BMW 6シリーズ カブリオレ グレード毎に魅力をまとめてみた!

BMW6シリーズカブリオレ

夏らしく、男らしく、女らしく……。6シリーズ カブリオレは、色々な「らしさ」を体現してくれる車です。

男が乗ると「男らしい」、女が乗ると「女らしい」と感じられます。こういう車は男らしさを追求したようなものが多いですし、車業界自体「男向け」か「女向け」かのどちらかに傾倒して車作りをしがちです。

そんな中、この車はどちらでも「らしい」と言えるように感じます。エクステリアの雰囲気とカブリオレ特有の開放感が、そうさせるんでしょう。

また、ボディが大きいのも特徴的です。4,895×1,895×1,365mmというボディサイズなんですが、この恩恵によってリアシートの居住性がとても高くなっています。

カブリオレは運転手が楽しむことばかり考えがちになるんですが、この車は誰もが快適に楽しめる設計になっているわけですね。

そんな6シリーズ カブリオレには他にも様々な特徴があります。それらをグレードごとに紹介しましょう。

6シリーズ カブリオレ グレード表

グレード名 価格
640i Cabriolet 11,780,000円
640i Cabriolet M Sport 12,550,000円
650i Cabriolet 14,860,000円
650i Cabrioket M Sport 15,310,000円

6シリーズ カブリオレには四つのグレードがあり、その最低価格と最高価格の差は約350万円です。640iM Sportと650iとの価格差が特に大きいですよね。

また、カブリオレはクーペに比べてコストがかかるため、6シリーズで最も高い車となっています。二番目はグランクーペですが、それと比べても各グレードに60万円近い違いが見られるんですよ。

4シートという特徴に加えて、オープンカーという特徴も備えているので、当然ですよね。

こうして見てみると、6シリーズはクーペ(2シート)、グランクーペ(4シート)、カブリオレ(4シート、オープンカー)と段階的に特徴を付与していることがわかりますね。

各グレードの特徴や違いを解説

カブリオレはM6を除く6シリーズで一番高い車ということですが、その性能や装備はどのようになっているのかが気になりますよね。

性能は6シリーズ共通で、装備もシリーズでほとんど共通しているんですが、ボディタイプが変われば見るべきポイントも変わります。

「カブリオレとして」、まずは性能から特徴を見ていきましょう。

640i Cabriolet

640iに搭載されているエンジンは最高出力235kW/5,800rpm、最大トルク450Nm/1,350~4,500rpmの直列6気筒DOHCエンジンです。

このエンジンを利用して快適な市街地走行から、加速した遊びの走りまでを楽しめるわけですが、640iの目玉はどちらかというと前者でしょう。

コンフォートモードを選択しての走行感覚は、本当に快適で爽やかです。

アクセルを軽く踏むと、加速感を感じさせずに速度が巡航速度に達します。そこからはアクセルワークを安定させて、ボタンを押してルーフをオープンにする。

60km/h程度の速度でオープンで走ると、肌でじっくりと風を感じることができます。

風が体全体を包み込む感覚がハッキリと伝わり、風の音とエキゾーストノートが奏でる走行音を何の障害物も無しに直接楽しむことができる。

流れ行く景色を見ながら、「あんなところに良さそうなお店がある」「あそこ、いい感じだなあ、行ってみようかな」とドライブの方向を決めることもできます。

目的も無く、ただ走らせて楽しみながら、ドライブの目的を見つける。

そんな楽しさを味わえるのは、カブリオレだけです。

また、クローズにして思い切り加速をするのも面白いですよ。恐ろしいほどの加速感覚を味わえるような車では無いものの、胸のすくような気持ち良い加速を楽しむことができます。

恐怖を感じないレベルの加速感覚なので、どんな人でも楽しめるでしょう。

650i Cabriolet

650iのエンジンは最高出力330kW/5,500rpm、最大トルク650Nm/2,000~4,500rpmのV型8気筒DOHCエンジンです。

数字を見るだけでもハッキリわかる、圧倒的パワー! 運転手の気分によってジェントルマンにもなり、暴れたがりのモンスターにもなる面白い車です。

最大トルクの大きさと、低回転でも発揮できるという特徴を利用して、コンフォートモードでゆったり走るのがとにかく楽しいんですよ。

オープンにしてゆったりと走りを楽しむ分には、ほとんどアクセルを踏み込まなくても問題ありません。

そして、「思い切り走り回りたいな」という気分になったら、スポーツモードにチェンジ。

その瞬間、奥に秘めていた走り屋の性が目を覚まします。アクセルを踏み込めば、筋肉が引き締まるような感覚と共に恐怖すら覚えるようなパワーが、運転手の体全体に伝わる。

それがまるで自分自身の力であるかのように錯覚し、強くなったような気分になります。一度加速すればドライバーの体はシートにググッと固定されて、もう止まらなくなる。

ただ、これだけの感覚を得ているのにも関わらず、疲れにくいんです。

乗員も運転手も、両方ともが「快適で楽しかった」と感じるんですよ。どれだけ加速しても、走行中はスリルを味わったとしても、最後には「快適だったなあ」という感想を抱きます。

思い切りスピード感を楽しめて、疲れにくいギリギリのラインになっているんでしょうね。

M Sportとは?

