ピクシスジョイ徹底解説!グレードの違いや選び方のポイントはここを見ればOK!

ピクシスジョイの3タイプが横に並んでいる画像

「えっキャストじゃない…?」

ぱっと見は全く一緒なのに、エンブレムはToyotaのマーク。

そんなOEM車のちょっとしたレア感と、トヨタが販売する安心感からピクシスジョイの購入を検討しているあなたが気になっているのは、ずばりグレードでしょう。

公式サイトを見てみても、3つのタイプにそれぞれのグレードがあって正直分かりにくいし、グレードごとの特徴も掴みにくいんですよね。

そのせいで、購入したいけど自分に合ったグレードは何なのか分からなくなった人も多いはず。

そこで今回はそんなピクシスジョイのグレードを徹底解説!

自分に合ったグレードを見つけるためにも、是非参考にしていってくださいね。

1分で納得!ピクシスジョイのグレードの超簡単な捉え方

ピクシスジョイ_早見表

冒頭でも軽く触れましたが、ピクシスジョイは3つのタイプに加えてそれぞれグレードが設定されている為、非常に細かなグレードがあるように見えます…が、実は設定されているグレードは基本的にはほぼ一緒。

上の画像を見ればわかるように『X』と『G』、『Gターボ』の3つに分かれていると考えると分かりやすいですよ。

グレードの違いはズバリ『外装』で判断しよう!

ピクシスジョイ_早見表2

そしてピクシスジョイの珍しくもあり面白くもあるポイントなのが、外装のイメージが全然違う3つのタイプが用意されているところです。

『C』は”Crossover”、『F』は”Fashion”、『S』は”SPORT”と、印象の違いがそのままタイプ名として名付けられています。

こうして並べて見てみると、Cは男性受けもよさそうなSUV風、Fはいかにも女性向け、そしてSは小さいながらもやんちゃに走り回りそう。なんてイメージですよね。

このようにタイプによって、印象がガラッと変わっているのがピクシスジョイの魅力でしょう。

ダイハツ『キャスト』との違いは全くなし!

また、冒頭でも話したようにピクシスジョイはダイハツ『キャスト』のOEM、つまり他の自動車メーカーから技術・車の構造を提供されて作られた車種になります。

早い話ダイハツのエンブレムがトヨタになった、くらいの差しかなくて、特別仕様車も用意されていません。

だから「ピクシスジョイとキャストって何が違うの?えっ同じなの?」なんて風に悩まずにシンプルに考えてくださいね。

ピクシスジョイはグレードごとにどこに注目すればいい?

様々なボディーカラーのピクシスジョイが並んでいる

3つのタイプが存在するピクシスジョイですが、それぞれ見た目の色んな部分が違って、それに全タイプ共通のグレードがくっついてくるってイメージを持つとシンプルに考えられるはず。

そこでここからは3つのタイプとグレードごとの違いについてお話していきます。

『C』と『F』、そして『S』はどこがどう違うの?

先ほども紹介したように正面から見た時の印象が違いますが、その他にも細かな違いがいくつかあります。

その1つにリアから見た外観が以下の様に、全く違う印象を持つ見た目になっているんです。

ピクシスジョイの3タイプのリア部分を並べた画像

中でもリヤランプやリアフォグランプなどの形やデザインが3タイプそれぞれ違ったり、『C』にはリヤバンパーが付いていたりと、タイプの雰囲気に合った加飾を追加。

ピクシスジョイの3タイプのタイヤを並べた画像

外観で言うとタイヤもそれぞれ違いがあって、偏平率(タイヤの厚さ)とホイール径が以下の様になっています。

  • Cは15インチで偏平率60
  • Fは15インチで偏平率55
  • Sは16インチで偏平率50

※偏平率=タイヤの厚さ。高いほど厚い。

このようにSUV風のCは少し荒れた道を走っても良いように偏平率が高いタイヤで乗り心地を保持。

逆にスポーティなSには、偏平率が低めなタイヤでハンドリング性・高速走行時の安定性を向上し、カーブや曲がり角、高速走行する時に安定した走りができるでしょう。

ピクシスジョイのC・FとSのシート画像

次に内装に目を向けて見ると、CとFのベースグレードは同じファブリック素材ですがカラーに違いがあり、Sではブラックのレザー調シートを採用。

ちなみにベースグレードのパネル系はシルバーで統一されていますが、C・F・Sそれぞれの基調としている色が違うため、各タイプに似合う色使いでインテリアを仕上げているのもポイントです。

