BMWのX1シリーズのグレード選びはここで解決!気になる特徴と違いに迫る

BMWというブランド力×今流行りのSUV。

そして誰ともあまりカブらない希少性の高さ…。

X1シリーズの購入を検討している人は、正にこの部分に魅力を感じているはずです。

確かにX1シリーズはBMWでありながら、車体価格438万円からとちょっと頑張れば手を伸ばせそうでありますし、オフロード・オンロードのどちらでも映えるスタイリッシュな見た目も魅力的。

でも、ちょっと待ってください。

公式サイトを一度見てみた方ならわかると思いますが、設定されているグレードは全部で10種類。

それもパッと見た感じどのグレードも似ている部分が多すぎますし、一体どのグレードが自分に合っているのかもピンとこない、そんな人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はX1シリーズのグレードを徹底解説!

どのグレードが一番『買い』と言えるのか、各グレードの違いを見つつ紹介していこうと思います。

そもそもX1シリーズのグレードごとの違いって何?

X1シリーズのグレードごとの違いは何?

そもそもX1シリーズを見る上で覚えておいて欲しいことといえば、価格差=装備の違いではないこと。

というのも、BMWのような外車は基本的に全車共通装備が一緒なんですよ。

そのため早い話、装備で見てグレードを選ぶ…という国産車のような見方ができません。

だからこそまずは、X1シリーズのグレードごとの違いをサクッと見ていきましょう。

エンジン

X1シリーズで搭載しているエンジンは、大きく分けると3種類。

  • sDrive18iに搭載している、5L直列3気筒ターボ(燃料:ハイオク)
  • xDrive18dに搭載している0L直列4気筒ターボ(燃料:軽油)
  • xDrive20i・xDrive25iのどちらにも搭載している0L直列4気筒ターボ(燃料:ハイオク)

これに加えて、オプション装備が標準装備になっているといった違いもありますが、基本的にはエンジンの違いがそのままグレードの違いと考えて大丈夫です。

ちなみに、どのような装備が付いているのかを確認したい方は公式サイトで詳しく紹介しているので、そちらを参考にしてくださいね。

(リンク:https://www.bmw.co.jp/content/dam/bmw/marketJP/bmw_co_jp/pdf/all-models/X/X1/WEB_F48_119_EPL_V3_revised%2018d.pdf.pdf

ミッション

次に注目したいのが、変速ミッションの違い。

エントリーグレードとなるsDrive18iには7速のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が、そしてそのほかのグレードでは8速ATがそれぞれ装着されています。

と言っても、違いはそこまでないですね。

DCT、ATのどちらも変わらずスムーズに変速してくれるので、ストレスを感じるようなことはそこまでありません。

ただ、DCTに関してはちょっと気になる部分もあるのも事実。(ここについては後ほど詳しく紹介します)

なぜ?X1シリーズ『xDrive18d』が一番後悔しないグレードと言われるワケ

X1シリーズは『xDrive 18d』が一番だと言われる理由

グレードごとの違いを見たところで本題のベストグレードについてなんですが…

結論から言うと、X1シリーズは『xDrive18d』が現行モデルでは一番後悔しないグレードと断言できちゃうんですよね。

とはいえ、その理由がなぜなのか疑問を抱く人が大半だと思うので、詳しく説明していこうと思います。

”生活加速”の良さと4輪駆動方式の相性が抜群

ディーゼルエンジンを搭載した『xDrive18d』は、そのエンジンの特徴でもある低回転域の高いトルク性能が街中でのSTOP&GOや、行きたい時にスッと行ける快適さはガソリン車よりも高いです。

早い話、ストレスゼロで気持ち良く走りだせる。

『xDrive18d』はそんな生活加速の良さがポイントですし、是非試乗して体感してほしい部分といえますね。

その上8速ATとの相性も良く、変速時に起きるショックもほとんど感じないレベルとなっているのもポイントです。

また、『xDrive18d』はグレード名にもあるように『xDrive』、つまり4輪駆動となっており、駆動配分のコントロールを車輪のスリップとかが出る前に予測して動的に変化してくれるため、コーナーでもよく曲がってくれますし雪道などでも大活躍。

ちなみに、最近はFRベースのセダンでも4輪駆動を指名して購入することも多いほどなんですよ。

ディーゼルらしからぬ高い『静粛性』、そして実用性の高さ

そして最大のおすすめポイントと言えるのが、かなり良くなってた『ディーゼルエンジンの静粛性』です。

ディーゼルエンジンって今まではバスのようなエンジン音でうるさいもの、というようなイメージを持つことが多いですが、最近のディーゼルエンジンそのデメリットが軒並みなくなってきています。

窓を全部閉めた状態だと、ディーゼル特有のカラカラしたような音がほとんど聞こえませんし、窓を全部閉めている状態での走り出しはタイヤと地面が触れていないのではないかと感じさせるほどなめらか。

その上1ヵ月5,000円程度の給油代で700~800kmくらいは知ってくれるのは地味にうれしいポイントですね。

プレミアムガソリン車は確かに加速も乗り味も楽しいとは思うが、みるみる減っていく燃料系を見てしまうと結構気を使ってしまい、運転することがちょっとつまらなくなりがち。

実用性と言うより燃費の良さと言えるが、こういった『乗りやすさ』も『xDrive18d』の魅力の1つと言えるのではないでしょうか。

『xDrive18d』で気になるポイントってどこ?

