ルーミー グレードの違いやおすすめまとめ

トヨタルーミー

トヨタ「ルーミー」は、2016年11月に発売されたばかりの、比較的新しい車種です。

気になっているという人も、これがいったいどういう車なのか、どういうグレードが設定されているのか、わからないことが多いのではないでしょうか。

そういった人のために、各グレードの違いや魅力といった観点から、この車について説明します。購入するとしたら、自分が選ぶべきグレードはどれなのかを考えながら、ご覧ください。

ルーミーのグレード表

グレード 価格
X 1,463,400円
(1,636,200円)
X“S” 1,528,200円
(1,701,000円)
G 1,620,000円
(1,792,800円)
G“S” 1,684,800円
(1,857,600円)
G-T 1,803,600円
カスタムG 1,771,200円
(1,944,000円)
カスタムG“S” 1,836,000円
(2,008,800円)
カスタムG-T 1,965,600円
※()内は4WD価格

最低価格は約146万円、最高価格は約200万円。その差額は54万円ほどになっています。

100万円台から200万円台になってしまうことを考えると、差額は大きいかもしれません。予算を低めで設定していた場合、上位グレードは厳しいと感じるでしょう。

ただ、ご覧のとおり、ルーミーはグレード設定が非常に豊富です。カスタムを合わせて8つのグレードがあり、それらを通して54万円の価格差であると考えると、差額が小さいと感じます。

いずれにせよ、価格だけでは判断できないので、グレードごとの特徴・違いを見てみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

「カスタム」と付くグレードと、それ以外とに分けます。仮に、カスタムと付かないグレードを通常グレードと呼称することにしましょう。

通常グレードは、「X」「G」「G-T」の3つだと考えると、とてもわかりやすいです。「”S”」というのは、スマートアシストⅢ搭載車という意味で、特徴を語るにはその言葉だけで事足ります。

Xは、基本となるベースグレードです。特徴的なのは、「単眼メーター」や、「LCDマルチインフォメーションディスプレイ」を装備している点でしょうか。コストダウンのためか、Xだけは他グレードとは違う仕様になっている装備があります。

Gは、コストダウンされていた部分が通常の装備になっており、選びやすいです。特徴的なのは、クルーズコントロールを搭載しているというところでしょうか。

G-Tは、ターボ仕様車です。直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載しています。

カスタムと付くグレードは、「G」「G-T」をベースとしており、それらと共通する装備や特徴が多いです。カスタムの特徴は、エクステリアやインテリアに専用装備・加工が施されているところにあります。

カスタムはG”S”を抜けば2つのグレードしかないので、「ターボの方(G-T)」と「ターボじゃない方(G)」と覚えると良いでしょう。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

各グレードの違いは、装備に現れています。

装備を見比べる際は、自分の欲しい装備が多く手に入り、不要な装備ができるだけ少ないグレードはどれかを考えてみましょう。そうすることで、自分にとって最適なグレードが、浮き彫りになります。

これから挙げる装備内容は、代表的なもののみです。全てを閲覧する場合は、下記PDFをご参照ください。
https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/pdf/spec/roomy_equipment_list_201706.pdf

全グレード共通の標準装備

  • ヒルスタートアシストコントロール
  • エアスパッツ(フロント・センター・リヤ)
  • アイドリングストップ機能
  • EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
  • コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)
  • 衝撃感知式フューエルカットシステム
  • 電動パワーステアリング
  • チルトステアリング
  • イージークローザー(スライドドア左右)
  • 6:4分割可倒式リヤシート

全グレード共通の標準装備となっているものは、収納やインテリア機能などが多いです。ルームランプ類や、ドリンクホルダー類は全グレードに共通で標準装備されています。

シートアンダートレイなどはグレード設定になっていますが、装備されていないグレードでも困らないほどの収納はあるのではないでしょうか。

個人的には、6:4分割可倒式リヤシートが全グレード共通の標準装備となっている点が、特筆すべき点ではないかと考えます。最低価格を考えると、この価格帯の車であれば、下位グレードは一体型となっていることも多いのです。