M Sportは、内外装の装備や装飾に追加変更をしたグレードです。その名前の通り「Mシリーズ」に通ずるような装備や、スポーティな装備や装飾がたくさん追加されます。

6シリーズ カブリオレは動力に違いが出るとか、足回りに変更があるとかはありません。内外装の雰囲気が異なる物と思って間違い無いでしょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

6シリーズ カブリオレの性能や走行感覚の違いを見てきましたが、640iと650iとの価格差が大きいのは性能の違いが大きいからなんですよね。

直列6気筒とV8ですから、コストの差でハッキリ価格差が出るのは当然です。

ただ、「640iと640i M Sport」の価格差よりも「640i M Sportと650i」の価格差の方が大きい点が気になりますよね。

M Sportの追加装備は、エンジンの違いに比べてコストがあまりかかっていません。今度は、通常とM Sportとの装備の差はどこにあるのかを見ていきましょう。

なお、装備内容はWEBページやWEBカタログから抜粋しています。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • フル・オートマチック・ソフトトップ
  • マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール
  • ダコタ・レザーシート
  • BMW ConnectedDrive
  • バング&オルフセン・ハイ・エンド・サラウンド・サウンド・システム
  • スポーツ・エキゾースト・システム
  • インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • ドライビング・アシスト・プラス
  • 車線逸脱警告システム
  • 前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • ACC(アクティブクルーズコントロール)(ストップ&ゴー機能付)
  • パーキング・アシスト
  • BMWナイト・ビジョン(歩行者、動物検知機能付)
  • HDDナビゲーションシステム
  • iDriveコントローラー
  • ウインド・ディフレクター
  • バケット型リヤシート
  • リヤシートセンター・アームレスト(小物入れとカップホルダー付)

ウインド・ディフレクターがしっかり標準装備されているのが、いいですよね。

これがあることによって、オープン・ドライブするときの風の流れを自然と変えてくれて、前席への巻き込みを防げます。着脱に時間がかかりませんし、トランクに収納しておけるサイズなので収納にも困りません。

また、室内空間を語るなら、リヤシート周りを語らければならないでしょう。

左右セパレートで区切られていて、座面の沈み込みが大きいんです。質の良いソファに深く腰掛けたときのようなフィット感があり、座面と共に体も若干沈みこむことで自分の世界に入り込みやすくなります。

左右両方ともしっかり区切られているために、「自分の空間」ができるんです。

また、沈み込んでいるためかヘッドスペースには大きな余裕が生まれます。

そして何より、機能の良さですよ。アームレストに備えられた小物入れは、地味に重宝します。走行中につまみたいガムやお菓子、読みたい本なんかを入れてからドライブをすると、もっとドライブを楽しめるでしょうねえ。

トランクスペースはデフォルトの状態でもゴルフバッグが2セットくらいは入るため、荷物を積むのにも困らないかと思います。

また、音響設備が整っているのも良いですよね。オープン時にはエンジン音と風の音で盛り上がり、クローズ時には好きな音楽をかけて盛り上がれる。どんなシチュエーションでも、ドライブを楽しく演出できるのは助かります。

演出という面で語るなら、スポーツ・エキゾースト・サウンドシステムも面白いですよ。

走行モードによって異なるエンジン音を奏でるシステムで、コンフォートモードでは大人しめ、スポーツモードでは大迫力にすることができます。

スポーツ走行寄りのモードになるにつれて音が盛り上がるというのは、ドライブへの没入感を高めるには大切ですからね。

オープン・ソフトトップルーフというのは、ある意味で究極の「演出」です。カブリオレはドライブの演出に力を入れるべき車とも言えるわけですが、6シリーズ カブリオレはその「演出」に余念が無くて好印象ですよねえ。

M Sportの装備

  • ドア・シル・プレート(Mロゴ付、クローム仕上げ)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席)
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
  • BMWヘッドアップ・ディスプレイ
  • マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル
  • Mフットレスト
  • グレー・ポプラ・ウッド・インテリア・トリム
  • 19インチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング351M
  • (フロント)8.5J×19ホイール、245/40R19タイヤ
  • (リヤ)9J×19ホイール、275/35R19タイヤ(ランフラット・タイヤ)
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ
  • BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア
  • Mエクステリア・バッジ
  • デュアル・エキゾースト・テールパイプ(ダーク・クローム仕上げ)
  • ブレーキ・キャリパー(ブラック・ペイント)

