パッソ グレード毎の違い、特徴を解説。あなたにオススメのグレードは?

トヨタパッソ

軽自動車のように見えるけれども、軽自動車じゃない。

マツコデラックスのCMも少し話題になりましたね。確かにパッソはとても小さく、一見して軽自動車のようです。マツコデラックスと並んでいると、なおのこと小さく見えますね。

軽自動車よりは大きいですが、比較的小さい車なので、車が初めてだという人でも取り回しやすい車です。価格も最低価格は軽自動車より安く、最初の一台として選びやすくなっています。

低価格で小さいことが売りのパッソですが、そのグレードの中身を見ないで買ってしまうと、損をしてしまいかねません。安い車だからこそ、グレードの違いを知り、慎重に検討しましょう。

タンクのグレード表

グレード 価格
X 1,177,200円
(1,350,000円)
X“S” 1,242,000円
(1,414,800円)
X“L package・S” 1,344,600円
(1,517,400円)
X“G package” 1,474,200円
(1,647,000円)
MODA 1,533,600円
(1,706,400円)
MODA “G package” 1,695,600円
(1,868,400円)
※()内は4WD価格

最低価格が約120万円、最高価格が約170万円……。

価格差は50万円ほどとなっています。最低価格がとても低いからか、価格差が大きく見えますが、実際はそうでもありません。

これだけ豊富な種類のパッケージが用意されていて、50万円の価格差というのは、他車と比較しても小さいほうです。

ただし、この「差が小さい」というのは価格のみを見た場合の評価に過ぎません。車は価格だけで判断できるものではなく、装備や仕様と価格を見比べて、初めて評価・判断ができるのです。

これから各グレードの装備や魅力について、簡単に解説します。その中で私個人の主観・評価が入っていますが、それはあくまで「第三者の意見」として受け止め、自分なりに評価してみることが大切です。

各グレードの特徴、捉え方

上記グレード表を見ていると、やたらとグレードが多いように思えます。

そう考えると、とてもややこしいですね。ただ、ややこしく見せているのは「○○パッケージ」というものです。「パッケージ」が付かないものを基準として、見てみましょう。

つまり、パッソのグレードは「X」と「MODA」だけだと考えるのです。

Xは基本的な装備を抑えて、加工と価格を抑えたベースグレード。

MODAはBi・Beam LEDヘッドランプを装備し、加工や塗装を増やした上位グレード。

このように考えれば、とても単純ではないでしょうか。

XとMODAに、○○パッケージというものが追加されています。これは、人気な装備などをまとめてプラスしたものです。各パッケージの特徴はそのまま装備内容に現れているので、後ほど簡単に説明します。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

豊富なパッケージがあるのですから、当然装備内容は細かく異なるはずです。期待に胸を膨らませながら、各グレードの特徴について、装備内容を基準にして見てみましょう。

これから挙げる装備は、それぞれ代表的なもののみです。全ての装備を閲覧したいという場合は、下記PDFをご参照ください。
https://toyota.jp/pages/contents/passo/003_p_002/pdf/spec/passo_equipment_list_201810.pdf

全グレード共通の標準装備

  • アイドリングストップ機能
  • フロント・リヤスタビライザー(2WD車)
  • EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
  • LEDハイマウントストップランプ
  • チャイルドプロテクター(リヤドア)
  • チルトステアリング
  • 電動パワーステアリング
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • プッシュオープン式カップホルダー(運転席・助手席)

パッソはグレードやパッケージによって機能や装飾などが細かく異なるので、全グレードで共通の仕様となっている標準装備は案外少ないです。だからこそ、上位のグレードに期待が持てるというものではないでしょうか。

全グレードで共通仕様となっているのは、車として根底・根本の部分が多いです。スタビライザーやパワーステアリングなどがその例と言えます。こういったものは表面的に装備されているのではなく、パワーステアリングならエンジンの部分に装備されているものです。