Xの装備、インテリア、エクステリア

トヨタルーミーX外観
トヨタルーミーX外観
  • 14インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • UVカット機能付グリーンガラス(フロントドア・フロントクォーター)
  • フロントスタビライザー
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • インパネセンターシフト(シフトイルミネーション付)6ポジション
  • アナログメーター(単眼)
  • LCDマルチインフォメーションディスプレイ
  • マニュアル(ダイヤル式)エアコン

単眼アナログメーターと、ダイヤル式エアコン、LCDマルチインフォメーションディスプレイはXとX”S”のみの装備です。ハロゲンヘッドランプについては、Gにも装備されているため、ベースグレードだから劣るというわけではありません。

ルーミーにとっては、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプが基本装備なのです。

ダイヤル式エアコンと、LCDマルチインフォメーションディスプレイが、個人的には気になるところですね。どちらも慣れれば全く気にならないのでしょうが、オートエアコンやカラーディスプレイに慣れている場合、なかなか馴染めないかもしれません。

これを全く気にしないのであれば、Xはとても選びやすいグレードだと言えるでしょう。

X“S”の装備、インテリア、エクステリア

  • 衝突回避支援システム(スマートアシストⅢ)

“S”と付くグレードは、スマートアシストⅢをプラスしただけです。

それだけですが、予防安全装備が6つもプラスされるというのは、大きい違いではないでしょうか。先行車発進お知らせ機能や、誤発進抑制制御機能などは、日常的に活躍してくれます。

危険な目にはなかなか遭わないと思うかもしれませんが、いつ誰が事故をするかわかりません。自分が事故をするかもしれないし、巻き込まれるかもしれない。

「保険」としてスマートアシストⅢを搭載させておくのも、悪くはないでしょう。

Gの装備、インテリア、エクステリア

トヨタルーミーG外観
  • スーパーUVカット・IRカット機能付グリーンガラス(フロントドア・フロントクォーター)
  • クルーズコントロール
  • オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドアンダーミラー、サイドターンランプ付)
  • 車速感応式ウォッシャー連動間欠フロントワイパー(ミスト機能付)
  • ウレタン(シルバー加飾付)3本スポークステアリングホイール
  • ステアリングスイッチ(TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ操作)
  • 両側パワースライドドア
  • TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • オプティトロンメーター(2眼)
  • オート(プッシュ式)エアコン(シルバーパネル)

Xで気になるところだと述べていた部分が、グレードアップしています。オプティトロンメーターは使い勝手だけでなく、ビジュアルとしても良いですね。個人の趣味ですが、複眼の方がカッコいいと感じます。

ダイヤル式エアコンは、慣れないと思うとおりの温度に合わせるのに苦労しますが、プッシュ式だとそういった心配もありません。信号待ちなどで、気軽に温度を変えることができます。

一番大きな特徴としては、クルーズコントロールと両側パワースライドドアの搭載でしょうか。パワースライドドアは、Xには助手席側だけでした。運転席側もプラスされ、両側になっていて、便利です。

高速道路の利用が多いなら、クルコンはとてもありがたい装備と言えるでしょう。アクセルワークに気を配らなくて済むので、運転の負担が大幅に軽減します。遠出をする際の、休憩回数も減るのではないでしょうか。

G“S”の装備、インテリア、エクステリア

Gの装備内容に、スマートアシストⅢをプラスしただけです。

G-Tの装備、インテリア、エクステリア

トヨタルーミーG-T外観
  • フロント・リヤスタビライザー
  • 衝突回避支援システム(スマートアシストⅢ)
  • ステアリングスイッチ(TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ操作)(スポーツモード付)
  • インパネセンターシフト(シフトイルミネーション付)5ポジション

フロント・リヤ両方にスタビライザーが装備されているというのが、特徴的です。XやGはフロントだけでしたが、片方だけだと少し不安定になります。体が左右どちらか一方に傾いた状態では、歩きづらいでしょう。

