ハイ注目!ルーミーのグレードが気になるならココでチェックすれば間違いなし!

ハイ注目!ルーミーのグレードが気になるならココでチェックすれば間違いなし!キャッチ画像

「ルーミーの購入を考えているけど、グレードで悩む…」なんて人は結構多いはず。

だってGとかXとかアルファベットで分かりづらかったり、同じアルファベットなのに“カスタム”車があったりとごちゃっとしてますからね。

そんな状態でディーラーに行ったら営業トークでみすみす高い車を買ってしまうかもしれませんよ?

特に女性の方ならグレードの違いや、それがどんな装備なのか全く分からないって人は心配事も多いでしょう。

そこで今回はルーミーのグレードについて徹底解説!

女性・男性目線から見た、ルーミーのグレードの注目点を紹介していくので、是非参考にしていってくださいね。

1分で完璧にわかる!ルーミーのグレードをざっくり簡単に解説

1分で完璧にわかる!ルーミーのグレードをざっくり簡単に解説をイメージした画像

ルーミーは中性的な顔立ちで男女ともに人気がある車種。

その使い勝手の良さから手放せないって人もいるのではないでしょうか。

早速そんなルーミーの装備説明を…と言いたいところですが、その前にルーミーのグレードについて簡単な解説していこうと思います。

基本的なグレードは通常グレードかカスタムかで分けよう!

ルーミーの通常とカスタムのフロントを並べた画像

ルーミーのフロント部分を見ると分かるように、基本的な違いはグレードに『カスタム』が付いているかどうかで見分けると良いでしょう。

見て分かるようにフロントのライトや真ん中のグリルの色が違うため、一発で見分けることができるはずです。

もちろん装備にも違いがあるので後程ご説明します。

『G-T』の”T”はターボのT!

ルーミーのターボエンジン

ルーミーには通常グレード・カスタムの両方に用意されている『G-T』はいわゆるターボ車。

ターボ車っていうのは簡単に言うと、エンジンに違いがあります。

このルーミーのターボ車では、排気量は変わらないのにパワーのあるエンジンを搭載しているんです。

つまり、坂道や高速道路でストレスなく加速して快適な走行ができるってわけ。

もちろんその分、燃費はちょっとだけ悪くなるってことも覚えておいてください。

ルーミーのグレードごとの各装備の注目ポイントはここだ!

壁から出た指が指差ししている

上ではルーミーのグレードの違いについてザックリとご紹介しました。

女性の方でもある程度はつかめてきたのではないでしょうか?

そこでここからは、皆さんが気になっているであろう装備の説明をして行きます。

公式サイトが分かりづらかったって人でも分かるよう、簡単にまとめているのでぜひご覧ください。

標準グレードとなる『X』と『X”S”』はスマアシが付いているかどうかが違う

ルーミーのスマートアシストの装備

まずは標準グレードになる『X』と『X”S』の違いをご紹介。

この2つの違いはただ1つ、“スマートアシスト”が付くかどうかです。

逆に言うと、それ以外は違いないってことになりますね。

でも「それだけで66,000円も違うってなんか損してる気分」なんて人もいるはず。

でもスマートアシストって、事故が起こる前に警報してくれたりブレーキを自動で踏んでくれたり、とにかく安全な運転をサポートしてくれる先進装備なんです!

そう考えると、この価格差も納得できませんか?

Gグレードからちょっと多機能的な装備が要所要所で追加される

スーパーUVカット、センタークラスターパネル

X、X”Sから1ランク上がったGグレードは、X”Sに比べて快適性を向上させたグレードとなっています。

まずエアコンがマニュアルからオートエアコンに変更され、デジタルパネルも追加装備されているんです。

また女性には嬉しいスーパーUVカット・IRカットガラスをフロントドアなどに採用。

これは紫外線や近赤外線、どちらも肌に悪影響のあるものをカットしてくれるので女性にとってはぜひ付けたい機能ではないでしょうか?

そしてもちろん快適装備だけでなく機能性もグッと向上していますよ。

クルーズコントロール/両側パワースライドドア

その中でも、両側パワースライドドアはお子さんがいる方にとっては重宝する機能。

やっぱり手が塞がってても簡単にドアが開けられるって超便利なんですよね。

またアクセルを踏まずに一定の速さで走行してくれるクルーズコントロールも搭載し、高速道路などでの負担も軽減してくれるでしょう。。

ちなみにカスタムGは外観の変化以外にも、インテリアが変わったり撥水機能付きシートになったりと細々した所が変わっています。

撥水シートは小さなお子さんがいる人にとっては、シートが汚れにくくなるのでちょっと気になる装備ではないでしょうか?