ただ、『xDrive18d』にも気になるポイントはいくつかあります。

例えばブレーキ性能。
ちょっと効きすぎなところがあり、ゆっくり踏んでも『ガクッ』となりやすく気を使いますし、低速でゆっくりとブレーキを踏むと異音を発生することも。

他には装備も不満が出ることが多いですね。

ACCどころかクルコンも付いていないため、高速道路などではアクセルペダルから足を離せません。

オーディオは外部入力がないのでiPhoneミラーリングでナビ画面に映す、なんてこともできませんし、スマホからBluetoothで飛ばして音楽が聴けはしますが、2秒くらいタイムラグがあります(YouTubeで動画を見てみると顕著にわかると思います)

また、ディーゼルエンジンゆえの振動も気になるポイント。

微振動があるため、人によってはこの揺れが気になり、車酔いになる方も多いです。

とはいえ、このような違いに関しては一度実際に体感し、必要・不必要かどうか判断した方がいいと思いますよ。

『xDrive18d』以外のグレードを選ぶならどれがいい?

xDrive 18d以外のグレードを選ぶならどのグレードがおすすめ?

こうして見てみると、ディーゼルエンジン搭載の『xDrive18d』も一長一短。

いくらオススメとは言え、自分にとって『ないな』と思える部分も見えてくるため、『xDrive18d』以外のグレードはどうなの?と考えた方も多いはずです。

そこでここからは、『xDrive18d』以外でグレードを選ぶとしたら、どのグレードがおすすめなのか、細かく見ていきましょう。

正直『sDrive18i』はナシ!

まずハッキリと言っておきますが、X1シリーズのグレードの中でも『sDrive18i』は確実に後悔するグレード!

というのも、『sDrive18i』は何かと残念なポイントが多いんですよ。

例えば高扁平のタイヤを穿いて運転すると終始ぴょんぴょんと跳ねるため、BMWらしい重厚で走りに特化した車とは言えません。

その上、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)も実は致命的な弱点となっており、変速ショックが地味に大きく乗り味を楽しめないんです。

つまり、BMWというブランド力があっても、購入したいと思えないグレードとなってしまっており、同じ値段で買うのであれば国産車の方が魅力的に見えてしまいます。

『xDrive25i』もよほどのことがない限りは選択肢から外してOKだった!?

また、最高グレードとなる『xDrive25i』も基本的には選択肢から除外しても良いと考えることができるグレード。

確かにエンジン性能は全グレード中最強の出力(231ps)とトルク(35.7kgm)を持ち、低速域からスッキリとした操舵感覚を味わうことができますし、車内の静粛性も高くエンジン音はあまり聞こえてきません。

しかし座面/背面共に結構薄く、長時間運転すると腰やおしりが痛くなりやすいといった乗り心地にかかわる部分のチープさが顕著に感じられてしまいます。

それでいて価格が600万円以上、フルオプにすることを考えると最大で700万円以上となるのも痛いところです。

『xDrive20i』がガソリン車で納得できるグレードだった!?

このように消去法で考えると、ガソリン車は『xDrive20i』が後悔しないグレードと言うことがわかるはず。

最大出力192ps、最大トルク28.6kgmと若干パワーダウンしていますが、『xDrive25i』と同じ2.0L直列4気筒ターボエンジンは非常にパワフル。

重量があるにも関わらず、低速域からのトルクの太さを感じられるし、車内はロードノイズが少なく静かです。

あえて言うのであれば高速でのスピードの伸びが若干足りないかな?と思う程度の違いしかありません。

その上、プラスチッキーな内装の印象はちょっと気になりますが、許容できる範囲と考えることもできますし。

だからこそガソリン車を選ぶのであれば『xDrive20i』、そう考えるのが得策と言えると思いますよ。

『Standard』・『xLine』・『M Sport』の3つで悩んだら○○に注目して選べ!

3つのタイプで悩んだら○○に注目すれば問題ナシ!

また、X1シリーズはsDrive18i・xDrive18d・xDrive20i・xDrive25iから、さらに『Standard』・『xLine』・『M Sport』の3つのグレードが設定されている為、どのグレードを選んだらいいか悩みますが、装備の違いを見てみると基本的には『見た目の違い』と考えてOK。

Standard・X Line・M Sportそれぞれの装備の違いまとめ

そのため、ご自身の予算の都合もあるとは思いますが、基本的には『ぱっと見てビビッときたグレード』を選ぶのが得策といえます。

よりスポーティな装いにしたいのであれば、『M Sport』を。

内装をちょっと豪華にしたいのであれば『xLine』を。

ただ、個人的な意見を言うと、そもそもX1シリーズに関しては走りにこだわると言うよりかは、全体的に”便利なクルマ”という印象が強いです。

そのため、『xLine』でちょっと内装をこだわる程度が無難といえますよ。

まとめ

X1は、BMWの1シリーズの延長線上にあるコンパクトクロスオーバーSUV。

そしてXシリーズの中でもSAV(スポーツ・アクティブ・ビークル)と呼ばれる、スポーティさを強調しつつ実用性も重視されたシリーズ。

そのため、スピード重視・ハイパワー重視のクルマと言うよりかは、普段使いできる快適性と利便性を追求しているシリーズと言っても過言ではありません。

そんなX1シリーズのベストグレードと言えるのはディーゼルエンジンを搭載した唯一のグレードとなる、『xDrive18d』ですよ。

興味を抱いたら是非一度試乗してみてくださいね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です