グリップサポート/DAC

またCの4WDにだけ搭載されている、雪道や急勾配の坂を下る時に自動ブレーキをかけてフットブレーキによるタイヤのロックを防ぐDAC制御や、タイヤの空転を解消するためのグリップサポート制御の2つの安全装備に注目。

坂道や未舗装路を走ることになるSUV風のCタイプに、安全装備がしっかり付いているのは安心できますよね。

これらの他にも加飾の仕方等に違いあり、特にSはより走行性能にこだわったサスペンションやエアロバンパー、フロントのイルミネーションランプやステアリングホイールに専用の加飾を施しているんです。

このような加飾なので、3タイプの中でもSだけ価格が高く設定されていることを忘れないでくださいね。

『X“SAⅢ”』は単純にスマアシが搭載されただけと考えればOK!

スマートアシストⅢ

各タイプに設定されている『X』と『X“SAⅢ”』の違いは、単純に「スマートアシストⅢ」が搭載されているかどうかの違いしかありません。

車や歩行者との接触の危険性があると警告や自動ブレーキを踏んでくれたり、ペダルの踏み間違いを検知して事故を未然に防いでくれたりする、スマートアシストⅢがあれば安全な運転ができるようになるでしょう。

それに加えて高速道路で起こりやすい斜線のはみだしを防ぐ、車線逸脱警報機能が付いているのも嬉しいですよね。

X”SAⅢ”とG”SAⅢ”の違いはここに注目すれば問題ナシ!

Bi-Beamヘッドランプ/LEDフォグランプ

X”SAⅢ”とG”SAⅢ”に大きな違いは少ないですが、その中でも注目したいのはランプ類の変更になります。

ヘッドランプはハイビームとロービームを1つの光源にした、明るいLEDに変更して暗所での視認性が向上、LEDフォグランプも追加されます。

街灯がない道では正直ハロゲンの光では不安なことも多いので、そんな道を走ることが多い人はLEDランプの付いたグレードの方が良いですよ。

この他には紫外線を99%カットするスーパーUVカット・IRカット機能付きのフロントドアガラスに変更されるなどの違いがあります。

『G』と『Gターボ』の違いと『プライムコレクションSAⅢ』の装備の違いは?

GとGターボの違いは単純に積まれるエンジンにターボ機能が付いたかどうか、で判断すれば問題はありません

シート表皮(レザー調)/SRSサイドエアバッグ

ただ、プライムコレクションSAⅢになるとシート表皮がレザー調になるという違いが出てきます。

さらに純正ナビ装着用アップグレードパックも搭載。

ちなみに搭載されるナビはダイハツのナビではなく、”トヨタ純正ナビ”になるということを念のため覚えておいてください。

購入者目線で考える!ピクシスジョイの失敗しないグレード選びのポイント

手を広げて紹介している女性

ここまでピクシスジョイの各グレードの装備や違いについて見てきましたが、それぞれの違いは分かったでしょうか?

噛み砕いてみるとそれぞれの違いは意外と少なく、特徴を掴めば納得してグレード選びが出来るはずです。

続いては実際に購入する人目線で、ピクシスジョイのグレード選び方を紹介していきます。

『G”SAⅢ”』を基準にしてグレードは選ぼう!