特別仕様車Cozy Editionの装備は?

運転席・助手席シートヒーター、シートバックテーブル、バックカメラ

最後に特別仕様車のお話を軽くさせていただきます。

この車種は、Gグレードからより利便性・快適性・安全性を向上させたグレード。

特に狭い場所での駐車に便利な、バックカメラが付いているっていうのはありがたいですよね。

その他にもシートヒーターやバックテーブルなど流石特別仕様車って感じの装備になっていますよ。

G-Tは『走り』にこだわる人向けの追加装備が充実している

ステアリングスイッチ(スポーツモード付)/ターボエンジン

G-Tはターボ車なのでより『走り』にこだわるグレードになっています。

ステアリングスイッチにはスポーツモードスイッチ追加され、揺れを減少するスタビライザーは フロント/リア両方に搭載。

これなら乗り心地も柔らかく、高速道路などでも快適な乗り心地になるでしょう。

またカスタムG-Tではタイヤやスピーカーなどに違いがあります。

G-Tカスタムのタイヤとスピーカー

まずタイヤが15インチアルミホイールに変更になって、スポーティーな見た目。

そしてカスタムGも同様なんですが、オーディオスピーカー4⇒6個に増えてます。

そのため走りを意識しつつも居住性も向上、より快適なドライブができるグレードだと言えるでしょう。

女性目線で見たルーミーのグレードはここで選べ!

女性が指を指している

ここまではルーミーの基本的なグレードについてお話ししました。

ルーミーのそれぞれのグレードの装備をある程度把握できたでしょうか?

しかし車の装備に疎い女性にとっては、イマイチ想像できない部分も多いはず。

そこでルーミーを女性目線で見たとき、どのようにグレードの選べば良いかをお話しします。

家族のことを考えるならスマアシは付けたい所

正直に言って「自分は運転が得意だ」って言える女性は少ないのでは?

ここだけの話、街中で荒い運転をしている車を見ると、女性が運転していることも多いですからね。

だからこそ車の安全性能は最低限、もしくは出来るだけ装備したいところでしょう。

ルーミーの場合は先進予防安全機能・スマアシがあるので、安全面に不安がある人は是非スマアシを装備したグレードをオススメします。

ちなみに廉価グレードのX以外には装備されているので、ぜひX以外のグレードを選んでください。

X”S”かGかの違いはズバリ快適性がキモ!

車に安全性を求めるとなると、必然的にX”S以上のグレードから選ぶことになります。

そこで気になるグレードは『X”SかG』かの2択になるでしょう。

この2つをどのように選ぶかというと、利便性や装飾を求めるかどうか。

上位グレードのGはパワースライドドアが両側に付いているし、定速走行が出来るクルーズコントロールも装備されています。

さらにステアリングスイッチやインテリアの装飾も多いです。

逆にX”Sにはそれらは装備されていません。

そのため安全性能だけでなく利便性や装飾を求めるならG。

最低限、安全装備があって安い方が良いって人はX”Sがおすすめです。

スポーツ仕様のG-Tは正直避けて良いかもしれない

ただ1つここで覚えていて欲しいのが、女性目線で見ると『G-T』のようなターボ車はあまり必要が無いと言うこと。

そもそもあなたはルーミーに走りの性能を求めているでしょうか。

ぶっちゃけ走りはそこまで重要じゃなくて、通勤に便利か子供の送り迎えや買い物に不便な点はないかっていうところ心配なのでは?

遠くへの通勤を除けばそれらは全て比較的近場での運転となります。

その際にターボエンジンが必要かと言われると、首を縦には振れないでしょう。

だからこそ必要以上の性能を持つG-Tは、あなたには必要ないと思います。

結論!女性に勧めるルーミーのグレードは○○

というわけで、女性目線からのおすすめはやっぱりGグレードがオススメ。

安全装備はもちろんですが、やっぱり両側パワースライドドアが超便利になるでしょう。

さらにクルコンやオートエアコンが付くなど快適性もグッと上がりますからね。

中でも特別仕様車のCozy Editionは、女性にとって嬉しい装備が揃っているので選ぶとしたらこちらをオススメします。

ただし最低限の装備があればいいって人なら、X”Sでも良いでしょう。

グレード 価格
X”S” 1,556,500円
(1,732,500円)
G 1,716,000円
(1,892,000円)
G”Cozy Edition” 1,762,200円
(1,938,200円)

※( )内は4WDの価格

ちなみに4WDにするかどうかは、住んでいる地域を考えて必要かどうか判断してくださいね。

男性目線で見ると変わるルーミーのグレードはココを見て選ぼう!

