トヨタ・タンク グレード毎の特徴や違いを分かりやすくまとめてみた

トヨタタンク

トヨタ タンクは、2016年11月に発売された比較的新しい車種。

「Living×Driving」をコンセプトのひとつとしているだけあって、居住性と生活観があります。車の買い替え時期と発売時期が被り、検討しているという人も多いのではないでしょうか。

そんなタンクには、複数のグレード設定があり、グレードの違いを知らなければ何も選ぶことはできません。発売されたばかりのタンクのグレードの違い・特徴を簡単にまとめてみたので、購入を検討する際の参考になさってください。

タンクのグレード表

グレード 価格
X 1,463,400円
(1,636,200円)
X“S” 1,560,600円
(1,733,400円)
G 1,652,400円
(1,825,200円)
G“S” 1,684,800円
(1,857,600円)
G-T 1,836,000円
カスタムG 1,825,200円
(1,976,400円)
カスタムG“S” 1,890,000円
(2,062,800円)
カスタムG-T 1,965,600円
※()内は4WD価格

最低価格は約146万円、最高価格は約196万円……その差は50万円です。グレードが8つあるということを考えると、この差額を一概に大きいと言うことはできないでしょう。グレードごとの価格差を見ると、数万円程度です。

グレード設定が細かく、グレードごとの価格差が小さいからといって、どれを選んでも得をするというわけではありません。上のグレードを選ぶとそれなりの価格になりますし、装備や仕様を見て、じっくりと検討する必要があります。

各グレードの特徴、捉え方

タンクのグレードは、大きく二つに分けられます。

それは、「カスタム」と付いているグレードと、そうでないグレードです。まずは「そうでないグレード」から見てみましょう。

「X」はベースグレードで、必要十分な内容を、最も安い価格で手に入れることができるという特徴があります。装備内容は必要十分ですが、インテリアの質感などは追求することができません。マルチインフォメーションがLCDだというのが、特徴的です。

「G」は、Xよりもグレードアップされた装備が付けられています。マルチインフォメーションがTFTカラーになり、エアコンはマニュアルからオートになっているのです。実用的な機能の多くは、Gで揃います。質感よりも実用性重視といった人は、選びやすいでしょう。

G-Tは、ターボ車です。

XやGに「”S”」というグレードが設定されていますが、これは「スマートアシストⅡ」を搭載したグレードとなっています。それ以外の違いは、ありません。

次に「カスタム」と付いているグレードについて見てみましょう。

カスタムGは、Gの実用的な装備はそのままに、エクステリア・インテリアの質感を高めたグレードです。カスタムと付くグレードは、基本的には、「G」の装備内容にエクステリアやインテリアの仕様変更を加えたもの、となっています。

カスタムG-Tは、G-Tのエクステリア・インテリアの仕様変更を行ったグレードです。同じターボ車ですが、G-Tにはなかった15インチアルミホイールの設定があります。

カスタムG”S”も他と同様に、スマートアシストⅡが搭載されたグレードです。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

グレードの特徴を簡単に見てきましたが、その詳細は装備内容に現れています。装備内容を見れば、そのグレードについて知ることができるのです。各グレードによって仕様の異なる装備を比較し、自分なりに評価してみましょう。

なお、これから挙げる装備は、以下のPDFから抜粋しています。全て閲覧したい場合、下記PDFをご参照ください。
http://toyota.jp/pages/contents/tank/001_p_001/pdf/spec/tank_equipment_list_201611.pdf

全グレード共通の標準装備

  • UVカット・IRカット機能付ウインドシールドグリーンガラス
  • アイドリングストップ機能
  • エアスパッツ(フロント・センター・リヤ)
  • EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
  • チャイルドプロテクター(スライドドア)
  • 助手席側パワースライドドア(ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機構付)
  • キーフリーシステム(イモビライザー[国土交通省認可品]機能・リクエストスイッチ(運転席/助手席/バックドア)・アンサーバック機能付・電子カードキー2本
  • 格納式リヤサンシェード

全グレード共通の標準装備は、必要最低限のものが揃っているといったところです。

同じ装備でも装飾や加工が異なる場合があるので、全グレードで共通して同じ仕様という装備は、そう多くはありません。これだけで、タンクの装備内容を判断することはできないでしょう。

