ピクシスメガ グレード毎の特徴、違いを解説。

トヨタピクシスメガ

ピクシスメガは、この車のどこに魅力を感じたのか、または用途によって選ぶべきグレードが変わります。何も考えずにグレードを選べば、損をしてしまう確立が非常に高い車です。安いからと避けてはいけませんし、高いからと避けてはいけません。

本当に選ぶべきグレードはどれなのかをハッキリさせるため、各グレードの特徴や違いを徹底的に解説します。

ピクシスメガのグレード表

グレード 価格
D 1,350,000円
D“SAⅡ” 1,414,800円
L“SAⅡ” 1,555,200円(1,679,400円)
L“SAⅡ”レジャーエディション“SAⅡ” 1,598,400円(1,722,600円)
Gターボ“SAⅡ” 1,674,000円(1,798,200円)
Gターボ“SAⅡ”レジャーエディション“SAⅡ” 1,717,200円(1,841,400円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

最低価格は約135万円、最高価格は約171万円。グレード間の価格差は、最大で約36万円となっています。グレードは全部で六つです。グレード間の仕様の違いなどを考えなければ、価格差は小さいと言えます。

グレード表を見てみると、DだけスマートアシストⅡが装備されていないことがわかりますね。いっそのこと全車標準装備として欲しいという意見もあるでしょうが、だからこそ最低価格が135万円なのです。

「とにかく安く!」というユーザーの声を叶えるための、最後の選択肢として残してあるのでしょう。

各グレードの特徴、捉え方

Dは「SAⅡ」を搭載させないことによって、コストカットを図ったグレードです。

安全装備が減りますが、安さを追い求めるという方には良い選択肢となるでしょう。ピクシスメガは軽自動車の中でも高いほうですから、こういう選択肢があるのはありがたいです。

D”SAⅡ”は、スマートアシストⅡを搭載させた廉価グレードです。

安全装備は揃いますが、ファミリー向けの仕様が大幅に削減されています。これもまた、コストカットの一環なのでしょう。両側パワースライドドアが装備されていないグレード、と捉えることができます。

L”SAⅡ”は、スマートアシストⅡや両側パワースライドドアなど、ピクシスメガの標準仕様を全て詰め込んだ普及グレードです。インテリアの雰囲気も大幅に良くなっています。

Gターボ”SAⅡ”は、ターボ車です。

水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置エンジンを搭載しており、最高出力や最大トルクが向上しています。ノンターボでは得られない加速フィーリングが得られるというのが、特徴です。

”レジャーエディション“SAⅡ”って何?

  • 上下2段調節式デッキボード(固定フック付)
  • ユーティリティフック
  • 固定ベルト
  • 荷室床面フック
  • イージーケアフロア(座席側/荷室側)

以上の装備を、そのグレードの装備内容にプラスした特別仕様車です。

ピクシスメガのラゲッジスペースは、結構な高さがあるので、縦に長いものを積まない限り、ラゲッジスペースの半分以上を無駄にすることになるのです。

それをデッキボードで分割することによって、デッドスペースを減らすことができます。上下に分けて、下にも上にも物が置ける。これにより、アウトドア利用もしやすくなりました。

デッキボード以外でも、フックや固定ベルトなど荷物を積むのに便利な装備が多数用意されています。「レジャーエディション」という名前は、「レジャーに便利な装備を多くプラスした」ということから付けられているのです。

 

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

各グレードの簡単な特徴や、レジャーエディションとは何かということはわかったけど、実際グレード間にどのような違いがあるのかは、まだ明らかになっていません。それを明らかにするために、各グレードの装備の違いについて見ていきます。

下記PDFから装備を一部抜粋し、比較しています。簡単に比較ができるようにまとめましたが、もっと詳しく見たいという方は、PDFをご参照ください。
http://toyota.jp/pages/contents/pixismega/001_p_002/pdf/spec/pixismega_equipment_list_201605.pdf

全グレード共通の標準装備

  • フロントスタビライザー(リヤは2WDのみ全車標準装備)
  • エコドライブアシスト照明
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • VSC&TRC
  • デュアルSRSエアバッグ
  • SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)
  • 助手席シートタンブル機構(アンダーボックス付)
  • 左右分割ロングスライド・左右分割リクライニング・格納(ラゲージ側スライドレバー付)リヤシート
  • 電動式パワーステアリング
  • 車速感応式間欠フロントワイパー

安全装備は、スマートアシストⅡ以外すべて全車標準装備となっています。D”SAⅡ”以降であれば、全て揃うということですね。SAⅡはやはり欲しいところですが、Dを選んだとしても安全装備が少ないということにはならないので、これはありがたいです。