男性が指差ししている

ここまで女性目線でルーミーのグレードについて見てきました。

ではその逆目線の男性目線から見るとルーミーのグレードはどのように選べば良いでしょうか。

特に初めて車を買う、軽自動車の廉価グレードから乗りかえるって人はぜひ参考にしてください!

ただの足車として乗るなら『X』で充分

初めに言っておきますが、ファミリーカー以外でただの足として男性が購入するなら、廉価グレードのXでも問題は無いかもしれません。

なぜなら運転がある程度できる男性なら車幅さえ慣れれば、安全装備はそこまで必要ないはずですし、Xでもある程度の装備は付いています。

そのため、Xより上のグレードだと過剰装備になってしまうかもしれません。

とは言え運転が苦手だったり、不慣れだったりする人はX”Sを選ぶのも良いでしょう。

難しいことは考えず、単純に安全装備のスマアシがあるか、ないかで選ぶのがオススメです。

ちょっと気になるタイヤで選ぶのもいいかも

「毎日の足ではあるけど、タイヤとかちょっとしたところが気になる」って人は意外と多いはず。

そんな人はタイヤの大きさや種類で選ぶのも1つの手です。

コンパクトカークラスであれば、自分でタイヤ交換する予定だって人も多いのではないでしょうか?

そんな時に重たいスチールタイヤだと、やっぱり重くてちょっと手間がかかってしまうんですよね。

それにスチールとアルミでは、見た目にも違いがあるのでカッコイイタイヤが良いって人はアルミタイヤがおすすめ。

ルーミーのアルミホイールとスチールホイール

とは言えタイヤは後々気になったタイミングで変えることが出来ます。

車を買う時に全てを決める必要が無いってことも覚えておきましょうね。

ターボを付けるか否かは『走り』が決め手

男性の場合、走りへの意識や高速道路など超距離運転するかどうかでグレードも変わってきます。

例えばファミリー層や学生なら旅行を初め長距離運転することもいいでしょう。

そんな時にノンターボだと高速道路の合流はちょっとパワー不足で怖いですし、走り出しがちょっと遅くてストレスになってしまうかもしれません。

また、カスタム車にはちょっと男心をくすぐる装備が充実しているのもポイント。

15インチの大きめなアルミタイヤやエアロパーツなど見た目にも大きな違いが出てきます。

その点を踏まえてターボかノンターボか、はたまたカスタムかを決めても良いですよ。

結論!男性に勧めるルーミーのグレードはズバリ○○!

というわけで結論をまとめると、ルーミーの男性向けのグレードとして『G-T』がベストだと思います。

やっぱり何かと運転する機会が多い男性なら、やっぱり走りの性能にもある程度こだわった方がストレスも少ないですしね。

それにルーミーは女性にも人気な車ですから、ちょっと良いグレードに乗るってだけでも気分的に違いますよ。

とはいえ、出来るだけ安くルーミーに乗りたいなら『X』を買うっていう選択肢ももちろんOKです。

ちなみに、男性におすすめのグレードの価格は以下の通り。

グレード 価格
X 1,490,500円
(1,666,500円)
G-T 1,837,000円
カスタムG 1,870,000円
(2,046,000円)

※( )内は4WDの価格

価格差もあまり大きくないので、自分に最も合ったグレードを選ぶハードルも低めです。

ぜひお気に入りのグレードを購入してくださいね。

まとめ

本ページではルーミーのグレードの違いについてお話ししてきました。

装備の違いなどが分かって頂けたと思いますし、特に女性の方にはぴったりなグレードが見つかったはずです。

ルーミーはちょうど良いサイズの小型ワゴン車で、運転しても乗っていても使い勝手最高。

ぜひ購入してその便利さを確かめてみてはいかがでしょうか?

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です