フロント・リヤ両方に装備されることで、初めてその効力が最大限に発揮されるのです。

カスタムGの装備、インテリア、エクステリア

トヨタルーミーカスタムG外観
トヨタルーミーカスタムG外観
  • 14インチアルミホイール
  • フロントスポイラー
  • フロントスタビライザー
  • LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  • LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ
  • 本革巻(シルバー加飾付)3本スポークステアリングホイール
  • インパネセンターシフト(シフトイルミネーション付)(本革+6ポジション)
  • 専用(撥水機能付)ファブリックシート
  • 助手席シートバックポケット
  • オート(プッシュ式)エアコン(ピアノブラックパネル)

カスタムになって、LEDランプが装備されました。

最近は色んなものがLEDになっていきますが、LEDヘッドランプも、段々と街中で見かけるようになってきています。まだまだハロゲンが主流ですが、LEDの寿命は魅力的です。

XやGとの共通点が多いですが、本革や専用シートなどカスタム独自の仕様も多数あります。エクステリアやインテリアの変更点が多く、特別感があるので、内外装の質感にこだわる人にとっては、選びやすいのではないでしょうか。

カスタムG“S”の装備、インテリア、エクステリア

カスタムGの装備内容に、スマートアシストⅢをプラスしただけです。

カスタムG-Tの装備、インテリア、エクステリア

トヨタルーミーカスタムG-T外観
  • 15インチアルミホイール
  • 衝突回避支援システム(スマートアシストⅢ)
  • ステアリングスイッチ(TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ操作)スポーツモード付
  • インパネセンターシフト(シフトイルミネーション付)(本革+5ポジション)

15インチアルミホイールが標準装備されているグレードは、これだけです。これによって、走行安定性が増したと言えるでしょう。スポーティ仕様のG-T、そのカスタムらしい装備内容・仕様と言えます。

魅力的なグレードですが、これを選ぶなら、より慎重に決断しなければなりません。200万円を超えてしまうので、予算そのままで購入可能か、予算をプラスする価値はあるか、じっくりと見極めましょう。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

2016年12月現在、登場してからまだまだ日が浅いルーミーですが、その魅力とはどこにあるのでしょうか。各グレードの魅力について考えることで、それがわかります。車には、装備や機能だけでは判断できない魅力があるのです。

各グレードの魅力についてまとめ、選んでいる人の傾向についても考察してみました。購入するかどうかを客観的に判断する材料として、参考になさってください。

Xの魅力、選んでいる人はこんな人

安さと装備内容が、Xの魅力ではないでしょうか。

「競合車と迷ったが、予算の都合やコスパを考えてルーミーを選んだ」というオーナーも多いです。安さの割には、装備内容が充実していて、便利に使うことができます。

エクステリアは余計な加飾をせず、シンプルなところが好評です。ヴィジュアルも印象的で街中で見かけてもわかりやすく、個性があって良いのではないでしょうか。特にヘッドランプとグリル周りが特徴的です。

インテリアは競合車と比較して、質感が良いと考える人が多い傾向があります。加工や装飾は最小限に抑えていますが、雰囲気が統一されているという点が、そういった評価を導いているのでしょう。

収納も十分あり、インテリアの使い勝手は良いです。

「少しコンパクトな車を探していた」、「予算の都合で選んだ」というオーナーが多い傾向があります。

X“S”の魅力、選んでいる人はこんな人

スマートアシストⅢが搭載されている点が、魅力です。

普段から活躍してくれ、意識することのある機能は少ないかもしれませんが、保険として役立ちます。安全装備に関する評価をしているオーナーはまだいませんが、他車の口コミではスマートアシストⅢが重視されていると考えられるコメントが多いです。

選んでいる人も、安全装備が整っている方が良いと考えて購入しているのではないでしょうか。

Gの魅力、選んでいる人はこんな人

Gは日常的によく使う装備や機能の使い勝手が、Xよりも良くなっている点が魅力的です。エアコンやマルチインフォメーションディスプレイは、インテリアの機能・装備の中で最も良く使うものではないでしょうか。

