アウディ A4  allroad quattro グレードの特徴を比較、一番適したグレードは?

アウディallroadoquattro

今や世界的なSUVブーム、大SUV時代と言っても過言ではありません。

背が高く視界が良い、走破性と積載性の高い新しいファミリーカーの形、またはスポーツモデルとして日本国内でも定着してきました。そんなSUVとして世に送り出されたのが、A4 allroad quattroです。

「allroad」全ての道を走れる車ということで、オフロードの走破性がとても高く、アウディの「quattro」がオンロード以外でも発揮できる形に仕上げられています。

そんなallroad quattroはA4アバントをベースとする車、アバントのまとまったデザインを引き継ぎながら、独自の路線を行く車なんです。

そんなall road quattroの特徴を、これからじっくりと紹介しましょう。

アウディ A4  allroad quattro グレード表

グレード名 価格
Audi A4 allroad quattro 6,580,000円

特別仕様車的な扱いをしているのか、グレードはひとつだけです。

ただ、ステーションワゴンモデルである「アバント」をベースにしたクロスオーバーSUVモデルということで、アバントの意匠を受け継ぐ別物と言った方が良いのかもしれません。

そう考えると、他にもグレードを設定しても良かったのではないかなあと思えますよね。

単一グレードだからこそアウディの中でも独自路線を貫けるのかもしれませんが、ユーザーとしてはもう少し選択の幅があって欲しかったと欲張りたくもなります。

そう、欲張りたくなるほど良い車なんです。

各グレードの特徴や違いを解説

欲張りたくなるほど良い車……単一グレードで独自のポジションを築き上げたallroad quattroは一体どのような特徴を持っているのでしょうか。

性能・装備の二つから見ていけば、それがわかります。まずは車の根本を作る「性能」から紹介しましょう。

allroad quattro

この車に搭載されているのは、最高出力185kW/5,000~6,000rpm、最大トルク370Nm/1,600~4,500rpmの2.0L直列4気筒エンジンです。これに組み合わせるミッションは、7速Sトロニック。

そこにquattroをプラスした形となっています。

市街地だとコンパクトカーであるかのように錯覚させられるほどの取り回しの良さを実感しながら、堂々とした走りを楽しむことができる。

発進後すぐに1,500rpmに達するため、アクセルを踏んだ直後から太いトルクが車の奥底から湧き上がってくる感覚を運転手は得る。

だから、エンジンを回さない市街地走行でもしっかり加速してくれるし、流れを牽引することが可能です。

高速性能は言うまでもなく面白く、車と運転手が一体となった感覚を味わうことができます。車は思うように曲がるし、思うように加速していく。

運転手は一種のトランス状態となり、自らが走っている感覚を得て快感をも覚えながら天にも昇るような楽しみを味わい、乗員も運転手のテンションに引きずられるように楽しくなっていく……。

そうやって、みんなが楽しめる車になっています。

ただ、ここまではA4セダンとアバントの「2.0TFSI quattro」も同じことです。

実はこの車に搭載されているクワトロシステムは、従来のフルタイム4WDとは異なるものなんです。

クワトロシステムは「縦置きエンジンと前輪駆動ベースのフルタイム4WDの融合」を売りとしています。ただ、これまではプロペラシャフトを通じて、後輪が常にミッションやメカニカル部分に繋がっていました。

そのため、後輪は引きずられていたんです。

後輪の引きずりを無くすため、後輪とプロペラシャフトとをクラッチで分離したのがウルトラ・クワトロ。これによって無駄な駆動抵抗が軽減され、走行効率が上がってクワトロ本来の走行性能を発揮することができるようになりました。

それだけでなく、車両の走行状況を先読みし続けることで「切り離されている2箇所のクラッチ」を4WDトラクションが必要となる寸前に接続し、圧倒的な効率とスポーツ性能の高い走りができるようになっているんです。

要は必要なときだけ繋いで、不要なときは無駄だから外してしまおうということですね。通常時は完全な前輪駆動となるため、フルタイム4WDとはちょっと違うんです。

これによってオンロードでの安定性やスポーツ走行時のコーナリング性能も向上しており、実際のエンジン性能以上にダイナミックな走りが楽しめます。

また、ドライブセレクトに「オフロードモード」を設定し、オフロードの運転が楽になりました。舗装が進んでいない山道や林道でも安心してガンガン進むことができるため、アウトドアに出かけるのがこれまで以上に楽しくなるでしょうね。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

この車の「性能」を見ると、オン・オフ両方ともに走行性能がとても高く、SUVの主目的である「スポーツ・アウトドア用多目的乗用車」としての役割を存分に果たすことができるようになっていると実感します。

