツをお話していこうと思います。

そもそもルーミーってどういう車種か、きちんと知っていますか?

本題に入る前にまずはおさらいから。

皆さんも一度は公式サイトやパンフレットかなんかでルーミーについて調べたことがあるはず。

でも…イマイチグレードの違いを掴めなかった、という方も多いのではないでしょうか。

だからこそまずは簡単にルーミーってどんな車種なのか、改めて見直しておきましょう。

基本的なグレードはXとGの2つ

ルーミーのグレードは公式サイトを見ると7種類と意外に多いようにも感じますが、基本的にはエントリーグレードの『X』と上位グレードの『G』の2つだけ。

感覚的には松竹梅の『松=G』『梅=X』と考えておけば問題はありません。

その上で、Gグレードからカスタムやターボ、特別仕様車と派生していくとイメージしておくと、一気にグレードを捉えやすくなると思いますよ。

X”S”は超単純に予防安全装備が付いただけ

ちなみに、エントリーグレードのXにはX”S”もありますが、スマートアシスト(通称:スマアシ)が搭載されるかどうかの違いしかありません。

そのため、基本的にはXよりもX”S”で見比べていくようにしましょう。

グレードごとの装備の違いはここに注目しておけばOK

そんなルーミーの各グレードの装備の違いなんですが、XとGの違いは確かに多いんですが、G以降のそれぞれのグレードの違いはそこまで違いがないため、下のようなイメージでとらえておくだけでOK!

  • カスタムG⇒エクステリア・インテリアの装飾のグレードアップ
  • G”Cozy Edition”⇒インテリアの装飾・快適性のグレードアップ

加えて『G』と『G-T』(もしくは『カスタムG』と『カスタムG-T』)は、基本的にエンジンの違いしかないため、よりグレードを捉えやすくなると思いますよ。

さて、ルーミーのグレードについてサクッとおさらいしたところで、ここからは本題。

グレード選びの悩みの種になる3つのポイントでそれぞれ見ていきましょう。

ルーミーのグレード選びの疑問①!安く済ませて『X』か、それとも『G』か…

まずお話しておきたいのが、グレードをどうするかって所。

ただ、先ほどお話したので何となくわかると思いますが、ぶっちゃけここは悩む必要はありません!

結論を言うと『G』を選んだ方が絶対に良い!

確かにXは新車価格150万円と、下手な軽自動車よりもお得感はあるんですが、装備を見てみると気になる所ばかり。

例えば、フロントドアやフロントクォーターのガラスにスーパーUVカット、IRカット機能や高速巡行時の運転が楽になるクルーズコントロールと言った快適・機能的な装備がまずつきません。

そして何よりスライドドアがワンタッチで開閉する機能が助手席側だけになるため、挟み込み防止機能は付いていますが子供の万が一の大けがに繋がる可能性も増えちゃうんですよね。

もちろん、今あげた装備が必要ないのであればXでも充分だと思いますが、家族や友人を乗せて運転するのであれば、Gの方が不満なく乗り続けることができると思いますよ。

ルーミーのグレード選びの疑問②!カスタム車と通常グレードのどっちを選ぶべき?

「通常のGか、それともカスタムGか…」

ここはルーミーの購入を検討している人の多くが悩んでしまうところだと思います。

でも実はここって超シンプルに考えた方が、サクッと決まったりするんですよね。

通常グレードとカスタムの明確な違い見た目だけ?

というのも、GとカスタムGの装備の違いは主に、快適性を高める装備の違いと言うよりかは見た目に関わる違いが多く、強いて言えばシート表皮に撥水機能が付くか、ステアリングホイール(ハンドル)がウレタン素材か本革巻か。

そしてスピーカーが6つになるか程度しかありません。

早い話、車内の使い勝手の良さがちょーっと良くなるだけだから、エクステリア・インテリアの印象の違いで選んでしまっても、特に問題はないってワケです。

価格の違いで見てしまうのも一つの手

その上で、そんなGとカスタムGの車内外の印象の違いが、約15万円かけて必要かどうかも判断材料としてほしいところ。

エクステリア・インテリアの印象がグッと良くなるのは良いけど、15万かけてまでやる必要はないと思うのであればGでも充分納得できると思いますし、逆に15万円で内装もしっかりこだわれると考えるのであればカスタムGで。

そう考えて見極めるようにすると、ご自身の納得いくグレードを手に入れられると思いますよ。

ルーミーのグレード選びの疑問③!NA(ノンターボ)とターボ、どっちがいいの?

ターボエンジンが本当に必要かどうか…。

ここもルーミーのグレードを選ぶ上では重要なポイント。

ただ、先に結論を言ってしまいますが、できることならターボ車を選択することを前提として考えておいた方が良いです。

実はNAで満足できる人は限られている!?

そもそもルーミーって1000cc以下のコンパクトカーの中でも重量・高さがある車種。

そのため、どうしても車体に加えて乗車人数が多くなってくると、ボディが重くなり街乗りでものろのろとした加速にイラっと感じる方も多いですし、坂を駆け上がるのもアクセルベタ踏みすることも。

要は純粋に車体に見合ったパワーがないって考えておいた方が良さそうですね。

ターボエンジンにするメリットは加速だけではなく後部座席の乗り心地にも影響する?

一方で、ターボエンジン搭載の『G-T』『カスタムG-T』はと言うと、上り坂や発進時の加速がパワフルになるのはもちろんなんですが、それ以上に注目したいポイントが。

というのも、実はターボエンジン搭載の2つのグレードには、スタビライザーがフロントとリアの両方に付けられるんですよね。

すこし専門的な話になってくるので簡単にお話しますが、スタビライザーはハンドルを切った時に大きく回るのを防いでくれるため、運転手の思った方向・角度に車を旋回できるようになる部品です。

しかもスタビライザーがリアにも取り付けられることで、後部座席に乗る人の車酔い防止にもつながります。

車体に見合った加速性・走行性能があり、かつ搭乗者の揺れもある程度抑えてくれる。

家族や友人を乗せることが多いのであれば、ターボエンジンの方が良いと言えそうですね。

そう考えるとイメージ的には、『見た目』の好みでGとGカスタムどっちかを選び、『走行性能や足回り』の好みでNAかターボかを決めてしまう。

このようにルーミーのグレードを絞り込んでいくと、グレード選びで失敗することはまずないと思いますよ。

結論!ルーミーのグレードは装備よりも『乗り方』で選べ!

父親よりも母親が運転することを考慮し、随所にちりばめられた誰でも使いやすい収納スペースに運転ポジション。

そしてライフスタイルに合わせて標準装備される快適・利便性のある機能の数々。

そんなルーミーをひとことで表現するなら、道具感あふれる車だと思います。

だからこそ、グレードは自分が扱いやすく乗りやすいかで選ぶのが大切ですね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です