簡単に付けたり外したりできないからこそ、全グレードで共通の装備となっています。

パッソはエンジンの仕様が全グレード共通しているというのも、大きいです。

一つ、最低価格が115万円程度であることを考えると、珍しい標準装備があります。それが「マルチインフォメーションディスプレイ」です。

また、この価格帯だと、Xだけグレードの低い装備が付けられているということもありそうですが、共通となっています。

ベースグレードでも十分な装備が揃うのではないかという期待も、持てますね。実際はどうなのかということを、これから見てみましょう。

Xの装備、インテリア、エクステリア

トヨタパッソX外観
トヨタパッソX内装
  • 165/65R14タイヤ 14×5Jスチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • ハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • キーフリーシステム(イモビライザー機能・リクエストスイッチ(運転席/助手席/バックドア)・アンサーバック機能付・電子カードキー2本)
  • アナログメーター(単眼)
  • 助手席ロングアッパートレイ
  • マニュアル(ダイヤル式)エアコン
  • 一体可倒式リヤシート
  • 2スピーカー

基本的に、必要なものは揃っています。

リヤシートが一体式だったりと、気になる部分はあるのですが、価格のことを考えればあまり贅沢も言えないでしょう。

Xは、装飾や加工といった部分を極力抑え込んでいるため、質感は良くありません。素地のままといった部分が多いので、プラスチック感があります。

ただし、そういった部分を抑えているからこそ、車として必要な機能や装備を揃えることができていると考えれば、悪くはないでしょう。機能のグレードも低いですが、装備自体をなくしてしまうというよりは良いです。

価格と見比べてみれば、必要十分以上といったところではないでしょうか。

「初めての車」という人には、とても良い車に映るかもしれません。もう何台も車を乗り継いでいて、こだわりがあるという方には、そもそもパッソ自体物足りない部分が多いでしょう。そういった人向けではなく、「低価格で良い車がほしい」という人には非常に向いています。

X”S”

Sは、Xの装備に加えてスマートアシストⅢが搭載されています。

スマートアシストⅡは、衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制制御機能などといった、先進安全装備を揃えたものです。これが装備されることにより、予防安全性が向上しています。

Xとの違いは、この「スマートアシストⅢ」とコーナーセンサー(フロント4個/リア4個、接近お知らせ表示付き)の2か所だけですね。

L package・S

Xグレードと比べて、リアドアやバックドアにUVカット機能付プライバシーガラスを、ウインドシールドガラスにはUV・IR両方をカットしてくれるグリーンガラスを、それぞれ承着しています。

また、X”S”と同様にスマートアシストⅢが追加されているといった、より女性が安心して乗れる装備が追加されているのが特徴的ですね。

G package

14インチアルミホイールを装備し、UVカット機能を「スーパーUVカット機能」にまでグレードアップしています。ヘッドランプもハロゲンからLEDになるなど、多くの人が重視する部分の強化が施されており、選びやすいパッケージです。

MODAの装備、インテリア、エクステリア

トヨタパッソMODA外観
トヨタパッソMODA内装
  • 165/65R14タイヤ 14×5Jスチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • UVカット機能付プライバシーガラス(リヤドア・バックドア)
  • Bi・Beam LEDヘッドランプ(ロー/ハイビーム・オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ
  • ウレタン+シルバー塗装3本スポークステアリングホイール
  • キーフリーシステム
  • プッシュボタンスタート
  • 助手席アッパーボックス(フタ付)+センタートレイ
  • オート(プッシュ式)エアコン
  • 6:4分割可倒式リヤシート
  • 2スピーカー

Xと被っている装備も多く、違いがわかりにくいのですが、Xとの違いはインテリアやエクステリアに現れています。たとえば、Xではボディ同色となっている、ドアサッシュやアウトサイドドアハンドルが、しっかりと塗装されているのです。

ドアサッシュは「ブラックアウト」、アウトサイドドアハンドルは「シルバー塗装」が施されています。

他にも、塗装や加工といった部分で差が出ていることが多いです。塗装や加工に関しては、やはり手間がかかるという意味でこちらのほうが高価ですが、一概に「どちらが良い」とは言えません。

好みによるところなので、どちらが好きかで自分なりに評価してみると良いでしょう。

エアコンやヘッドランプなどがXよりもグレードアップしており、実用性が高くなっています。普段使いをしていて困ることは、ないのではないでしょうか。

ただ、オートエアコンやキーフリーシステムは、XのLパッケージ・Gパッケージでも付いています。塗装や加工に関して好みではないのであれば、わざわざMODAを選ぶ意味はないでしょう。