コストダウンされている印象のあるXよりも、選ばれやすいと考えられます。Xは加工や装飾もそうですが、機能でもコストカットされているため、不安を覚える人も多いでしょう。Gなら基本的に必要な機能・装備はしっかり揃うので、安心して購入することができます。

しかし、価格に関しては「少し高い」印象を受ける人が多いです。

G“S”の魅力、選んでいる人はこんな人

X”S”と同じく、スマートアシストⅢが魅力のグレードです。

G-Tの魅力、選んでいる人はこんな人

G-Tの魅力はターボですが、この性能に関しては賛否両論あります。否定的な人は「全く駄目、軽自動車より少しマシ程度」という意見で、肯定的な人は「キビキビとしたレスポンスでしっかり走る」という意見です。

両極端で、実際の性能が見えにくくなっています。

否定的な意見を述べている人は、恐らく期待し過ぎたのではないでしょうか。1Lターボなので、1.5L車や2.0L車のようにスムーズな加速はできません。エンジンの排気量からして、軽自動車と似た感覚の加速になるのは仕方がないことです。

何より、G-Tのターボは発進時と中間加速を重視しています。市街地走行をよりスムーズに、ということです。高速道路や長く急な坂道での力強さを求める人は、購入しない方が良いでしょう。

エンジン性能に関しては期待しすぎてはいけませんが、全くもってダメと断言できるほど悪い性能ではないと、私は感じます。

購入しようかどうか考えているのであれば、一度試乗して確かめてみるのが良いでしょう。

カスタムGの魅力、選んでいる人はこんな人

カスタムは、専用フロントバンパー、専用メッキフロントアッパーグリル、メッキフロントグリルなどが装備され、エクステリアが豪華になっています。通常グレードはメッキ部分などありませんでしたが、カスタムにはメッキ部分が数箇所あるのです。

「見た目がカッコいいと感じたので興味を持った」という人が多い傾向があり、感性が合うなら購入する価値もあるのではないでしょうか。

他のコンパクトカーにはあまり感じられない、迫力があります。コンパクトカーでも迫力が欲しい、厳つさが欲しいという人には好評です。反対に、コンパクトカーだから可愛らしいほうがいいという人には、不評となっています。

装備内容も過不足なく、バランスが取れているのではないでしょうか。

カスタムG“S”の魅力、選んでいる人はこんな人

他の”S”と同じく、スマートアシストⅢが魅力的ですが、GやXと比べると選ばれにくいようです。

カスタムG-Tの魅力、選んでいる人はこんな人

カスタムG-Tはターボエンジンと、15インチアルミホイールの搭載が魅力ではないでしょうか。

エンジンに関してはG-Tと同じものが付けられているため、同じ性能です。15インチアルミホイールがどれほど安定性に寄与してくれるかが問題ですが、あまり車にこだわらない人にとっては「誤算の範囲」かもしれません。

走りにこだわる人は、そもそもルーミーを選ばないでしょうから、15インチアルミホイーが理由でカスタムG-Tを選ぶことはないでしょう。

カスタムの見た目が気に入って、なおかつターボが欲しいと感じたら、選ぶ価値はあります。

総合的に売れているグレードを考察

結論から先に述べると、おすすめなのはXです。

G-Tのターボエンジンの性能を考えれば、多くの人にとってターボは不要でしょう。

市街地走行をメインに利用する前提の車なので、通常のエンジンでも十分です。ターボエンジンによって、燃費が悪くなったり、かえって不都合を被る可能性のほうが大きいと考えられます。

Gのバランスの取れた装備は魅力的ですが、Xと比べてコストパフォーマンスが悪いです。購入者を見ていると、予算にはあまり余裕がない人が多く見られるので、万人におすすめはできません。

カスタムは、「迫力のあるエクステリアがコンパクトカーらしくない」という意見もあります。完全に好みの問題なので、魅力を感じる人は購入を検討する価値はあるでしょう。

Xは予算に余裕がなくとも購入できる範囲内ですし、インテリア装備の不便な部分に慣れることができれば、良い車と言えます。ルーミーに少しでも魅力を感じている人におすすめするなら、断然Xです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です