内外装の雰囲気は、結構変わります。パッと見ただけでは違いがわからないかもしれませんが、よく目を凝らして比較してみるとわかるんですよ。

M Sportのほうが細部をこだわっていて、大枠を変えすぎずに雰囲気をスポーティに変えているという印象を受けます。

一番わかりやすいのは、M Sportは何かと「ダーク」とか「ブラック」とか暗めのコントラストが主張されている点ですね。

デフォルトのグレードは青空に映えるような明るさをコントラストとして持っているのに対して、M Sportは青空と対比するような感じになっています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格・性能・走行感覚・装備と、6シリーズ カブリオレの特徴を様々な角度から見てきました。最大限ドライブを楽しめるだけの性能があるだけでなく、ドライブを楽しく盛り上げる演出もバッチリ。

カブリオレとして求められるものは、全て持っているんじゃないでしょうか。

そんな6シリーズ カブリオレですが、グレードごとに「こんな人にオススメ」という個人的な意見があるので、紹介します。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
640i Cabriolet ☆☆☆☆☆ オープンでゆったり快適なドライブを楽しみたい方へ。
640i Cabriolet M Sport ☆☆☆☆ 走りはゆったり、雰囲気はスポーティにしたい方へ。
650i Cabriolet ☆☆☆ 思い切り加速感覚を楽しみながらも、たまにオープンでゆったり楽しみたい方へ。
650i Cabriolet M Sport ☆☆ 走りも雰囲気もギラギラしたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

640i Cabrioletの評価

個人的に一番オススメなグレードです。6シリーズ カブリオレは、グレードが上がるごとに個人的なオススメ度が少しずつ下がっていきます。

カブリオレという車には、640iの動力性能と通常グレードの明るい雰囲気が似合うと思っているんですよ。だから、グレードが上がるとオススメ度が下がるんです。

スポーツ走行ができるだけの性能もありますし、モードもありますが、カブリオレのメインになるのは、コンフォートモードでのゆったりとした走りでしょう。

オープンにするなら60km/h程度が一番心地よく、それ以上のスピードを出すと風が痛いと感じてしまいます。気持ちが良いとか爽快感とか言ってられないくらいで、息をするのも辛いほどに風を感じてしまうでしょう。

そうなると、せっかくのオープンが台無しです。

スポーツ走行をするならクローズにするわけですが、それをメインに据えるならグランクーペで良いわけですよね。だから、必然的にカブリオレでは640iが最もオススメということになります。

スポーツ走行メインだけどオープンも楽しみたいなら、650iでも良いのかもしれませんが。

640i Cabriolet M Sportの評価

明るく青い空と対比するような、影のある内外装が好きというのならM Sportがオススメです。ここは完全に人それぞれの好みですよね。シックな車で高級感を堪能しながら、オープンで開放感を楽しみたいというのもアリです。

また、クローズだと窮屈だと感じかねないM Sportの雰囲気を、オープンで中和するという考え方もあるかもしれませんね。

650i Cabrioletの評価

640iでも思い切り加速を楽しめますが、650iだとそれより1次元上の走りを楽しむことができます。ガンガン加速してスポーツ走行を楽しむことをメインに、普段使いでオープンを楽しみたいという方には650iがオススメです。

カブリオレとしての要素をメインに据えずクーペ的な考え方をして、カブリオレ要素をオマケ扱いするという考え方もありますからね。

650i Cabriolet M Sportの評価

走りも内外装の雰囲気もギラギラとしたものが好みだという方は、このグレードが良いでしょう。ただ、カブリオレの需要や価格のことを考えるとオススメしづらいですね。

好きな人は選ぶ、それ以外は選ばない……選ぶ人はオススメされなくても、ついつい選んでしまうグレードでしょう。

6シリーズ カブリオレの総合評価

カブリオレで大切なのは、快適性と演出です。

6シリーズ カブリオレは、グランクーペで求められるような快適性の高さとほぼ同レベルの快適性を実現し、その上でエキゾーストサウンドやオープンルーフなどのドライブの演出装置をしっかり用意しています。

グランクーペは快適性をメインにしている車ですが、カブリオレはそんなグランクーペの趣味に特化したバージョンと言えるかもしれませんね。

快適なだけではダメで、演出だけ良くてもダメ。

スポーツ走行がメインなら多少快適性が低くても、演出が弱くても、走りで誤魔化すことができるんですが、カブリオレはゆったりとした優雅な走りがメインになるため、加速の楽しさでそれらを誤魔化すこともできません。

6シリーズ カブリオレは「どこにお金をかけるべきか」をしっかり計算して、カブリオレとはどうあるべきかをしっかり考えて作られているように思います。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です