各グレードの装備を見てみないことには、何も始まりません。

Xの装備、インテリア、エクステリア

トヨタタンクX外観
トヨタタンクX外観
  • 14インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • フロントグリル(ブラック)
  • ドアサッシュ(フロント・センターピラー)(ボディ同色)
  • UVカット機能付グリーンガラス(フロントドア・フロントクォーター)
  • フロントスタビライザー
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドアンダーミラー)
  • サイドターンランプ(フェンダー)
  • ウォッシャー連動間欠フロントワイパー(ミスト機構付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • インパネセンターシフト<シフトイルミネーション付>(6ポジション)
  • アナログメーター(単眼)
  • LCDマルチインフォメーションディスプレイ
  • ファブリックシート
  • センタークラスターパネル
  • アクセサリーソケット(DC12V・120W)フロント
  • 助手席側後席ステップランプ
  • マニュアル(ダイヤル式)エアコン
  • 2スピーカー

14インチスチールホイールという点は気になるかもしれませんが、車格のことを考えれば、十分ではないでしょうか。総重量は1,345kg、総排気量は1.0L。スピードを出す車でもないので、これでも十分安定感は出ます。

ハロゲンランプは現在の主流ですし、タンクでLEDライトが装備されているグレードのほうが少数派となっています。Gにはオプションで付けることができますが、XにはオプションでもLEDライトをつけることはできません。

また、マルチインフォメーションなど、コストダウンされている装備も見られますが、必要十分は揃っているのではないでしょうか。

X“S”の装備、インテリア、エクステリア

衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)

  • 衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能、後方誤発進抑制制御機能
  • 先行車発進お知らせ機能

上記のスマートアシストⅡの機能が、装備されています。5つの機能を書いていますが、要は予防安全機能・衝突防止機能です。これらが備わっていることによって、より安全に・快適に運転を楽しむことができます。

普段はあまり意識することのない機能が多いですが、保険として装備させておくのも良いのではないでしょうか。10万円で安全が買えると思えば、安いものですね。

Gの装備、インテリア、エクステリア

トヨタタンクG外観
  • ドアサッシュ(フロント・センターピラー)(ブラックアウト)
  • スーパーUVカット・IRカット機能付グリーンガラス(フロントドア・フロントクォーター)
  • クルーズコントロール
  • オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドアンダーミラー・サイドターンランプ付)
  • 車速感応式ウォッシャー連動間欠フロントワイパー(ミスト機能付)
  • ウレタン(シルバー加飾付)3本スポークステアリングホイール
  • ステアリングスイッチ(TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ操作)
  • 運転席側パワースライドドア(ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機能付)
  • オプティトロンメーター(2眼)
  • TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • 運転席シート上下アジャスター
  • フロントセンターアームレスト
  • メッキ加飾シフトレバーボタン
  • ピアノブラック調 センタークラスターパネル
  • シルバー加飾エアコンサイドレジスター
  • 助手席シートアンダートレイ
  • 左右後席ステップランプ
  • シルバーパネル オートエアコン(プッシュ式)
  • 4スピーカー

マルチインフォメーションがカラーになり、各装備に追加機能も設けられました。たとえば、フロントワイパーです。Xでは通常のウォッシャー連動間欠ワイパーでしたが、Gでは車の速度に反応して作動するものになっています。

運転席側にパワースライドドアが装備されることによって、フロント両側がパワースライドドアになりました。これで、乗り降りがとても楽になるのではないでしょうか。

運転席側というと、運転席のシートに上下アジャスターが付いていますね。フロントシート周りの装備も、充実しています。

運転席シート上下アジャスターや、フロントセンターアームレスト、助手席アンダートレイといったGに標準装備されているものに加え、「運転席・助手席シートヒーター」「シートバックテーブル」を備えた「コンフォートパッケージ」というものがあります。

これはXにも装備可能で、Gで追加する場合は「」の二つの装備が追加されるのです。こういったパッケージをプラスして、さらに運転席周りを快適にしてみるのも良いでしょう。また、それらが欲しいだけなら、Xにパッケージを追加しても良いかもしれません。

G“S”の装備、インテリア、エクステリア

Gの装備に加え、スマートアシストⅡ各機能が搭載されたのみです。

G-Tの装備、インテリア、エクステリア

トヨタタンクG-T外観
  • フロント・リヤスタビライザー
  • スマートアシストⅡ

G-Tはターボエンジンが装備されており、それに伴ってか、フロントスタビライザーを搭載しています。リヤスタビライザーは全グレード共通で装備されていますが、スタビライザーはどちらか一方よりも、両方に装備されているほうが安定感が増すのです。