インテリアに関しては全車標準装備が多いのですが、同じ装備でも「マット付」「LED」といった違いがあるものがあります。ピクシスメガは、装備は同じだけど仕様が異なるという装備が全体的に多いです。

また、DやD”SAⅡ”とLには大きな違いがありますが、L以降は細かい違いばかりとなっています。各グレードの装備を見る際には、仕様の違いを細かく比較していく必要があるでしょう。

全車標準装備として注目すべきところは、リヤシート機構でしょうか。近年はファミリーカーとして軽自動車を選ばれる方も多く、シートアレンジの豊富さをどこのメーカーも重視しています。

そのためか、どのグレードでも同じシートアレンジができるようになっているのです。

Dの装備、インテリア、エクステリア

トヨタピクシスメガD外観
トヨタピクシスメガD内装
  • 155/65R14 4.5Jスチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • 電動格納式カラードドアミラー
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレべリング機能付)
  • マルチリフレクターハロゲンフォグランプ(メッキ加飾)
  • キーレスエントリー
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント・シルバー加飾付)
  • 自発光式大型1眼センターメーター
  • インパネセンターシフト
  • フルファブリックシート(チェックパターン)(撥水加工)
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)

十分な装備ではありますが、どこかしら物足りないと感じてしまいます。

軽自動車に装備されることの多いものの中で、必要最低限を揃えたといったところでしょうか。これより少し低価格で似たような装備内容の車もありますから、そう考えるともう少し実用性の高い機能をプラスしてもよかったのではないかと思わされます。

これは気になる方がいらっしゃるかはわかりませんが、私は1眼センターメーターというのが少し気になりました。ピクシスメガで複眼なのは、上位二つのグレードだけなのです。しかもそれは2眼ではなくタコメーター付の3眼。

2眼メーターを中間に入れてもよかったのではないかと、考えてしまいますね。

D“SAⅡ”

スマートアシストⅡ以外にも、トップシェイドガラスが追加されています。

L“SAⅡ”の装備、インテリア、エクステリア

トヨタピクシスメガL“SAⅡ”外観
トヨタピクシスメガL“SAⅡ”内装
  • 155/65R14 4.5Jアルミホイール
  • オートライト
  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム<イモビライザー(国土交通省認可品)機能付・リクエストスイッチ付(運転席/助手席/バックドア)>
  • メッキシフトレバーボタン付シフトノブ
  • 両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)
  • スライドドアイージークローザー(左右)
  • プレミアムシャインシルバー加飾 カップホルダー(前席/インパネ一体)
  • プレミアムシャインシルバー オーディオパネル
  • プレミアムシャインブラック センタークラスター
  • オートエアコン(プッシュ式)

Dに比べると、一気に豪華になりました!

プレミアムシャインシルバー・ブラック加飾が、目を惹きますね。この加飾の存在感がとても大きく、これが施されることによって、Dより格段にカッコよくなっているのです。インテリアのパーツごとのメリハリが強調され、個々の主張が激しくなっています。

陰影がはっきりし、見る角度によってその姿を変えてくれるでしょう。

そして、何より注目すべきなのは両側パワースライドドアでしょう。Dには片側すら付いていませんでしたが、Lではいきなり両側です。

ファミリーカーとして考えると、両側パワースライドドアはもう必須と言えるでしょう。

Dで何か足りないと思ったのは、パワースライドドアが全く無いからだということに、今気づきました。価格は約155万円と高いですが、それだけの価値はあります。

L“SAⅡ”レジャーエディション“SAⅡ”

大型インパネトレイ(助手席)・インパネセンタートレイに、マットが付きました。さらに、インテリアの各ランプがLEDランプになっているのです。その他の仕様は、先述したとおり、ラゲージルームを有意義に使うことのできるものとなっています。

Gターボ“SAⅡ”の装備、インテリア、エクステリア

トヨタピクシスメガGターボ“SAⅡ”外観
トヨタピクシスメガGターボ“SAⅡ”内装
  • 155/65R14 4.5Jアルミホイール(専用)
  • メッキフードガーニッシュ
  • LEDスタイルパック<LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)、LEDフォグランプ(メッキ加飾付)>
  • 革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント・シルバー加飾付)
  • 自発光式大型3眼センターメーター(タコメーター付)
  • 本革シフトノブ(シルバー加飾・メッキシフトレバーボタン付)
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • メッキインナードアハンドル(運転席/助手席)
  • 上下2段調節式デッキボード(固定フック付)
  • フルファブリックシート(撥水加工)(ハニカムパターン)

プレミアムシャインシルバー・ブラック加飾に加え、メッキ加工まで随所に施されています。これによって、メリハリがさらに強調されました。「やりすぎ?」いえいえ、加工は「やりすぎ」なくらいがカッコいいのです。女性的なかっこよさが、ここにはあります。