ピクシスジョイのグレードは、GにスマートアシストⅢを追加した『G”SAⅢ”』を基準にして選ぶと間違いがありません。

というのも、『G”SAⅢ”』を基準にして考えると、快適装備が必要でなければ『X”SA Ⅲ”』、パワフルな加速が必要であればターボ車とシンプルな考え方でグレードの選別ができるようになるんです。

もっと言うとシートや内装の質を上げたいなら『プライムコレクションSAⅢ』を選ぶのも良いかもしれませんね。

『C』『F』『S』のどれを選ぶかは外装の『遊び心』次第

また3つのタイプがあるピクシスジョイは、外装の遊び心で選ぶっていう方法もおすすめ。

  • アクティブさが全面に出ているC
  • 可愛い街乗り車として魅力的なF
  • 軽自動車の走行性能を突き詰めたS

このような感じで、自分が車に求める雰囲気やイメージを基準にどの車が良いか選びましょう。

ちなみにSは価格がちょっと高くなっていますが、CとFは同じ価格です。

そのため、「単純に見た目で選んだら損をしちゃうかも」なんて思わず直観で選んでもいいと思いますよ。

4WDやターボ車が必要な人はどんな人?

そもそも4WDが必要なタイミングとなるのは悪路走行や雪道を走る時ですよね。

そう考えると、積雪がある地方在住でなければ基本的に4WDは必要ないと考えることができますよね?

4WDにするだけで価格も大きく変わるので、必要性が低いならそのお金をオプションなどに使う方が有意義になるでしょう。

しかしターボ車にするかどうかって話はまた別の話。

もし乗車人数が基本的に2人以上になるなら、ノンターボではパワーが足りないせいで坂道等の運転に不安が出てくるんです。

かく言う私も、ノンターボ車で坂道を上った際、大きく鳴り響くエンジン音を聞いて「車に無理させて申し訳ないなぁ」と思ったことがあります。

そのため、家族で乗る・友人等で出かけることが多いのであれば、ターボエンジンの方が使い勝手が良くて安心して運転できるでしょう。

総評とピクシスジョイのベストなグレードを独断と偏見で考えてみた

星を持った手の画像

ピクシスジョイを実際に買う時は、『G”SAⅢ”』を基準に装備・外観・4WDなどを考慮して選べば良いというお話をしました。

とはいえ、「優柔不断だから基準があっても正直どれがいいか分からない」なんて人もいるはず。

そこで最後にダイハツ キャストの違いと、ピクシスジョイの私的オススメグレードについて見ていきましょう。

ディーラーが変わるだけで車自体の違いは全くない

OEM車と言うことで、ダイハツキャストと販売店とエンブレム、そしてグレードの名称が変わるだけのピクシスジョイ。

ダイハツのスマートアシストではなく、トヨタのToyota Safety Senseも気になりますが、基本的に安全性は保証してくれるでしょう。

そう考えると、ぶっちゃけダイハツ“キャスト”でもトヨタ“ピクシスジョイ”でもどちらでも良いし、見積もりもそこまで変わることはないと言えますね。

独断と偏見で選ぶ!ピクシスジョイのベストなグレードはコレ!

個人的には『C G”SAⅢ”』がベストなグレードだと考えています。

というのも、見た目のアクティブ感に男心をそそられるし、安全装備や視認性も考慮すると自然とこのグレードに落ち着くんです。

ちなみに、オプションを付けるとしたら個人的にはボディカラーとナビの装備を付けたいところ。

そもそもピクシスジョイの『個性』はやはりボディカラーのバリエーション。

さらに最近ではあおり運転や事故等のいざこざのことを考えて、最低でもドラレコは付けておきたいので、この2つのオプションは必須です。

以上の点を考慮しつつ、ざっくり見積もりを出すと以下のようになります。

グレード(オプション) 価格
車体本体(G”SA Ⅲ”) 1,441,000円
デザインフィルムトップ
(2トーンカラー)
44,000円
T-Connectナビ 151,030円
税金等 114,289円
合計 1,750,319円

※税込み価格

あくまでもこれは選択の一例です。

ナビのグレードを下げれば価格もその分安くなるし、ディーラーと交渉すれば値引きできるかもしれません。

またオプションは予算によって変えることができるので、価格の増減はあるが是非参考にして考えてみてくださいね。

まとめ

本ページではダイハツのキャストのOEM車である、トヨタのピクシスジョイのグレードについて見てきました。

正直キャストとピクシスは全く同じ車なので、販売メーカーの好みで選んでも良いかもしれません。

ただグレードに関しては、今回お話ししたポイントを考慮して選ぶようにしてくださいね。

私はあなたがお気に入りの一台を手に入れる小さな力になれていれば嬉しいです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です