S660グレード毎の特徴、違いは分かりやすくまとめました

ホンダS660

子供のころに感じたワクワクを、もう一度。

男心をくすぐる軽自動車、S660。軽自動車のオープンスポーツカーと言えばコペンを思い浮かべる人が多いでしょう。私もその一人でした。けれども、この車を知ってしまった今となっては、コペンよりもS660が思い起こされます。

弾丸のようなフォルムに、ミッドシップタイプ。
男のヤル気・元気を体現したような車なのです。

そんなS660には、二つのグレードが設定されています。価格は決して安くありませんし、購入する際によく考えなければならないところです。

そこで、S660の二つのグレードの特徴をまとめてみました。

S660のグレード表

グレード 価格 燃費
β 1,980,000円 24.2km/L(21.2km/L)
α 2,180,000円 24.2km/L(21.2km/L)
Modulo X 2,850,120円
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内はMT燃費

S660は、CVTと6MTのいずれかを同価格で選択することができます。

4WDの設定はなく、駆動方式はMR(2WD)のみです。
グレード設定もシンプルで2つですが、Modulo Xはαの上位互換となっています。

グレードの価格差は約20万円なんですが、ModuloXとの価格をβと比べるとなんと90万円ほど!決して小さくはない価格差ですが、いったいどれだけの仕様の違いがあるというのでしょうか。

各グレードの特徴、捉え方

βはブラック&ピアノブラックを基調とした内外装が特徴で、αはクロームメッキを使用した内外装が特徴のグレードです。

装備の違いもありますが、インテリアやエクステリアの加工・塗装の違いが多く、各グレードの特徴はこれだけで理解することができます。

また、ModuloXはインテリア・エクステリアだけではなく、熟練のエンジニアによって磨き上げられた足回り装備の変更によって、スポーツドライブをさらに楽しむことが出来る仕様になっているんですよ。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴をとても簡略化して説明しましたが、実際にどこがどう違うのかはそれではわかりませんよね。それを説明すべく、下記PDFから装備内容をいくつか抜粋して説明してみました。
https://www.honda.co.jp/S660/common/pdf/s660_spec_list_201805.pdf

全グレード共通の標準装備

  • 運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用i-SRSエアバッグシステム
  • ミッドモード付フルオート・エアコンディショナー
  • iPod対応USBプレイヤー/AM・FMチューナー
  • Hondaスマートキーシステム(キー2個付)
  • アジャイルハンドリングアシスト
  • 前後異径 専用タイヤ YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08R(フロント:165/55R15 75V リア:195/45R16 80W)
  • パドルシフト(CVT)
  • フロント・リヤスタビライザー
  • メーター(デジタルスピードメーター/タコメーター/燃費計)
  • アンビエントメーター
  • LEDヘッドライト(ロービーム、オートライトコントロール機構付)

軽自動車では、なかなか見られない装備設定となっています。

特にタイヤが前後異径というのは、軽自動車に限らずとも珍しいですよね。これに伴ってアルミホイールも前後で異なるのですが、それは各グレードで見ていきましょう。

ミッドモード付フルオート・エアコンが搭載されています。これは、オープンスポーツカーのために用意された、専用のエアコンです。難しいことは考えず、「この車に適したフルオートエアコンの形」と覚えていれば良いでしょう。

運転状態を色で表示してくれる「アンビエントメーター」や、ハンドリングに応じて4輪それぞれに軽くブレーキをかけてコーナリングに安定感を持たせる「アジャイルハンドリングアシストシステム」など、便利な装備が豊富に揃っています。

また、パドルシフトのようにCVTのみに装備されているものもあれば、6MTのみに装備されているものもあります。たとえば、アイドリングストップはCVTだけですが、クラッチスタートシステムが6MTには装備されているといったものです。

これについては文章で述べると少しややこしいので、PDFをご参照ください。

実用性の高い装備は、全車標準装備だけでほとんど揃うと言っても良いほど、充実しています。200万円近い価格にも、納得ができるというものでしょう。

βの装備、インテリア、エクステリア

ホンダS660β外観
ホンダS660β内装
  • ピアノブラックHonda スマートキーシステム
  • ピアノブラック メーターバイザーリング
  • ブラック パーキングブレーキノブ
  • ブラック エアコンアウトレットノブ
  • ピアノブラック プッシュエンジンスタート/ストップスイッチリング
  • SPORTスイッチリング・SELECTスイッチリング ピアノブラック
  • ブラック+ピアノブラック ステアリングガーニッシュ
  • スポーツファブリックシート(メッシュ×ファブリック)(運転席:ブラック 助手席:ブラック)
  • アンバー サイドターンランプ
  • シルバー アルミホイール(フロント:15×5J、リヤ:16×6 1/2J)

実用的な機能などは全車標準装備でほぼ出尽くしており、グレード間の違いは加工や塗装などがほとんどとなっています。αではクロームメッキであるところが、ブラックもしくはピアノブラックとなっているのです。

確かにクロームメッキのほうが高級感は出ますが、内装の質感を特に気にしないのであればβを選んでも、全く問題はないでしょう。

αの装備、インテリア、エクステリア

ホンダS660α外観
ホンダS660α内装
  • カーボン調 Hondaスマートキーシステム
  • 高輝度シルバー塗装 メーターバイザーリング
  • クルーズコントロール
  • ステンレス製スポーツペダル
  • 本革巻MTシフトノブ・本革巻CVTセレクトレバー
  • 本革巻ステアリングホイール
  • スポーツレザーシート(本革×ラックス スェード)(運転席:ブラック・助手席:ブラック)
  • アシンメトリーカラースポーツレザーシート(本革×ラックススェード)(運転席:ライトグレー 助手席:ダークグレー)