「片方につけると、不安定になる」という意見もあります。荷物を右手にだけ持つと、体が右に傾いてしまうのと同じですね。ターボエンジンで加速をさせると、安定感が欲しくなりますし、安定感がないと加速しづらいです。

荷物を片手だけに持った状態で走ると、ふらついてしまいますからね。そのため、この装備は非常に重要です。

Gからの追加装備はそれだけですが、ターボエンジンに興味があるなら、選ぶ価値はあるでしょう。

カスタムGの装備、インテリア、エクステリア

トヨタタンクGカスタム外観
トヨタタンクGカスタム内装
  • 14インチアルミホイール(センターオーナメント付)
  • フロントスポイラー
  • 専用フロントバンパー&リヤバンパー
  • 専用メッキフロントアッパーグリル
  • 塗装+メッキフロントグリル
  • メッキバックドアガーニッシュ
  • フロントスタビライザー
  • LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  • LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ
  • 3D LEDリヤランプ(テール&ストップランプ)
  • 本革巻き(シルバー加飾付)3本スポークステアリングホイール
  • 本革+6ポジション インパネセンターシフト(シフトイルミネーション付)
  • シルバー加飾付オプティトロンメーター(2眼)
  • 専用ファブリックシート(撥水機能付)
  • ドアトリムオーナメント表皮
  • メッキ加飾フロントインサイドドアハンドル・レジスターノブ
  • ピアノブラック塗装(シルバー加飾付)センタークラスターパネル
  • シルバー加飾(ドアアームレスト・シフトレバー)
  • ブルー助手席オープントレイ
  • 助手席シートバックポケット
  • アクセサリーソケット(DC12V・120W)(フロント・デッキサイド右側)
  • 右側(スイッチ付)デッキサイドランプ
  • ピアノブラックパネル オートエアコン(プッシュ式)
  • 6スピーカー

カスタムGになって、LEDヘッドランプが標準装備されました。それに伴って、LEDフロントフォグランプも追加されています。

専用フロントバンパーが装備されることで、やや高級感が出てきたかなといった印象を受けます。メッキ部分も増え、インテリアならステアリングホイールなどに本革が使われているので、質感は向上したと言えるでしょう。

XやGと比べると、装飾・加工のグレードアップというのが大きな変更点のように思えます。機能はLEDランプ以外Gとほぼ同じですから、実用性のみを求めたいという方には、カスタムGは不向きでしょうね。

カスタムG“S”の装備、インテリア、エクステリア

スマートアシストⅡ各機能が、カスタムGの装備内容に追加されているのみです。

カスタムG-Tの装備、インテリア、エクステリア

トヨタタンクカスタムG-T外観
  • 15インチアルミホイール(センターオーナメント付)
  • フロント・リヤスタビライザー
  • スマートアシストⅡ
  • スポーツモード付ステアリングスイッチ(TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ操作)
  • 本革+5ポジション インパネセンターシフト(シフトイルミネーション付)

カスタムG-Tは、G-Tをよりスポーティに仕上げたいという意図が見えるグレードです。15インチアルミホイールが設定されていること、スポーツモードが付けられたことから、それが伺えます。性能については後述しますが、G-Tよりも安定感のある走りが期待できるでしょう。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

車には、装備だけでは図れない魅力があります。

魅力を知るにはオーナーの意見を知るのが手っ取り早いのですが、2016年12月現在、発売されて日が浅いため、ネット上に口コミなどが少ないのです。

私の個人的主観が入っていますが、装備や価格・性能などから、各グレードの魅力について考えてみます。第三者の意見として、客観的な判断が欲しい際にご参照ください。

Xの魅力、選んでいる人はこんな人

Xの最大の魅力は、安さでしょう。本体価格約146万円という安さで車が購入できるのは、それだけで魅力と言えます。装備内容と価格を比べてみても、価格相応かそれ以上です。

「どうしてもベースグレードを選ばなければいけない」という決定的なものはありませんが、迷って決められないのなら、これを選んでおけば損はしないでしょう。

エンジン性能については、「期待以上だ」という声が見られます。以前は軽ターボ車に乗っていたという方も多く、それと比べると走行性能は十分高いということです。傾斜の激しい上り坂だとエンジンが唸りをあげてしまうでしょうが、多少の上り坂は静かに走ります。