特にハニカムパターンのファブリックシートが、いいですね。メッキやシルバーでアクセントを持たせた、ブラックを基調としたピクシスメガのインテリアに、よく合っています。女性的なかっこよさを、ハニカム模様がさらに引き立たせています。よくできたインテリアです。

また、レジャーエディションの特典だった、上下2段調節式デッキボードが標準装備されているところも、特徴的ですよね。

LEDヘッドライトなどは、この価格であれば、むしろ装備されていなければいけないと言えるでしょう。Gターボは、特に不足がない良い装備設定だと私は思います。

Gターボ“SAⅡ”レジャーエディション“SAⅡ”

L”SAⅡ”レジャーエディションと同じ装備を追加しているのですが、ひとつ異なる点があります。165/55R15 4.5Jアルミホイールが装備されているのです。15インチアルミホイールは、ピクシスメガではこのグレードだけとなっています。

 

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの仕様の違いがわかったところで、それぞれの魅力についてここで改めて考えてみました。私の主観を多分に含んでいるので、第三者の意見として参考になさってください。

Dの魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタピクシスメガD内装

こだわらなければ、本体価格140万円前後でピクシスメガを手に入れることができます。

ピクシスメガは、エクステリアとインテリアに魅力があります。

この車は、最近の軽自動車にありがちなデザインのように見えて、実は個性的な外観をしているのです。ライトの形からグリルの形・模様、フォグランプに至るまでに溢れる個性が感じられます。感じ取ろうとせずとも、自然とそれらを感受してしまうのです。

インテリアも特徴的。センターメーターはDでは1眼なところが不満点ですが、それでもデザインとしてはとてもカッコイイのです。大型で見やすいところもポイントが高く、とてもよくできています。

この魅力的なエクステリアとインテリアが、140万円前後で手に入るのですから、魅力的なグレードです。SAⅡの有無を選択肢として残しているところにも、好感が持てます。

L“SAⅡ”の魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタピクシスメガL“SAⅡ”内装

価格は高くなってしまいますが、その分両側パワースライドドアなどといった重要な装備を搭載しているという魅力があります。価格に対する妥当性が高く、「まあこれくらいの装備があればこの価格になるか」と納得させられるのです。

ピクシスメガの魅力であるインテリアも、メリハリがしっかりと付いてより魅力が高められています。特に、カップホルダーやオーディオパネルの加飾には感心させられます。

カップホルダーは両端にあるのですが、両端がシルバーで陰影がクッキリとすることによって、インテリア全体が引き締まって見えるのです。

オーディオパネルのシルバーも、またそのインテリアの引き締めに一役買っています。

レジャーエディションも魅力的ですよね。「ピクシスメガはアウトドア系のデザイン」という意見が、主流です。アウトドア系デザインの車に、アウトドアに適した装備が満載……。これでこそ「完成形」という感じがします。

Gターボ“SAⅡ”の魅力、選んでいる人はこんな人

トヨタピクシスメガGターボ“SAⅡ”内装

ターボが付いているからといって、排気量が増えるわけではありません。軽自動車全体に見られる非力さには、どうしようもないものがあります。「ターボなしでも何とかなる、十分」という声はあるのですが、これは用途によるでしょう。

通勤や買い物程度であれば、ターボは必要ありません。ただ、レジャーに出かけるとなればターボがあったほうが心強いでしょう。レジャーでなくとも、盆地など坂道の多い地形に住んでいる人にはターボがあったほうが良いです。

走行性能も魅力ですが、インテリアの魅力も大幅にアップしています。

3眼メーターがとにかくカッコイイ。1眼だと大きくスペースをとっている分、何か物足りない感じがするのです。「余白がなあ……」と感じていたところを、タコメーター含むあと2つの眼がサッと埋めてくれる。

このメーターを見ながら運転するとなると、テンションがあがりそうです。

 

総合的に売れているグレードを考察

ピクシスメガは、グレード設定がとてもよくできています。

グレード設定がうまいのはトヨタの良いところですね。どのグレードも、積極的に選ぶ理由があります。そのため、どのグレードをおすすめするのか、とても迷いました。

価格を抑えたDを勧めるべきか、装備を充実させたLを勧めるべきか、ターボ車を勧めるべきか……。特に、DとLの間で激しい脳内会議が繰り広げられました。

結果、おすすめはL”SAⅡ”です。

メリハリがついて魅力倍増されたインテリアと、両側パワースライドドアなどの装備の追加がおすすめの理由となりました。レジャーエディションについては、ピクシスメガの用途に応じて検討すると良いでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です