デイズルークス・ライダー 各グレードの違い・特徴まとめ

日産デイズルークスライダー

デイズルークス・ライダーは同ハイウェイスターというカスタム車を、さらにカスタムした車です。カスタムされた部分は、主にフロントマスクのデザイン。

一目見てわかる特徴的なデザインになり、「個性を強く出したい」「カッコいい存在感の大きい車がほしい」というニーズを満たしています。

この車はグレードごとにそれほど大きな違いがあるわけではありませんが、だからこそ、違いを知らなければ痛い目を見るかもしれません。そこで、デイズルークス・ライダーの特徴をおさえながら、各グレードの違いについてまとめてみました。

デイズルークスのグレード表

グレード 価格
ライダー
(ハイウェイスターXベース)
1,826,280円
ライダー
(ハイウェイスターGベース)
1,898,640円(2,005,560円)
ライダー
(ハイウェイスターXターボベース)
1,858,680円(1,965,600円)
ライダー
(ハイウェイスターGターボベース)
1,952,640円(2,059,560円)
※()内は4WD価格

ライダーは、デイズルークス・ハイウェイスターをベースとしてつくられています。

そのため、ベースとなったグレードと同じだけのグレード数があるのです。それぞれベース車の装備内容や諸元を引き継いでいながら、どこかしらに変更を加えています。

どこがライダー独自の部分なのか、どういった装備があるのかを見ていく前に、まずは価格を見てみましょう。

グレード間の価格差は、最大で約13万円です。4つのグレードがあることを考えれば、価格差はとても小さいと言えます。ここから考えられるのは、各グレードの違いが小さいのではないかということです。

各グレードの特徴、捉え方

ハイウェイスターXベースは、実用性が高い装備が多く価格を抑えたXにライダー専用装備を付け加えたグレードです。片側にリモコンオートスライドドアを搭載しています。

ハイウェイスターGベースは、Gパッケージをベースにライダー専用装備を付け加えたグレードです。両側リモコンオートスライドドアを搭載しています。

ハイウェイスターGターボベースやハイウェイスターXターボベースは、その名の通りターボ車です。ライダーのイケイケな顔には、ターボの力強い加速が似合います。クルーズコントロールを搭載しているのが、特徴的です。

 

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

下記PDFから、ライダー専用装備を抜粋して「ライダーで追加された装備はどんなものか」を見てみましょう。エクステリアとインテリアに注目して、ご覧ください。

また、全ての装備を閲覧する場合はライダーの装備表とハイウェイスターの装備表両方をご参照ください。

ライダー:https://www3.nissan.co.jp/content/dam/Nissan/jp/vehicles/dayzroox/1805/pdf/dayzroox_rider_specsheet.pdf
ハイウェイスター:https://www3.nissan.co.jp/content/dam/Nissan/jp/vehicles/dayzroox/1805/pdf/dayzroox_specsheet.pdf

全グレード共通の標準装備

日産デイズルークスライダー外観
日産デイズルークスライダー内装
日産デイズルークスライダー内装
  • 専用LEDバンパーイルミネーション(車幅灯連動)
  • 専用シフトインジケーターフィニッシャー(シルバー)
  • 専用センタークラスターフィニッシャー
  • 専用ドアトリムクロス
  • 専用シート地(格子柄ニット)
  • ライダー専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー
  • 専用エンブレム
  • 専用15インチアルミホイール(切削光輝)(15×4.5J)、インセット:46、P.C.D:100(4穴)
  • 165/55R15 75Vタイヤ
  • 運転席ヒーター付シート
  • 本革巻きステアリング(ピアノ調加飾付)
  • 日産オリジナルナビ取付パッケージ(ステアリングスイッチ、GPSアンテナ、TVアンテナ用ハーネス)

以上の装備が、それぞれのベース車の装備に追加されています。

見てみると、エクステリアの仕様変更が多いことがわかりますね。ハイウェイスターをベースにして、特徴的なパーツでフロントフェイスを飾っています。

遠目からでも、「あ、これライダーや」とわかるほどの個性的なデザイン。特徴的なのはやっぱりフロントグリルでしょう。ライダー専用ということですが、これがLEDヘッドライトの形状とよくマッチしていてカッコいいです。