ただ、SUVは装備も重要です。

どんな装備が用意されているのかを、WEBカタログから一部抜粋して紹介しましょう。
http://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a4/my17/my17_a4_di_1704.pdf

全グレード共通標準装備

  • アルミホイール マルチスポークデザイン7.5J×17
  • 225/55R17タイヤ
  • 可倒式リヤシート
  • リヤヘッドレスト
  • ストレージパッケージ
  • MMIナビゲーション
  • Audi connect
  • Audi connectセーフティ&サービス
  • DIS(ドライバーインフォメーションシステム)カラー
  • スマートフォンインターフェイス
  • 3ゾーンオートマチックエアコンディショナー
  • ラフロードサスペンション
  • カメラ/ディスタンスセンサー ドライバーアシスタンスシステム用
  • アダプティブクルーズコントロール
  • アウディアクティブレーンアシスト
  • アウディブレセンスシティ
  • オートマチックテールゲート

先進機能が豊富に搭載されていて、内装のクオリティの高く、装備内容はとても充実しています。

フロントシート周りには4ウェイランバーサポートや電動調整機能を搭載、MMIに統括されたスマートフォンインターフェイスでスマホを液晶に映し操作することも可能。運転手が楽しめるように、細かい気遣いがされています。

それだけでなく、安全性を高めるためのレーンアシストやドライバーアシスタンスシステムなどの機能も豊富で、オン・オフ問わず激しい走行を安心して楽しむことができるようになっているところがニクイです。

高性能のSUVでは激しい走行をすることが前提なので、標準装備で安全面やドライバー支援を揃えてくれているのはとても嬉しいですよね。一部オプションもありますが、標準でこれだけ揃えば十分ではないでしょうか。

また、SUVらしいというところで言えば「ラフロードサスペンション」も語らないといけないでしょう。ダイナミックサスともスポーツサスとも異なる、第三のサスペンションは、可変ダンパーによる柔らかい足回りが特徴的。

一般道で走っているときでさえ「ソフトだな」と実感できるほど、ラフなサスペンションなんです。

コンビニ駐車場から道路へ出るときの段差や、アスファルトの荒れた路面を走るだけで、その効力を発揮します。面白いほどソフトなサスペンションが少しの衝撃も逃さずサッと吸収し、快適な走りを実現。

オフロードモードを使ってオフロードに飛び出したときの性能は、もう言うまでもありませんね。

オールロードと言うだけあって「オン・オフ」両方での快適性をアップさせたサスペンションと、アウディドライブセレクト……。

あらゆる方向性の走りに焦点を当てているということがわかります。やはり、アウディは足回りの調整や技術面での車作りがうまいですね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

性能・装備・足回りとallroad quattroの特徴を紹介してきましたが、この車は本当に名前負けしてない良い車ですよね。

「オールロード」なんて大層な名前が付けられているのも納得するほどに、魅力的なクロスオーバーSUVです。そんなallroad quattroの魅力を、改めて語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
A4 allroad quattro ☆☆☆☆☆ 普段使いと週末アクティビティ両方に最適な車を欲している方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

allroad quattroの評価

個人的に、この車は幅広くオススメできる、万能な車だと感じています。普段使いの快適性が高いのはもちろん、高速走行での楽しさと安定感はスポーツモデルと言うに相応しく、オフロードも走れてしまう……。

アウディに心が惹かれる方であれば、どんな人でも満足できるのではないかと思うほどに、多方面へアピールしているんです。

SUVの肝であるラゲージルーム容量も505~1,510Lと大きく、リヤシートを倒さずともアウトドアグッズが収納できます。リヤシートを倒せば自転車やサーフボードなども乗せられるため、そういったスポーツアクティビティにも活用できる。

SUVの主目的は問題なく果たせるわけですね。

一番オススメなのはもちろん「SUVのメインユーザー」である、週末にアウトドアに出かけたい方です。ただ、「普段使いメインだけど、たまにはスポーツ走行を楽しみたい方」や「快適性の高い車が欲しい方」にもオススメできます。

アウディ A4  allroad quattroの総合評価

「アウディはお洒落なブレンド」というイメージがありますが、この車に関しては完全に技術面に振り切れています。カタログの装備表を見ても、お洒落より技術や実用に傾倒しているのがわかるでしょう。

それはSUVとしての価値を高めるための戦略と言えます。

数々の技術を生み出し、駆使して作り出されたallroad quattroは、価格以上の満足クオリティに仕上がっているのではないでしょうか。

最初は「ニッチな需要を満たすための車」と思っていましたが、実際に特徴を深く知っていけば意外と万人向けであることがわかりました。

クロスオーバーSUV全盛期であるこのご時勢でも、これほど本格的なオフロード性能と、コンフォートでダイナミックなオンロード性能を兼ね備えた車はなかなか見られないでしょうね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です