Bi・Beam LEDヘッドランプは、Xのどのパッケージにも装備されていません。これにこだわるほどの価値が無いとは言いませんが、あまりこだわる必要がないでしょう。光源1つでロー/ハイの切り替えができるというものですが、普通のLEDヘッドランプでも困りません。

G package

14インチアルミホイールを装備し、スーパーUVカット機能を装備しています。

XのGパッケージとの違いは、こちらにはLEDフロントフォグランプが標準装備されていることです。これは両方とも同じですが、ステアリングホイールに本革が巻かれ、質感もアップしています。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの装備について知ったところで、そのグレードの魅力について考えてみました。オーナーの意見を参考にしつつ、どのような人がそのグレードを選ぶのか、傾向についても簡単に説明します。

Xの魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタパッソX内装

Xの魅力は、パッケージが豊富なところです。

豊富なパッケージがあるからこそ、価格を抑えながら自分の需要をぴったり満たすことのできる車を見つけることができます。安全装備だけ欲しいなら「X”S”」を選べばいい、女性に優しい仕様が欲しいなら「Lパッケージ」や「Gパッケージ」を選べば良いと思います。

逆に言えば、それが「グレード設定がややこしい」と感じる理由となっていますが、装備を把握すればややこしいと感じることも無くなるでしょう。出来るならばメーカーの装備表を見て、各パッケージの装備の全貌を見てください。

自分の需要と合ったパッケージが見つかるかもしれませんし、通常のXで十分だと感じるかもしれません。

Xは軽自動車よりも価格が低いというところも、魅力のひとつですね。初めて車を買う場合は中古車を買ったり、価格の低さから軽自動車を購入するという人も多いです。そういった人でも、パッソを選択肢に入れることができるでしょう。

実際、初めて車を買ったというオーナーも多いです。多くのオーナーが「低価格の車を探していた」と答えており、Xグレードの魅力はコスパにあると考えています。

MODAの魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタパッソMODA内装

加工や装飾がXよりも増えていますが、それでも質感や雰囲気といった部分の評価は低いです。

「軽自動車と同じ」という意見が、散見されます。元々がそんなに質感にこだわった車ではないので、追加したと言っても劇的に良くなったということではないのでしょう。

実用的な装備や機能もありますが、多くの人が重視するエアコンやシート機構といった部分は、X”Lパッケージ”でも同じものを揃えることができます。Bi・Beam LEDくらいしか、目新しい装備はありません。

装備から見れば、魅力の無い車だと感じます。

ただし、エクステリアを見れば、MODAも魅力のあるグレードだと感じられるのです。エクステリアは装備の項目で写真を掲載しているので、もう一度よく見てみましょう。Xとの違いを感じられるはずです。

Xもややレトロチックですが、現代風に少し寄っています。MODAのエクステリアは、本当にレトロ風なのです。大きなヘッドライトに丸みを帯びたボディ……最近の車にはあまり見られない、見た目をしています。

それが、MODAの最大の魅力です。

総合的に売れているグレードを考察

既にお察しのとおりかと思いますが、Xをおすすめします。

MODAの購入者はそこそこ多いようですが、購入してから少し後悔しているように見える人が多いです。

見た目から選んで、装備や質感といった点から「失敗したな」と感じるのではないでしょうか。見た目も車選びの重要な要素ですが、XとMODAでは価格も結構変わってしまいます。見た目だけが理由であれば、MODAを選ぶのはあまりおすすめできません。

Xは軽自動車より低価格ということで、手が出しづらかもしれませんね。ただ、内容を見てみるとその価格以上のものとなっており、コスパが高いです。十分評価に値します。

パッケージが豊富なので、足りないと感じた部分は自分の予算と相談してプラスすることも可能です。おすすめなのはSパッケージ、またはLパッケージの追加です。安全装備だけが欲しいならS、他にも便利な機能が欲しいならLパッケージを選びましょう。

MODAより、圧倒的にXのほうが良いと、私は考えます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です