走りを楽しむことができるというレベルではありませんが、安定した運用が可能です。通勤や送迎・買い物などにはぴったりではないでしょうか。

X“S”の魅力、選んでいる人はこんな人

X”S”の魅力は、スマートアシストⅡが装備されていることです。

「安い車だと不安がある」という人も多いでしょう。実際、低価格の車だと安全装備が少ないことも多いです。タンクは全グレード共通の標準装備だけでも、安全装備が比較的多く揃っています。

それに加えて、衝突防止機能・予防安全機能が装備されることによって、安心感は高まるのではないでしょうか。ファミリー車として購入しようとしているなら、XよりもX”S”のほうが選びやすいです。

Gの魅力、選んでいる人はこんな人

GはXよりも実用性が増しているというのが、魅力的です。

タンクは趣味の車というより、通勤・送迎・買い物といった実用として使う車という立ち居地にあります。普段から使うことの多い機能が充実していることで、その使い勝手は段違いです。

特にエアコンがマニュアルからオートになっているというのが、便利ではないでしょうか。エアコンは使用頻度も高く、走行中にいじることもあります。一々ダイヤルを回さなければならないのは、結構面倒です。これがプッシュ式オートエアコンになっていることで、操作性があがり、運転のストレスも軽減されます。

運転ストレス軽減といえば、クルコンもありますね。通勤で高速道路を使うという人も多いでしょうから、クルコンが装備されているというのも、非常に魅力的です。

G“S”の魅力、選んでいる人はこんな人

X”S”と同じですが、スマートアシストⅡの装備が魅力的です。

GはXよりも実用性が上がったと何度か述べていますが、どうせなら安全性も上げたいものでしょう。快適になったのなら、今度は安全にしたいというのが、自然の欲求です。

多少予算に余裕があれば、G”S”を購入したほうが良いのではないでしょうか。

G-Tの魅力、選んでいる人はこんな人

G-Tは、ターボ車です。

ターボエンジンに魅力を感じないのであれば、選ぶ意味はありません。フロントとリヤ両方にスタビライザーがあることで、やはり安定性が高くなっているようです。ハンドルが軽いので、操作もしやすく、運転が苦手という人でも、簡単に操ることができます。

また、「運転していて楽しい」というオーナーの意見もあり、この価格帯の車としては、走行性能が高いことが伺えます。

カスタムGの魅力、選んでいる人はこんな人

エクステリアに、魅力を感じる人が多いようです。

専用フロントグリルやメッキ部分の存在感が大きく、その点を気に入っているオーナーが多く見られます。タンクは「おしゃれ」な雰囲気がエクステリアにあって、その部分が人気です。

その「おしゃれさ」を強調する形となったのが、カスタムG。エクステリアに惹かれて購入するので、ターボは要らず、カスタムの中でも「G」を選んでいる傾向があります。

カスタムG“S”の魅力、選んでいる人はこんな人

エクステリアが気に入っているが、やはり安全性は気になるという人が、カスタムG”S”を選んでいます。他グレードのところでも語っている、スマートアシストⅡの魅力と、カスタムGというグレードの魅力、二つ合わさって、カスタムG”S”というグレードになるのです。

カスタムG-Tの魅力、選んでいる人はこんな人

15インチアルミホイールを標準で搭載したターボ車であるというところに、魅力があります。G-Tは14インチスチールホイールで、約5万8千円追加してオプション設定をすれば、15インチアルミホイールを装備することが可能です。

カスタムG-Tは多少値が張りますが、その分オプション設定をする必要がなくなります。

もちろん、15インチアルミホイールのみに魅力を感じるのであれば、これを選ぶ理由はないでしょう。エクステリアといった他の部分に魅力を感じ、なおかつターボが必要だからという理由で、オーナーはこのグレードを選んでいます。

総合的に売れているグレードを考察

総合的に考えて、まずはベースグレードである「X」の購入を検討すべきでしょう。迷って決められないという場合も、これがおすすめです。

スマートアシストⅡが欲しいと思ったら、「X”S”」を選びます。運転席・助手席周りを快適にしたいと思ったら、コンフォートパッケージをオプションで追加しましょう。このようにオプションを駆使することで、出来るだけ安く、最大限のパフォーマンスを得ることができます。

また、グレードを選ぶ基準は、「ターボが必要かどうか」と、「カスタムを買うかどうか」の二つです。両方の問いに「NO」だった場合、XまたはX”S”をおすすめします。Xで検討してみて、機能面が不足していると感じたら、GまたはG”S”を選べば良いのです。

このようにして、自分に適したグレードを決めることができます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です