数年前に流行した「ちょい悪親父」のような、悪カッコいい顔をしているのが特徴的です。

横から見ると、完全にハイウェイスターと同じというのが気になります。ただ、リアにはほんの少し違いがあるのです。ライダーエンブレムとオーテックのエンブレムが追加されていて、コンビランプがクリアタイプになっています。

ゲーム機でもなんでも、昔から「スケルトンタイプ」や「クリアタイプ」という中身が丸見えのものがありますが、私はそれが大好物です。それと似たようなワクワクを感じます。

実はライダーで追加された装備は、全て全車標準装備なのです。各グレードの装備の違いというのは、ベース車の装備の違いに由来します。

デイズルークス・ハイウェイスターの記事で解説をしているので装備の説明などは省きますが、各グレードの装備の違いを羅列してみましょう。

ライダー(ハイウェイスターXベース)の装備、インテリア、エクステリア

  • 4スピーカー
  • リモコンオートスライドドア(助手席側)
  • 165/55R15 75Vタイヤ

ライダー(ハイウェイスターGベース)の装備、インテリア、エクステリア

  • 6スピーカー
  • リモコンオートスライドドア(両側)

ライダー(ハイウェイスターXターボベース)の装備、インテリア、エクステリア

  • 4スピーカー
  • リモコンオートスライドドア(助手席側)
  • 165/55R15 75Vタイヤ

ライダー(ハイウェイスターGターボベース)の装備、インテリア、エクステリア

  • クルーズコントロール
  • ステアリングスイッチ(クルーズコントロール)

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

ライダーの装備内容についてはわかったけど、どんな人がどのグレードを選ぶのかまで知りたいところですよね。

それには、各グレードの魅力について理解しなければなりません。おすすめのグレードを判断する前に、それらについて簡単にまとめてみました。

ライダー(ハイウェイスターXベース)の魅力、選んでいる人はこんな人

ハイウェイスターX自体、装備内容は十分なものです。

Gベースで追加されるのはスピーカーと両側のリモコンオートスライドドアのみ。ハイウェイスターXではタイヤも変わりましたが、ライダーでは専用のアルミホイールが標準装備されています。

ハイウェイスターGベースを選ぶ意味が、両側リモコンオートスライドドアのみに絞られたと言っても過言ではないでしょう。

価格差もそれほどないので、そちらを選んでも良いのかもしれませんが、やはりコストが抑えられるXベースの魅力はハイウェイスターのXよりも大きいと感じられます。

ライダーの仕様を気に入りながらも、あまり予算に余裕がない方が、Xベースのグレードを選んでいるようです。

ライダー(ハイウェイスターGベース)の魅力、選んでいる人はこんな人

Gベースの魅力は、両側リモコンオートスライドドアが標準装備されているところです。

買い物荷物を載せたいだけであれば、助手席側だけでも全く不自由しないでしょう。買い物荷物を載せて、小さい子供も乗せたいという場合には両側にあるほうが便利です。

このようなことから、若い子育て世帯の方々に人気があります。

ライダー(ハイウェイスターX/Gターボベース)の魅力、選んでいる人はこんな人

ターボエンジンは加速力ばかり問われがちですが、見た目との一致というのも重要だと私は思っています。

もちろん、ターボの高い加速力があってこそです。ハイウェイスターのXターボやGターボは、高速道路の合流もしっかりこなすほどのパワーがあります。

そのパワフルさと、ライダーの鋭い見た目がとてもよくマッチしているのです。その点が、このグレードの魅力だと言えるのではないでしょうか。

総合的に売れているグレードを考察

おすすめは、やはりXベースです。フロントフェイスにこだわってライダーを選んだ分、コストが気になってきます。

こだわりを追求した分、その他はできるだけ切り捨てて予算を切り詰めたいものです。切り捨てると言っても、グレードごとの仕様の違いはほとんどありません。

Xベースを基準として考えて、どうしても両側オートスライドドアが必要ならGベースを選ぶと良いでしょう。加速力が必要ならGターボもありです。状況ごとに、最適なグレードを選びましょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です