アシンメトリーカラースポーツレザーシートは、ボディカラーをプレミアムスターホワイト・パールにした場合のみ、選択できるようになります。

シートに選択肢が生まれ、そのボディカラーを選ぶことの意味・特別感が大きくなり、つい選びたくなりますね。他のオーナーと差別化したいなら、これを選ぶのが良いでしょう。

クルーズコントロールやスポーツペダル以外は、内外装の質感が高くなっただけのようですが、それでも20万円でこれだけの違いがあれば充分価格相応だと言えます。

内外装の質感など気にしないという人には価値はあまり無いでしょうが、こだわる人にはとても価値が高いです。

Modulo Xの装備、インテリア、エクステリア

  • 本革巻CVTセレクトレバー(専用カラー)※CVT
  • 本革巻ステアリングホイール(専用カラー)※MT
  • 専用カラー スポーツレザーシート(本革×ラックス スェード)
  • 専用カラー ロールトップ
  • 専用アルミホイール(フロント:15×5J リア:16×6 1/2J)
  • 専用φ260mmディスクブレーキ(フロント/リア)

画像を見てもらうとわかりますが、インテリアがガラリと変わっていることが分かります。

でも、スゴイのはそれだけじゃないんですよ。
ModuloXはエクステリアから足回り、インテリアに至る全ての箇所に専用装備が装備されています。その数…なんと21種類!

そのためこのグレードだけ、「同じクルマの形をした別の車種」のような印象あります。

ただ格好いいだけではなく走行性能もぐんと跳ね上がっている。そう考えるとModuloXが高い理由にもうなずけると思いますよ。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

装備の違いはわかったけど、結局各グレードのどこが良いのかが知りたいところですよね。各グレードの良いところ・魅力に焦点を当てて、それぞれ説明します。私の主観を多く含みますので、ご了承ください。

βの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダS660β内装

装飾が抑えられている分、価格も抑えられているところがβの魅力です。軽自動車と考えると、確かに価格は高いですよね。ただ、軽スポーツカーとして考えると価格は妥当ではないかと、私は感じています。

同系統の車にはコペンが挙げられますが、コペンもそれほど安くはありません。グレードによっては200万円を超えるものもあります。

S660の魅力は、走りにあります。低回転からでもしっかりと感じられる太いトルク、中回転域での素早い加速。アクセルレスポンスがとても良く、自分の思いのままに動かせます。

小さなスポーツカーというとゴーカートが想い起こされますが、まさにゴーカートそのものです。

子供のときに感じたワクワクと、スリルを感じることができます。実用域のエンジンなのに、これほどまでの刺激と快感を得ることができる……。これが、S660の魅力です。

それを少しでも安く手に入れようと思ったら、βを買うしかありません。加工や塗装はいいから走りを楽しみたいという方に、選ばれています。

αの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダS660α内装

αの魅力は内外装の質感と、クルーズコントロールなどの装備の追加でしょうか。

クルーズコントロールはオンオフの切り替えができるので、「自分で思うように操作したい」という時と「安全に運転したい」と言う時の切り替えが出来るので、走行時の安定感を生み出すことが出来ます。

ボディカラーもβにも用意されていた、プレミアムスターホワイトパール(白)・アドミラルグレーメタリック(グレー)・ナイトホークブラックパール(黒)の3色に加えて、4色のカラーが追加されているので、気に入った色を選ぶのであればαでの購入が鉄板。

特に私は、ステンレス製スポーツペダルに大きな魅力を感じますね。「ゴーカート」とこの車を表現する人が多いですが、ステンレス製スポーツペダルはその雰囲気をより一層高めてくれるのです。踏んで楽しい見て楽しい仕様と言えますね。

カラーバリエーションと遊び心がギュッと詰まっているからこそ、βよりもαに魅力を感じる人が多いです。

βと比べると価格が高くはなりますが、納得している人が多いです。βと比べて予算に余裕のある人が多いため、「価格は妥当。安い」と感じる人が多くなっているのでしょう。

ModuloXの魅力、選んでいる人はこんな人

派手なインテリアと圧倒的な走行性能の高さ。
ModuloXは足回りのほとんどを変更しているため、安定した走行だけではなくさらにスポーツ走行を楽しむことが出来るのが魅力となっています。

αよりも文字通りワンランク上の走りを実現しているので、本当に『乗ってて楽しい』1台だと思いますよ。

そんなModuloXを選んでいる人は、やっぱりS660の中でも最高峰の走りを体験してみたい人。このひとことに尽きますね。

価格はやっぱり高くはなっていますが、踏んで楽しい!ではなく、安心して踏める・動かせる一体感を味わいたい方には特におすすめです。

総合的に売れているグレードを考察

難しいところですが、私はαをおすすめします。

この車の楽しさは走りにあることを前提にすると、βの仕様だとちょっと物足りない印象があります。

「クルーズコントロールが嫌だ」なんて言う方もいるとは思いますが、ON/OFFの切り替えができるので、必要だと思ったときに使えばいいですし。

それよりも、ミッドシップ型のクルマに乗るなら、やっぱり足回りのインテリアにこだわっている点や、カラーバリエーションに富んでいるαの方が、乗っていて楽しいと思いますよ。

純粋に走りを楽しみたいのであれば、αの仕様がちょうど良いのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です